タグ:捕鯨 ( 71 ) タグの人気記事

 

クジラの肉、もっと食べて! 在庫ありすぎ、学校給食にも売り込む

J-CASTニュース 11月18日(日)10時5分配信

 政府が国策として進める調査捕鯨で捕獲したクジラの鯨肉が、個人向けの通信販売や居酒屋など外食産業のメニューとして、2013 年にも登場する見通しになった。学校給食のメニューとしても、本格的に復活する見通しだ。水産庁所管の財団法人で、調査捕鯨の実施主体「日本鯨類研究所」(鯨研)が、赤字が続く調査捕鯨の収支改善策として、新たに個人や外食産業のほか、学校給食向けに鯨肉の直接販売を始める方針を表明したからだ。

■調査捕鯨の赤字解消めざす

 調査捕鯨の鯨肉は現在、年間の消費量に匹敵する約4000トンの在庫を抱え、鯨研は累積赤字の解消を求められている。国内の鯨肉は調査捕鯨のほか、日本沿岸で小規模に捕獲される「小型沿岸捕鯨」と呼ばれる商業捕鯨の鯨肉が一部地域で流通しているが、居酒屋や学校給食のメニューとしては一般的ではない。水産庁と鯨研は、鯨肉を個人や居酒屋、学校給食に売り込むことで在庫を減らし、安定財源を得ることで調査捕鯨を継続する考えだ。今後、一般向けに鯨肉を売り込むPR活動などが始まるという。

 水産庁が鯨研に委託する調査捕鯨は、鯨研が調査後に解体した鯨肉を販売し、翌年の調査経費に充てることになっている。ところが鯨研の調査捕鯨は、鯨肉の販売不振で2005年度以降、赤字傾向が続いている。鯨研は鯨肉の販路拡大で3年後の2014年度に2011年度比5%(1億4800万円)の増収を目指すほか、老朽化した調査船の省エネ化や鯨肉生産の機械化などで10億円のコスト削減も行い、3か年で3億円の黒字達成を目指す。

■販路の縮小で販売不振

 日本はかつて資源調査の調査捕鯨でなく、クジラを販売目的の商業捕鯨として捕獲していた。ところが1982年、国際捕鯨委員会(IWC)が、シロナガスクジラなど絶滅が懸念される13種の大型鯨類の商業捕鯨を禁止。日本は1987年、商業捕鯨から撤退したが、鯨研が同年から南極海などで資源調査を目的に調査捕鯨を行っている。IWCは調査捕鯨を加盟国の権利として認めているほか、解体後の鯨肉の販売も認めているからだ。

 鯨研の調査捕鯨の経費は年間45億~50億円かかり、鯨研が解体後の鯨肉を販売し、翌年の調査費に充てている。鯨研の鯨肉販売額は、かつて50億~60億円あったが、近年は販路の縮小に伴う販売不振で2011年度は28億円に半減。2010年度に反捕鯨団体「シーシェパード」の妨害で調査捕鯨を中断した影響で、11億3306万円の赤字に転落した。農林水産省が赤字補填と妨害対策のため、東日本大震災の2011年度復興予算に約23億円を計上し、批判を浴びたのは記憶に新しい。

■環境保護団体は「調査捕鯨」を批判

 このため、鯨研は鯨肉の流通経路の縮小で入手が困難となっている居酒屋など飲食店向けに鯨肉を直販し、潜在需要を掘り起こす収支改善策をまとめた。かつて学校給食などで鯨肉を食べた一般消費者向けに高級商品を開発し、カタログ通販も行う。これまで調査捕鯨の鯨肉は流通が限られ、「和牛の中級クラス並み」と高価になったこともあり、居酒屋などでは一般的ではなかった。年間100トン程度の消費にとどまる学校給食では値下げなどで200トン程度と倍増を目指す。

 水産庁と鯨研は、2012年12月にも始まる今冬の調査捕鯨から3カ年で収支を抜本的に改善することを目指す。IWCに加盟国の権利として認められている調査捕鯨だが、実際に行っているのは世界で日本だけで、環境保護団体は「擬似商業捕鯨だ」と批判している。これに対して、商業捕鯨再開を目指す日本捕鯨協会は「世界の鯨類が食べる海洋生物の量は世界の漁業生産量の3~5倍に上る。クジラを間引くことで人間が魚を利用することができる」などと反論している。


クジラ在庫 「ダブつき」の真相 (2006/9/14)
[PR]

by deracine69 | 2012-11-18 10:05 | 行政・公務員  

ヘルシー食材のカンガルー肉、販売量増加-メタボと環境追い風に

2009年2月26日12時20分 羽田経済新聞

 野生動物などの特殊食肉を輸入・販売するバセル(大田区大森北1、TEL 03-3767-1456)が扱うカンガルー肉の売れ行きが好調だ。

 同社はカンガルー肉の販売に20年以上の実績がある。以前より健康食品・アレルギー専門店や焼き肉・創作・エスニック料理店などに納入していたが、昨年「庄や」「やるき茶屋」「日本海庄や」等を展開する飲食店チェーンの大庄(本社=品川区)が忘新年会メニューの食材として採用したことで販路が拡大。年末年始の宴会需要と相まって販売数量が大きく伸びた。昨年10月から同12月までの3カ月間の大庄を含む全ルートでの販売総量は約1.5トンに上る。

 同社によるとカンガルー肉はオーストラリア先住民アボリジニが常食していた一般的な食材で、現在でもオーストラリアでは多くのスーパーマーケットで販売されているという。低脂肪・高タンパク・低コレステロールである点が特徴で「メタボ料理に最適」(同社長友社長)。実際に大庄の店舗ではカンガルー肉のメニューとして「大根すき煮」「洋風タタキ」などを提供し、「低カロリー」「メタボ対策」などのキーワードでアピールしたところ利用者に好評だったという。

 さらに同社は環境保護団体「グリーンピース」が発表したリポート「地球の温暖化現象と戦うためにカンガルー肉の消費奨励」にある「カンガルーは(げっぷなどによる)温室効果ガスを排出せず、また有蹄動物ではないので土地を傷めず環境に良い」という専門家のコメントにも触れ、カンガルー肉が環境への負担が少ない食材であることを強調。「メタボと環境」を追い風に、今後の「安全・安心なヘルシーフード」(同社)としての人気の高まりに期待を寄せている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-26 12:20 | 社会  

シー・シェパードの船を初捜索=日本が要請、ビデオなど押収-豪警察

2月21日14時46分配信 時事通信

 【シドニー21日時事】米環境保護団体シー・シェパードは21日、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害活動をしていた抗議船「スティーブ・アーウィン号」がオーストラリア警察の捜索を受け、ビデオや航海日誌などを押収されたことを明らかにした。豪警察当局による抗議船捜索は初めて。豪ABC放送によると、警察は日本当局からの正式要請を受け、予備的な調査をしていることを明らかにしたという。

 捜索は20日、同船が妨害活動を終えて豪南東部のホバート(タスマニア州)に寄港した際に行われた。 
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 14:46 | 社会  

シー・シェパードに「音のビーム」 捕鯨船が初装備

2月7日19時58分配信 産経新聞

 南極海で過激な捕鯨妨害を続ける米環境保護団体シー・シェパード(SS)に対し、日本の調査捕鯨船団が、音波を大音量で浴びせる長距離音響発生装置(LRAD)を使用していたことが7日、わかった。ソマリア沖の海賊撃退にも使われているLRADが、捕鯨船団に装備されるのは初めて。SSは、LRADの放射を直接浴びやすい高速ゴムボートでの接近をあきらめ、抗議船そのもので捕鯨船へ体当たりする攻撃スタイルに切り替えており、南極海では依然、危険な状態が続いている。

 LRADは、人間に不快な周波数の音波を放射する直径80センチほどの円盤型の装置。相手を傷つけずに、攻撃意欲を失わせることを目的に開発され、耳をつんざくような“音のビーム”で相手の接近を阻止する。近年、民間船舶も装備し、ソマリア沖での海賊撃退にも成功例があるほか、米国などの治安部隊が暴徒を鎮圧する際にも使用している。

 日本の水産庁は「船団の安全を考え、詳細は言えない」としながらも、今回、船団に複数台のLRADを積んでいることを認めた。薬品入りの瓶を投擲(とうてき)しようと捕鯨船に接近するSSの高速ゴムボートに向け、2月から使用を開始。執拗(しつよう)な妨害を阻止することに成功しているという。

 SSは「軍用級の兵器で、民間人に用いるのは違法だ」と主張しているが、水産庁は警察庁などと事前に協議し、使用に際して国際法や国内法にも抵触しないことを確認した上で装備を決めており、「違法性はない」と反論している。

 SSのポール・ワトソン船長は6日、「この装置により、妨害活動に集中することが困難になったことを認めざるを得ない」との声明を出す一方、なおも捕鯨船団の近くで妨害の機会をうかがう方針を示している。(佐々木正明)
[PR]

by deracine69 | 2009-02-07 19:58 | 社会  

<シー・シェパード>関係国に厳重抗議へ 石破農相方針

2月6日22時50分配信 毎日新聞

 反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船が南極海で調査捕鯨中の第2勇新丸に衝突した問題で、石破茂農相は6日、東京都内で記者団に「不法行為であり犯罪だ。(取り締まり)権限がある国の当局は厳正な対応を取ってもらわなければならない」と述べ、関係国に厳重抗議する考えを明らかにした。山田修路水産庁長官が9日、抗議船の船籍国オランダと事実上の母港を提供しているオーストラリアの外交官を呼び、抗議する予定。【坂本昌信】
[PR]

by deracine69 | 2009-02-06 22:50 | 政治  

シーシェパード、また捕鯨妨害=染料入り瓶投げ込む

2月2日13時1分配信 時事通信

 水産庁に2日入った連絡によると、南極海で調査捕鯨をしている日本の捕鯨船団に対し、米環境保護団体のシー・シェパードが同日午前5時(日本時間)ごろから、染料入りの瓶を投げ込むなどの妨害活動を始めた。現時点では、船体や乗組員に被害は出ていないという。

 同庁によると、シー・シェパードは抗議船から2隻の大型ゴムボートを降ろして船団に接近。捕鯨船「勇新丸」に瓶を投げたり、「第3勇新丸」の進路にロープを流したりした。午前10時ごろには、ゴムボートの収容作業に入ったという。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 13:01 | 社会  

IWC議長、日本の沿岸捕鯨容認も=南極海での調査縮小条件-米紙

1月26日1時11分配信 時事通信

 【ワシントン25日時事】25日付の米紙ワシントン・ポストは、ホガース国際捕鯨委員会(IWC)議長(米国)が日本による南極海での調査捕鯨を縮小する代わりに日本沿岸での捕鯨を容認する試案を検討しており、合意の取りまとめに向けて水面下で協議中だと報じた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-26 01:11 | 社会  

調査捕鯨船乗組員1人落水か 南極海

2009年1月5日18時38分 朝日新聞

 南極海を航行している日本の調査捕鯨船団に参加している目視調査船「第2共新丸」(372トン)の乗組員で、神奈川県横須賀市の白崎玄(はじめ)さん(30)が行方不明になったことが5日わかった。船内に姿が見あたらず、海に落ちた可能性が高いという。反捕鯨団体による妨害活動はなかったという。

 現地から日本国内の船会社などに5日午前3時半ごろ(日本時間)連絡が入った。船団で近海を捜索している。南極海での調査捕鯨は毎年冬から翌年春にかけて行われており、今回は6隻が昨年11月に日本を出港した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-05 18:38 | 社会  

シー・シェパード、今年も妨害 調査捕鯨船に異臭瓶

2008年12月27日1時5分 朝日新聞

 水産庁に入った連絡によると、日本時間26日午後6時すぎ、南極海を航行中の日本の調査捕鯨船団の海幸丸(860トン)に対し、反捕鯨団体のシー・シェパード(SS)のスティーブ・アーウィン号が右舷の側面から衝突した後、異臭を放つ液体や粉末の入った瓶15本を投げ込んだ。

 船体への影響は軽微で、けが人もなかった。調査捕鯨への支障はないという。

 SSをめぐっては、今年1月末に英国人らの活動家が調査捕鯨船に侵入するなど、日本の調査捕鯨を繰り返し妨害してきた。先月中旬、日本を出港した今期の調査捕鯨船団に対する妨害は初めて。

 海幸丸は目視でクジラの生息頭数を調べるのを専門とする船。瓶のうち7本が甲板上で割れたという。SS側は船舶無線を使って女性の声で「この海域から出ていきなさい」と日本語で伝え、海幸丸を3時間にわたって追跡したとされる。

 今月上旬、SSの抗議船は2隻で豪州東部のブリスベンを出港。米女優ダリル・ハンナさんら48人を乗せていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-27 01:05 | 社会  

捕鯨船団出航を公表 水産庁

2008.12.10 13:01 産経新聞

このニュースのトピックス:捕鯨
 水産庁は10日、今年11月中旬に今シーズンの調査捕鯨のため、捕鯨船団が日本から南極海へ出航していたことを公表した。調査捕鯨の妨害を繰り返している米環境保護団体シー・シェパード(SS)に航海情報を察知されないようにするため、これまで公表を控えていたが、船団が安全な海域に達したと判断して公表した。

 同庁などによると、調査捕鯨は来年4月中旬まで行われ、クロミンククジラなど900頭前後を捕獲する計画。ザトウクジラ50頭の捕獲も検討されたが、商業捕鯨の再開交渉で、反捕鯨論を刺激することを避けるため見送られた。

 捕鯨船団は昨シーズン、SS活動家に乗り込まれるなどの妨害を受けたが、今シーズンも同様の事態が起きた場合、水産庁は、活動家を日本の捜査当局に引き渡す方針を固めている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-10 13:01 | 社会