タグ:民主党 ( 288 ) タグの人気記事

 

小沢代表支持を確認=衆院選控え辞任論再燃も-民主執行部

3月4日22時36分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎代表が4日、自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件について違法性を全面否定したことを受け、同党執行部は「説明責任を果たした」(鳩山由紀夫幹事長)として、小沢氏の代表続投を支持していく方針を確認した。ただ、事件が、次期衆院選での政権交代を目指す同党に与えた打撃は大きく、捜査の展開などによっては代表辞任論が再燃する可能性もある。

 鳩山氏は同日の党代議士会で、小沢氏が記者会見で東京地検の強制捜査を批判したことに触れ、「検察側は(捜査の)根拠を国民にしっかり示す説明責任がある」と指摘。「政権交代に向けて一致団結して行動してほしい」と結束を求めた。この後、鳩山氏は記者団に、党として事実関係を調査する考えはないことを明らかにした。

 これに先立つ参院議員総会で、輿石東参院議員会長も「責任を取ろうにも取る必要がない」と述べ、小沢氏を擁護した。しかし、衆院選への影響を懸念する党内には「もっと大きな容疑が出てくれば、代表は辞めざるを得ない」(中堅)との見方が出ている。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-04 22:36 | 政治  

政権交代へ執念=「強行突破」へ強気貫く-小沢民主代表

2009/03/04-12:29 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は4日の記者会見で、引責辞任を否定し、東京地検特捜部の強制捜査を「異常な手法」と厳しく批判した。公設第1秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕された小沢氏に対しては、民主党内にも「辞任は不可避」との見方がある。しかし、衆院選が半年以内に迫る中、党への打撃を最小限に抑え念願の政権交代を実現させるには、自らの正当性を訴えて「強行突破」を図る以外にないと判断したとみられる。

 会見で小沢氏は、自らの政治資金について「収入、支出、すべて公開している」と述べ、適正に処理していることを強調。一点の非も認めることなく、謝罪すら拒否した。さらに、捜査を「不公正な国家権力の行使だ」として検察批判を展開し、強気を貫いた。

 問題となった自身の資金管理団体への寄付については「企業献金だという認識はなかった」と繰り返し、「嫌疑は晴れる」と言い切った。今後も小沢氏は、闘う姿勢をアピールし続け、動揺する党を束ねていく考えのようだ。

 ただ、小沢氏は、具体的な資金の流れについてどの程度把握していたかに関しては、「わたしが直接やっているわけではない」などと言葉を濁した。検察の捜査で新たな事実が浮上すれば、党内の「辞任圧力」が強まる可能性も否定できず、小沢氏の強気の戦略が奏功するかどうかは未知数だ。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-04 12:29 | 政治  

矢野氏の参考人招致で一致=小沢氏が参院ベテランと会談

2009/02/23-22:55 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は23日夜、都内のホテルで輿石東参院議員会長ら同党ベテラン参院議員と会談し、公明党と支持母体の創価学会をめぐる「政教分離」問題をただすため、今国会中に矢野絢也同党元委員長の参考人招致を野党多数の参院で実現させる方針で一致した。 

 会合に出席したのは小沢氏らのほか、石井一、北沢俊美両副代表と西岡武夫参院議院運営委員長。自民党内の情勢に関し、出席者からは「麻生太郎首相でずるずるとやってくれるのが1番いい。交代するなら、(後継首相は)与謝野馨氏しかいないが、自民党にそこまでの力が残っているのか」との意見も出た。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-23 22:55 | 政治  

名古屋市長選、民主推薦候補は河村氏に一本化へ

2月21日23時14分配信 読売新聞

 4月の名古屋市長選の民主党推薦候補をめぐり、同党本部が同党衆院議員の河村たかし氏(60)(愛知1区)と元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦氏(55)の一本化を調整していることに関し、民主党市議団は21日、党本部が河村氏の推薦を決定した場合、従うことで一致した。

 河村氏への反発があり、伊藤氏を擁立する方針だった市議団が方針を変更したことにより、推薦候補は河村氏で一本化される見通しとなった。河村氏は21日、名古屋市役所で記者会見し、「近く議員辞職して立候補する」と明言した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 23:14 | 政治  

33%が民主政権望む=大連立は27%-時事世論調査

2月16日15時20分配信 時事通信

 時事通信社が6~9日に実施した世論調査によると、望ましい政権の枠組みとして、民主党中心の政権を選んだ人は前月比0.2ポイント増の32.7%となり、2カ月連続で3割を超えた。望ましい「民主政権」の内訳は、「民主中軸の非自民連立」が20.2%、「民主単独」が12.5%。

 一方、「自民、民主などの大連立」は前月とほぼ同率の26.7%。「自民単独」(7.2%)と「自公連立」(13.1%)を合わせた自民中心政権は、20.3%にとどまった。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-16 15:20 | 政治  

<名古屋市長選>民主・河村たかし氏が出馬の意向

1月15日19時44分配信 毎日新聞

 民主党の河村たかし衆院議員(60)=愛知1区=が4月に実施される名古屋市長選に立候補する意向を固めた。15日までに同党の国会議員らに伝えた。ただ、民主党名古屋市議団は議員の給与引き下げなどを主張する河村氏の出馬に反発を強めている。

 河村氏は93年、衆院旧愛知1区で日本新党(当時)から立候補し初当選。新進党、自由党などを経て民主党入りし、現在5期目。市長選に出れば、持論の住民税減税や議員給与引き下げなどを公約に掲げるとみられる。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-15 19:44 | 政治  

衆院選で単独過半数獲得=民主が09年度活動方針案

1月9日19時9分配信 時事通信

 民主党の2009年度活動方針案が9日、明らかになった。今年を「政権交代を実現する政治決戦の年」と位置付け、次期衆院選で単独過半数獲得を目指す方針を明記した。13日の常任幹事会で提案、18日の定期党大会で決定する。

 活動方針案は「総選挙後に国民政権を担う。政権の主役は衆参両院の民主党議員と、協力・連携して戦った野党各党の議員」とし、社民、国民新両党などと連立する方向を示した。

 参院では野党多数ながら、民主党単独では過半数を占めていない現状を踏まえたもので、方針案は「参院での民主党主導をより確実なものとすべく10年参院選必勝に向けた態勢を確立する」とも強調した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 19:09 | 政治  

永田寿康元議員が自殺 遺書も見つかる

1月3日22時23分配信 産経新聞

f0013182_6505460.jpg 偽メール問題で平成18年に議員辞職した永田寿康・元民主党衆院議員(39)が3日午後6時半ごろ、北九州市八幡西区の11階建てマンションの駐車場で倒れているのを住民が見つけた。病院搬送されたが、まもなく死亡が確認された。八幡西署は飛び降り自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

 同署によると、マンションの10階と11階の間の踊り場に永田元議員が置いたとみられる遺書があったという。

 永田元議員は東大卒で大蔵省に入省。平成12年の衆院選で千葉2区から出馬して初当選し、当選3回だった。18年2月の衆院予算委員会で、当時のライブドア社長が自民党幹事長の次男への送金を指示したとするメールを取り上げたが、メールは偽物と判明。民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、同党の前原誠司代表(当時)らが引責辞任。自身も18年4月に議員辞職した。

 昨年7月には、17年8月の国政報告会で創価学会が不正な選挙活動をしたとの偽った発言をしたとし、千葉簡裁から名誉棄損罪で罰金30万円の略式命令を受けていた。県警によると、永田元議員は昨年11月中旬にも、療養中の福岡県宗像市の保養施設を抜け出し、手首を切って自殺を図っていたという。

More
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 22:23 | 政治  

民主「単独過半数297獲得」 党対策本部が衆院選独自分析

2009.1.3 00:40 産経新聞

 参院民主党の「衆院選支援対策本部」(輿石東本部長)が、次期衆院選で民主党が衆院単独過半数(241議席)を上回る297議席を獲得して圧勝する可能性が高い-と情勢分析した内部資料を作成していたことが2日、分かった。参院民主党の対策本部は「党のいわば第2選対」(参院幹部)で、党の世論調査や対策本部の独自調査をもとに内部資料を12月中旬にまとめた。小沢一郎代表へも伝えられている。

 それによると、民主党は小選挙区(全国300)で213議席、比例で84議席の計297議席を単独で獲得する。小泉純一郎元首相が郵政民営化を争点に解散に踏み切った平成17年の前回衆院選で自民党が得た296議席とほぼ同数の議席を民主党が占め、自民、公明両党は衆院でも少数野党になる。

 297議席は、衆院の全委員長ポストと過半数の委員を確保できる「絶対安定多数」(269議席)を超える議席数だ。

 また、民主、社民、国民新など、共産党を除く野党勢力で獲得できるとした議席数は、対策本部が「当選確実」もしくは「有力」と判定した小選挙区に限っても221議席。比例の予想議席を加えると共産党を除く野党勢力で311議席にものぼる。

 ブロック別で見ると、民主党は北海道の12小選挙区のうち10選挙区で勝利するとした。民主党組織の強い岩手、愛知両県では全選挙区をおさえ、新潟では田中真紀子氏(無所属)を含む全選挙区で自民党候補を破ると判定した。

 東京ブロックでは、前回衆院選で菅直人代表代行の東京18区を除く24選挙区で敗北している。対策本部の判定では、公明党の太田昭宏代表の12区は判定を空白としたが、それでも10~12選挙区を奪還するとした。

 ただ、こうした分析結果は、社民党、国民新党、新党日本との選挙協力が順調なことが前提である上、麻生内閣の支持率が急落した時期の分析であり、対策本部は「あくまで現状での情勢分析」(幹部)と位置づけている。

 このため、対策本部は「自民党候補は選挙区で必死に運動を展開中で、組織力で劣る民主党候補が気を緩めれば苦戦もありえる」(幹部)として、衆院選候補への支援を強化する。同時に、自民党を支援してきた業界団体や中小企業、宗教団体などへも水面下の働きかけを強める。

 参院民主党の衆院選支援対策本部は平成20年2月に発足。新人や前回衆院選で比例で復活当選した現職若手など100選挙区に参院議員を割り振り、重点的に支援している。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 00:40 | 政治  

旧麻生鉱業に外国人捕虜300人=63年前、公文書に記載-厚労省

12月18日16時57分配信 時事通信

 麻生太郎首相の親族が経営していた旧「麻生鉱業」(福岡県)に戦時中、外国人捕虜が300人いたと、厚生労働省が保管していた公文書に記載されていたことが18日分かった。

 民主党の藤田幸久参院議員の求めに応じ、同省が回答した。藤田議員によると、首相は外相時代から旧麻生鉱業に捕虜がいたことを一貫して否定。政府として認めたのは初めてという。

 同省が藤田議員に示した公文書は4つあり、陸軍省を引き継いだ旧第一復員省などが作成したとみられる。

 旧麻生鉱業吉隈炭坑の捕虜収容所「第26分所」に、1945年5月10日から終戦の8月15日まで、英国人101人、オランダ人2人、オーストラリア人197人がおり、うち同年7月にはオーストラリア人2人が死亡したなどと記載されていた。

 18日記者会見した藤田議員は「首相は捕虜の労働条件や、死亡との因果関係について検証する責任がある」と話した。

 厚労省社会・援護局は「捕虜を使うのは当時の状況では普通のこと。虐待などがあれば問題だが、この資料からは分からない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-18 16:57 | 政治