タグ:広東 ( 14 ) タグの人気記事

 

解雇の補償金不満 広東省の工場でデモ、警察と衝突

2008年11月26日21時17分 朝日新聞

f0013182_17252657.jpg 【香港=奥寺淳】中国広東省東莞のおもちゃ工場で25日夕、出稼ぎ労働者が解雇補償金の金額が少なすぎるとしてデモを起こし、警官隊と衝突した。国営新華社通信によると、労働者が警察車両と小型パトカーの計5台をひっくり返し、事務所を襲い、パソコンなどの機器を破壊した。

 デモの原因は、工場が216人の雇用契約を26日に終了しようとしたこと。AFP通信によると、デモは最大約2千人に達し、警察との衝突で6人がけがをしたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-26 21:17 | アジア・大洋州  

民衆2千人、警察に抗議デモ 中国広東省

2008年11月8日19時26分 朝日新聞

 【香港=奥寺淳】中国広東省深圳市で7日夜、違法に客を乗せたバイク運転手が死亡したことをきっかけに、家族らが警察に押しかけ、敷地内で暴れる事件が起きた。華僑向け通信社の中国新聞社が新華社通信の話として伝えた。一時は約2千人がデモをし、警察車両を燃やしたという。

 現地からの報道によると、運転手の家族は警察が無謀な取り締まりをしたため死亡したと思い、抗議。同日夕には民衆約2千人にまで膨らみ、警官とにらみ合った。民衆は投石や爆竹を鳴らしたり、警察車両をひっくり返したりした。


深圳で数千人の暴動=交通警察施設を襲撃-中国
2008/11/08-14:01 時事通信

 【香港8日時事】中国広東省深圳市で7日午後から8日未明にかけて、当局の二輪車取り締まりで死者が出たことに怒った群衆数千人が交通警察の施設を襲撃する暴動が起きた。地元のニュースサイト・深圳新聞網などが伝えた。中国では行政当局の不正や横暴に起因する騒乱が各地で起きているが、同市のような全国有数の大都市では珍しい。


数千人が暴動、パトカー破壊し警察署を襲撃―広東省深圳市
11月8日14時28分配信 Record China

2008年11月8日、新華網によると、7日午後から8日未明にかけ、深圳市宝安区で市民が警察署を襲撃する暴動が発生した。検問から逃走したバイク運転手の死亡に端を発したこの事件だが、この死に疑問を覚えた家族や知人らがパトカーに火をつけ警察署内を破壊したという。

7日、都市管理の徹底をめざした宝安区が、違反車両追放のため区内各所で検問を実施。午前9時20分ごろ、ある検問地点を李国超(リー・グオチャオ)さんの運転する二人乗りのバイクが通過。このバイクにはナンバープレートがなく、李さん自身も無免許であった。李さんはバイクを止め、後部座席の人物を下ろすと猛烈な勢いでその場を逃走した。

逃走した李さんのバイクは、信号にひっかかったため、逆方向に逃げようと再度検問所前を通過したその時、作業員がトランシーバーを李さんに投げつけた。トランシーバーは李さんの頭部に直撃し、コントロールを失ったバイクは電柱に激突。李さんは病院に搬送されたが死亡した。

この検問は警察が行ったものではなかったが、警察による検問と誤解した家族が、7日午後1時ごろ、30人ほどで警察署に抗議。検問にあたっていた警官を出すよう求めた。午後2時30分ごろには李さんの遺体を警察署に運び、再度抗議。署内の物品を破壊し、爆竹に火をつけた。さらに、午後5時ごろには警察署の周囲には2000人以上が集まり、警察署に投石などを繰り返した。8日未明、集まった人々は解散したという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-08 19:26 | アジア・大洋州  

肉まんにゴキブリ混入 客激怒「1000元払え」

10月17日17時32分配信 サーチナ

 広東省仏山市にある飲食店で15日午前、客が肉まんを食べたところ、中からゴキブリが見つかるトラブルがあった。客は食事代を無料にしてもらったほか、慰謝料として1000元を受け取ることになった。16日付で仏山日報が伝えた。

 ただし食事をした客によると、同店は当初、慰謝料の支払いを拒否。このため客は地元の衛生当局や消費者協会に通報。すると衛生当局が同店に立ち入り調査を実施した。こうした動きを受けて同店は客側に慰謝料1000元の支払いに応じると伝えてきたという。(編集担当:麻田雄二)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 17:32 | アジア・大洋州  

有名ビールに“衣替え”、東莞市で摘発

2008年9月29日、19:21 アジアちゃんねる

ごっそりと買い付けたビールは、1瓶当たり0.8元(約12円)の聞いたこともないメーカーの安物。これを瓶ごと水を張った水槽に漬けること数時間。ラベルをきれいにこそぎ落とし「青島ビール」のラベルを貼れば、あら不思議。0.8元の安物ビールが、お値段にして3倍以上の有名ブランドビールに早変わりだ。

このほど東莞市で摘発された偽ビール工場では、こうした手法で大手ブランドのビールを“生産”し、1日当たり5,000元以上の利益を上げていた。ここ1カ月にわたり、毎日210ケースを出荷していたというから、相当数が市場に出回った計算になる。「なんだかいつもと味が違う……」そんなビールに出会ったら、それはここで作られた“有名ブランド”のビールかもしれない。【11日・広州日報】
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 19:21 | アジア・大洋州  

<iPhoneガール>「仕事の邪魔しないで」解雇どころか昇進していた!

9月3日12時19分配信 Record China

2008年9月2日、新品の携帯電話に「消し忘れ」保存されていた写真が話題となっている中、被写体である渦中の「iPhoneガール」が勤務先で昇進していたことがわかった。一連の騒動の影響なのかは、わかっていない。広州日報電子版の報道。

騒動の発端は、あるイギリス人青年が購入した米アップル社製の携帯電話・iPhone。新品のはずの製品には、生産現場で撮影された少女の画像が残存していた。少女は工場の職員で、品質テストをした際に撮影され、そのまま消去されずに出荷されたようだ。先月20日、青年が問題の画像をネット上で公開、わずか1週間あまりで世界中に広まり、「iPhoneガール」との呼称まで生まれた。

騒動を受けて26日、中国の電機メーカー・富士康科技集団が、写真の少女を同社工場の従業員であることを認めた。また、今回のアクシデントの原因として「従業員が機能チェックのため撮影した写真を消し忘れたのだろう」と説明している。

その後、騒動の責任を負って少女が解雇されたとの噂も飛んだが、富士康科技集団広報部はそれを否定しており、少女の同僚によると、少女は現在、生産ラインの班長に昇進しているという。ただし本人自身は「私は平凡な女の子でありたい。他人から注目を集める生活は嫌」としており、今回も同僚を通じてメディアに対し「勤務に支障があるので取材は控えて欲しい」とコメントを発表した。(翻訳・編集/愛玉)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-03 12:19 | アジア・大洋州  

ダミーで火葬…死体売買グループを摘発

2008年09月02日 12:29 スポニチ

 2日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国広東省で障害者や高齢者を殺害し、その死体を売っていた犯罪集団の複数のメンバーが警察に拘束された。これまでに100人以上を殺害したという。

 中国では土葬が禁じられ、取り締まりも行われている。しかし地元の風習で土葬の方が死者への敬意を示すことができると信じられており、身内を失った人々などが死者を土葬し、代わりにグループから死体を買って火葬することで当局の取り締まりを逃れるケースがあるという。

 2004年にも広東省の男が10人を殺害し、その死体を売ったとして当局に逮捕されている。 (共同)


殺人死体売買犯罪グループ、広東省で摘発
08/09/05 06:47 大紀元時報

 【大紀元日本9月5日】中国広東省で、老人や障害者など100人以上を殺害し、その死体を売っていた犯罪グループが地元警察にこのほど摘発された。ロイターが伝えた。

 報道によると、犯罪グループは知的障害者や老人などの跡をつけて無理やり車に連れ込み、絞殺、または薬殺などの方法で殺していたという。

 中国では伝統的に土葬が重んじられてきたが、共産党が政権を取った1949年以降、土地を節約し、また風水などの占いを根絶するためとして政府は火葬を推奨してきた。しかし、今でも土葬が故人に対する一番の方法という観念があるため、中国では身代わりとなる死体を火葬場へ送り、亡くなった親族をこっそり土葬する人たちが後を絶たなかった。犯罪グループは、それら風水を信じる一部の裕福な家族らに死体を売っていたとみられている。

 香港紙「リンゴ日報」の報道によると、死体の値段は約1万元(約16万円)。

 また同紙は、村民の証言として、昨年初め頃から広東省掲陽市周辺の村で年配者がたびたび失踪し、人探しの紙がよく張り出されていたと伝えている。

 4年前、掲陽市では寺の住職が半年以内に10人の男性を寺に連れ込み、殺害して一体あたり1千元(約1万6千円)から8千元(約14万円)で売っていたという事件が発生した。同住職は2004年8月、広東省汕頭市で逮捕されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 12:29 | アジア・大洋州  

大雨後、河川が真っ赤に変色=中国広州市

08/08/08 10:28 大紀元時報
f0013182_2514129.jpg
 【大紀元日本8月8日】中国南部の広州市で8月6日午後、大雨が発生したが、雨の後河川の水が相次ぎ真っ赤に変色、夜9時ごろまで5時間も続いた。

 地元紙「広州日報」によると、午後4時ごろから、同市天河区天平架地区の果物卸売り市場の側にある幅約10メートルの河の水が大雨の後に突然真っ赤になった。

 ある市民は、「初めは淡い赤だったが、徐々に濃くなり、最後は血のようになった」と証言している。

 同日午後6時ごろ、同市の楊箕村付近の河水も真っ赤になった。市民からの情報によると、変色は約3時間続き、夜9時には赤色が消えている。

 河の水は変色したが臭いはなかった。上流の工場から化学品あるいは染色剤が流れたのではと疑われている。

 同市の環境保護局の関係者によると、職員が現場を調査し、原因を究明している。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 10:28 | アジア・大洋州  

白ネズミ大群出現、個人が放したことが原因=広東省

08/07/26 07:58 大紀元時報

 【大紀元日本7月26日】中国広東省佛山市南海区の花壇に7月21日午後1時ごろ、突然一万匹以上の白ネズミが現れた事件で、個人が飼育しきれず放したためだったことが当局の調査により分かった。

 「南方都市報」によると、この白ネズミの大群は、南海区里水鎮和順村に住む李という人物が飼育していたもので、蛇の養殖場に提供していたが、増えすぎて飼育のストレスに耐えられなくなり、こっそりと外へ放したという。

 本人の話によると、ネズミを飼い始めた当時はたったの2匹だったのが、半年で一日十数匹のペースで繁殖を始め、爆発的に増加したという。最近では蛇の養殖場が元手割れをしたため、ネズミを売ることも飼育することも出来なくなり、また殺してしまうのも忍びなかったことから外へ放すことに決めたのだという。

 この李という人物はすでに警察に拘束され、取り調べを受けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 07:58 | アジア・大洋州  

中国でまた暴動、警官3人死亡か=数百人が政府施設を襲撃-広東省

2008/07/18-20:51 時事通信

 【香港18日時事】18日付の香港紙・東方日報によると、中国広東省恵州市で17日、治安当局者が市民を殴り殺したといううわさが流れ、これに抗議する数百人が政府施設を襲撃する暴動が起きた。警官3人が死亡したとの情報もある。

 殴り殺されたといわれるのは、バイクで人を運ぶ仕事をしていた湖南省出身の男性。治安当局者に拘束され、釈放の条件として200元(約3000円)を要求されたが、拒否したため殺されたという。

 その後、政府施設や警察車両などが破壊される事態となったことから、数百人の人民武装警察部隊が出動して鎮圧した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-18 20:51 | アジア・大洋州  

強制労働、子供100人救出 広東省

5月3日8時1分配信 産経新聞

 【北京=福島香織】中国広東省東莞市の電子工場などで、四川省涼山イ族自治州の農村からだまされて連れて来られた子供が強制労働に従事させられていたことが、広東省地元紙・南方都市報の調査報道で明らかになった。 

 同紙の28日付以降の一連の報道によると、広東省一帯には、「童工」と呼ばれる未成年労働者の大規模な市場があり、この5年にわたり数百人が売られてきたという。多くが9歳から16歳の未成年。時間給3・8元(57円)以下と同市規定の最低賃金を下回る賃金で、月360時間もの長時間労働を強制され、賃金の3分の2は仲買人らに搾取されていた。食事も数日に1回しか与えられず、少女だと仲買人らにレイプされたり、逃げた少年が殺害されたりしたケースもあったという。

 報道をうけて東莞市警察は捜査に乗りだし、2日までに100人以上の子供たちを救出。売買にかかわった15人の容疑者を拘束しているという。中国では昨年6月、山西省臨汾市洪洞県のレンガ工場で大規模な未成年強制労働事件が発覚。これまでひた隠しにされてきた「世界の工場」の違法労働力市場の実態が明らかになってきている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-03 08:01 | アジア・大洋州