タグ:弱い日本サッカー ( 9 ) タグの人気記事

 

浦和・闘莉王、サポーターと激しい口論

10月19日 16時39分 デイリースポーツ

 J1浦和のDF田中マルクス闘莉王(27)が19日の練習中に、一部サポーターと激しい口論を演じた。V奪回が遠のいた18日のホーム神戸戦の敗戦から一夜明け、埼玉・大原グラウンドでは、一部サポーターがゲルト・エンゲルス監督を批判する「ゲルト、ずっと言いたかった マジ無理」などと書いた横断幕を掲げた。これに闘莉王は黙ってはいられなかった。

 前日の試合後にも観客席とやり合い、悔し涙を流した男は、自らフェンス越しにいた10人ほどのサポーターに歩み寄り「選手は必死にやっている」「こういうときこそ力になってくれ」と訴えた。それでも「精いっぱい戦っているのか」と反論されると「おまえがやってみろ!」とエキサイト。「もう1回、浦和は強いと分からせるために死ぬ気でやってやる!」「だれが男か、見せてやる!!」とタンカを切った。

 前日のスタメン組が闘莉王の周囲を取り囲み、スタッフやエンゲルス監督にも制止されつつ、口論は10分間も続いた。練習後は冷静さを取り戻した闘将は「サポーターも『勝って当たり前』と、1勝の喜びを忘れかけている。タオルを投げるのは簡単。最後まで一丸となってやるしかない」と逆襲を誓った。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-19 16:39 | スポーツ  

岡田ジャパン 際だつ中村俊依存症

10月16日1時31分配信 産経新聞

 W杯最終予選ホーム初戦は5万5000人以上のサポーターで埋まった。その大歓声が徐々にため息に、そして悲鳴へと変わる。日本がW杯予選のホームで勝てなかったのは実に11年ぶり。中村俊は「結果がすべて。勝たないといけなかった」と声を絞り出した。

 6日前のリプレーを見ているようだった。ボール支配率は6割強、シュート数は3倍近く、そして、スコアも1-1。違うのは、今回はW杯予選ということだ。岡田監督は「相手は攻めることができなかった」と日本の攻勢を強調したが、それも結果の前では強がりにしか聞こえない。

 前半27分に先制され、40分に中村俊-大久保と相手を左右に揺さぶり玉田が決め同点に追いつくまではよかった。だが、後半は完全に自陣に引きこもる相手にラストパスがずれたり、シュートが枠から外れたりとミスを連発した。

 「足下へのパスばかり。厚みが全然ない」と大久保。遠藤も「緩急がなかった」と視線を落とした。終盤、DFの闘莉王が前線に上がり、コンセプトを度外視したパワープレーに移行してからがもっとも迫力があったことは、皮肉というほかない。

 気がかりなのは、最終予選という舞台と相手のレベルアップで肉体的、精神的なプレッシャーが高まれば高まるほど、中村俊への依存度が高まることだ。この日の日本のチャンスのほとんどは中村俊が生み出したものだが、誰もがボール保持を怖がるように背番号10を探し、格下相手にできていた小気味良いパス回しがなくなった。ライバルに中村俊が抑えられたとき、このままでは日本は機能不全になる。

 岡田監督は「チャンスは作ったが、決めきれなかった。これはもう、続けていく以外にない」と話した。もちろんそういう側面はある。ただ、「決定力不足」に加え、「俊輔依存症」という“病”も克服しないと、この先も厳しい戦いが待っている。(森本利優)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-16 01:31 | スポーツ  

岡田ジャパン弱い…流経大に0-1完敗

9月2日8時1分配信 スポーツ報知

 ◆日本代表練習試合 日本代表0-1流経大(30分ハーフ) バーレーン戦に向け千葉県内で合宿中の日本代表は、合宿最終日の1日、流経大と30分ハーフの練習試合を行い、0-1で敗れた。生命線である攻守の切り替えや前線からのプレスがことごとく不発。合宿で、何度も練習試合を行っている流経大からは“史上最弱”の声も聞かれる始末。W杯出場をかけた一戦の前に、岡田ジャパンに不安が募った。

 岡田ジャパンに突きつけられたのは、屈辱の結果だった。流経大との練習試合。「生命線」として、発足当初から徹底し、今合宿でも再確認したはずの攻守の切り替えや前線からのプレスが、全く機能しない。決定的なシュートチャンスは無し。逆に後半21分に、ミドルシュートをたたき込まれ、完敗だ。

 オシムジャパン時代から通算6度目の対戦で、初めての敗戦。31日に天皇杯予選の茨城県決勝を戦い、連戦だった流経大の選手たちから「今までの代表の中で、一番悪いんじゃないですか」、「鹿島のサテライトより弱い」、「調整段階ということを引き算しても、心配ですよね」と酷評された。

 “仮想バーレーン”の一戦だった。試合前、岡田武史監督(52)は、普段は4-4-2でゾーンディフェンスを敷く流経大に「3バックでお願いします。DFでボールを回さず、GKが大きくけり出してほしい。中盤は、マンツーマンでやってほしい」と要求。高さのある相手に対する守備に主眼を置いたはずが、慣れない戦術で戦う相手にセカンドボールさえ拾えず。流経大のある選手からは「自分たちのプレーができた。いつもは、プレスがガンガン来るのに、今日は自由にできた。全部が中途半端だった」。いいところなしで、本番前最後の実戦は終わった。

 屈辱の敗戦に「前半はみんなイケイケで、どんどん行っちゃって。後半は組織でプレッシャーをかけるように言ったら行かなくなってしまった。このレベルでも飛び込みすぎたらやられると、加減がわかったんじゃないか」と自虐的に話した岡田監督。アウェー決戦まであと4日。余裕は無い。不安を打ち消すためには、突貫工事で建て直しを図るしかない。

 ◆西川止めちゃった ○…後半から流経大側のGKとして出場し、大番狂わせの立役者となった。後半28分には、代表にとって唯一の決定機となったMF今野のヘディングシュートをパンチングで防ぎ、完封勝利に貢献。「試合なんで(勝利を)狙っていました。流経大のDFの名前を全部覚えて(ゲームを)やった。(代表を)止めちゃいました。勝ったのでうれしかったけど複雑です」と苦笑いしていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 08:01 | スポーツ  

<五輪サッカー>群抜くアルゼンチン 日本まだ決定力不足

8月24日22時48分配信 毎日新聞

 北京五輪のサッカー男子はアルゼンチンの2連覇で幕を閉じた。

 7月29日に東京で日本と壮行試合を行った時は「60~65%の仕上がり」(バティスタ監督)だったチームが、試合を重ねるごとに完成度を高めていった。準々決勝で欧州予選1位のオランダ、準決勝で宿敵ブラジル、決勝でアトランタ大会金メダルのナイジェリアを撃破。前回アテネ大会から12戦全勝で五輪連勝記録を更新した力は、チームとしても、個としても頭一つ抜きんでていた。

 銀メダルのナイジェリアも、好チームだった。欧州でプレーする選手が多く、高い身体能力と、洗練された組織力で、アルゼンチンを苦しめた。銅メダルのブラジルはロナウジーニョを24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で加え、本気で初の金メダルを目指したが、チームとしての完成度でアルゼンチンに遠く及ばなかった。

 一方、アジアの4チームはすべて1次リーグで敗退した。韓国は1勝1分け1敗、地元中国とアジア枠として出場権を獲得したオーストラリアは1分け2敗、日本は3戦全敗だった。「谷間の世代」と呼ばれた前回のアテネ五輪世代に続く2大会連続の1次リーグ敗退は、日本サッカーが直面する閉塞(へいそく)感を浮き彫りにした。司令塔不在の単調な攻撃、決定力不足は最後まで解消できなかった。OA枠を使わないままの敗退は悔いを残した。【安間徹】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-24 22:48 | スポーツ  

全敗の反町監督、涙の謝罪…サッカー男子代表が帰国

2008年8月15日06時01分 スポーツ報知

うつむいたまま到着ロビーを出る反町監督 1次リーグ3戦全敗に終わったサッカー男子チームが14日、帰国。最後のミーティングで反町康治監督(44)は選手に「勝たせてあげられず申し訳なかった」と泣きながら“謝罪”した。しかし、プロとして泣いて済む問題ではない。現地で視察し、同日に帰国したJリーグ鬼武健二チェアマン(68)は、惨敗の一因としてオーバーエージ(OA)枠の対応の遅れを指摘。OA枠を活用するという決断が6月に遅れたことで、クラブ側が供出を拒否した大久保(神戸)の代替の選択肢がなくなるなど後手を踏んだ。「OA枠を使うか、監督は迷ったのだろうが、もっと早めに明確にすればよかった」とチェアマンは話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 06:01 | スポーツ  

<五輪サッカー>日本代表が帰国 堅い表情で会見場へ

8月14日13時0分配信 毎日新聞

 3戦全敗に終わった北京五輪男子サッカー日本代表の「反町ジャパン」が14日、瀋陽発の中国南方航空機で成田国際空港に帰国した。反町康治監督や選手らは堅い表情で会見場のホテルへ向かった。【駒木智一】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-14 13:00 | スポーツ  

全敗も当然…バラバラだった反町ジャパン

8月14日 7時01分 スポニチ

 【北京五輪・サッカー男子 日本0―1オランダ】反町ジャパンが屈辱の未勝利で北京五輪を終えた。サッカー男子五輪代表は13日、1次リーグ最終戦でオランダと対戦し、0―1で敗れた。すでに1次リーグ敗退は決まっていたが、後半28分にPKで決勝点を奪われ、最後に意地を見せることすらできずに3連敗。オーバーエージ枠が導入されて現行の大会制度になった92年バルセロナ五輪以降、4度目の出場で初の未勝利での敗退となった。

 4年に1度の大舞台は最悪の結果に終わった。後半28分に本田圭の与えたPKで失点。相手とほぼ同数の11本のシュートを放ちながら、最後まで得点力不足に泣いた。メダル獲得を目標に掲げた戦いは、3戦全敗で終えん。反町監督は「悔いはありません。2年間で選手たちのプロ意識を高める手助けをした自負はある」と強がったが、世界の壁はあまりにも厚かった。

 最終戦で指揮官と選手の間に“溝”もできてしまった。試合前に反町監督から「オランダはうまいから前からボールを取りにいかなくていい」との指示が出たが、選手は無視。本田圭は「オレの考えは違った。何人かの選手に“前からいって相手を圧倒しよう”と話したら、賛同してもらった」と証言した。試合後は森本がサポーターにあいさつするチームに加わらずに足早にロッカーに引き揚げるなど、後味の悪い最終戦となった。

 06年8月のチーム発足後、通算17勝8分け10敗と勝ち越しながら、アジア以外との対戦は2勝3分け8敗と大きく黒星が先行。水本主将は「この悔しさを次につなげないといけない」と唇をかんだ。屈辱を教訓に変えられるかどうかは、若い選手たちの今後の奮起に懸かっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-14 07:01 | スポーツ  

ニッポンコール、ため息に=「完全にアウェー」−サッカー男子

8月7日 21時26分 時事通信

 【天津(中国)7日時事】「情熱と誇り」を胸に若きイレブンの戦いが始まった。7日(日本時間同)、北京五輪サッカー男子日本代表の初戦。「ニッポン、ニッポン」の大合唱の中、米国のゴールに何度も迫ったが、0−1で敗れた。

 前半から相次いだチャンス。ゴールを外すと、大舞台に立つ息子とおそろいのユニホーム姿で見詰める選手の両親らの歓声がため息に変わった。

 後半2分、米国選手の放ったシュートが日本ゴールに吸い込まれた。家族らが座るバックスタンドが静まり返る。スタンドの大半を埋める中国人観客から、地鳴りにも似た歓声と拍手が起きた。

 「いいぞ」「頑張れ」。日本人サポーターは日の丸を揺らして声をからしたが、名古屋市出身で北京に留学中の棚橋次郎さん(25)は「完全なアウェー。中国人はみんな米国の応援だった」。

 ゴールを割れず、試合終了のホイッスル。何人かの選手がピッチに倒れ込んだ。MF本田拓也選手(23)の母千枝子さん(51)は「みんな思ったより疲れているのか。吹っ切れて次につながってくれれば」と話した。

 FW李忠成選手(22)の父鉄泰さん(49)は息子のプレーに「国のために汗を流し、死ぬ気で走り、合格点をあげられる」と目を細めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 21:26 | スポーツ  

サッカー界ますます迷走!? 川淵三郎会長、院政にむけ本格行動

2008年5月23日9時0分 日刊サイゾー

 今年7月で任期満了となり、退任が決定している日本サッカー協会(以下、JFA)・川淵三郎会長。3期6年の長期政権もついに終わりを迎えるのかと思いきや、ここにきて、“院政への下準備”がいよいよ表面化しているという。

「今月15日にJFA理事会が開かれ、7月の会長改選にむけた『次期役員候補推薦委員会』が設置されましたが、その委員長となったのは川淵氏。つまり、川淵氏が推薦した候補者でなければ、会長には就任できない。次期会長の人事権を現会長が握っているなんて、まさに茶番ですよ。同氏が委員長になったことに対し、理事会内では反発の声もあがったみたいですが、黙殺されました。会長退任後、名誉会長就任という筋書きは間違いないでしょう」とスポーツ紙記者。

 また、一方ではこんな話も出てきている。『JFAこころのプロジェクト』なる企画をご存知だろうか。引退した選手が学校の教室を訪れ、夢を持つことの大切や生き方を子どもたちに教えるというもの。たしかに素晴らしい企画ではあるが、同プロジェクトさえも、川淵氏の権力の道具になってしまうのでは? と危ぶむ声もある。

「『こころのプロジェクト』は川淵さんの鶴のひと声によって、06年から発足しました。ただ、近々、同プロジェクトがJFAから独立し、NPO 法人化するという話が持ち上がっています。そのNPO法人の会長の椅子には、当然、川淵さんが座る予定。これでは、院政どころかますます影響力を強めるばかりではないかと言われています」(JFA関係者)

 まさに「老醜」という言葉がピッタリ当てはまる。川淵氏が日本サッカーの礎を築いたのは誰もが認めるところ。だからこそ、晩節を汚すことなく、潔くサッカー界から退いたほうがよいのではないだろうか?(編集部)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 09:00 | スポーツ