タグ:支持率 ( 33 ) タグの人気記事

 

33%が民主政権望む=大連立は27%-時事世論調査

2月16日15時20分配信 時事通信

 時事通信社が6~9日に実施した世論調査によると、望ましい政権の枠組みとして、民主党中心の政権を選んだ人は前月比0.2ポイント増の32.7%となり、2カ月連続で3割を超えた。望ましい「民主政権」の内訳は、「民主中軸の非自民連立」が20.2%、「民主単独」が12.5%。

 一方、「自民、民主などの大連立」は前月とほぼ同率の26.7%。「自民単独」(7.2%)と「自公連立」(13.1%)を合わせた自民中心政権は、20.3%にとどまった。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-16 15:20 | 政治  

内閣支持16%=発足後最低、不支持は67%-時事世論調査

2月16日15時17分配信 時事通信

 時事通信社が6-9日に実施した2月の世論調査によると、麻生内閣の支持率は前月比1.4ポイント減の16.4%で、政権発足以来最低となった。不支持率は同3.3ポイント増の67.3%。麻生太郎首相の郵政民営化見直し発言やその後の軌道修正など「発言のぶれ」が、世論の「政権離れ」を加速させたとみられる。調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は66.3%だった。

 支持率は3カ月連続で2割を切り、不支持率は福田康夫前首相の退陣表明後の65.3%を上回った。不支持理由(複数回答)のトップは「期待が持てない」41.8%で、以下「首相を信頼できない」(32.0%)、「リーダーシップがない」(30.0%)、「政策が駄目」(28.1%)の順。支持理由は「他に適当な人がいない」(5.2%)、「首相の属する党を支持している」(3.9%)など。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-16 15:17 | 政治  

内閣支持率、10%切る=日テレ調査

2月15日22時31分配信 時事通信

 日本テレビが15日明らかにした世論調査結果によると、麻生内閣の支持率は9.7%に落ち込んだ。郵政民営化をめぐる麻生太郎首相の一連の発言もあり、支持率は低下傾向が続いているが、主要な報道機関の調査で10%台を切ったのは初めて。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-15 22:31 | 政治  

【FNN合同世論調査】頼みの「党首力」でも小沢氏逆転

2008.12.1 21:31 産経新聞

f0013182_18203881.jpg 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の「党首力」で、どちらが首相にふさわしいか聞いたところ、麻生首相の31・5%に対し小沢氏が32・5%と、わずかな差とはいえ麻生首相を上回った。麻生政権発足直後の今年9月の調査では、麻生首相と小沢氏はそれぞれ、51・3%、26・9%とダブルスコアだっただけに、麻生首相の“急落ぶり”が浮き立っている。

 両者の「討論の力量」を聞いた設問でも、小沢氏(53・7%)が麻生首相(26・7%)のほぼ倍近い評価を得た。「主張の説得力」でも小沢氏(51・5%)が麻生首相(27・9%)を引き離した。11月28日に行われた党首討論で、景気対策の重要性を唱えながら補正予算案の提出を先送りした麻生首相に対し、その矛盾を徹底追及した小沢氏の政治姿勢が、調査結果に反映したとみられる。

 ただ、「選挙の顔」としてどちらが魅力的かを聞いたところ、麻生首相が42・1%と小沢氏の30・0%を上回ったほか、信頼感でも麻生首相の31・4%に対し、小沢氏は29・7%と及ばなかった。

 定額給付金などで麻生首相の政権運営が迷走したことや、放言、失言が相次いだことで、麻生首相の「党首力」に疑問符が付いた調査に、自民党内からは「最後の砦が崩れたのではないか」(幹部)との声が出ている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-01 21:31 | 政治  

内閣不支持5割超える フジテレビ「新報道2001」世論調査

2008.11.16 21:50 産経新聞

 フジテレビ「新報道2001」の世論調査(13日調査)で麻生内閣の支持率は32・6%(前回比9・8ポイント減)となり、9月24日の政権発足後、初めて40%を切った。同時に不支持率は58・4%(同8・8ポイント増)と初めて5割を超えた。

 定額給付金の所得制限をめぐり、閣内が迷走した上、所得制限の判断を市町村に「丸投げ」したことへの批判が影響しているとみられる。

 福田内閣の支持率が初めて40%を下回ったのは、政権発足の約2カ月半後の昨年12月中旬だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-16 21:50 | 政治  

麻生内閣の不支持50.6%、ホテルのバー通いに6割が批判的

2008年11月10日 17:08 AFPBB News

 【11月10日 AFP】10日発表された世論調査で、景気の低迷が続くなか、麻生太郎(Taro Aso)首相に対する有権者の不満が高まっていることが明らかになった。

 TBSが有権者1208人を対象に行った調査によると、麻生内閣を支持しないとの回答は、内閣発足直後の調査から3.1ポイント増加して50.6%、支持するとの回答は4.0ポイント下げて47.1%だった。また43%が、麻生首相が掲げる政策には期待できないとしている。

 麻生首相がホテルの高級バーに足繁く通っているとして批判を受けている点については、61%が好ましくないと回答した。麻生首相は9日夜にも、都内の居酒屋でビール片手に大学生らと懇談した後、ホテルのバーを訪れている。

 一方、日本テレビ(NTV)が1130人を対象に行った世論調査では、麻生内閣を支持するとの回答は前月から2.2ポイント下がって43.7%、支持しないとの回答は1.7ポイント増の38.3%だった。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2008-11-10 17:08 | 政治  

「民主党に一度、政権任せてもよい」58%…読売調査

2008年10月9日19時14分 読売新聞

 読売新聞社が4~5日に実施した全国世論調査(面接方式)によると、「民主党に一度、政権を任せてもよい」と思う人は58%で、そうは思わない人の38%を上回った。

 ただ、政権担当能力を聞くと、自民党については「ある」が67%に上ったものの、民主党は「ある」46%と「ない」47%がほぼ二分した。民主党の政権担当能力の有無にかかわらず、与野党の政権交代を容認する今の有権者の“気分”がうかがえる。

 民主党に政権を任せてもよいとの答えは、男女、年代別のすべてで多数を占めた。民主支持層では95%に達した。無党派層では61%、自民支持層でも38%が「任せてもよい」と答えた。

 しかし、民主党の政権担当能力については、無党派層でも「ある」46%、「ない」44%と評価は分かれた。「民主党に政権を任せてもよい」と答えた人を見ると、同党に政権担当能力があると答えた人は66%で、29%は「ない」だった。

 麻生首相と民主党の小沢代表への印象を個別に聞いたところ、首相は「良い印象」57%が、「悪い印象」36%を上回った。小沢氏は「良い」は35%にとどまり、「悪い」は59%だった。「民主党に政権を任せてもよい」という人でも、小沢氏への印象は「良い」49%、「悪い」45%となった。

 調査は全国の有権者3000人を対象に行い、1787人から回答を得た(回収率59・6%)。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-09 19:14 | 政治  

麻生内閣支持41%、不支持42% 本社連続調査

2008年10月5日23時37分 朝日新聞

f0013182_971098.jpg 総選挙に向けて、朝日新聞社が4、5の両日実施した第1回の連続世論調査(電話)によると、麻生内閣の支持率は41%で前回発足直後調査(9月24、25日)の48%から下落した。不支持率は42%(前回36%)に上昇し、支持と不支持が伯仲した。

 「いま投票するとしたら」として聞いた衆院比例区の投票先は自民33%(前回36%)、民主34%(同32%)など。前回は自民が新内閣発足の追い風を受けて大きく伸ばし、民主を逆転していた。総選挙に「大いに関心がある」人は全体の35%で、その中では投票先を民主としたのが48%、自民は30%だった。

 自民支持層の内閣支持は79%で比較的高い水準を保つ一方、民主支持層は77%が不支持としており、支持層でも「対決色」が鮮明になっている。無党派層では支持が24%(同31%)と減り、不支持が48%(同41%)に増えた。

 男女別でみると、男性の支持は43%(同46%)でわずかに減っただけだったが、女性は39%(同50%)と大きく減らし、支持率低下の要因になった。

 中山成彬前国交相の辞任問題で、任命した麻生首相の責任は「それほどでもない」が48%と多数だったが、「大きい」とみる人も44%いた。

 望ましい政権の形では、「自民党中心」が34%(同39%)と下げたのに対し、「民主党中心」は40%(同40%)と変わらなかった。

 政党支持率は自民32%(同34%)、民主23%(同23%)など。

     ◇

 〈調査方法〉4、5の両日、全国の有権者を対象にコンピューターで無作為に電話番号を作る「朝日RDD」方式で調査した。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1036人、回答率は57%。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-05 23:37 | 政治  

内閣支持は23.6%=2.5ポイント増、改造効果は限定的-時事8月世論調査

8月15日15時7分配信 時事通信

 時事通信社が8~11日に実施した8月の世論調査によると、福田内閣の支持率は23.6%で2カ月連続で前月より上昇した。ただ、増加幅は2.5ポイントにとどまった。不支持率は前月比2.5ポイント減の54.6%。福田康夫首相は政権浮揚を目指し、今月1日に内閣改造を断行。「国民目線の改革」継続を訴えたが、中国国内での冷凍ギョーザ中毒事件の発生を日本政府が公表していなかったことなども響き、効果は限定的だったようだ。

 支持の理由(複数回答)は「他に適当な人がいない」が8.9%でトップ。不支持の理由(同)では「期待が持てない」が34.7%で最も多く、以下「リーダーシップがない」24.2%、「政策が駄目」20.6%など。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 15:07 | 政治  

内閣支持41%に好転、「麻生幹事長」評価66%…読売調査

8月3日3時1分配信 読売新聞

f0013182_1157595.jpg 読売新聞社が1日夜から2日にかけて実施した緊急全国世論調査(電話方式)で、福田改造内閣の支持率は41・3%、不支持率は47・0%となった。

 単純比較はできないが、面接方式での7月世論調査(12~13日)の支持率26・6%、不支持率61・3%に比べて評価は好転した。自民党幹事長への麻生太郎氏の起用を「評価する」は66%に上っており、実力者の起用による政策実行力向上への期待感が政権への評価を押し上げたことがうかがえる。

 ただ、内閣改造で福田首相に対する評価が変わったかどうかを聞いたところ、「変わらない」が72%と大半で、「上がった」は12%、「下がった」が13%だった。また、今回の人事で首相が「福田カラー」を十分に出せたと思う人は28%で、そうは思わない人が59%だった。

 人事の顔ぶれでは、舛添厚生労働相の留任を評価する人は77%に達し、中山恭子氏の拉致問題相起用についても75%が「評価する」と答えた。

 しかし、目玉人事の一つである野田聖子氏の消費者相起用を「評価する」は41%にとどまり、「評価しない」44%の方が多かった。政策通として知られる与謝野馨氏の経済財政相起用についても、「評価する」は33%と「評価しない」の43%を下回った。

 内閣に優先して取り組んでほしい課題(複数回答)は「物価対策」の88%が最も多く、「年金問題」82%、「高齢者医療」「地球温暖化対策」各77%が続いた。首相が重視する「消費者行政」は51%と少なかった。

 政党支持率は自民35・1%、民主24・6%で、7月面接調査(自民27・2%、民主18・8%)に比べて大きな傾向の変化はなかった。次期衆院選の比例代表選で投票しようと思う政党は、民主が34%と自民の31%より多く、今回の人事で与党への逆風が和らいだとは言えない状況だ。

 衆院解散・総選挙については「できるだけ早く行う」35%と「来年9月の任期満了までに行えばよい」32%がほぼ拮抗(きっこう)し、「年末・年始」は10%、「来春以降」は16%だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-03 03:01 | 政治