タグ:愛知 ( 72 ) タグの人気記事

 

感染農場のウズラ出荷=6都県に4870羽、自粛要請前-鳥インフル

3月4日22時8分配信 時事通信

 愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザが発生した問題で、農水省は4日、県が移動自粛を要請する前に、最初の発生農場から卵を産まなくなったウズラが4870羽出荷されていたと発表した。一部はタカやハヤブサなど猛きん類の餌として、同県を含む6都県10カ所の業者や愛好家に販売。大半は回収・焼却したが、茨城、岐阜、東京の計3業者などに渡った300羽は既に猛きん類が食べており、各都県が鳥インフル感染の有無を検査している。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-04 22:08 | 社会  

名古屋市長選、民主推薦候補は河村氏に一本化へ

2月21日23時14分配信 読売新聞

 4月の名古屋市長選の民主党推薦候補をめぐり、同党本部が同党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)と元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)の一本化を調整していることに関し、民主党市議団は21日、党本部が河村氏の推薦を決定した場合、従うことで一致した。

 河村氏への反発があり、伊藤氏を擁立する方針だった市議団が方針を変更したことにより、推薦候補は河村氏で一本化される見通しとなった。河村氏は21日、名古屋市役所で記者会見し、「近く議員辞職して立候補する」と明言した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 23:14 | 政治  

<名古屋市長選>民主・河村たかし氏が出馬の意向

1月15日19時44分配信 毎日新聞

 民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が4月に実施される名古屋市長選に立候補する意向を固めた。15日までに同党の国会議員らに伝えた。ただ、民主党名古屋市議団は議員の給与引き下げなどを主張する河村氏の出馬に反発を強めている。

 河村氏は93年、衆院旧愛知1区で日本新党(当時)から立候補し初当選。新進党、自由党などを経て民主党入りし、現在5期目。市長選に出れば、持論の住民税減税や議員給与引き下げなどを公約に掲げるとみられる。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-15 19:44 | 政治  

「すき家」で強盗、年末年始の売上金160万円奪われる

2009年1月5日14時9分 朝日新聞

 5日午前10時35分ごろ、愛知県春日井市高蔵寺町北1丁目の牛丼チェーン店「すき家春日井店」の駐車場で、男に襲われ、店の売上金約160万円を奪われたと女性店員(34)から110番通報があった。春日井署は強盗容疑事件として調べている。

 同署によると、女性店員が年末年始の売上金を銀行に入金するため駐車場に出たところ、男が無言で近づき、女性店員の顔や頭を殴り、手提げカバンを奪って逃げた。男は20~30歳ぐらいで、身長160~170センチ、黒いダウンジャケットを着ていたという。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-05 14:09 | 社会  

7000系パノラマカー、引退前の記念運行 名古屋鉄道

2008年11月17日7時32分 朝日新聞

f0013182_10502056.jpg 今年末までに通常運行から引退する名古屋鉄道の7000系パノラマカー白帯車の名称列車が16日、県内の津島線と尾西線で臨時運行した。約150人が記念乗車し、各駅や沿線には鉄道ファンや住民が訪れ、赤い車体に白色のラインの入ったなじみの車両をカメラに収めたりして懐かしんだ。

 「津島号」の名称列車が、津島線の須ケ口―津島駅間、尾西線の佐屋―森上駅間の延長約40キロ区間を走った。尾西線での運行は95年以来13年ぶり。名称列車とは、沿線の観光地や季節行事などを列車前面に掲げた車両で戦前もあったが、2000年まで運行されていた。

 記念乗車の客を乗せ津島線の藤浪駅を出発した4両編成の列車は正午前、森上駅に到着すると、待ち構えていた鉄道ファンらが盛んにカメラのシャッターを押した。

 豊川市出身で、転勤のため8年前に東京都小平市へ転居したという会社員(38)はインターネットで廃車情報を知り、この日は記念乗車、「子どものころよく乗った。一つの時代が終わったという感じ」と感慨深げな表情を見せていた。

 復活運行は24日に、西尾・蒲郡線でもある。(梶田正)
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 07:32 | 社会  

「名タイ」が休刊、62年の歴史に幕

10月31日16時42分配信 時事通信

31日付で休刊した夕刊紙「名古屋タイムズ」。1946年5月の創刊で、「名タイ」の愛称で地域のサラリーマンらに親しまれた。本社前に張り出された紙面の前に足を止め休刊を惜しんだ(31日午後、名古屋市内)
f0013182_175892.jpg

[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 16:42 | 社会  

名鉄交通 自社基準「酒気帯び」運転手に上司が乗務指示

2008年10月28日7時53分 朝日新聞

 タクシー大手の名鉄交通(名古屋市中川区)は27日、ハイヤー営業基地の運行管理者2人が、自社の酒気帯び基準(呼気1リットル中0.05ミリグラム)を超えた運転手2人に乗務を指示していたと発表した。運転手はいずれも道路交通法で罰則の対象とされる基準値(同0.15ミリグラム以上)は下回っていたが、道路運送法などに触れる疑いがあり、国土交通省中部運輸局は詳しく調査する方針。

 同社によると、ハイヤー営業基地(同区西日置2丁目)で22日午前7時ごろ、点検の際に勤続4カ月の女性運転手(46)から、呼気1リットル中0.143ミリグラムのアルコールが出た。しかし運行管理者の副支配人(59)は「細かい指示が必要な客の配車時間が迫っていた」と、乗務を指示した。運転手は約4時間に3人の客を乗せており、営業所の支配人(64)も午前9時ごろに違反を知ったものの、すぐに運転をやめさせなかったという。女性運転手は前夜午後9時ごろまで晩酌をしており、「体調が悪く、アルコールが朝まで残ってしまったかもしれない」と話しているという。

 また、同じ営業所で今年4月にも、自社基準を0.001ミリグラム上回った男性運転手(43)に運行管理者の課長補佐(59)が乗務を指示していた。運転手は「食事をしたばかりだが、酒は飲んでいない」と話したというが、課長補佐は再検査をすることなく乗務を指示したという。

 年末の繁忙期を前にした抜き打ちチェックで発覚し、過去1年間の全社の飲酒チェック記録を調べたという。同社は今後、運行管理者らを処分する方針で、「タクシー営業基地については本社が毎日チェックしていたが、ハイヤー営業所は人数が少なく、指導が行き届いていると思いこんでいた」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 07:53 | 経済・企業  

<愛知裏金問題>本庁調査なぜやらぬ 知事の指導力問われる

10月27日15時1分配信 毎日新聞

 愛知県の裏金問題で、県が03年度以降の5年間だけ、しかも地方機関のみを調査対象とすることに不満の声が上がっている。隣の岐阜、三重両県は同じ問題で全庁調査を実施。岐阜県は15年間分を調べた。過去には愛知県の全庁で裏金が作られていたとの証言がある中、問題の全容解明に向け、神田真秋知事の指導力が問われている。【秋山信一】

■本庁なぜ除く■

 愛知県は本庁を調査から外した理由を「本庁には出納事務局があり『預け』などの不正は起こりえない」と説明している。公金の管理と使用を同じ職員が担当する地方機関の仕組みが不正の温床になったというわけだ。

 これに対し、裏金が06年に発覚した岐阜県で全庁調査にあたった県幹部は「本庁も地方機関も同じ県の機関。職員の異動もあり、同じことをやっていると考えるのが自然だった」と話す。96年にカラ出張が発覚した三重県の当時の幹部は「悪い慣習を払しょくし、組織全体の体質を変える必要があった」と全庁調査を振り返る。

■過去の裏金は■

 愛知県は会計書類の保存期限(5年)を根拠に調査期間を決めた。だが岐阜県幹部は「全容解明のためには、できるところまでさかのぼらないといけない」と指摘する。

 岐阜県でも過去の会計書類は廃棄されていたが、全職員とOBを含む経理担当者延べ6900人を書面などで調査。92~06年度を対象として03年度までに約17億円の裏金が作られたと結論づけた。

 一方、三重県は職員の自主申告と書類を突き合わせ、カラ出張の疑いのあるケースを1件ずつ確認。94~96年度の裏金総額は11億6637万円に上った。

■立場の違い?■

 「今も裏金を作っているのが不思議。体質が古い」。愛知県での発覚に三重県の元幹部はあきれる。同県の北川正恭前知事は衆院議員から知事選に出馬して元副知事を破り「黒船来襲」と言われた。発覚時は就任2年目。元幹部は「改革を進めようという知事のリーダーシップで徹底的に調査した」と話す。

 同じ就任2年目だった岐阜県の古田肇知事も積極的だった。県幹部は「知事には『徹底的にうみを出さなければ問題が解決せず地下に潜る』との考えがあった」と言う。

 これに対し、神田知事は現在3期目でこれまで「裏金はない」と再三公言もし、立場は異なる。名古屋市民オンブズマンの新海聡弁護士は「調査の対象期間が短く、手口も業者への預け金に特化するなど問題をわい小化している。本来は人事権のある知事が調査の前面に出るべきで、決断力のなさを感じる」と批判する。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 15:01 | 行政・公務員  

110番自販機また落書き被害、同一犯か 愛知・豊橋

2008年10月26日20時10分 朝日新聞

f0013182_0475053.jpg 愛知県豊橋市岩田町の岩田運動公園内に全国で初めて設置された110番通報ができる「おたすけ自動販売機」が26日、また落書きされているのを警察官が見つけた。設置3日後の13日にも、「監視社会」「監視」と落書きされたうえ、防犯カメラなどが壊されたばかりだった。

 2回の被害は週末か祝日で、文言や手口が似ていることなどから、豊橋署は同一犯による犯行とみて器物損壊容疑で調べている。

 同署によると、パトカーで巡回中の署員が26日午前6時50分ごろ、自販機の側面と後ろ側に黒いスプレーで「監視反対」「カメラ反対」と書かれているのを発見。左上に取り付けられた防犯カメラのレンズも塗られ、自販機と配電盤を結ぶ電線が切れかかっていたうえ、配電盤の中の配線も切られていたという。

 自販機は、前面の扉を開けて、中の受話器を取り、ボタンを押すだけで110番につながる。県警と市の協力を得て、コカ・コーラセントラルジャパン(横浜市)が、危険に見舞われた市民がすぐに通報できる「駆け込み自販機」として設置している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 20:10 | 社会  

「夜景がきれい…」寺院敷地に侵入、巡査ら2人逮捕…愛知

10月26日15時22分配信 読売新聞

 26日午前0時50分頃、名古屋市守山区の寺院「倶利加羅(くりから)不動寺」から、男2人が境内に侵入したと110番があり、駆け付けた守山署員が愛知県小牧市古雅、建築作業員水谷允弥(まさや)容疑者(24)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

 さらに約4時間後、逃走していた県警港署地域課巡査の同所、谷内洋介容疑者(25)も同容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、2人は寺の駐車場に車を止め、柵などを乗り越えて、高台にある寺院の敷地内に無断で忍び込んだ疑い。谷内容疑者はパトカーを見て逃走し、寺の裏山を徒歩で越え、タクシーで自宅まで戻っていた。2人は幼なじみで、「夜景がきれいだと聞き、やって来た」と供述しているという。

 署員が逮捕されたことについて、港署の岩田聖一副署長は「誠に遺憾です。今後、職員の指導を徹底し、再発防止に努めます」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 15:22 | 社会