タグ:教育 ( 37 ) タグの人気記事

 

立正大は含み損148億円 金融危機で拡大

11月21日11時21分配信 産経新聞

 立正大学(東京都品川区)は21日、資産運用のための金融取引をめぐり、今月9月末時点で約148億円の含み損を抱えていることを明らかにした。大学側は「あくまでも含み損であり、ただちに学校運営に影響するものではない」と説明している。

 同大によると、国内の証券4社を通じ、国債や地方債、投資信託のほか、円で購入した豪ドルを組み込んだ仕組み債として資産を運用していた。含み損は、今年3月末時点では約96億円だったが、金融市場の混乱や円高の影響で、約148億円に拡大した。

 同大は「満期保有が基本の仕組み債で、最終的な損失額は確定していない」とし、現時点での評価損は計上していない。

 大学の金融取引をめぐっては、駒沢大学(東京都世田谷区)がデリバティブ(金融派生商品)取引で約154億円の損失を計上していることが判明している。

 文部科学省は、立正大のケースについて含み損であることから静観しているが、塩谷立文科相は同日の閣議後会見で「このような事態が相次ぐようであれば、資産運用に関して規制が必要かもしれない」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-21 11:21 | 社会  

しつけるべきは母親=幼稚園PTA大会で麻生首相

2008/11/19-22:52 時事通信

 麻生太郎首相は19日、都内のホテルで開かれた私立幼稚園PTAの全国大会であいさつし「家庭でしつける力がなくなってきた」と指摘した上で、「じいさん、ばあさん、やかましいおやじさんの存在が薄くなってきたせいもあって、幼稚園で何とかしろと負担が掛かってきている。しつけるべきは母親だ」などと苦言を呈した。

 首相は「幼稚園は、お子さんの後ろにくっついている親で苦しむ」などとも述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 22:52 | 政治  

<駒沢大学>金融危機で154億円運用損…キャンパスも担保

11月19日11時9分配信 毎日新聞

 駒沢大学(東京都世田谷区)がデリバティブ取引で154億円の損失を出していたことが分かった。世界的な金融危機の影響を受けたといい、損失を穴埋めするため、今月になって大学キャンパスなどを担保に銀行から110億円の融資を受けた。

 大学によると、昨年7月に外資系金融機関2社との間でデリバティブ取引の「金利スワップ」と「通貨スワップ」の契約を締結した。契約額は約100億円。しかし、金融危機で円高が進んだことなどから、特に今年9~10月になって損失が急拡大。同月末に解約したが、最終的に損失額は154億円に達した。

 今月2日の臨時理事会で、損失を埋めるため銀行から融資を受けることを決定。世田谷区内の深沢キャンパスの土地建物と野球部グラウンドの土地などを担保に、みずほ銀行から110億円を借り入れた。17日には学内に調査委員会を設置し、資産運用の詳しい経緯などを調べている。

 同大の昨年度末の資産総額は約940億円。小林清次郎総務部長は「経営が厳しくなったから投機性の高い商品に手を出したわけではない。学生に不安を与えたことにはおわびを申し上げなければならない。教育や学生サービスに支障が出ないよう努める」と話している。【加藤隆寛】
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 11:09 | 社会  

つくる会と扶桑社が対立 教科書著作権で譲らず

2008年11月15日 朝日新聞

 「新しい教科書をつくる会」が分裂し、対立が訴訟に発展している。袂を分かった元会長に対し現会長が起こした名誉棄損訴訟は請求が棄却された。だが、現会長はさらに、これまでの発行元の扶桑社を相手に発行差し止めを求めて争っている。両派はそれぞれ新たな教科書の発行を目指しており、それが事態を複雑にさせている。(中井大助、石川智也)

 名誉棄損訴訟を起こした藤岡信勝会長(拓殖大教授)は10月31日、東京地裁で敗訴した後、記者会見して「極めて残念。断固控訴する」と語気を強めた。

 この訴訟で。藤岡氏は「つくる会を立ち上げた後の01年まで日本共産党に在籍していた」という趣旨の怪文書をばらまかれたとして会長も務めた八木秀次・高崎経済大教授に賠償を求めた。だが、判決では「八木氏の関与は認められない」と認定された。

* * *

 つくる会は、「自虐史観を排した」歴史や公民の教科書に普及を目指し97年1月に結成された。内部対立やメンバーの脱会を繰り返しながらも、教科書は00年度と04年度の検定に合格。だが、各地の教育委員会による採択ではふるわず、05年の採択率は歴史0.4%、公民0.2%と、目標の10%に及ばなかった。

 そんな中、会のあり方や運営をめぐって藤岡氏らと対立した八木氏が06年、複数の理事とともに脱退。その経緯をめぐり、藤岡氏や西尾幹二元会長(電気通信大名誉教授)との対立はさらに深まり、月刊誌などで互いに批判する事態となった。

 発行元の扶桑社はこれ以上、つくる会と教科書を出すのは困難と判断。「新しい酒は新しい皮袋に」という言葉を引用し、07年2月「賛同していただける各界の方々」の協力で新たに刊行する方針を表明した。つくる会側によると「原稿の教科書への教育委員会の評価は低く、内容が右寄り過ぎて採択がとれない」と説明されたという。

 八木氏は同年7月、「教科書改善の会」を立ち上げ、扶桑社が新設した子会社・育鵬社と協力し、指導要領の改訂に合わせて12年度から使われる教科書を作ると発表。つくる会は2カ月後、自由社から次の教科書を出版することを決めた。

 それぞれ独自に教科書作りに取り組むとみられたが、つくる会側は今年4月、10年度から使われることを目指して現行版を「一部改訂した」中学歴史教科書を検定申請。それに続いて藤岡氏や西尾氏ら4人が6月、扶桑社を相手取り、自分たちが関与した約160㌻分を削除しない限り、現行版とその市販本を出版・販売してはならないと求めて提訴することになった。

* * *

 つくる会側が新たに申請した教科書が検定合格すれば、独自路線どころか執筆陣の重なる扶桑社版と自由社版が同時に存在することになる。

 訴訟に提出された証拠によると、検定申請直後の4月8日、扶桑社側は藤岡氏に「著作権者全員の了解を得なければ。同一内容の教科書の制作・発行は著作権法に抵触することは明らか」「違法行為とならないよう、十分ご留意されるようご忠告を申し上げます」と通告した。

 つくる会側も譲らず、提訴前の5月下旬、「最後の通告」として、「(扶桑社側の見解は)明白な権利侵害であるのみならず、学校教育現場に多大な混乱を引き起こす行為」と、今後の出版を見送るよう求めた。

 そもそも教科書の著作権は誰にあるのか。

 文部科学省によると、記述の分担や監修のあり方によっても異なり、明確な契約がないと判断が難しいという。今回の場合、扶桑社側は「(教科書の基準となる)次の学習指導要領の実施までは、現行版を使うことで関係者は合意していた」と主張する。しかし、口頭了解で文書はない。

 つくる会側は「執筆した部分については自分たちにある」と主張。扶桑社側は「教科書は編集者、監修者も関与した共同著作物」と反論しており、法廷で両者が譲る気配はない。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-15 06:00 | 社会  

大阪・守口の女性中学教諭、勤務中に44回も乗馬クラブ通い

10月28日15時23分配信 読売新聞

 大阪府守口市立第四中学の女性教諭(50)が約2年間にわたり、勤務中に無断で乗馬クラブに出かけ、乗馬を楽しんでいたことがわかった。

 教諭は「家族の介護などでストレスがたまり、動物とのふれあいが癒やしになると思った」と話しているという。府教委は近く、教諭を職務専念義務違反などで処分する。

 市教委によると、教諭は2006年8月、同校近くの乗馬クラブに入会。授業のない午後などに自転車で学校を抜け出し、1回1時間のコースに44回通っていた。休日も含めると計152回受講しており、乗馬の初心者だった教諭は障害物を飛び越えられるまで上達したという。

 同僚や生徒らは気づかなかったといい、大野友己・市教委学校教育課長は「生徒や保護者に大変申し訳ない。教職員の監督を徹底するよう学校を指導する」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 15:23 | 行政・公務員  

<橋下知事>「手が出ても仕方がない」体罰容認?発言

10月27日0時29分配信 毎日新聞

 大阪府の橋下徹知事は26日、堺市内での府民討論会「大阪の教育を考える」で、「言っても聞かない子には手が出ても仕方がない。どこまで認めるかは地域や家庭とのコンセンサス(合意)次第だ」と述べ、学校での体罰を認めるような発言をした。

 約700人が参加し、綛山(かせやま)哲男・府教育長が教育政策案を紹介。ある府民から「学力向上に取り組むのはいいが、成果主義が過ぎると障害児の排除につながらないか」と意見があり、知事は「そんなことにはしない」と答えた。また知事は学校と地域の連携について「子どもを育てる責任は第一に家庭、第二に地域にある」とし、「子どもが走り回って授業にならないのに、注意すれば保護者が怒鳴り込み、頭を小突くと体罰だと騒ぐ。こんなことでは先生が教育をできない」と主張した。

 全国学力テストの結果開示を巡っては、知事が「先生の9割は開示に賛成だが、ふたをしてしまおうという先生もいる」と話すと、会場から「ウソをつくな!」などのヤジが飛んだ。

 終了後、知事は報道陣に「体罰という言葉にとらわれる必要はない」と語った。一方、出席した府教育委員は「手を出すことは教育者にとって敗北を意味する」と食い違いを見せた。【平川哲也】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 00:29 | 行政・公務員  

夏祭りパトロール中に中3ナンパ わいせつ行為の小学校教諭を逮捕

10月21日18時34分配信 産経新聞

 夏祭りのパトロール中にナンパした中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課と浅草署は埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、同県志木市立志木第三小教諭、後藤崇行容疑者(23)=同県和光市新倉=を逮捕した。

 調べでは、後藤容疑者は8月9日午後、18歳未満と知りながら、自宅に中学3年の女子生徒(15)を連れ込み、わいせつな行為をした疑い。「彼女がおらず欲望に負けた。後悔している」などと供述しているという。

 後藤容疑者は7月中旬に志木市内の神社で開かれた夏祭りのパトロール活動中、女子生徒に「メルアド交換しませんか?」などと声を掛けてナンパ。その後、メールのやりとりを続けていた。女子生徒が9月上旬に東京・池袋で補導された際、「先生とわいせつな行為をした」と話したことから犯行が発覚した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 18:34 | 社会  

「道徳教育を阻害」=日教組を批判-塩谷文科相

2008/10/21-12:23 時事通信

 塩谷立文部科学相は21日の閣議後会見で、日教組について「道徳教育を阻害したと言われている部分はあったのかなと感じている」と批判した。一方、「わたし自身は何が道徳教育を阻害したか詳しく把握していないが、日教組の一連の過去の活動でそういうことがあったんだろう」と述べ、具体的な根拠は示さなかった。

 現状に関しては「全体的には組織率が低下しているし、昔の活動とはだいぶ変わってきている」とした上で、「個々の地方では昨年ストライキがあったりし、そういうことには対応しないといけない」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 12:23 | 政治  

学力不問の青田買い競争 私大推薦入学の呆れた実態

2008年10月10日0時51分 週刊ダイヤモンド編集部

「一部の大学が推薦・AO(アドミッションズ・オフィス)入試に名を借り、学力不問で多数の学生を受け入れている現状は妥当か」

 9月22日に開催された政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎・慶應義塾塾長)で、こんな問題が俎上に載せられた。

 現状では、各大学は定員の半数までは推薦入学者の受け入れが認められている。実際に昨年度の私立大学入学者数48万人のうち、推薦入学が20万人、志望者の個性や適性を総合的に評価するAO入試が4万人。私立大学生の半数は、驚いたことに入学試験を受けていないのだ。

 しかもこの数字は、私大全体の数字である。問題になった「一部の大学」ではどうなっているのか。「定員割れが深刻な底辺校ともなると、入学意思だけ示せば即合格。やりたい放題だ」と呆れた内実を解説するのは、ある大学関係者。

 人気のない大学は、一般入試では受験者すら集められないので、早くから青田買いに走る。一般入試は2月からしか実施できないが、推薦入試は11月から、AO入試に至っては11年中選考可能だ。いまや夏から秋にかけてが入試のピークなのだという。

 受験勉強の通過儀礼を経験しない「青田買い学生」は、とかく学力が低い。それゆえ、「英文科の授業で和訳されたシェークスピアを教材に使う」「物理や数学を学んでいないのに入学できる工学部で、大量の中退者が生まれている」などという事態があちこちで生じている。

 ある底辺校の学長は正直にこう言う。「うちの法学部は、司法試験に合格させるのではなく、新聞を理解できるようになるのが目標」。

 冗談のような現実である。「教育再生」の道のりは果てしなく遠い。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 00:51 | 社会  

「橋下知事はテレビ中毒」 退任会見で大阪府教育委員2氏が反論

9月18日21時3分配信 産経新聞

 大阪府の橋下徹知事が「教育ビジョンがない」と批判し再任を拒否した府教育委員の井村雅代氏(58)=北京五輪シンクロ中国代表ヘッドコーチ=と、木戸湊(あつむ)氏(69)=元毎日新聞大阪本社代表=が18日、今月末の任期満了を前に退任会見を開いた。井村氏は「ビジョンとは話し合いの中で示していくものだ」と猛反発。木戸氏も「テレビ受けしか考えない『テレビ中毒』。ポピュリズムにおちいり自滅するだろう」と知事の政治姿勢を厳しく批判した。

 最後の定例委員会議を終えて会見した両氏。席に着くなり木戸氏は「私は『再任は結構です』と事務局に伝えていた。なのに知事が『ビジョンがないから再任しない』と言い出すとは…。失礼、無礼だ」と切り出した。

 また、今年3月、橋下知事から「高校の学区をなくせば東大と京大に300人の合格者を出す学校を作れる」との提案を受けたことを振り返り、「そういう話を真顔で言うことにあきれた。裏づけなしにアドバルーンを上げても絵に描いたもちではないか」。井村氏も「私たちが取り組んだ府立高校再編の結果、公立高校に行きたいという子供は増えている」と主張し、「知事は教育行政がどうあるべきかをまったくご存じない」と語気を強めた。

 両氏の批判はメディアの反応を意識した橋下知事の言動に及び、井村氏は「記事や映像になりやすい言葉を発しているだけ。大阪府政が全国の人から茶番劇のように見られるようになった。行政とは派手に行うものではなく、粛々と進めるものだ」。

 木戸氏はこうした知事の姿勢を「テレビ中毒」と批判したうえで、「ビジョンとは一言でぱっと示せるものではない。繁華街のネオンサインじゃあるまいし」。さらに、「知事の発言を面白おかしく書き立てるのではなく、核心を突くような報道をしてほしい」とメディアにも注文をつけた。

 一方で、木戸氏は「だれかがやらなければならない財政再建に手をつけたことは評価できる」とも指摘。井村氏も「4年間で結果を出そうという姿勢はいい」としたが、「教育は長いスパンで取り組むもの。『新風を吹き込んだ』といった言葉で任期を締めくくってほしくない」と訴えた。

 両氏の退任会見を受け、橋下知事は報道陣に対し「批判は受け入れる。長い間ボランティア的な活動をしてもらい感謝している」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 21:03 | 行政・公務員