タグ:山東 ( 8 ) タグの人気記事

 

チーズケーキからメラミン=たこ焼きも、健康被害なし-厚労省

10月30日18時42分配信 時事通信

 厚生労働省は30日、中国製の冷凍のチーズケーキとたこ焼きから、微量の有害物質メラミンが検出されたと発表した。健康に影響が出る量ではなく、被害報告はないという。

 チーズケーキは「威海佳康食品」(中国山東省)が製造し「多摩川ファクトリーサービス」(川崎市)が1.5トンを、たこ焼きは「南通勝華冷凍食品」(同江蘇省)が製造し「三忠」(東京都江東区)が28.8トンを、それぞれ輸入しようとしていた。いずれも倉庫に保管中で、流通はしていない。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 18:42 | 社会  

<農薬>中国「模範基地」に衝撃 冷凍インゲン輸出

10月15日13時27分配信 毎日新聞

 【莱陽(中国山東省)鈴木玲子】高濃度農薬が検出された冷凍インゲンを輸出していた中国山東省莱陽(らいよう)市の「煙台北海食品有限公司」は15日、朝から幹部が緊急の会議を開き、資料を点検するなど対応に追われた。同市は、中国国内での模範的な農業都市として知られ、日本向け加工食品の生産基地でもあるだけに、中国食品の信用にかかわる事態にショックを受けているようだ。

 毎日新聞などの取材に応じた同社副会長によると、同社に連絡が入ったのは同日午前0時ごろ。副会長は「今朝から会社の資料をそろえて、内部調査を進めている。(06年農薬の残留基準を強化した)ポジティブリスト制度が日本に導入されて以降、会社として制度に対応してきた」と説明した。午前中、同社には警察関係者の姿も見られ、副会長は「警察にも説明をしている」と語った。

 中国山東省莱陽市は、人口約89万人のうち約73万人が農業を営む農業都市で、大規模な集約型農業経営の成功が高い評価を受けてきた。80年代には日本に加工野菜を輸出する企業も誕生した。

 日本貿易振興機構(JETRO)の資料によると、これまでに約130社の外資系の食品加工企業が進出。莱陽市にある中国の食品業界を代表する大手メーカーは、冷凍野菜や冷凍調理食品など商品の85%を日本に輸出しているという。

 最近では、中国の人々に向けて、栽培、物流、販売まで一貫した「安全・安心な食」を提供する試みに、日本企業が参画するケースも出てきた。アサヒビール、住友化学、伊藤忠商事は06年5月、莱陽市に「山東朝日緑源農業高新技術有限公司」を設立し、新しい循環型農法の農場建設を進めてきた。

 中国製乳製品から化学物質メラミンが検出された問題が注目を集める中、朝日緑源の生産した牛乳が中国の人々の間で大人気となった。中国の人々が安心して選んだ商品は、日本企業による莱陽市産だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-15 13:27 | アジア・大洋州  

五輪を狙う?…青島の軍用飛行場でテロ未遂事件

2008年08月21日21時22分 毎日新聞

 【台北・庄司哲也】香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は21日、北京五輪のセーリング会場となっている中国山東省青島市の軍用飛行場で17日にハイジャック未遂事件があったと発表した。同センターは、事件が五輪会場や選手村を狙ったテロの可能性があることも伝えている。

 同センターによると、青島市にある滄口飛行場の入り口付近で17日早朝、爆発物を持った2人の人物が、警備をしていた軍人の銃を奪おうとした。銃を奪うのに失敗した2人はそのまま逃走したが、2日後に逮捕された。

 同センターは、飛行場の航空機が五輪会場の観測飛行を行っていることから、2人が航空機を奪い、五輪会場などに突っ込もうとしていた可能性もあるとしている。


空港で拳銃強奪図る 中国青島で拘束の2人
2008.8.21 18:36 産経新聞

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは21日、中国山東省青島市の公安当局に19日拘束された四川省の少数民族の男2人が青島の空港で警備要員から拳銃(けんじゅう)を奪おうとしていたと伝えた。

 同センターによると、2人は今月17日、青島の空港で警備要員から拳銃を奪おうとしたが、抵抗されたため逃走。その後公安当局に指名手配され、19日拘束された。逃走の際、空港の現場には爆発物が残されていたといい、同センターは2人がテロを計画していた可能性を指摘した。

 青島市公安局は共同通信の電話取材に「2人を19日に窃盗容疑で拘束した」と認めたが、2人がテロを計画していたかどうかについては確認を避けた。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 21:22 | アジア・大洋州  

中国山東省:文登市の村で伝染性の奇病発生か

08/07/26 08:29 大紀元時報

 【大紀元日本7月26日】7月中旬、大陸から次のような情報が伝えられた。その情報とは、20日前、山東省威海市文登市小观镇万家口村に住むある村民に奇病が発生し、全身が紫紅色になり、目・耳・鼻・口から出血し、死亡したというもの。続いて、この死者と接触したことがある2人も同様の症状で死亡した。村の外で働くある人は、次のように語っている。「10日前の時点で、既に3人が死亡しており、6,7人が文登中心病院に入院している。上級機関が訪れて調査しているが、何の病気なのか分からない」。国際ラジオ放送「希望の声」が伝えた。

 情報は封鎖されており、村外にいる者は村の中の状況を分かっていない。村の家族でさえも、村内に戻ることは止められている。これが伝染病であるかどうかについて、様々な憶測が飛び交っている。

 この件について、記者は当地住民と衛生防疫所に取材を行った。

 ある男性が証言したところによると、この病気は伝染性が非常に強いことから、村外で働く者は家に戻ろうとしないとのことであった。また、この病が発生したのは、村の北部であるという。

 記者:現在、村で奇病が発生しているのですか?あなたはこの件についてご存知ですか?

 男性:はい。

 記者:現在、死亡者は発生していますか?既に3人が亡くなっているようですが?

 男性:はい。今は村に戻れません。

 記者:今戻れないのですか?死者が増加しているのですか?伝染は終息したのですか?

 男性:伝染のペースは非常に速いです。伝染するのは一般に男性で、女性は罹りません。私の家は大丈夫です。私の家は南部にありますが、伝染が発生しているのは、北部です。

 その後、記者は文登市小観鎮衛生院を取材した。男性の医師は、伝染病の発生を否定し、流行性の感染にすぎないと語った。記者が、伝染病でないというのならばなぜ何人も亡くなっているのかと尋ねた際、彼は正面からの回答を避けた。

 医者:あれは盲腸炎です。伝染性の病ではありません。

 記者:最終的に病名を診断しなかったのですか?

 医者:無菌性の感染です。そのような病気はありません。

 記者:そのような病気がないとは?

 記者:民衆自身が作り出したパニックです。

 記者:とはいっても死者が出ているのではないですか?

 医者:死者は出ています。あなたが分かっていないといいたいのです。これは伝染病ではないということだけ知っていただければそれで十分です。

 記者:死者が数人出ているでしょう?これが伝染病でないとすれば、これだけの死者が出ることはないのではないでしょうか?

 医者:数人の死者が出たこということについては、私もよく分かりません。そのようなことを聞かれても、あなたに回答する必要はありません。

 その後、記者は政府のサイトで公表されている文登市及び煙台市衛生防疫部門に電話をかけた。しかし、聞こえてきたのは、騒音による妨害ではなく、電話番号が違っているというメッセージだけだった。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 08:29 | アジア・大洋州  

五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か

08/07/16 01:31 大紀元時報

 【大紀元日本7月16日】情報によると、今年7月に入ってから、五輪ヨットレース開催地の中国山東省青島市で原因不明の疫病が流行し、15日の時点で、青島の市街区だけで感染者数は16万人に達し、死亡者数は1251人に達したという。

 海外のいくつかの中国語メディアの15日の報道によると、現在、青島大学の付属病院、青島市立病院などの大きな病院では、毎日数万人規模で患者が詰め掛けているという。これらの患者に共通の病状は、激しい頭痛、嘔吐、高熱である。多くの高齢者と児童は病状がより激しく、肝臓、腎臓、呼吸器などの機能障害を併発した患者も少なくない。

 感染者の増加とともに、市民の不安も日々広がっている。青島市の衛生部門は、人々の不安を緩和するために、メディアを通じて、今回の感染症はインフルエンザであり、大規模な流行は起こらないという専門家の考えを強調している。

 一方、7月12日に青島市政府は全市の衛生局、疾病制御センターなどの関係者を集めて研究会議を開いた。会議の席上、今回の感染症は流行性脳脊髄膜炎に似ていることが報告された。その上で、間もなく開催されるオリンピックのヨットレースに影響を与えないように、今回の感染症情報を最高機密として扱うことが決定された。そして、各級の衛生医療部門に、患者の情報が外部に漏れないよう指示し、すべての可能な手段を使って患者を強制的に隔離するよう要求した。また、この会議では、内部には厳しく対処し、外向けには穏やかな雰囲気で行ない、対外的にはやはりインフルエンザであると宣伝することが決定された。

 同情報は山東省と青島市のインターネット掲示板でも話題となっていたようだが、すべての関連発言はすでに削除されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-16 01:31 | アジア・大洋州  

高毒性農薬23種、全面使用禁止へ―山東省

5月30日13時57分配信 Record China

2008年5月、山東省は農薬の管理基準を強化し、残留しやすい農薬23種類の使用を全面禁止し、18種類に使用制限を課すことを定めた。29日、新華社が伝えた。

使用が禁止された農薬には国家が生産を禁止されている5種類に加え、トキサフェン、エチルマーキュリーフォスフェイト、ヒ素・鉛系農薬などの18種類が指定された。

またカルボフラン、アルジカルブなどの農薬は野菜、果樹、茶、漢方薬のみに使用が限定されるなど18種類の農薬に制限が課された。同省農業庁は「高毒性農薬代替実用ハンドブック」をまとめ、各地の農民に代替農薬の使用を指導している。

さらに、生産が禁止された高毒性農薬の密造、販売を厳しく取り締まることも宣言、近日中に摘発キャンペーンを実施すると発表した。(翻訳・編集/KT)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 13:57 | アジア・大洋州  

61歳の全人代前代表、金品要求の31歳・愛人爆殺し処刑

9月6日1時8分配信 読売新聞

 【北京=杉山祐之】新華社電などによると、中国山東省の省都・済南市で7月、愛人の市幹部女性(31)が運転する乗用車を爆破してこの女性を殺した段義和・前全国人民代表大会(全人代=国会)代表(61)が5日、処刑された。

 段前代表は、地元では、市人民代表大会常務委員会主任を務めていた実力者。報道によると、2000年にホテル従業員だった女性と愛人関係になり、女性は市の幹部となった。その後、段前代表の愛情が冷め、愛人は金品を要求し続けた。

 段前代表は、自動車修理業者らの協力で、愛人の車の運転席下に爆薬を仕掛けた。7月9日の夕方のラッシュ時、この車は遠隔操作で爆破され、愛人は死亡。爆発にタクシーが巻き込まれ、2人がけがをした。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-06 01:08 | アジア・大洋州  

回族と漢族が数千人規模で衝突、死傷20人…中国・山東省

9月3日21時29分配信 読売新聞

 香港の人権団体「中国人権民主化運動ニュースセンター」は3日、中国山東省恵民県で8月17日、数千人規模の回族と漢族の住民同士の衝突が発生し、20人以上が死傷した、と伝えた。

 回族の青年が盗みをしたとして殴られたことを発端に騒ぎが拡大、商店街も襲われ、商品が強奪された。同19日に数百人の武装警察官が現場に投入され、事態を鎮圧したという。(香港支局)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-03 21:29 | アジア・大洋州