タグ:星野ジャパン ( 90 ) タグの人気記事

 

プレッシャー、最後はグチ…“閉鎖”星野ブログの変遷

2008年11月18日 17時00分 夕刊フジ

 北京五輪の野球日本代表監督を務めた星野仙一氏(61)が17日、自身のホームページ(HP)閉鎖を宣言した。中日監督時代から13年間続けてきた『星野仙一のオンラインレポート』で、星野氏は「ユニホームを着る予定もなく身辺もようやく静かになってきたこのところで、このホームページもひとまず終止符を打つことにしましょう」などとつづった。

 北京五輪前には「グレートな選手ばっかり」など勢いのいい言葉がならんだブログも、五輪惨敗後は、マスコミ批判や後ろ向きな発言に終始。「火ダルマになっているおれがなんでまた“火中の栗”を拾うような…」「たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありません」とWBC監督固辞を表明したことで注目されたHPの変遷を追ってみた。

 【07年9月14日・親交のある安倍晋三首相(当時)の辞任に同情し、マスコミ批判】

 「出る杭は打たれる」は昔のことで、今は「出る杭は抜かれる」時代だ。倒れた者になおのしかかって、パンチを浴びせ、ひねりワザまでかけるようなマスコミの報道の偏りに、世間の態度に、わたしもテレビに出ている人間だが胸くそが悪くてたまらない。

 【07年11月23日・北京五輪アジア予選直前、大砲不在の「スモールボール」と評されて】

 なにがスモールか、みんな「グレート」やないか。全員、日本野球の自信と誇りにあふれたハートのでっかい、グレートな選手ばっかりだとわたしは思っている。

 【08年8月25日・北京五輪でメダルなしの惨敗で帰国】

 去年のプレ五輪の頃から、もしも負けたら犯罪者扱いを受ける、生きてはいけないくらいの批判やバッシングを受けるよっていっていたけど、そうなるのは仕方がないことだ、この世界はな。

 【08年9月8日・WBC日本代表監督就任を要請されても辞退することを示唆】

 今、火ダルマになっているおれがなんでまた“火中の栗”を拾うようなことをするのか。

 【08年10月22日・WBC監督を固辞】

 仮にも、たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありませんと、重ねてそうお伝えしておきたいと思う。

 【08年10月27日・WBC原監督が決まり】

 「原への要請」ということであればいいじゃないか、力量からも、実績からも。

 【08年11月10日・再度マスコミ批判】

 取材力がなくなっているんじゃあないのか、最近のマスコミは(笑)。おれのことに関してもこのホームページを見てはおちょくってみたり、いろんなことを書くんだし…。

 【08年11月17日・最後の更新】

 わたしの泣き笑いの人生はまだまだ続くわけですから…。最後のページには「いつか、また、次の夢を」とだけ書いておきましょう。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 17:00 | 社会  

星野仙一氏、HPを突然閉鎖=延べ13年間のメッセージ終了

2008/11/17-23:02 時事通信

 北京五輪の野球日本代表監督を務めた星野仙一氏のホームページ(HP)が17日、閉鎖した。同日付で「突然ですが閉鎖します」とタイトルを明示。冒頭に「いつかまた、次の夢を-」と記し、本文で星野氏が「きょうの更新をもって最後にすることに致しました」とコメントしている。

 理由として「(中日の監督時代から)延べ13年ほど、みなさんと親しく交流する場を設けさせていただいてきたわけですが、ユニホームを着る予定もなく身辺もようやく静かになってきたところで、ひとまず終止符を打つことにしましょう」などとしている。

 星野氏は来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督の有力候補に挙がった際、北京五輪での敗退に伴う世論などの批判を背景に、HPを通じ監督就任を固辞した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 23:02 | 社会  

星野「なにをいっとんの」…ノムラ発言に恨み節

2008年10月28日16時11分 夕刊フジ

 最後は、恨み節…。紆余(うよ)曲折の末、WBC監督問題は、巨人・原辰徳監督(50)の起用で決着した。一時は就任決定目前までいきながら、周囲の猛反発に辞退せざるをえなくなった星野仙一氏(61)が、27日夜に更新した自身の公式ホームページで、胸の内を吐露。“星野降ろし”の主役の一人となった楽天・野村克也監督(73)に対し、27日のWBC体制検討会議で直接、嫌みたっぷりに恨みをぶつけたことを明かした。

 27日に都内ホテルで開かれ、巨人・原監督に監督を要請することを満場一致で決めた第2回WBC体制検討会議。発言が注目された星野氏は会議後、報道陣の質問を完全無視するように無言で会場をあとにした。この問題については、完全に沈黙を守ると思いきや、同日深夜に更新した自身の公式HP「星野仙一のオンラインレポート」に無念の思いを書きつづった。

 書き出しで、日本代表・原監督に対して、「いいじゃないか。力量からも、実績からも」と全面バックアップを約束。問題は、そのあと。まさに楽天・野村監督への“仕返し”だった。

 会議には加藤コミッショナーはじめ、王コミッショナー特別顧問、星野氏、野村監督、ヤクルト・高田監督、元広島・野村謙二郎氏が出席。星野氏は参加メンバーの面前で、隣に並んで座った野村監督に“口撃”したというのだ。星野氏のブログによると、内容はこんな具合だ。

 ▼野村監督「なんでお前、やらないんだ。辞めたとか、固辞したとか」

 ▼星野氏「なにをいっとんの、この会議にも出ていながら“出来レースだ”なんていう人がいたら、みんなに、特に王さんに、どんな誤解や迷惑をかけることになるか」

 ▼野村監督「そんなつもりじゃなかったんだけど…、ワルカッタヨー」
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 16:11 | スポーツ  

WBC代表監督、巨人・原監督に就任要請

10月27日14時40分配信 読売新聞

 来年3月に行われる野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の日本代表監督を選考するWBC体制検討会議が27日、都内のホテルで開かれ、セ・リーグ優勝チームである巨人の原辰徳監督に、代表監督就任を要請することを決めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 14:40 | スポーツ  

体制検討会議への批判も=WBC監督問題-プロ野球

2008/10/23-01:32 時事通信

 星野仙一氏が「万が一にも」とまで言い切ってWBC監督就任を固辞する意思を表明した。背景には、北京五輪以来続いている同氏自身への批判だけでなく、体制検討会議の在り方に、ファンが厳しい目を向け始めたこともある。

 同会議の数日後、出席者の野村・楽天監督が報道陣に対して「出来レースではないか」などと発言し、「星野監督」で落ち着きそうな見通しを示唆。関係者やファンから「星野監督」への異論だけでなく、選考過程への疑念も起こり始めた。

 北京五輪の明確な総括もなく、手続きだけを整えて人選が進めば、「世界の王」を風よけに内輪の既定路線を通そうとしていると疑う向きが増えるのも無理はない。

 星野氏の固辞で、人選がさらに混迷する可能性も出てきそうだが、加藤コミッショナーと体制検討会議は、人選だけでなく、透明性や説明責任においてもファンの支持を取り戻す必要に迫られた。それは前回覇者としてWBCに臨む日本球界がどれだけ真剣かを示すものでもある。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 01:32 | スポーツ  

イチローら「北京のリベンジ」批判に悔しさにじませ反論 星野氏

10月23日0時26分配信 産経新聞

 自身の公式ホームページで22日、WBC監督就任を固辞する考えを示した星野仙一氏は、イチロー選手ら主力選手らの、WBCは北京五輪のリベンジの場ではない、との批判について言葉を強めて反論し、悔しさをにじませた。

 WBCの監督選考をめぐっては、プロ野球の加藤良三コミッショナーと王貞治前ソフトバンク監督らがWBC体制検討会議で検討していた。しかし、出席者の野村克也楽天監督が星野氏を中心に選考が進んでいることを明らかにすると、選手の間から意見表明が相次いだ。

 前回大会の主力メンバーだったマリナーズのイチロー選手は「惨敗の)北京(五輪)の流れから(WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら、チームが足並みをそろえることなど不可能でしょう」、同じくエースとして活躍した松坂大輔投手(レッドソックス)も「WBCを)北京五輪のリベンジの場にしてほしくない」と述べ、星野氏の監督就任に事実上、強い難色を示していた。

 こうした選手レベルの意思表明に対し、星野氏は「WBCの戦いはその規模やレベルから見てオリンピック以上のむずかしい、厳しいものになることは誰もが知っている」と述べ、「リベンジなどという軽々な考え方も見方もはさまる余地がないことぐらい、当事者になれば誰もがわかってくることだ」と強い言葉で「星野氏のリベンジ」批判を否定、悔しさをにじませた。

 一方で、五輪前後から、球界から結果にかかわらずWBC監督就任を期待する声があったことに触れながら、五輪以降の「犯罪者扱いのような批判やバッシング」の中で「わたしを押してくださる人がたとえいてくれるとしても、これは(監督就任)とてもむずかしい話でしかなかった」と述べるなど、監督就任への未練ものぞかせた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 00:26 | スポーツ  

星野氏WBC監督就任を固辞 娘の「心労」入院も明らかに

10月22日23時9分配信 産経新聞

 北京五輪野球日本代表監督の星野仙一氏は、来年初旬に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督について「たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありません」と述べ、就任の要請があっても固辞する考えを公式ホームページで明らかにした。

 星野氏は「最近の騒ぎを見ていると、やはりこれはもう一度、わたしの口からもなにか話をしておいた方がいいのではないか」としたうえで「仮にも、たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありませんと、重ねてそうお伝えしておきたい」と述べ、監督就任を固辞することを表明した。

 星野氏は「去年オリンピック代表監督に就任する前後から、球界の主だった一部の人たちからは間接的にではあるけれど、結果はどうあれ引き続いてWBCの監督も、という話はあった」とした上で、「現在のこうした否定的な世論やメディアのなかでたとえやったとしても決して盛りあがることはないだろうし、またそうした支持がなかったら成功なんかするわけもない、球界がひとつになることもままならないだろう」と固辞する理由を説明。

 さらに、バッシングが家族に負担をかけていることを訴え、「しばらく連絡がないので上の娘の家に電話をすると、口止めをされていたのだろうが孫の口からぽろりと娘が、つまり心労で『ママが入院している』という話を聞く」と娘が心労から入院していることを明かし、「これ以上はもう家族を巻き込むことはできないという気持ちになった」と語っている。

 WBC監督の選考をめぐっては、プロ野球の加藤良三コミッショナーや王貞治氏らからなるWBC体制検討会議が星野氏を中心に監督選考が進められていたが、主力と目されるイチロー選手(マリナーズ)が「(惨敗の)北京(五輪)の流れから(WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら、チームが足並みをそろえることなど不可能でしょう」とコメント。事実上、星野氏の監督就任に難色を示したのに続き、エースとして期待される松坂大輔投手(レッドソックス)が「(WBCを)北京五輪のリベンジの場にしてほしくない」と同調するなど、星野氏の監督就任への批判ともとれるコメントをしていた。

 こうした主力選手の意思表明について、星野氏は「WBCの戦いはその規模やレベルから見てオリンピック以上のむずかしい、厳しいものになることは誰もが知っている。リベンジなどという軽々な考え方も見方もはさまる余地がないことぐらい、当事者になれば誰もがわかってくることだ」と反論した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 23:09 | スポーツ  

WBC監督問題にイチロー苦言 星野氏白紙も

2008年10月20日 06時02分 スポニチ

 マリナーズのイチロー外野手(34)が18日(日本時間19日)、来年3月の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督選考問題に初めて言及。15日の体制検討会議で大勢を占めた現役監督は難しいとの流れに苦言を呈した。現状では北京五輪日本代表監督の星野仙一氏(61)が有力視されているが、イチロー発言で、監督選考問題が白紙に戻される可能性も出てきた。

 シアトルの地で静観してきたイチローが、ついにWBCの監督問題について口を開いた。「最強のチームをつくるという一方で、現役監督から選ぶというのは難しいでは、本気で最強チームをつくろうとしているとは思えない」。15日に加藤コミッショナー、王貞治コミッショナー特別顧問、楽天・野村監督、星野仙一氏らで行われた体制検討会議で大勢を占めた「現役監督は対象外」との意見に疑問を投げかけた。

 イチローは常々、個性を持った実力のある選手で構成される代表チームが一つにまとまるには、現場と選手の一体感が何より重要と考えている。06年の第1回大会に出場した際には「王監督に恥をかかせるわけにはいかない。何があってもやってやるという気持ちになっていた」と話していた。にもかかわらず、今回は監督が現役であるか、そうでないかの議論が先行。所属球団との兼務は難しいとの理由で、最初から選択肢を狭めたことに、違和感をぬぐい去れなかった。現に、前回大会の王監督はソフトバンクの監督を兼務しながら、日本代表を世界一に導いている。

 さらにイチローは「大切なのは足並みをそろえること。(惨敗の)北京の流れから(WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら、チームが足並みをそろえることなど不可能」と言い切った。関係者によると、イチローはメダルなしの4位と惨敗した北京五輪で、現場の一体感の欠如を敏感に感じていたという。ましてや今回は五輪に出場しなかった大リーガーも参加する。WBCは「北京五輪の雪辱」の舞台ではない。「WBC連覇」へ向けた体制づくりを敷く必要性があると考えている。

 イチローにとってWBCへの思い入れは人一倍強い。「もう一度、本気で世界一を奪いにいく。WBC日本代表のユニホームを着ることが最高の栄誉であるとみんなが思える大会に自分たちで育てていく。シンプルなことなんですけどね」。イチローも参加を前提にしているからこそ、黙ってはいられなかった。

 現状では星野氏の就任が有力視されている。しかし、17日には野村監督が15日の会議の内容を一部暴露し“星野監督”への流れをけん制。そして今度は06年世界一の原動力となり、選手、ファンに絶大の影響力を持つイチローが苦言を呈した。27日に開かれる次回の体制検討会議で一本化されるとみられていた監督選考問題だが、再び振り出しに戻る可能性が出てきた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-20 06:02 | スポーツ  

鷹監督、WBC監督、衆院選出馬…古田“固辞”3連発

2008年10月1日 16時14分 夕刊フジ

 来季ソフトバンク監督、WBC日本代表監督、果ては衆院選出馬の候補にまで挙げられていた前ヤクルト監督、古田敦也氏(43)が固辞3連発だ。

 30日にニッポン放送「古田敦也 ラジオもやってます」に出演した古田氏は「ユニホームを脱いで1年目。まだまだ準備不足だし、他のスケジュールが埋まっていて、仮に(要請が)来てもできない状況でもある」と実現の可能性を3つまとめて否定した。

 ソフトバンクの来季監督は、秋山チーフコーチの昇格と古田氏招聘の“一騎打ち”ともみられていたが、「報道を見て、(要請が)来るのかな来るのかなと思ったときもあったが、全くない」と苦笑い。

 一方、WBC代表監督就任説については、皮肉を込めて「この件に関しては、絶対に僕のところには回ってこない。なりたいとかなりたくないとか以前に、みなさんご存じの通り、力を持っている方々の意向からすると、これは来ない話なんですよ」。

 古田氏は2004年の球界再編騒動の際、選手会長としてNPBや経営者サイドと対立。巨人・渡辺球団会長(当時はオーナー)の「たかが選手が」発言につながった因縁がある。NPBに人事権があり、WBCのA組1次リーグを読売新聞社が主催する以上、「古田監督」の目がまずないことは周囲以上に古田氏自身が実感しているようだ。

 もっとも、1988年ソウル五輪で銀メダルを獲得した古田氏。「確かに国際大会というのは国内リーグと違う。経験がモノをいう大会といえるかもしれない。協力してくれと言われたら協力したい」とも。

 衆院選出馬に関しては「はっきり言いますけど、選挙には出ません」とキッパリ。今後、サプライズがあるとしても、もう少し先のことになりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-01 16:14 | スポーツ  

反省しない星野監督

2008.9.18 03:20 産経新聞

 言い訳がましく聞こえるのは私だけだろうか。北京五輪で惨敗を喫した星野ジャパン。「金メダルしかいらない」と公言したにもかかわらず、銅メダルすら獲れず、表彰台に上がった上位3カ国(韓国、キューバ、米国)に対しては0勝5敗。指揮官は「結果が全て」である。星野仙一という人物が好きとか嫌いとかという問題ではない。

 帰国前から「叩くのは時間が止まっている人間」とマスコミに向けて予防線を張った。「叩く」ことと敗因を検証することは全く別問題である。よくやりました、残念でした、次もお願いします、なんてやっていたら、それこそ日本の野球の時間が止まってしまう。

 今度は自身のサイトで〈こんな世論やメディアの状況のなかでやったとしても決して盛りあがらんし、そういう支持がなかったら成功なんかするわけがない〉と「世論」や「メディア」にヤツ当たりだ。たかがスポーツの世界のことと言うなかれ。「公約」を守れなかったにもかかわらず、なおも自らを支持せよと言うのか。

 断っておくが日本代表は「公共財」であり代表監督は「公職」である。一部のメディアは星野監督は「星野ジャパン」を商標登録していたと報じていた。「ジャパン」は私物ではない。代表監督を務めた長嶋茂雄や王貞治がそんなことをしただろうか。

 反論する前に反省したらどうか。なぜ惨敗を喫したのか、星野監督は特定のメディアばかり選ばず、多くの国民の疑問にきちんと答えるべきである。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 03:20 | スポーツ