タグ:愛媛 ( 7 ) タグの人気記事

 

<愛媛新聞>朝刊1面におわび…社員2人の不祥事で

10月10日11時57分配信 毎日新聞

 愛媛新聞社(松山市)は、社員2人の無免許運転と窃盗事件について10日の朝刊1面におわびを掲載。谷茂男編集局長を異動させるほか、野本武男社長ら役員3人を9日付で減俸10分の1、3カ月の処分にした。

 生活文化部副部長は、先月7日、松山市内で道交法違反(無免許運転、信号無視)の疑いで検挙された。免許失効期間は5年7カ月に及び、この間も運転を繰り返していた。また、運動部記者は今月2日、出張先の大分県で、バッグなどを万引きしたとして窃盗容疑で現行犯逮捕された。

 同社経営企画室は「深く反省し心からおわびする。社を挙げて信頼回復に取り組む」としている。【柳楽未来】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 11:57 | 社会  

<万引き>愛媛新聞の女性記者を逮捕 大分で国体取材中

10月3日1時26分配信 毎日新聞

 大分県警別府署は2日、松山市花園町、愛媛新聞(本社・松山市)の運動部記者、渡辺嘉奈(かな)容疑者(35)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 調べでは、渡辺容疑者は同日午後9時20分ごろ、同県別府市楠町の商業施設「ゆめタウン」でバッグ、ブラウス、Tシャツ、文房具など約9万5000円相当を万引きした疑い。容疑を認めているという。

 愛媛新聞社によると、渡辺容疑者は運動部に所属。大分国体に3人の取材班の一人として来ていたという。同社経営企画室は「新聞記者としてあってはならない行為。関係の皆様に深くおわび申し上げる。事実を確認して厳正に対処する」とのコメントを出した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-03 01:26 | 社会  

内部告発警官が二審も勝訴 「配転は違法」県に賠償命令

2008年9月30日21時13分 朝日新聞

 愛媛県警の不正経理を内部告発した直後に報復人事を受けたとして、巡査部長の仙波(せんば)敏郎さん(59)が県に100万円の慰謝料を求めた訴訟の控訴審で、高松高裁は30日、全額支払いを命じた一審・松山地裁判決を支持、県の控訴を棄却した。矢延(やのぶ)正平裁判長は「配置換えは嫌がらせ、見せしめのためと推認される」とし、再び違法と認定した。

 判決は、05年1月の鉄道警察隊から通信指令室への配置換えについて、内示が内部告発のわずか4日後で、同室に新たに企画係を設けたと指摘。「新設に緊急の必要性は認められず、定期異動を外れた時期に、新たな職務を意に反して経験させる意味があるか疑問だ」と述べ、必要性や合理性がないと判断した。

 仙波さんの勤務成績が下がり、勤勉手当が減額されたことについても「成績が良くないことの裏付けがなく、注意や処分をした形跡もない」と述べ、社会通念上著しく不合理で違法だとした。

 その一方、一審判決が認めた配置換え時の県警本部長の関与については「地域課長が自らの権限で実施したもので、本部長が配置換えを指示した証拠はない」と否定。また、一審は県警側が仙波さんが記者会見する前に面談して中止を求める妨害行為があったと認めていたが、この日の判決は「県警が面談を無理強いしたり、威圧を加えたりしたことはない」と述べた。

 そのうえで仙波さんが受けた精神的苦痛について、本部長の関与や会見の妨害行為がなかったことを踏まえても「慰謝料は100万円を下回らない」とした。不正経理の有無については一審と同じく言及しなかった。

 県は控訴審で、配置換えについて「会見後の騒然とした環境だと鉄道警察隊では職務遂行に支障が生じるおそれがある」などと主張していた。

 仙波さんは05年1月、記者会見を開き、「長年、幹部から偽の領収書を作るよう指示された」と内部告発し、県警の調査を強く求めた。

 告発後、県警や警察庁などは98~04年度分で計436万円の不適正会計を確認。当時の県警本部長を戒告にするなど123人を処分した。仙波さんは05年2月、配置換えの取り消しを申し立て、県人事委員会は06年6月に異動を取り消すと裁決。仙波さんは元の職場に復帰している。

 判決を受け、愛媛県の加戸守行知事は記者団に対し、「主張が認められなかったのは残念。上告は県警の検討結果を踏まえて対応したい」と話した。県警の梶原眞(まこと)・首席監察官は「一部主張が認められた部分もあるが、結果的に厳しい判決と受け止めている」との談話を出した。(上地兼太郎、中田絢子)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-30 21:13 | 行政・公務員  

女装で興奮…運転手の男逮捕、セーラー服姿で女性触る

9月26日13時51分配信 産経新聞

 犯行時は常にセーラー服姿だった…。愛媛県警松山東署は26日、強制わいせつ致傷容疑で、松山市森松町、トラック運転手、中山健一容疑者(39)を逮捕した。中山容疑者は「女装をすると興奮した」と容疑を認めている。

 調べによると、中山容疑者は今年8月27日、松山市道後今市の路上で、大学生の女性(19)の後ろから近づき、下半身を触り、けがを負わせた疑い。

 中山容疑者はセーラー服と長髪のカツラ姿で待ち伏せし、友人といっしょに歩いていた女性を襲撃。同署は中山容疑者の自宅や車から、セーラー服や女性用下着などを押収した。

 松山市周辺では今年2月ごろから、女装の男が下半身を見せるなどのわいせつ事件が多発していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-26 13:51 | 社会  

期限切れ牛丼冷凍パック、詰め替えて期限改ざん…愛媛の2社

8月12日13時10分配信 読売新聞

 愛媛県の冷凍食品加工会社など2社が、東京都内の食品輸入会社から仕入れた賞味期限切れの冷凍の牛丼の具のパックなど計約27トンを再加工し、賞味期限を改ざんするなど食品衛生法に違反したとして、同県は12日、2社に改善勧告し、出荷製品の自主回収を指導したと発表した。

 2社は「東京の会社に頼まれてやった」と認め、うち約1・5トンは大阪市内の卸会社に販売された。一部は業務用として流通しているが、健康被害の届け出はないという。

 県の発表によると、2社は伊方町の冷凍食品加工業「セトフーズ」と、今治市の食品加工会社「マックスプロダクト」。県は情報提供を受け、5、6日に、両社を立ち入り調査した。

 セ社は5月から今月にかけて13回、東京の輸入会社から賞味期限切れのブラジル製牛丼パック(1袋155グラム入り)など計約24・5トンを仕入れて解凍。100袋分を1袋にして再凍結させて箱詰めにし、新たに賞味期限を1年後と改ざんしたラベルを張り、約22・3トンを東京の輸入会社に送った。

 仕入れ時点ですでに1年前に賞味期限が過ぎていたものもあった。セ社は県に「賞味期限の日付は東京の会社からファクスで指示を受けた。流通先は知らない」としている。

 マ社は1月以降22回、東京の輸入会社から賞味期限切れの牛丼パック約3・3トンを仕入れ、タマネギなどの具材を加えて再加工し、1年~1年半の賞味期限にして計約4・9トンを東京の輸入会社に送り返した。マ社は県に「賞味期限が過ぎているのは知らなかった」としているという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 13:10 | 経済・企業  

「空き家情報バンク」を整備 移住交流促進協

2008年05月30日 愛媛新聞

 行政や民間35団体で組織するえひめ移住交流促進協議会(会長・西沢孝一県企画情報部長)の2008年度総会が30日、県庁であった。田舎の不動産物件情報をインターネット上に集約し、移住希望者へ一元的に提供する全県的な「空き家情報バンク」の整備方針を正式決定した。

 西沢会長は「団塊世代の大量退職が始まり、各県で取り組みが加速している。経験や知識を有する人の移住は人口減少防止だけでなく、地域活性化につながり、他県に負けない取り組みを継続したい」と述べた。

 空き家情報は、同協議会が開設しているえひめ移住支援ポータルサイト「e移住ネット」に掲載。物件探しを容易にするため地域、価格、「海暮らし」「山暮らし」などのキーワード別に検索できる機能を設ける。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 08:00 | 社会  

巡査部長「報復人事」訴訟、愛媛県が控訴

9月25日13時51分配信 読売新聞

 愛媛県警の捜査費不正支出問題を内部告発した仙波敏郎巡査部長(58)の異動を巡る国家賠償訴訟で、愛媛県は25日、告発直後の異動を「報復人事」と認定して100万円の支払いを命じた松山地裁判決を不服として、高松高裁に控訴した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 13:51 | 行政・公務員