タグ:政治とカネ ( 316 ) タグの人気記事

 

石原宏高氏の疑惑秘書、辞職へ…不透明授受に関与か

ZAKZAK 2006/12/14

 巨額脱税事件で起訴された「水谷建設」元会長、水谷功被告(61)との宴席が発覚した自民党の石原宏高衆院議員(42、写真)。新たに一部週刊誌で、水谷被告らから秘書に現金がわたっていた疑惑が報じられたが、この秘書が今月末で辞職することが14日、分かった。一体何があったのか。

 辞表を提出していたのは石原氏の公設第一秘書S氏。かつては石原事務所の金庫番といえる事務局長を務めていた。

 石原氏については、昨年9月14日夜、東京・銀座の高級料亭「吉兆」で、父親の石原慎太郎都知事(74)と水谷被告、糸山英太郎元衆院議員(64)を加えた宴席での“2000万円授受疑惑”が注目されているが、14日発売の「週刊新潮」は、水谷被告と懇意な女性経営者の証言として、新たな疑惑を報じた。

 同誌によると、昨年の総選挙直前、東京・品川のホテルパシフィックで石原氏の支援集会が開かれた。この場で、水谷被告から50万円、女性経営者から5万円がS秘書に渡されたが、これが石原氏の政治資金収支報告書に記載されていないというのだ。

 この疑惑は報道関係者の間に広まっており、その真偽をめぐり新聞や週刊誌の記者らがS秘書に取材をかけており、突然の辞職情報に「裏に何かあるのでは?」と憶測が飛び交った。

 石原氏は14日午後、本紙取材に「S秘書に確かめたが『55万円は受け取っていない』と言っている。水谷氏側から『領収書がほしい』との要請も一切ない。S秘書は品川区長選が終わった10月初め、一身上の都合で辞表を出しており、今回の騒動とはまったく関係ない」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-14 12:00 | 政治  

石原親子と水谷建設 500万円疑惑証拠写真

2006年12月14日10時00分 ゲンダイネット

 福島県知事にワイロを渡した水谷建設の水谷功元会長(61)と石原ファミリーはどんな関係だったのか。水谷サイドが三男・宏高氏(42)の当選祝いに500万円を用意した疑惑が浮上しているが、今度は問題の会合の写真が出てきた。そこに写っていたのは“謎の女性”。石原疑惑は深まるばかりだ。

 宏高の当選祝いが銀座の料亭で行われたのは、昨年9・11総選挙の3日後。畳敷きの和室で撮られた記念写真には7人の人物が写っている。

 中心に立つ宏高の左隣には元衆院議員の糸山英太郎氏。その横には父親の石原都知事。そして、宏高の右隣には水谷元会長、その横に糸山氏が主宰する政経塾の塾生で石材会社役員の男性。左右両サイドには水谷の知人で芸能プロダクションの女性社長と、司会を務めた女性タレント――。

 7人は座卓の後ろに横一列に立ち、掛け軸のかかった壁を背にして並んで笑っている。この写真が関係者の間で話題になっているのは、登場人物がそれぞれ“いわく付き”だからだ。

「水谷は政界のタニマチで有名だし、糸山氏と石原都知事もカネでつながる。前回の東京都知事選が行われた03年には、糸山氏が主宰する政治団体から石原知事の資金管理団体『石原慎太郎の会』に3000万円もの寄付金が渡っている。また、同席していた糸山政経塾生の石材会社役員も昨年8月、宏高氏に政治献金をしている。会合には糸山氏の当時の秘書室長、石原知事の特別秘書も同席していました」(事情通)

 さらに、写真に登場する芸能プロの女社長(49)。週刊誌に「水谷の裏金庫番でカジノの凄腕コーディネーター」と報じられた人物なのだ。

「水谷は大のカジノ好きで、毎週のように韓国のカジノでバカラをやっていた。そのコーディネーターを引き受けていたのが彼女です。韓国のカジノホテルから入る巨額のキックバックの受け皿になっていたと報じられました。水谷事件での家宅捜索先リストには彼女の芸能事務所も含まれていました」(司法記者)

 その女性の事務所も昨年8月、宏高の政治団体に125万円を献金していた。マトモな政治家は当選直後にこんな会合は持たない。まして、500万円疑惑がかけられているのだ。石原親子はきちんと説明できるのか。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-14 10:00 | 政治  

石原ファミリー“金銭授受疑惑”…糸山氏「選挙妨害」

ZAKZAK 2006/12/11

 3選出馬を正式表明した東京都の石原慎太郎知事(74)。先週末、巨額脱税事件で起訴された「水谷建設」の元会長、水谷功被告(61)らとの東京・銀座の高級料亭での宴席が発覚したが、この宴席に絡んだ“金銭授受疑惑”が浮上し、近く訴訟沙汰に発展しそうなのだ。キーマンである糸山英太郎元衆院議員(64)は夕刊フジ取材に「ガセネタ。これは石原知事への選挙妨害だ!」と憤慨する。石原知事の続投戦略にどう影響するのか?

 宴席は昨年9月14日夜、東京・銀座の高級料亭「吉兆」の2階で行われた。出席者は石原知事と三男の宏高衆院議員(42)、糸山氏、水谷被告、埼玉県の石材業者T氏の5人。直前の総選挙で、宏高氏が初当選したことを祝う趣旨で、着物姿の女性がお酌をする華やかな会だった。

 発案したのは「石原知事の盟友」を自負する糸山氏だが、注目は国会議員から暴力団関係者まで幅広い人脈を誇り、「平成の政商」と呼ばれる水谷被告が同席していたこと。水谷被告は、福島県談合汚職事件の端緒となった約11億円の巨額脱税事件で今年7月、東京地検特捜部に逮捕・起訴されている。

 この宴席について、石原知事は「私は糸山君を昔から知っていて、(宏高氏の)当選祝いをやろうということで会に行った」(東京新聞8日朝刊)といい、宏高氏も「水谷氏とはその時が初対面。その後ああいう(脱税)事件が起きて驚いた」(赤旗日曜版10日付)と出席は認めている。

 ところが、この宴席に絡み“金銭授受疑惑”が浮上している。

 水谷被告に近い関係者はこう語る。

 「宴席の前日(13日)、糸山氏の秘書室長(当時)から水谷氏と懇意な女性経営者に『(吉兆で)当選祝いを渡したい。水谷氏の方で500万円を用意してほしい』と電話があった。水谷氏と相談して女性経営者が立て替えた。14日午後3時半過ぎ、女性経営者は銀行で新札に替えた500万円を包装紙に包み、三田にある糸山タワーの糸山氏の事務所に届けた」

 「当選祝いは水谷氏側の500万円と、糸山氏の1000万円、石材業者T氏の500万円を合わせた2000万円らしい。女性経営者は糸山氏の別の秘書から『お金はお土産として渡す(高級焼酎の)森伊蔵の箱2つに入れた』と聞いたが、後で調べると、宏高氏や石原知事の政治資金収支報告書には掲載がない。不信感が重なった女性経営者は今週中にも、糸山氏に500万円の返還請求訴訟を起こす」

 これと符合するのが前出した赤旗の記事。糸山氏の元秘書室長は、女性経営者に500万円を用意するようお願いしたことと、女性経営者から現金が入ったとみられる「紙袋」(=包装紙)を受け取ったことを認めているのだ。

 事実なら、政治資金規正法違反の疑いもある驚くべき話だが、石原知事は先週末、日本テレビの「(吉兆で)金銭の受け渡しは?」との取材に、「私は関係ない。糸山さんに聞いてくださいよ」と答え、宏高氏も「金銭は一切頂いていない」と金銭授受を否定している。

 キーマンである糸山氏は夕刊フジ取材に「ガセネタ。石原知事の続投阻止を狙う選挙妨害であり、恐喝未遂事件ですよ」といい、こう説明する。

 「あの夜、吉兆で宴席があったのは事実。私が米国出張中に秘書がセットしたもので、私も石原知事も水谷氏とは初めて会った。宴席費用の68万円は払ったが、新人議員の宏高氏に私が1000万円も渡すわけがない。大体、森伊蔵の箱に1000万円は入らない」

 「20年も国会議員をやってきて(政治資金関係の)法律は熟知している。マスコミに『水谷氏が特捜部に金銭授受を認めた』という情報が流れたようだが、不正があれば、私も石原知事も事情聴取を受けているはず。それは一切ない。逆に、水面下で金銭の要求のようなものはあった。向こうが提訴するなら、(恐喝未遂などで)捜査当局に相談したい」

 そして、石材業者T氏も「500万円を出した覚えはない。宏高氏が糸山政経塾出身なので、塾の専務理事として出席しただけ。秘書室長が(宴席後に)退職したが、『糸山憎し』の感情でもあったのでは」と語る。

 言い分は完全に食い違っているが…。  
[PR]

by deracine69 | 2006-12-11 12:00 | 政治  

河川堤防36%が強度不足、国の6割調査で判明

 国土交通省は、国が管理する河川堤防の安全性について初の全国調査を進めているが、今年3月末時点で調査済みの5922キロ(133河川)のうち、36%にあたる2113キロ(117河川)で、粗い砂が多く水がしみ込みやすいなど、「浸透破堤(はてい)」に対する同省の安全基準を満たしていないことが、読売新聞の情報公開請求でわかった。

 長年にわたり、築造・改修が続けられてきた堤防の安全性の実態が明らかになったのは、これが初めて。

 堤防の「強さ」がこれまで定量的に調査されたことはなかったが、2004年、新潟・福島豪雨や台風23号で堤防決壊が相次いだことから国交省が調査に着手。全国の国直轄138河川を対象に、2キロ~200メートル間隔でボーリングし、堤防内部の材質などを調査。100年に1度の大雨などにも耐えるかどうかを基準に、「耐浸透性」を計算した。

(読売新聞) - 9月25日3時3分更新
[PR]

by deracine69 | 2006-09-25 03:03  

神戸空港、平均搭乗率63% 目標319万人の達成困難

朝日新聞 2006年09月07日23時53分

 神戸市は7日、2月16日に開港した神戸空港の8月末までの平均搭乗率を63.7%と発表した。利用者数は約147万人。市は開港後1年の利用者数を319万人と想定してきたが、達成するには残る約半年で85%程度の搭乗率を維持する必要がある。夏の繁忙期を過ぎてからの搭乗率の大幅アップはほぼ見込めず、矢田立郎市長が繰り返し「達成可能」と強調してきた想定の実現は、極めて難しくなった。

 神戸空港は市が管理運営し、国内7路線1日28往復便が運航している。98年には空港建設の是非を問う住民投票を求めて30万人以上の署名が集まるなど、需要や採算性が疑問視され続けてきたが、矢田市長はじめ市側は「319万人の利用は達成可能で、着陸料収入も伸びる」と説明してきた。

 山野啓・市空港事業室長は「景気動向もあるが、目標に向けて努力を続けたい」と話す。しかし、担当部署からは「このまま推移すれば約260万人。想定の8割は達成でき、誤差の範囲だ」との声も出ている。

 同時期の貨物取扱量は約1万2000トン。市は開港1年間の取扱量を4万1300トンと想定していたが、こちらも達成は厳しい状況だ。
[PR]

by deracine69 | 2006-09-07 23:53 | 社会  

米国産牛肉輸入再開へ工作 自・民議員に1000万円以上

2005年10月15日 しんぶん赤旗

 外食産業大手が参加する社団法人「日本フードサービス協会」の政治団体が、中川昭一経済産業相、島村宜伸前農水相など農水族議員らに昨年、一千万円以上の献金をしていることが二〇〇四年の政治資金収支報告書でわかりました。同協会はBSE(牛海綿状脳症)問題で停止している米国産牛肉輸入の全面・早期再開を求めて、政界に働きかけています。

 同協会は、吉野家、すかいらーくなど約八百社が加盟。「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める100万人署名」に取り組むなど、政府に全頭検査体制の見直しと米国産牛肉の輸入再開を求める先頭に立ってきました。

 献金は政治団体「外食産業政治研究会」がおこなっていますが、同研究会の代表者は協会の会長。会計責任者は協会専務理事、所在地は協会と同じなど両者は一体の関係にあります。同研究会関係者によると、会の目的は「外食産業にシンパシー(共感)を持っていただく国会議員を育成していくこと」です。

 同研究会の政治資金収支報告書によると、自民党の旧橋本派(五十万円)、森派(二十万円)などの派閥と政治家の資金集めパーティー「会費」として、計六十件千九十万円の支出がありました。

 献金先では、中川経済産業相(百万円)、島村前農水相(五十万円)、羽田孜元首相・民主党最高顧問(三十万円)、武部勤自民党幹事長(二十万円)、大島理森元環境庁長官(同)の農水相経験者がふくまれています。また、松岡利勝元農水副大臣(五十六万円)、農水政務次官経験者の保利耕輔元文相(五十万円)、金田勝年参院議員(三十五万円)など農水族議員が目立ちます。政権中枢では、谷垣禎一財務相(二十万円)、柳沢伯夫政調会長代理(四十万円)など。

 島村氏は、昨年九月末に二度目の農水相に就任する前、自民党の食品産業振興議員連盟会長として、日本フードサービス協会の会長とともに首相官邸を訪れ、米国産牛肉の輸入再開を陳情。ことし二月の衆院予算委員会では「全頭検査は世界の非常識」と発言、批判をあびました。同氏への献金は〇一年からの四年間で二百八十万円になります。

 民主党では、羽田氏のほか、鮫島宗明前衆院議員(七十万円)、城島正光前衆院議員(三十万円)、小沢鋭仁衆院議員(二十万円)に献金していました。
[PR]

by deracine69 | 2005-10-15 23:59 | 政治