タグ:板橋 ( 5 ) タグの人気記事

 

首都高5号線、上り線も仮復旧…完全復旧は数か月先

8月9日22時38分配信 読売新聞

 東京都板橋区の首都高速5号線でタンクローリーが炎上した事故で、通行止めになっていた北池袋-板橋ジャンクション間は9日午後、上り線でも1車線が開通、これで上下線とも仮復旧した。

 約2キロの仮復旧区間の大半は本来、上下各3車線。この日は、正午に下り線で、午後4時半に上り線で、それぞれ1車線が開通したが、お盆前の帰省ラッシュにも重なり、下り線では最大約7キロ、上り線でも約1キロ半の渋滞が起きた。

 5号線は事故があった3日から通行止めになり、迂回(うかい)路として目白通りや川越街道などの渋滞が続いていた。これらの道路でも、混雑の大幅な緩和はみられなかった。

 5号線と合流する中央環状線では、合流地点付近でまだ通行止めが続いており、完全復旧には数か月かかる見通し。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 22:38 | 社会  

苦悶する首都高 やっと1車線復旧

2008年8月9日15時5分 朝日新聞

f0013182_022827.jpg タンクローリーが横転、炎上した首都高で9日、事故現場での片側1車線による暫定運用が始まる。全面復旧までは、まだ数カ月。1日115万台が走る東京の大動脈で起きた未曽有の事故は、周辺道路の交通に影響を与え、首都高速道路会社(東京)も対応に苦慮している。

 現場は5号池袋線の下り線と中央環状線の合流部。その上を走る上り線は、タンクローリーの炎で一部が沈下し、補修には橋げたを約40メートルにわたって替える必要がある。

 2車線区間が多い首都高では、事故は渋滞や通行止めにつながる。06年度、事故による通行止めは51回、07年度も52回だが、いずれも短時間がほとんどで、数カ月間という規制は経験がないという。

 日本道路交通情報センターによると、首都高の通行止めで、付近の一般道で激しい渋滞が起き、お盆前の納品に追われるトラックなどの通行量増加が拍車をかけている。国土交通省と都、警視庁なども信号機の調整、路上工事抑制などの対策に乗り出した。

 しかし、迂回(うかい)路の一般道を運行する都営の路線バスでは最大100分の遅れが出ている。都によると、8日は午前8時ごろから遅れが出始め、午後9時ごろまで続いた。

 タクシー運転手(59)によると、池袋駅から板橋区内の大学病院に行く場合、普段1300円前後の運賃が、事故後は1700円かかるようになった。「運賃は上がっても、渋滞で数はこなせないから、全体の売り上げは結局変わらない」という。

 事故後、首都高の交通量は1日平均で約10万台減。通行料収入は1日約4千万~5千万円減で、首都高速道路会社の経営を圧迫しかねない。同社幹部も「相当厳しい影響を覚悟している」と言う。

 しかし、首都高の事故で、補修工事の費用については原因者に求めても、料金収入が落ち込んだ分の損害を請求した例は過去にないという。

 ETC割引などはあるが、首都高は基本的に一律料金(東京線・普通車は現金で700円)。ある区間が通行止めでも、途中まで乗ったり、別ルートで迂回したりでき、一度でも車が首都高に乗り入れれば、損害にならない。

 さらに、減収にはガソリンなど石油高騰による車離れ、景気の落ち込み分が含まれているかもしれない。

 同社は「利用状況をすべて分析し、損害額を出すのは困難」。原因者への損害賠償について、佐々木克己社長も「支払い能力がどれだけあるかという問題もある。本当に悩ましい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 15:05 | 社会  

首都高、橋げた40m架け替えへ トレーラー事故、経営に影響も

2008年8月8日 18時17分 共同通信

 東京都板橋区の首都高速5号下り線でガソリンを積んだ大型トレーラーが炎上した事故を受け、首都高速道路会社は8日、事故現場の上を通る5号上り線の橋げたを長さ40メートルにわたって架け替えると発表した。全面復旧には数カ月かかる見通し。社長は「経済の落ち込みや原油高で通行量が減っており、今回の問題で厳しい覚悟をせざるを得ない」と述べ、経営への影響に懸念を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 18:17 | 社会  

タンクローリー炎上 現場を公開 40メートルも熱で変形

8月8日11時46分配信 毎日新聞

 東京都板橋区熊野町の首都高速・池袋線と中央環状線外回りの合流地点で3日、タンクローリーが横転し、積み荷のガソリンなどが炎上した事故で、首都高速道路会社は8日、報道陣に事故現場を公開した。

 現場は高架式の二層構造で、都心に向かう上層部分が長さ40メートル、幅15.5メートルにわたり熱で変形し、たわんでいる。道路の表面も最大60~70センチ沈下した。全面復旧には最長で数カ月かかる見通しで、首都高としては過去最大規模の損傷とみられる。【武内亮】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 11:46 | 社会  

首都高タンクローリー炎上、影響で迂回路や周辺一般道が混雑

8月4日11時24分配信 読売新聞

 東京都板橋区熊野町の首都高速5号下り線で3日、タンクローリーが横転、炎上し、復旧作業のため同線上下線が一部通行止めになった影響で、4日朝は、迂回(うかい)する車で同高速や周辺一般道が混雑した。

 日本道路交通情報センターによると、同日午前、首都高の中央環状線外回りで、船堀橋を先頭に川口ジャンクションまで26キロの渋滞となったほか、一般道でも、事故現場の下を通る国道254号(川越街道)上りで板橋区熊野町を先頭に15キロの渋滞となった。

 警察、消防による現場検証が行われた後、同日正午から首都高速道路会社が被害状況の確認を行う予定。同社は「鉄骨などの内部構造がどの程度被害を受けているか確認できておらず、復旧のめどは立っていない」としている。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-08-04 11:24 | 社会