タグ:服部幸應 ( 1 ) タグの人気記事

 

詐称疑惑浮上 服部幸應(料理家)を直撃

9月15日10時0分配信 日刊ゲンダイ

「服部栄養専門学校」の校長で、「料理の鉄人」の名解説でも知られる服部幸應(ゆきお)氏(61)に名前と経歴の詐称疑惑が浮上している。日刊ゲンダイ本紙で「行っていい店 わるい店」を連載中のグルメライター友里征耶氏がブログで、「服部幸應氏の本名は『服部』ではない」「本当に戦国時代から続く『服部流割烹』の直系なのか?」と問題提起したところ大騒ぎになっているのだ。

 11日、弁護士同伴で日刊ゲンダイ本紙の直撃取材に応じた服部先生。「服部幸應は本名ではないのですか?」という質問にはあっさりこう答えた。

「戸籍上の名前は染谷幸彦です。別に隠す意図はなく、ペンネームのようなビジネス上の通称です。父の染谷栄が『服部道政』という通称を使用していて、学校を引き継いだ30年前から私も使っています。何か問題ですかね?」

 いえいえ、大問題です。だって、世間で出回っている服部先生のプロフィルには「永禄4年(1561年)より続く服部流割烹家元の家系」とあり、実妹の服部津貴子氏は「服部流割烹17代家元」を名乗っている。戦国時代から代々続く由緒正しき一族という経歴も“通称”なの?

「染谷家と服部家とは血のつながりはありません。父が戦前に服部家の料理学校を手伝っていた縁で、歌舞伎などの伝統芸能のように“服部”の仕事を代々継承しているという解釈で服部姓を名乗っています。騙しているつもりはありませんが、4年前に服部家の血筋の人から“おかしい”とクレームがついたので、それ以後は学校のHPに掲載していた経歴は削除。マスコミの取材でも『服部流割烹家元』という表現は使っていません」

 つまり、名前も、「戦国時代から450年続く料理人の家系」という経歴もウソ……。じゃあ、全部公表してザンゲしないと。服部先生は教育者であり、政府委員や業界団体の代表も務め、叙勲も受けている「公人」でもあるのだ。

「プロフィルの変更は特に公表しませんでした。だからといって、僕は“食育”などを通じて職務を全うしているつもりだし、信用を揺るがすものとは考えません」

 と、まあ、最後まで反省の言葉はなし。逆に「何で今ごろ問題になるのかなあ」と繰り返す服部先生だった。

 調理師免許を持っていなかったことに続き、この衝撃の暴露、世間はどう受け止めるのか。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-15 10:00 | 社会