タグ:拉致問題 ( 96 ) タグの人気記事

 

「拉致再調査拒否」 北朝鮮が中国に伝達

10月31日2時59分配信 産経新聞

 日本と北朝鮮で合意されていた日本人拉致被害者の「再調査」について、北朝鮮側が中国政府に「メリットがない」として拒否する考えを伝えていたことが30日、わかった。複数の日朝関係筋が明らかにした。北朝鮮の方針は中国政府を通じて日本政府にも伝えられたという。これを受け、日本政府は北朝鮮に効果的な圧力をかけるため制裁措置を見直すべく動き出した。また、外務省主導による外交ルート一辺倒だった対北朝鮮交渉の在り方を変え、新たなルートの開拓を目指す方針だ。

 日朝関係筋が在京中国大使館関係者の話として明らかにしたところによると、中国政府高官は9月の福田康夫前首相の退陣表明後、北朝鮮政府高官と意見交換した席で、日本人の拉致問題の再調査を開始する考えがあるのかをただした。これに対し北朝鮮高官は「仮に調査委員会を立ち上げたところで、どんな結果になっても日本国民は納得するはずがない。結局、(北朝鮮にとって)再調査は何のメリットにもならない」と述べたという。

 同高官はまた、拉致問題の再調査が合意された、6月の日朝実務者協議の日本側代表である外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長への不満も表明したが、理由は明らかにしなかったという。

 再調査の合意を受けた8月の日朝実務者協議では、北朝鮮側が(1)拉致被害者に関する全面的な調査を行う(2)権限を与えられた調査委員会を設置し、可能な限り秋までに調査を終了する-ことを確認。日本側は北朝鮮が再調査に着手した時点で人的往来の禁止やチャーター航空便乗り入れの禁止という制裁措置を解除する方針を発表していた。

 しかし北朝鮮側は、福田前首相が退陣表明した直後の9月4日、在北京の大使館ルートで「日本側の新政権が合意履行についてどういう考えか見極めるまで、調査委員会の立ち上げを差し控える」と通告してきた。麻生太郎首相が就任後の今月22日には、北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」が「麻生首相は政争に巻き込まれて朝日政府間合意を白紙にした」と批判、日本側の理由で再調査が行えないと主張してきた。

 日本政府も今月10日の閣議で、北朝鮮籍船舶の入港全面禁止など、日本独自の制裁を半年間延長することを決めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 02:59 | アジア・大洋州  

北朝鮮への重油肩代わり、外相が「米・豪と協議中」

2008年10月28日13時49分 朝日新聞

 中曽根外相は28日の参院外交防衛委員会で、米国が北朝鮮へのエネルギー支援のうちの日本割り当て分(重油20万トン相当)の肩代わりをオーストラリアなどに打診していることについて「米国が豪州などと支援参加の可能性について協議を行っていることは承知している」と述べ、協議が進んでいることを認めた。白真勲氏(民主)に答えた。

 麻生首相も「豪州と北朝鮮がどういう関係なのかは知らないが、それによって拉致問題を除き、核の話が動くのならば」と答弁し、豪州のエネルギー支援参加を容認する姿勢を示した。日本は、拉致問題が進展しない限りエネルギー支援には参加できないとの立場をとっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 13:49 | 政治  

日本の参加資格はく奪を=北朝鮮紙

2008/10/22-00:53 時事通信

 【朝鮮通信=時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は21日、日本が「拉致問題」を理由に6カ国協議合意事項のエネルギー支援を拒否していることに関連し、「(他の)6カ国協議参加国が自己の義務を履行するとしている時に、唯一それを履行しないとしている日本反動層の会談参加資格をはく奪することは当然のことである」と主張した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 00:53 | アジア・大洋州  

「自民の前途明るくない」 北朝鮮の党機関紙

2008年10月21日 12:41 USFL.COM

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は21日、日本の最近の政局について、自民党は総選挙の時期をめぐり野党や連立を組む公明党から衆議院早期解散の圧力を受け「きゅうきゅうとしている」とした上で「自民党の前途は明るくない」とする論評を掲載した。

 論評はまた、自民党が「次回の総選挙で(議席の)3分の2以上を獲得できる保証はなく、政権から退けば事実上、破産(破滅)と変わりない事態になろう」と指摘した。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 12:41 | 政治  

「日本の政権だらしないから」=北テロ指定解除で-民主・鳩山幹事長

10月12日20時41分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は12日夜、福島市内で街頭演説し、米国による北朝鮮のテロ支援国指定解除について「1年に2度も首相が代わるから、日米同盟を命のように思っていても米国から袖にされる。政権がだらしないからだ」と述べ、短期間で首相が交代した日本に対する米側の信頼が揺らいでいることの表れとの見方を示した。

 鳩山氏は「日本に直前まで連絡もなく、無視されるように解除されたのは甚だ残念だ」として、米政府の対応も批判した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-12 20:41 | 政治  

【テロ指定解除】日本の“忠告”聞き入られず 麻生政権にダメージも

10月12日1時56分配信 産経新聞

 米国が北朝鮮のテロ支援国家指定解除に踏み切ったことについて、政府内からは「非常に遺憾だ。拉致問題の進展がストップしているこの時期に北が最も欲しいものを与えるのは、タイミングとしてまずい」(外務省幹部)と批判的な声が強い。中曽根弘文外相は10日夜、ライス米国務長官と電話協議し、北朝鮮に関するテロ支援国家指定を解除する米国方針について意見交換したが、日本の“忠告”は聞き入られなかった。

 もともと、指定解除の決定は「一義的には米国内法の適用の問題」(河村建夫官房長官)であり、米政府の決定を受け入れざるを得ないのが実情だ。政府は日本独自の対北朝鮮制裁措置を10日に延長したばかりで「麻生政権へのダメージになるだろう」(自民党幹部)との見方も出ている。

 指定解除は、今月1日からのヒル米国務次官補が訪朝してまとめられた北朝鮮の核施設の検証の枠組みに関する基本合意に基づく。

 「米国には、『さらに確認すべき点が残っているのではないか』と伝えている。9日、シーファー駐日米大使に会い、そういうことを伝えた」

 中曽根外相は10日、閣議後の記者会見でこう述べ、厳密な検証が必要であるとの日本の主張を、米側に訴えていることを明らかにしていた。

 一方で政府内には、指定解除は既定路線だというあきらめの声もある。「米ブッシュ政権は新大統領が決まる11月以降は死に体となる。その前に北朝鮮問題で成果を得たいのだろう」(政府高官)との観測は早くから出ていた。

 政府は今後も日本人拉致事件解決への側面支援などを米国に働き掛ける方針だが、拉致問題は「置き去り」になるとの懸念もあり、政府としては、難しい対応を迫られそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-12 01:56 | 政治  

米、北朝鮮のテロ支援国指定解除を発表

10月12日0時45分配信 読売新聞

 【ワシントン=宮崎健雄、小川聡】米国務省は11日午前(日本時間12日未明)、北朝鮮と核検証手続きで合意したとして、北朝鮮に対するテロ支援国指定を解除したと発表した。

 北朝鮮は米国に対し、核施設の復旧作業を停止し、無能力化作業を再開すると伝えた。6か国協議が月内にも再開され、検証手続きの詳細を文書化する。ただ、北朝鮮は全面的な検証には応じないとみられ、核プロセスの行方は依然不透明だ。

 国務省によると、北朝鮮は6月に申告したすべての核施設に対し、専門家の立ち入り調査を受け入れることで合意。ただし、未申告施設への立ち入りには双方の同意を得ることが条件となり、申告済みの寧辺(ヨンビョン)の核施設以外の施設立ち入りは北朝鮮の許可が必要となる。

 一方、米朝両国は、核拡散活動や高濃縮ウラン計画も検証の対象とし、核物質のサンプル採取について合意した。

 テロ支援国指定は経済制裁の根拠の一つに過ぎず、実際には指定解除でも大半の制裁は残る。しかし、北朝鮮は米国による「敵視政策」の象徴として指定解除を長年要求していた。

 米政府は6月26日に北朝鮮による核申告の提出を受け、指定解除を米議会に通告したが、検証手続きで北朝鮮と対立し、解除を延期していた。

 ブッシュ大統領は発表に先立ち、麻生首相に電話をかけ、解除方針を伝えるとともに、「拉致問題について強い気持ちを抱いている」と述べ、拉致問題解決に向け協力を継続する意向を表明した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-12 00:45 | アジア・大洋州  

<北朝鮮>10日にもテロ国家指定解除 米紙報じる

10月10日11時52分配信 毎日新聞

 【北米総局】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は9日、米政府に近い筋の話として、早ければ10日にも北朝鮮のテロ支援国家指定を解除すると報じた。また米FOXテレビは9日朝にライス国務長官らが解除について協議したと伝えた。6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補は今月初めに北朝鮮を訪問し、核計画申告の検証について北朝鮮が自ら計画を作成し中国に提出することを提案。これを受けライス長官がブッシュ大統領と討議を重ねていた。

 ただ、マコーマック国務省報道官は「決定はまだだ」と報道陣に語っており、なお曲折も予想される。

 北朝鮮側は8月に指定解除が見送られたことに対抗し、寧辺(ニョンビョン)の核施設無能力化措置を停止後、施設を再稼働する動きを見せていた。今月9日には寧辺核施設への国際原子力機関(IAEA)監視要員の立ち入り禁止を通告した。

 ブッシュ政権末期の米国が北朝鮮の圧力を受け、対応を急いだ可能性もある。また、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が病気からの回復途上にあることも背景にありそうだ。

 米ホワイトハウスのペリーノ大統領報道官は9日、通告を「遺憾」としながらも「それでも米国は検証枠組みを望んでいる。枠組みが満足いくものであれば、米国も(指定解除の)約束を実行できる」と述べ、北朝鮮との合意を目指す考えを示していた。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 11:52 | アジア・大洋州  

拉致解決に強い決意 麻生首相、家族会と面会

10月3日8時6分配信 産経新聞

 拉致被害者の家族会は2日、首相官邸で麻生太郎首相と面会した。河村建夫官房長官との面会に急遽(きゅうきょ)加わった首相は「拉致問題は時間との勝負。答えを急いで出したい。全力でやっていきたい」と述べ、拉致問題解決への強い決意を表明した。

 首相は「(拉致問題は)現在進行形の話で、極めて大きい問題」とし、「北朝鮮との話し合いはもどかしく、隔靴掻痒(かっかそうよう)だ。話が進まずイライラする」と述べた。

 これに対し、家族会代表、飯塚繁雄さん(70)は「(解決に)長い間かかっており、今すぐ何かをしなければいけない事態。強力な施策をお願いしたい」と期待感を示した。

 「ぜひに、との思い」から面会に駆けつけた首相。「何とかしてください」と訴える家族に対し、「国家主権の侵害」との言葉を出して、「日本の態度をはっきり主張する。被害者全員を返すよう強く言っていく」などと語ったという。

 面会後、飯塚代表は「拉致問題は国の問題としてやらなければいけないという(首相の)意志は固いと感じた。日本は(北朝鮮の出方を)待っているのではなく、積極的に対応してほしい」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-03 08:06 | 政治  

<北朝鮮>核施設無能力化「中断」 テロ指定解除先送り受け

8月26日20時55分配信 毎日新聞

 【北京・西岡省二】北朝鮮外務省報道官は26日、米国が北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除を先送りしていることに反発し、寧辺(ニョンビョン)核施設の無能力化措置を「即時中断する」との声明を発表した。さらに「核施設を原状復帰させる措置も考慮する」と主張するなど核放棄プロセスを逆行させる構えを見せており、6カ国協議が再びこう着する可能性が出てきた。

 朝鮮中央通信が報じた。報道官は声明で、核申告書提出(6月26日)によって「自分たちの義務を履行した」と強調する一方、米国が申告内容の検証体制で北朝鮮側と合意していないことを理由に指定を解除しなかった点を「合意に対する明白な違反」と批判。「6カ国や朝米間の合意に、検証問題を指定解除の条件に規定した条項はない」と主張した。

 そのうえで「米国が合意事項を破ったため、我々はやむを得ず『行動対行動』の原則によって対応措置を取らざるを得なくなった」と米国側を批判した。

 報道官は無能力化作業の中断について「14日に効力が発生し、既に関係各国に通知されている」と明らかにした。北京の外交関係者によると、無能力化作業は今月15日ごろ既に中断されているとみられる。

 一方、北朝鮮は核施設の「原状復帰」にも言及したが、6月に実験用黒鉛減速炉(5000キロワット)の冷却塔が爆破されるなど無能力化作業は進んでおり、実際に再稼働するには相当な時間がかかるとみられる。


「またか」「驚きない」北の核無能力化中断で拉致被害者家族
8月26日20時20分配信 産経新聞

 米国がテロ支援国家指定解除を延期していることへの「対抗措置」として26日、突然、核施設の無能力化作業の中断を発表した北朝鮮。“約束”を簡単に反故(ほご)する北朝鮮の姿勢からは、先の日朝協議で合意した拉致被害者に関する「再調査」にも不透明感がただよう。被害者の家族からは「(調査が)また駄目になるのか」と懸念が広がる一方で、「(約束破りには)驚きはない」と冷めた見方も出ている。

 家族会代表、飯塚繁雄さん(70)は「米国が指定解除を先送りしているのは評価したい。北朝鮮は、米国へのジェスチャーとして日朝協議を進めてきただけだ」としながら、「今後、日朝協議がどうなっていくのか」と影響を懸念する。

 再調査のための調査委員会設置も、いまだ北朝鮮から連絡がない。飯塚さんは「私たちは(北朝鮮に)何度もだまされてきた。約束破りをさせないよう、日本も強い制裁を科す態度が必要だ」と言い切る。

 横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(75)は「北朝鮮が核問題で正確な報告をしないことが原因なのに…。拉致問題も同じことになるのではないか。『またか』という気持ちもあるが、北朝鮮は合意したことを誠実に守ってほしい」と話した。

 一方、家族会事務局長の増元照明さん(52)は「北朝鮮が核を放棄するとは思えない。あまりにも当たり前の流れだ。これまでの北朝鮮のやり方を見ると驚きはない。『それ見たことか』という感じだ」と突き放した。


北の無能力化中断は「いつもの駆け引き」 米政府、検証受け入れ求める
8月26日20時39分配信 産経新聞

 【デンバー=有元隆志】米政府は北朝鮮が核施設の無能力化の措置を中断する方針を表明したことについて、核計画の申告書に対する検証手順をめぐる交渉を有利に運ぶための「いつもの駆け引き」とみて、6カ国協議の議長国・中国とも連携しながら、検証受け入れを求めていく方針だ。

 ソン・キム6カ国協議担当特使は今月中旬の訪中に続き、22日にはニューヨークで北朝鮮側と会談し、検証体制に関する折衝を行った。

 米政府は6月末に北朝鮮へのテロ支援国家指定解除の手続きに入ったものの、正式に解除する条件として、核関連施設への立ち入りをはじめ、国際的な基準に合った検証体制の確立を求めた。解除にあたり、日本や米議会から「厳格な検証」を求める声が相次いだためだ。

 北朝鮮側は申告書の提出に応じるなど当初は協力姿勢を示したものの、検証については前向きな回答がないため、米政府としても解除を先送りしている。北朝鮮に安易な妥協をすることは、イランの核開発問題にも悪影響を及ぼすとの判断もあったとみられる。

 ライス国務長官や、交渉責任者のヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、核施設を当面稼働できなくする「無能力化」について、クリントン前政権の「凍結」を上回り、ブッシュ政権の「外交成果」となるとして、実現を目指してきた。

 来年1月のブッシュ大統領の任期切れまで約5カ月となるなか、米側には時間的な制約もある。

 現在、寧辺には米専門家数人が滞在し、無能力化の作業を監視している。米政府としては北朝鮮が声明だけでなく、専門家らの追放にも踏み切るのかなど出方を見極めながら、事態打開の方策を探っていくことになりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-26 20:55 | アジア・大洋州