タグ:広島 ( 9 ) タグの人気記事

 

広島原爆忌:平和宣言(全文)

2008年8月6日11時36分 毎日新聞

 平均年齢75歳を超えた被爆者の脳裡(のうり)に、63年前がそのまま蘇(よみがえ)る8月6日が巡って来ました。「水を下さい」「助けて下さい」「お母ちゃん」---被爆者が永遠に忘れることのできない地獄に消えた声、顔、姿を私たちも胸に刻み、「こんな思いを他の誰にもさせない」ための決意を新たにする日です。

 しかし、被爆者の心身を今なお苛(さいな)む原爆の影響は永年にわたり過小評価され、未(いま)だに被害の全貌(ぜんぼう)は解明されていません。中でも、心の傷は深刻です。こうした状況を踏まえ、広島市では2カ年掛けて、原爆体験の精神的影響などについて、科学的な調査を行います。

 そして、この調査は、悲劇と苦悩の中から生まれた「核兵器は廃絶されることにだけ意味がある」という真理の重みをも私たちに教えてくれるはずです。

 昨年11月、科学者や核問題の専門家などの議論を経て広島市がまとめた核攻撃被害想定もこの真理を裏付けています。核攻撃から市民を守る唯一の手段は核兵器の廃絶です。だからこそ、核不拡散条約や国際司法裁判所の勧告的意見は、核軍縮に向けて誠実に交渉する義務を全(すべ)ての国家が負うことを明言しているのです。さらに、米国の核政策の中枢を担ってきた指導者たちさえ、核兵器のない世界の実現を繰り返し求めるまでになったのです。

 核兵器の廃絶を求める私たちが多数派であることは、様々な事実が示しています。地球人口の過半数を擁する自治体組織、「都市・自治体連合」が平和市長会議の活動を支持しているだけでなく、核不拡散条約は190カ国が批准、非核兵器地帯条約は113カ国・地域が署名、昨年我が国が国連に提出した核廃絶決議は170カ国が支持し、反対は米国を含む3カ国だけです。今年11月には、人類の生存を最優先する多数派の声に耳を傾ける米国新大統領が誕生することを期待します。

 多数派の意思である核兵器の廃絶を2020年までに実現するため、世界の2368都市が加盟する平和市長会議では、本年4月、核不拡散条約を補完する「ヒロシマ・ナガサキ議定書」を発表しました。核保有国による核兵器取得・配備の即時停止、核兵器の取得・使用につながる行為を禁止する条約の2015年までの締結など、議定書は核兵器廃絶に至る道筋を具体的に提示しています。目指すべき方向と道筋が明らかになった今、必要なのは子どもたちの未来を守るという強い意志と行動力です。

 対人地雷やクラスター弾の禁止条約は、世界の市民並びに志を同じくする国々の力で実現しました。また、地球温暖化への最も有効な対応が都市を中心に生まれています。市民が都市単位で協力し人類的な課題を解決できるのは、都市が世界人口の過半数を占めており、軍隊を持たず、世界中の都市同士が相互理解と信頼に基づく「パートナー」の関係を築いて来たからです。

 日本国憲法は、こうした都市間関係をモデルとして世界を考える「パラダイム転換」の出発点とも言えます。我が国政府には、その憲法を遵守(じゅんしゅ)し、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択のために各国政府へ働き掛けるなど核兵器廃絶に向けて主導的な役割を果たすことを求めます。さらに「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め、また原爆症の認定に当たっても、高齢化した被爆者の実態に即した温かい援護策の充実を要請します。

 また来月、我が国で初めて、G8下院議長会議が開かれます。開催地広島から、「被爆者の哲学」が世界に広まることを期待しています。

 被爆63周年の平和記念式典に当たり、私たちは原爆犠牲者の御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げ、長崎市と共に、また世界の市民と共に、核兵器廃絶のためあらん限りの力を尽くし行動することをここに誓います。

 2008年8月6日

 広島市長 秋葉 忠利
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 11:36 | 社会  

亀井静氏の地元、擁立せず=民主党の鳩山氏

2008/07/21-23:00 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は21日、広島市内の記者会見で、次期衆院選に関し、国民新党の亀井静香代表代行の選挙区である広島6区には公認候補を擁立しない方針を明らかにした。鳩山氏は「国民新党とは郵政民営化の抜本見直しのために協力を誓い合ったばかりだ」と述べ、亀井氏と連携していくことを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-21 23:00 | 政治  

<原爆詩人・峠三吉>未発表作4編発見 遺品のスケッチから

5月30日2時32分配信 毎日新聞

 原爆詩人、峠三吉(1917~53)の未発表の詩4編が、遺品のスケッチブックから見つかった。1944(昭和19)年の作とみられ、代表作「原爆詩集」の「にんげんをかえせ」「あの閃(せん)光が忘れえようか」などの強い言葉ではなく、ロマンチックで優しい叙情詩。峠と親交があった詩人の医師、御庄博実さん(83)は「丸裸の峠がそのまま出ている」と評価する。

 市民団体「広島に文学館を!市民の会」(代表=水島裕雅・広島大名誉教授)が、峠に関する冊子を編さんするため、遺族から贈られた遺品を調べる過程で見つけた。

 4編は「心の園」「コラールのために」「雪崩」「梳雲(すきぐも)」。万年筆で書かれ、44年執筆の「花陰」が続けて書かれていたことから、いずれも同年の作とみられる。

 峠は学生時代から肺結核に苦しみ、42年にはキリスト教の洗礼を受けた。戦後の労働闘争で怒りの詩を発表したのをきっかけに反戦詩を作るようになり、51年に「原爆詩集」を書き上げた。

 御庄さんは「詩には峠本来の優しく少女的な特質が表れている。その優しさが、人間を殺した原爆を許さないという『原爆詩集』の強い訴えにつながったと思う。詩のスタイルの変遷を示す貴重な資料だ」と話した。

 4編は同会(082・291・7615)の冊子に収録し、7月に出版される。【大沢瑞季、宇城昇】

 ◇見つかった「梳雲」

天と地を相ひ抱く

黄昏のとき

夕(せき)陽に浴みせる

裸形の雲ら

たゆたへる水に影して

豊かにも髪梳(くしけず)る

夜に迫る嵐との

婚筵(うたげ)のために

(原文のまま)

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 02:32 | 社会  

ゲバラ 被爆地・広島を夜行列車でゲリラ的訪問 訪日時

10月9日17時2分配信 毎日新聞

 【サンタクララ(キューバ中部)庭田学】キューバ革命の英雄チェ・ゲバラが訪日団の団長として59年に来日し、広島をゲリラ的に訪問した際、副団長と2人で大阪から夜行列車に飛び乗ったことが9日、分かった。副団長だったオマル・フェルナンデスさん(76)が明らかにした。フェルナンデスさんは「チェは被爆地・広島訪問を熱望し、私と2人で大阪のホテルをこっそり抜け出し、夜行列車で広島に行ったんだ」と振り返った。

 ゲバラは59年1月の革命後、同年6月から3カ月間、アジア・アフリカを歴訪した。訪日団長が当時31歳のゲバラで、副団長を2歳年下のフェルナンデスさんが務めた。7月中旬に来日、10日間滞在し、自動車工場などを視察した。

 フェルナンデスさんによると、アルゼンチン出身の医師であるゲバラは、予定になかった広島の被爆地訪問を強く希望したが、日本政府の許可が出なかったという。業を煮やしたゲバラは大阪のホテルに滞在中、「ホテルを抜け出して広島に行くぞ」と決断。オリーブグリーンの軍服姿で大阪駅で切符を買い2人で夜行列車に飛び乗った。

 「被爆者が入院する病院など広島のさまざまな場所を案内され、私同様、チェも本当にショックを受けていた」とフェルナンデスさん。帰国報告の際にゲバラは、フィデル・カストロ国家評議会議長(当時は首相)に「日本に行く機会があれば、必ず広島に行くべきだよ」と強く勧めたという。カストロ議長は03年3月に広島を訪問。フェルナンデスさんは「フィデルはチェとの約束を守ってくれた」と感激した。

 フェルナンデスさんがゲバラに初めて会ったのは59年1月の革命直後。「外国人としてキューバ革命に参加したチェを私は知り合う前から尊敬していた」と話す。ゲバラが工業相を務めたときには、フェルナンデスさんが副工業相の一人に任命されるなど信頼を得た。しかし、ゲバラが39歳で命を落としたボリビアでのゲリラ闘争には誘われなかった。「一緒にボリビアに行けなかったのが少し悔しい」。フェルナンデスさんは寂しそうな顔をした。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-09 17:02 | 北米・中南米  

パラグライダーのため、森林1100本伐採 容疑で逮捕

2007年02月21日12時21分 朝日新聞

 広島市佐伯区の山をパラグライダーの離陸場所にするために、市や所有者に無断でスギなど約1100本を伐採したとして、広島西署は21日、パラグライダー同好会の代表者で会社役員の橋本正治容疑者(55)=同市佐伯区五日市町=を森林法違反と器物損壊の疑いで逮捕した。「市に届け出の必要があると知らなかった。(所有者から)伐採の了解も得ている」と否認しているという。

 調べでは、橋本容疑者は06年3月から6月にかけて、同区湯来町の阿弥陀山(837メートル)山頂付近で、横浜市の女性(53)が所有する民有林のスギやヒノキ約1100本(被害総額約750万円)を、市や女性に無断で伐採した疑い。この民有林は森林法に基づき、市に伐採面積などを届ける対象になっていた。同署は、同好会仲間数人も絡んでいる疑いがあるとみて調べている。

 橋本容疑者は伐採前に、パラグライダーの離陸場所の建設計画について女性に話をしていたという。同署は交渉がまとまる前に木を切ったとみている。女性が昨年11月に被害届を出していた。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-02-21 12:21 | 社会  

犬の死骸を不法投棄=「ドッグぱーく」を再捜索-広島県警

2月20日13時31分配信 時事通信

 広島市佐伯区の民間テーマパーク「ひろしまドッグぱーく」の犬約500匹の多くが2005年6月の閉園後に衰弱していた問題で、犬を管理していた業者が犬の死骸(しがい)を敷地内に埋めていた疑いが強まり、広島西署は20日、新たに廃棄物処理法違反容疑で、同パークを家宅捜索した。

 調べによると、犬を管理していた動物プロダクション(廃業)代表らは閉園前の2003年から昨年までの間、パーク内で死んだ犬数十匹を敷地内に埋めていた疑い。

 同パークをめぐっては、大阪市の動物愛護団体が、同代表について、給餌、給水、洗浄などが不十分で虐待に当たる疑いがあるとして、広島県警に告発。昨年12月、県警が動物愛護法違反容疑でパーク事務所などを家宅捜索していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-20 13:31 | 社会  

<恐喝容疑団体>元議員が代表と判明 広島県警が捜索

2月19日15時4分配信 毎日新聞

 同和問題や北方領土関係の本を高額で企業などに売りつけたとして、広島市中区の書籍販売会社「トラストジャパン」の代表、李一雄容疑者(63)=所得税法違反罪などで起訴=らが広島県警公安課などに恐喝容疑で再逮捕された事件があり、同課などの調べで、同社員が販売時に名乗っていた二つの政治団体代表を、和田静夫・元衆院議員(80)=東京都武蔵野市=が務めていたことが分かった。

 同課は、和田元議員の自宅を家宅捜索した際に押収した通帳で、政治団体側から定期的な入金があったことを確認しており、金の流れなどを詳しく調べている。

 李容疑者らは、全国の企業などに電話し、「運動の協力として書籍を買ってくれないか」などと持ちかけ、拒否されると「街宣車でも行けば迷惑だろ」などと脅迫、1冊約5万円前後で本を売りつけた疑いで再逮捕された。本の代金の振込口座には、03~05年の3年間で計約18億円の入金があったという。

 家宅捜索の際、和田元議員は県警の事情聴取に対し「活動内容は知らない」などと話したという。

 和田元議員は、旧社会党の参院議員を3期務め、87年4月の東京都知事選に同党推薦で立候補したが落選。90年2月に衆院選旧埼玉1区で当選、1期務めて党副委員長などを歴任した。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-19 15:04 | ひと  

政調費で自動車購入=広島の公明党市議団

2月16日19時0分配信 時事通信

 広島市議会の公明党市議団が、2005年度交付分の政務調査費を自動車購入費などに充てていたことが分かり、市監査委員は16日、使途不明分を含め違法支出と認定した358万円を返還させるよう、秋葉忠利市長に勧告した。また、他の2会派でも違法支出が判明した。

 事務所がないのに政調費の事務所費を支出していたとして、住民監査請求が出されていた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-16 19:00 | 政治  

「ドッグぱーく」を捜索=動物愛護法違反で-広島県警

12月14日11時2分配信 時事通信

 広島市佐伯区の民間テーマパーク「ひろしまドッグぱーく」の犬約500匹の多くが昨年6月の閉園後に衰弱していた問題で、広島西署などは14日、動物愛護法違反容疑で、同パーク事務所や、犬を管理していた業者の自宅など4カ所を家宅捜索した。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-14 11:02 | 社会