タグ:建築 ( 3 ) タグの人気記事

 

世界で2番目に高いビル、上海で開業へ 森ビル建設

2008年8月28日23時0分 朝日新聞

f0013182_15425631.jpg 【上海=西村大輔】森ビル(本社・東京)が上海市浦東新区で建設していた101階建て超高層ビル「上海環球金融中心」がこのほど完成し、28日に報道陣に公開された。高さ492メートルで、完成したビルとしては台湾の「台北101」(509メートル)に次ぎ、世界で2番目に高い。30日に正式にオープンする。

 森ビルによると、総工費は約1250億円。三井住友銀行など日米欧の金融機関約20社の入居が確定し、開業時で約45%の面積が埋まった。79~93階には高級ホテル「パークハイアット」が入る。100階には世界一高い展望台を設けた。

 97年に着工。アジア金融危機などで98年から約5年間、工事を凍結したが、03年に建設を再開していた。

 浦東新区では90年代から国家プロジェクトとして「国際金融センター」の建設が進んでおり、その中核的な施設になると期待されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-28 23:00 | アジア・大洋州  

歴史ある市庁舎「解体待った!」 韓国・文化財庁がソウル市と全面対決

2008.8.27 10:08 産経新聞

 ソウル市が、日本の植民地時代の1926年に「京城府庁」として建設された市庁舎について安全上の問題を理由に解体、復元工事に着手したのに対し、現状保存を主張する韓国の文化財庁が待ったをかけ、全面対決の様相を呈している。

 市中心部にある市庁舎は重厚なルネサンス様式の4階(一部6階)建てで、2003年に文化財登録された。市庁舎前の広場ではさまざまな催しが開かれ、日本人観光客にもおなじみの建物だ。

 しかし、市の検査で鉄筋の腐食が進んでいることなどが判明。市は11年完工予定の新庁舎建設に合わせ、現市庁舎の正面や裏手の建物を解体した上で復元、図書館などとして市民に開放する計画で、26日、「復元では近代建築物としての価値がなくなる」とする文化財庁の保存勧告を無視する形で撤去作業に踏み切った。

 これに対し文化財庁は同日、文化財委員会を緊急開催し、建物を国の史跡に仮指定して工事中断を命令。工事は約6時間で中断された。市は、文化財庁の対応は不当だとし、法的手段も辞さない構えだ。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 10:08 | アジア・大洋州  

きょう閉店の上の「聚楽台」 昼時は元“金の卵”たちで満員御礼

4月21日14時30分配信 産経新聞

f0013182_1613065.jpg 昭和の香りを残したまま、建物の老朽化のため閉店日を迎えた東京・上野駅前の老舗レストラン「聚楽台(じゅらくだい)」。21日の昼時は、思い出の味をほおばろうと、かつて集団就職で上京した人らが詰めかけた。“食べ納め客”で満員御礼の店内には空席待ちの長い行列ができ、半世紀前の開店当初をほうふつさせる繁盛ぶりとなった。

 足立区から、夫婦で訪れた辻義明さん(62)は、「集団就職で15歳の時に上野駅に上京した。その時、この店で食べた五目そばを今日は注文した。昔を思いだした」と昔を懐かしんだ。

 広い店内の340席はほぼ満席で、接客の店員はてんてこ舞いだ。平日の昼に行列ができるほどの入店者数は異例だという。

 板橋区から来たという箱崎光義さん(53)は「上野の映画館で寅さんの映画を見た後、よく来たもんだ。大衆食堂みたいでよかったが、今日で最後だと思うと寂しい。新しい建物になったら必ず来る」と語った。

 食事を終えた客は、おのおのカメラに思い出の光景を収め、名残惜しそうに店を後にしていた。

 「聚楽台」は午後10時まで営業する。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-21 14:30 | 社会