タグ:広西 ( 5 ) タグの人気記事

 

住民136人がヒ素中毒 中国、産廃で飲み水汚染

2008年10月07日 12:40 USFL.COM

 7日の新華社電によると、中国広西チワン族自治区河池市内の2つの町で住民136人が、顔や目の腫れ、吐き気、目のかすみなどを訴え、尿検査でヒ素中毒にかかっていることが分かった。地元当局の調査で、町の飲み水が近くにある冶金(やきん)業者の工場から出る廃棄物によって汚染されていたことが判明した。

 被害はさらに拡大する可能性もある。ただ医療関係者によると、中毒症状は軽く、早期の治療で完治するという。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 12:40 | アジア・大洋州  

化学工場で爆発、死者16人に 中国・広西チワン族自治区

2008.08.27 20:47 CNN

北京(CNN) 中国南部、広西チワン族自治区宜州市で26日朝、化学工場が爆発し、国営・新華社通信によると、16人の死者が確認された。また、負傷者は57人に上り、6人が行方不明となっている。

犠牲者のほとんどは、工場の労働者。当局が爆発の原因などについて調査している。工場では接着剤や塗料などに使われる化学製品を製造している。

爆発と火災に伴い、硫化水素や一酸化炭素などのガスが放出され、火が消し止められた後も流出が続いている。このため、工場から半径3キロ以内の住民1万1500人が避難している。


化学工場爆発、死者20人に=中国南部
8月27日22時34分配信 時事通信

 【北京27日時事】新華社電によると、中国南部の広西チワン族自治区宜州市の化学工場で26日に発生した爆発による死者は27日午後、20人となった。爆発原因はまだ特定されていない。
 爆発に伴い河川・大気汚染が懸念されたが、地元当局は影響はないとしている。


工場爆発で16人死亡、6人不明=中国南部
2008/08/27-02:41 時事通信

 【北京26日時事】新華社電によると、中国南部にある広西チワン族自治区宜州市の化学工場で26日朝、爆発とともに火災が発生、1万平方メートル以上を焼いた。16人が死亡、60人が負傷したほか、6人と連絡が取れなくなった。

 工場からアンモニアとホルムアルデヒドなどの有毒ガスが漏れたため、同市当局は現場から3キロ以内に住む1万1500人以上を避難させた。周辺の町から集めた数百人の消防隊が消火に当たり、延焼は食い止めたが、鎮火には至っていないという。


中国で化学工場爆発 死傷70人超 1万人避難
2008.8.27 09:22 産経新聞

 【北京=福島香織】中国国営新華社通信によると、広西チワン族自治区宜州県(ママ)の広西ビニロン集団の化学工場が26日早朝、爆発を起こし、27日朝までに少なくとも16人が死亡、6人が行方不明で、60人が負傷して病院に収容された。

 爆発を起こしたのは、原料のメタノールの保管場所。原因は調査中という。

 現場では硫化水素、シアン化水素、一酸化炭素などの有毒ガスが発生しており工場3キロ四方の周辺住人らを含む1万1500人が避難している。

 近くを流れる竜江河が汚染されている可能性もあり、養殖魚を移動させる一方、水質検査を開始した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 20:47 | アジア・大洋州  

こんな動物見たことある???口はブタ、目はウサギ、体はキツネ―江西省宜春市

4月19日6時7分配信 Record China

f0013182_373029.jpg2008年4月18日、「人民図片網」は広西省宜春市の動物園で7年間飼われている正体不明の動物を「怪物」と称して紹介。

宜春市動物園の片隅で飼育されている謎の動物は、今から7年前に地元農民が捕獲し、同市林業局野生動物保護ステーションに届けたもの。同局の専門家にはこの動物が一体何であるか識別できなかったため、同省林業局の専門家に鑑定を依頼。そこでも正体がわからず、この動物の映像を国家林業局に送ったのだが、正体は不明との返事が。【 その他の写真

問題の動物は、全身を黄色い毛で覆われており、長い尾を持ち、姿は狐に似ている。顔には小さく突き出た口があり、形も色も子豚にそっくり。鼻はひしゃげて丸く、目はピンク色で兎の目に似ている。耳は楕円形で、白くて長い鼻ひげが生えている。

同園の飼育係は、この動物が何でも食べる雑食で、どんどん大きくなる一方だと説明。あとどれくらい大きくなるのか、あと何年ぐらい生きるのかがわからないため不安だと話している。(翻訳・編集/本郷)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-19 06:07 | アジア・大洋州  

いかだのこぎ手、上納金に反発し警察と衝突…中国・桂林

10月3日19時4分配信 読売新聞

 【香港=吉田健一】3日付の香港紙・明報などによると、日本でも人気の高い観光地、広西チワン族自治区桂林市で1日、観光用の川下りいかだのこぎ手ら約1000人が、地元政府による上納金要求に反発してストライキを行い、一部が警官隊と衝突、観光客1人を含む8人以上が負傷、十数人が拘束された。

 衝突の際、発砲した警官もいたという。

 警官隊が船着き場を封鎖するなど、現場はまだ緊張しているが、在広州日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 漓江下りで有名な同市陽朔では8月、地元政府がこぎ手の個人営業権を突然取り上げ、政府系旅行会社に管理費を上納した上での営業を義務づけた。乗船料170元(1元は約16円)のうち130元が上納金となるため、こぎ手は収入の激減に強く反発したという。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 19:04 | アジア・大洋州  

続報:中国広西自治区、暴動発生認め、村民28人逮捕

2007/05/25 10:50 大紀元時報

【大紀元日本5月25日】地元政府の一人っ子政策の過酷な強制執行を抗議するため、中国南部の広西チワン族自治区玉林市博白県で発生した官民衝突事件が鎮圧されてすでに数日間経過した。現地政府はこのほど、初めて暴動の発生を認め、28人の村民逮捕を公表した。村民の証言によれば、現地は依然一触即発な状況にあり、民衆の怒りがまだ収まっていない、各鎮は聨合で20数人の村民代表を選出、中央政府に直訴するため、5月22日に北京へ出発した。一方、現地政府は大量の公安や、武装警察を各鎮の役所に進駐させた。人数があまりにも多いため、200台あまりの私営バスが人員の運送に使われているという。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-05-25 10:50 | 中国