タグ:平田恵里香 ( 5 ) タグの人気記事

 

「刑務所で20代。人生終わりです」 「くまぇり」被告

2007年04月10日 朝日新聞

 「懲役10年に処する」。判決の瞬間、被告は正面を見据えた。長野県諏訪市などで昨年4~5月、連続9件の放火をしたなどとして、現住建造物等放火罪などに問われた諏訪市湖南、飲食店手伝い、平田恵里香被告(21)。芸能界にあこがれ、「くまぇり」と名乗り、自らが放火した火事について、ネット上で「雄弁」に語ったが、法廷では時折うつむきながら、静かに判決内容を聞いた。

 長野地裁松本支部(峯俊之裁判長)は9日、平田被告に懲役10年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。

 紫色の上着に、白のジャージー姿の平田被告は、髪を後ろで束ね、淡々とした表情で入廷。被告人席の右後ろには、いつもと同じく父親らが座る。

 判決によると、平田被告は昨年4月13日未明、諏訪市での木造物置への放火をきっかけに、母校の同市立諏訪西中学校の旧体育館を全焼させ、茅野市のアパートの壁を焼損させるなど、約1カ月半の間に連続9件の放火をした。

 判決では、次第にエスカレートし、愉快犯的な動機になっていく被告の姿が浮かび上がった。最初の物置の放火は「自動車を運転し、交差点を左折する際に邪魔だから」。2件目の放火で「自由に使える時間がないことでいらだっていた気持ちが晴れていくように感じ、わくわくして、楽しくてたまらないという気持ち」となり、その後の放火は「報道され、自分が住んでいる諏訪地方が有名になるように感じ、楽しい」へと変わっていった。

 一方、諏訪西中の放火は、「仲間内でいじめを受けるなどしたため、中学校を燃やして嫌な過去を消し去りたいと思った」とした。

 ホームページのブログで、自らが放火した火事を携帯電話のカメラで撮影して掲載するなど、特異な一面を見せた平田被告。判決は「火事の様子を撮影してブログで公開するなどして楽しんでいた」と厳しく指摘した。

 判決の最後、峯裁判長が「あなたはまだ若い。社会復帰してからの時間の方が長い。反省し、罪を償い、自分の生きる道を探って欲しい」と諭すと、平田被告は小さな声で「はい」と答えた。

 判決後、平田被告の父親(61)は「仕事に忙しく、娘から母親を取り上げた寂しさがこういう事件になったのかなぁと思う」と時折、声をつまらせながら話した。

    ◇

 全焼した諏訪西中の旧体育館は、現在更地のまま。基礎部分のコンクリートがわずかに名残をとどめている。石塚弘登校長は「放火がいかに反社会的なことか心から反省してほしい」と語り、卒業生でもある平田被告については「社会に貢献する人になってほしい。若いから立ち直ると思う」と話した。

 平田被告は今年1月、茅野署の留置場の留置室内トイレで自殺未遂を図った。月刊誌「創」に寄せた手記の中で、平田被告は自殺未遂について「もう二度とやりませんよ。あんな苦しくて、いたい事。もういやです」と記している。一方、「一番楽しみたい20代を刑務所で過ごさないといけない。なんかもう気がぬけて人生おわったと思っています。本当人生おわりです」と書いた。
[PR]

by deracine69 | 2007-04-10 23:59 | 社会  

くまぇり懲役10年…「刑務所さむい!! ねれない」

ZAKZAK 2007/04/09

 長野県・諏訪湖周辺で2006年に起きた9件の放火事件で、現住建造物等放火などの罪に問われた元飲食店従業員の「くまぇり」こと平田恵里香被告(21)の判決公判が9日、長野地裁松本支部で開かれ、峯俊之裁判長は懲役10年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 判決理由で、峯裁判長は「火事で騒ぎになるのを見たいと思い犯行をエスカレートさせた。様子をブログ(日記風サイト)で公開して楽しんでおり、動機は短絡的で自己中心的」と述べた。

 平田被告は捜査段階で「諏訪を新宿みたいに有名にしたかった」などと供述。自分のブログには「下諏訪で火事があったよ」と書き込んでいたほか、複数の火災現場の写真を掲載していた。

 判決によると、平田被告は06年5月11日未明、母校の諏訪市立諏訪西中学校の旧体育館の下駄箱に放火し、旧体育館を全焼させるなど、同年4-5月の間、計9件の放火事件を起こした。

 判決言い渡し後、峯裁判長が「刑期は長いが、あなたはまだ若い。反省を深め、罪を償って社会に復帰して下さい」と諭すと、平田被告は小さな声で「はい」と答えた。

 ただ、平田被告が反省しているかどうかは微妙なところ。同被告は月刊誌「創」5月号に直筆の手記を寄せ、身勝手な自己主張を展開している。

 「本当にいたずらがエスカレートしてしまったとしかいいようがありません」「(刑務所は)さむい!!ねれない!!きびしい」「一番楽しみたい20代を刑務所で過ごさないといけない。なんかもう気がぬけて、人生おわったと思ってます。本当人生おわりです」
[PR]

by deracine69 | 2007-04-09 12:00 | ひと  

「くまぇり」が自殺を図る 長野・諏訪の連続放火犯

1月6日8時0分配信 産経新聞

 5日午後4時ごろ、長野県茅野市本町西の茅野警察署の留置室内にあるトイレで、現住建造物等放火などの罪で起訴され、公判中の飲食店手伝い、平田恵里香被告(21)が、便座に座った状態でジャージーの上着を首に巻きつけ、ぐったりしているのを署員が発見。病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 同署は平田被告が着ていたジャージーで自分の首を絞め、自殺を図ったとみて調べている。タレント志望だった同被告はアイドルのそっくりさんを自称して「くまぇり」と名乗り、自分の写真を放火現場の写真とともにブログで公開していた。

 平田被告が留置室の一画にあるトイレに入った後、5、6分間物音がしないことを不審に思った女性署員が声をかけたが応答がないため、室内に入って発見した。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-06 08:00 | 社会  

<長野放火事件>被告が留置場で自殺未遂か

1月5日20時54分配信 毎日新聞

 5日午後4時ごろ、長野県警茅野署の留置場のトイレ内で、拘置されていた同県諏訪市の女性被告(21)が首に上着を巻き付けてぐったりしているのを署員が見つけた。発見時に意識はなく病院に運ばれたが、命に別条はないという。同署は被告の氏名を発表していないが、諏訪市などで起きた連続放火事件で現住建造物等放火などの罪に問われ公判中の飲食店手伝い、平田恵里香被告(21)とみられる。

 同署などによると、被告は留置場内にある囲い付きトイレに入った後、物音がしなくなったため、看守が確認したところ、上着のジャージーを首に巻き付けてぐったりしていたという。ジャージーを脱いで自分で首を絞めたとみられる。

 同県警監察課の大井伯一課長は「留置場内でこのような事案が起き、まことに遺憾。調査し、同様の事案が発生しないよう指導したい」とコメントした。【光田宗義】

<諏訪連続放火>平田被告、事実認める 長野地裁松本支部(2006年9月25日毎日新聞)
[PR]

by deracine69 | 2007-01-05 20:54 | 社会  

<諏訪連続放火>平田被告、事実認める 長野地裁松本支部

2006年9月25日11時20分 毎日新聞

 長野県諏訪市周辺の連続放火事件で、現住建造物等放火などの罪に問われた同市湖南、飲食店手伝い、平田恵里香被告(20)の初公判が25日、長野地裁松本支部(峯俊之裁判長)であり、平田被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は冒頭陳述で「被告は周辺住民を大騒ぎさせたかった。諏訪地方を有名にしたいと思った」などと動機を指摘した。

 起訴状によると、平田被告は5月11日未明、母校の同市立諏訪西中学校の旧体育館を灯油を使って放火して全焼させた。同月21日深夜には、19人が入居する茅野市のアパートに放火して一部を焼いたほか、同月26日未明には下諏訪町の駐車場で車に放火して計6台を焼いた。

 諏訪市周辺では今年4月中旬以降に20件の不審火が起きたが、平田被告は、起訴された3件を含む9件の放火を認めている。平田被告は放火後、現場の写真を撮影し、自身のホームページに掲載していた。【江連能弘】
[PR]

by deracine69 | 2006-09-25 11:20 | 社会