タグ:島田紳助 ( 5 ) タグの人気記事

 

“大御所”島田紳助と吉本興業幹部との抗争が勃発!?

2008年8月12日9時0分 日刊サイゾー

 吉本興業の大物タレント・島田紳助の同プロ内での立場が浮いているという。
「紳助は、吉本から追放同然で辞めた島田洋七の映画に出演したり、あちこちで吉本に敵対するような発言をして、吉本内部では裏切り者扱いされてます」(吉本関係者)

 「洋七の映画」というは、昨年8月に契約切れを理由に吉本を退社した島田洋七が監督を務める映画『佐賀のがばいばぁちゃん』のこと。8月11日にクランクインした作品だが、洋七は、400万部を超える大ベストセラーとなった『がばいばあちゃん』原作本の印税の一部を吉本に落とすのを拒否して、吉本と衝突。要するに、クビ同前で辞めさせられたようなものだった。

「吉本からしたら、そんな不義理をした男の映画に特別出演するんですから、事務所幹部からはよく思われていませんよ。しかも、その前も、吉本に敵対する発言をしてますからね」(お笑い番組関係者)

 先日大阪府知事の橋下徹が、大阪のお笑い文化の象徴である府立の施設「ワッハ上方」をリストラすると発表した際、この施設を拠点にしていた吉本は大反対した。にもかからず、紳助が「そんな記念館いらん」とテレビで発言したのだ。

「洋七の映画といい、ワッハ上方の“いらん発言”といい、紳助は今、吉本の上層部をかなり刺激してます。今後、紳助がダーティなトラブルを起こしたとしても、吉本は守らないでしょうね」(前出の吉本関係者)

 紳助、言動にはくれぐれも気をつけたほうがよさそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 09:00 | 社会  

著名人の絵を売ってカンボジアに学校を!?

2008/05/07 インターネットTVガイド

5月11、18日放送、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」

 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)では5月11、18日2週にわたり、「有名人100枚の絵でつなぐカンボジア学校建設プロジェクト」の第1回オークションの模様をおくる。カンボジアのトロピアン村には約300人の子供がいるが、学校は1校しかなく、教師もわずか3人。児童数人で1冊の教科書を使い、収容人数の関係上、小学3年で自動的に卒業となるため、子供ひとりひとりに十分な教育を施せない。

 これを知った司会の島田紳助が「偽善と言われてもいい。何もしないよりはずっといい」と発起人になり、昨年12月、プロジェクトがスタート。趣旨に賛同した有名人100人が描いた絵をオークションにかけ、売上金を学校建設の資金に充てようというもの。

 今回はその中から、紳助はじめ、石坂浩二、アグネス・チャン、片岡鶴太郎、工藤静香、萩本欽一、漫画家のちばてつや、川崎のぼる、藤子不二雄Aらが書き下ろした絵を、スタジオに集まった視聴者200人を前に競売にかける。

 美空ひばりさんが晩年、自宅療養中に庭に咲くサクラを描いた絵を出品した長男の加藤和也さんは「母が生きていたら、きっとこの企画に賛同していたと思います」とコメントを寄せた。

 紳助は「学校をひとつ造っても何も変わらないかもしれませんが、ないよりあった方がいい。カンボジアの子供たちをかわいそうやと思ったら、上から見ていて失礼です。それを踏まえた上で、やらんよりやった方がいいんです」と語っている。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-07 23:59 | 社会  

3年のはずが4年でも生えず!「リーブ21」が和解解決金

2月5日21時34分配信 読売新聞

 薄毛に悩み、「必ず毛が生える」との勧誘を信じて4年間、育毛ケアを受けたが効果がなかったとして、大阪府内の男性会社員(58)が、業界大手の「毛髪クリニックリーブ21」(大阪市中央区)に慰謝料など約830万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁(平林慶一裁判官)で和解したことがわかった。

 同社が解決金430万円を支払うもので、解決金は男性が支払った契約金約490万円の約9割にあたる。

 訴状によると、男性は2001年4月、同社に「頭頂部が薄くなって久しい」と相談。従業員に「必ず生えてきます」と告げられ、育毛コースを契約した。「発毛には3年が必要」と言われ、週2時間、シャンプーや発毛装置などによるケアを受けたが、細い毛が少し生えた程度で、05年5月に打ち切った。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-02-05 21:34 | 経済・企業  

大阪にある“紳助バー”が賑わっている

3月10日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 今、テレビ界で一大勢力を誇っているのが“島田コンツェルン”。

 島田紳助(50)を慕って集まった芸能人や業界関係者によって自然発生的に結成された親睦会という。紳助といえば“視聴率の王様”。「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)や「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)など計10本のテレビ番組を抱えている。
「番組改編では必ず新番組の依頼が来るが、紳助は“仕事が雑になる”と断っている。全部受けていれば、みのもんたを抜いている」(編成関係者)

 こんな紳助のもうひとつの顔が“お笑い界の財テク家”で、総資産50億円の実業家だ。これにあやかりたいと紳助の楽屋はいつも人でいっぱいで、「行列のできる財テク相談所」と呼ばれている。彼のアドバイスで事業を成功させたのが“○○ちゃ~”などのギャグで知られるたむらけんじ(33)。

「大阪に『炭火焼肉たむら』を昨年12月にオープンさせ、多い時は1日何百万円もの売り上げを誇る人気店になっている。紳助には“つねに自分を疑え。お店のスタッフを気遣え。自分だけのブレーンを見つけろ”とアドバイスされたようです」(放送作家)

 紳助を慕っているのは芸人だけではない。テレビ局のPやDをはじめとするスタッフや女子アナもさまざまな相談を持ちかけている。その会合場所によく使われるのが大阪・心斎橋にある「BAR HASEGAWA」。

「紳助の持ちビルで、3階と4階に紳助の経営する店が3店ある。その中のひとつが4階の『BAR
 HASEGAWA』。会員制で紹介者がいないと店に入れず、芸能人や業界関係者のサロンになりつつある」(関係者)

“島田コンツェルン”の看板に偽りはない。
[PR]

by deracine69 | 2007-03-10 10:00 | ひと  

島田紳助 資産44億円で噴き出すこれだけのやっかみ

1月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 島田紳助(本名・長谷川公彦・50)の実業家の横顔がクローズアップされている。発売中の写真誌「フラッシュ」によれば、紳助が所有しているのは商業ビル3棟と飲食店4軒。資産は44億円に上るという。内訳は大阪・東心斎橋にある紳助の本名「長谷川」を店名に冠した高級寿司店が入っている商業ビルと土地の13億円。同じく東心斎橋の会員制バーのビルが13億3000万円、大阪・吹田市の賃貸マンションが2億円、東京・広尾のお好み焼き店が9500万円など……。

「紳助は他にも石垣島にオープンカフェや、淡路島にリゾートマンションも所有しています。さらに、東京・赤坂や大阪・北新地で芸能人やテレビ局社員御用達のキャバクラを経営しているという情報もあります。預貯金や株などをひっくるめると、資産は50億円近くあるかもしれませんね」(広告代理店関係者)

 もちろん、紳助の本業はタレント。「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)など週に7本ものレギュラー番組を抱えている。60分番組のギャラは200万円以上、2時間の特番となると500万円を下らないという。吉本興業から支払われる金額は年間5億円は下らないだろう。ホリエモンも顔負けの稼ぎっぷりなのだ。

 ただ、“紳助商法”には、こんな気がかりな情報もある。

「紳助は昨年11月に東心斎橋にフォークソングバーをオープンさせました。そして、この店の店長に以前『紳助の人間マンダラ』という番組で共演した元ワンギャル(ワンダフルガールズ)を採用したのです。この女性は長身の美人。フジの連ドラ『お水の花道』やNHKの朝ドラ『私の青空』に出演したこともあります。『人間マンダラ』で紳助と共演していた頃は本命の彼氏がいて、紳助と特別な関係があったわけではないそうです。でも、経営のプロでもないタレントを店長に抜擢するのはちょっと不自然。“2人の間には何かあるのではないか”と勘ぐる人もいるわけです」(芸能記者)

 紳助はたまに出演番組で自分の店を宣伝することがある。これについては「公私混同ではないか」と指摘する声も出ている。

 こうした批判も“富豪”には雑音にしか聞こえないに違いないだろうが……。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-20 10:00 | 社会