タグ:族議員 ( 4 ) タグの人気記事

 

「新・郵政族のドン」片山氏落選で通信・放送業界に波紋

2007年07月30日22時05分 朝日新聞

f0013182_2524248.jpg 「新・郵政族のドン」と呼ばれるほどの影響力をもつ片山虎之助・自民党参院幹事長が参院選(岡山選挙区)で落選し、通信・放送業界に波紋が広がっている。NHK改革などで業界への厳しい姿勢を続けてきた竹中前総務相、菅総務相の路線に対抗するため、片山氏が頼みの調整役だったからだ。自民党内に「後継者」が見当たらず、業界内には「民主党にも働きかけよう」という声が出始めている。

 片山氏は初代総務相として業界への影響力を強め、自民党内で通信・放送産業高度化小委員長として仕切り役を務めてきた。「片山さんに代わる人物が自民党内にいない」(民放キー局幹部)、「『重し』を失ってしまった」(電話会社幹部)。業界関係者はショックを隠せない。

 通常国会で継続審議となった放送法改正案の提出前、菅総務相はNHKの受信料義務化について「受信料2割値下げとセット」との方針を打ち出した。NHKは「とても取り得ない」(橋本元一会長)と抵抗。これを調停したのが片山氏だ。橋本会長を国会の一室に呼び出して調整。菅総務相は結局、改正案への盛り込みを見送った。

 片山氏は「いろんな圧力のガス抜き役、防波堤」(NHK関係者)だった。NHKが9月に策定する経営計画に向けて値下げ論議が再燃しつつあるだけに、防波堤を失ったNHK幹部は「菅総務相と直接話し合うしかない」と不安げだ。

 民放では、番組捏造(ねつぞう)問題を機に菅総務相の主導で放送法改正案に放送局への新たな行政処分が盛り込まれた経緯がある。日本民間放送連盟は「番組への介入だ」と反発。片山氏が中心となって「自主規制が機能している間は発動しない」という留保条件をつけるように調停した。審議は秋以降に持ち越されており、片山氏抜きで「留保条件どころか、法案自体がより厳しい内容になって出し直しになるのでは」と危ぶむ民放幹部もいる。

 NTTについても、総務省は2010年に再分割についての是非を議論する計画だ。NTTは、片山氏が不在となれば竹中前総務相らが唱えていた再分割論が勢いを増しかねない、と恐れる。

 一方の民主党内には、放送法改正案の新たな行政処分について「言論の自由を侵している」という反対意見が強く、業界の意向に沿った主張もある。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 22:05 | 政治  

全議席が確定 民主60、自民37

2007年07月30日 06:09 スポニチ

 第21回参院選は30日午前、全議席が確定した。自民党は改選議席64を37に減らし、宇野宗佑首相が退陣した1989年参院選(36議席)に次ぐ歴史的な惨敗。参院で与党は過半数(122)を大きく割り、与野党が逆転した。続投を表明した安倍晋三首相の求心力低下は避けられず、厳しい政権運営を迫られる。

 民主党は32の改選議席を60と大幅に伸ばし、初の参院第一党に躍進した。公明党は改選数を3減らす9議席の敗北。共産党は3、社民党も2議席と改選を下回った。国民新党は2、新党日本は1議席獲得。無所属は7議席だった。

 最終投票率は選挙区で58・64%と、2004年の前回を2・07ポイント上回った。

 今回の改選は選挙区73、比例代表48の計121議席。勝敗の鍵を握った29の1人区で野党側は23勝6敗と圧倒。うち民主党が17議席を獲得した。自民党は岡山で片山虎之助参院幹事長が落選した。

 比例代表の各党議席は、民主党20、自民党14、公明党7、共産党3、社民党2、国民新党、新党日本各1。新党日本の田中康夫代表が初当選した。

 最後の議席は公明党の魚住裕一郎氏。自民党の厚生労働副大臣、武見敬三氏は落選した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 06:09 | 政治  

半年でウエスト6.9センチ減=メタボ克服へ目標大幅クリア-武見厚労副大臣

6月4日15時1分配信 時事通信

f0013182_181235.jpg 厚生労働省の武見敬三副大臣は4日、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)克服に向け、半年前から取り組んでいるダイエットの成果を示すため、記者団の前で体重とウエストのサイズを測った。その結果、体重76.55キロ、ウエスト93.6センチと昨年11月に立てた目標「体重5キロ減、ウエスト5センチ減」(当時の体重84キロ、ウエスト100.5センチ)を大幅にクリアした。

 半年でウエストサイズ6.9センチ減を達成した武見副大臣。メタボ対策として、糖分や油分を控えた食事を心掛けたり、帰宅時に自宅から徒歩10分の交差点で下車し、早歩きで帰ったりした。武見副大臣は「一番つらかったのはやっぱり肉。(誘惑にかられたのは)しょっちゅうだった」と半年間の努力を振り返り、「楽しく明るくやらないと絶対に続かない」とダイエットに臨む心構えを記者団に説いていた。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-06-04 15:01 | 政治  

日本医師会、参院選推薦で紛糾 武見氏に決定、退席者も

2006年08月23日00時45分 朝日新聞

 自民党の有力支援団体の日本医師会(日医、唐沢祥人会長)の政治団体「日本医師連盟」(日医連、唐沢委員長)は22日、来年の参院選で3選を目指す武見敬三参院議員の推薦を決めた。公募締め切り間際の17日に、郵政反対組で昨年の総選挙で落選した自見庄三郎前衆院議員が応募してきたことから紛糾。連盟初の採決による決定となったうえ、武見氏に批判的な人たちが採決前に退席する騒ぎになった。

 日医連が推薦候補の公募制を採るのは3回目だが、過去2回は形式的なものに過ぎなかった。ところが今回は、医師免許のある自見氏が「武見氏は医師ではない。医師の代表は医師であるべきだ」と応募。この日の挙手採決となった。

 それでも武見氏が優位だったため、採決前に近畿などからの約20人が抗議の姿勢を示すため退席した。近畿の医師連盟は今春の日医会長選で植松治雄前会長を支持し、武見氏の推した唐沢会長と対立していた。

 やっとの思いで推薦候補となった武見氏は、記者会見で「先生方が様々な思いを持っていることの重みをしっかりと受け止めたい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2006-08-23 00:45 | 政治