タグ:気象 ( 25 ) タグの人気記事

 

品川の強風、竜巻の可能性 被害の長さ600m

2008年12月6日21時9分 朝日新聞

 東京管区気象台は6日、東京都品川区中延付近で5日午後3時半ごろ強い風が吹き、瓦が吹き飛ぶなどした気象現象について、竜巻の可能性が高いと発表した。気象台によると、竜巻の被害は幅80メートル、長さ600メートルの範囲で広がっており、樹木やアンテナを折ったり、窓ガラスを割ったりしていた。

 竜巻の規模は、強さを示す「藤田スケール」で2番目に弱いレベルのF1(約10秒間の平均風速が毎秒33~49メートル)とみられるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-06 21:09 | 社会  

都心で雷観測、年間最多の24日目

10月28日3時4分配信 読売新聞

 気象庁は27日、東京都心で今年24日目となる雷を観測した。

 統計を取り始めた1916年以降では最多。20年の23日を88年ぶりに更新した。

 夏の太平洋高気圧が例年より弱く大気の状態が不安定だったため、7月に7日、8月に8日、観測した。年間平均値は11・3日。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 03:04 | 社会  

竜巻次々と…外房・大原港沖

2008年10月28日00時58分 読売新聞

f0013182_35032100.jpg 千葉県いすみ市の大原港沖の海上で27日、竜巻が相次いで発生し、市が防災無線で警戒を呼びかけた。被害はなかった。

 市総務課防災安全班によると、午後3時半頃から約45分間にわたり、5個の竜巻が確認された。2個同時に現れるなどし、海面から水しぶきが上がっている様子が見られた。

 銚子地方気象台によると、当時、九十九里浜沖に発達した積乱雲が点在していたため、竜巻が発生しやすい状況だったという。

          ◇

 千葉市では27日午後4時40~50分頃、直径5ミリ程度のひょうが降った。銚子地方気象台千葉測候所によると、房総半島上空に寒気が流れ込み、大気が不安定になっていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 00:58 | 社会  

<台風>日本本土への上陸、今年はゼロ? 高気圧強く

10月24日11時46分配信 毎日新聞

 今年は日本本土へ台風の上陸がない状態が続いている。平年の上陸のピークは8、9月。気象庁は「統計上、今後上陸する可能性は低い」と予想し、8年ぶりに年間上陸数ゼロとなる可能性が強まってきた。

 気象庁によると、平年なら9月末までに19.1個の台風が発生し、2.4個が上陸している。しかし、今年は9月末現在の発生数が平年よりやや少ない17個で、上陸はゼロ。本土へ接近した台風も2個で、平年(4.5個)の半分以下にとどまっている。

 気象庁気候情報課の渡辺典昭予報官は「今夏は、フィリピン東海上の暖かい上昇気流があまりなかったため、発生数が少なかった。さらに、南海上の太平洋高気圧が例年に比べて西南西に延び、台風の北上を妨げるため日本への接近が少なかった」と分析する。地球温暖化の影響なのかは分からないという。

 9月に発生した台風13、15号は台湾を直撃した後、強い偏西風に乗って進路を東寄りに変えた。日本に接近はしたものの、太平洋を東に抜けて上陸しなかった。

 台風は10月も平均で3.9個発生するが、これまで上陸数は同0.1個しかない。最も遅い上陸は、和歌山県に台風28号が上陸した90年の11月30日。このまま上陸がなければ、統計を取り始めた1951年以降では4回目の上陸ゼロとなる。【樋岡徹也】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 11:46 | 社会  

「記録的豪雨」多発…1時間雨量、29道府県で更新

8月29日14時37分配信 読売新聞

 今夏に入ってから局地的な「ゲリラ豪雨」が続いている。

 気象庁によると、今年6月から今月28日までに1時間雨量が観測史上最多を更新した地点は、静岡県富士市で112・5ミリ(7月4日)、群馬県館林市で84ミリ(同月25日)を観測するなど、全国29道府県で45か所にのぼる。

 7月下旬から今月にかけ、各地を襲った急な大雨は、30度を超える気温の上昇に伴い大気の状態が不安定になり、積乱雲が所々で発達して大雨を降らせた。今回の大雨は、日本の南海上から非常に温かく湿った空気が流れ込み、次々と積乱雲が発達、長時間にわたって関東や東海地方の同じ地域を通過して大雨をもたらしたという。

 同庁によると、日本の南海上に大きな低気圧、東海上に太平洋高気圧が停滞しており、その間に温かく湿った空気が流れ込む“道”が出来ている。

 一方で、平年なら台風の発生が最も多い時期だが、今夏は日本列島への台風上陸はゼロ。このまま8月中に上陸がないと、02年以来6年ぶりとなる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-29 14:37 | 社会  

<大雨>関東1都6県で浸水、土砂崩れ

8月28日20時35分配信 毎日新聞

 停滞した前線の影響で28日夜、関東や東海では激しい雨や竜巻とみられる突風が吹くなど大荒れの天気となった。東京都八王子市西部を流れる初沢川などがあふれ、流域住民153世帯に避難勧告が出されたほか、京王線電車の先頭車両1両が土砂に乗り上げ脱線した。

 関東の1都6県で、少なくとも床上浸水11棟、床下浸水131棟があり、土砂崩れも各地で発生した。

 気象庁によると、南からの湿った暖かい空気が入り込んで大気が不安定になり、雷雲が発生しやすい状況になった。28日夜、1時間当たり降水量で▽埼玉県久喜市と愛知県豊橋市で76ミリ▽静岡県川根本町で59ミリを記録。また、レーダー観測の推計値では、八王子市西部やあきる野市付近で約110ミリに達した。

 ◇29日も局地的に激しい雨

 29日夜にかけても、多いところで1時間40~60ミリの大雨となり、局地的には80ミリの激しい雨が降る恐れがある。29日午後6時までの24時間予想雨量は、▽東海で180ミリ▽関東甲信、北陸、東北で150ミリ▽北海道で100ミリになるところもあるとみている。【真野森作】

 ◇茨城・つくばでがけ崩れ

 各県などの調べによると、29日午前0時現在、埼玉県内では熊谷市で床上浸水1棟、さいたまや熊谷など5市2町で計35棟が床下浸水した。また、千葉県野田市で2棟、柏市で3棟が床下浸水した。

 神奈川県相模原市城山町川尻地区で、境川がはんらんし2棟が床上浸水。8人が2階に一時閉じ込められた。市は28日午後11時45分、同地区の357世帯に避難勧告を出した。

 茨城県では、常総市と下妻市で5棟が床上浸水、つくば市などでは計30棟が床下浸水した。つくば市小沢ではがけが崩れ、土砂が縦約5メートル、横約10メートルにわたって道路をふさいだ。

 栃木県鹿沼市草久では、山から出水し土砂が住宅に流れ込む可能性が高まったため、5世帯10人が近くの市役所出張所に避難した。足利市では床上浸水1棟、床下浸水16棟。宇都宮市でも7棟、鹿沼市で4棟、二宮町でも2棟がそれぞれ床下浸水した。また、東京電力栃木支社によると、29日午前0時5分ごろ、小山市内で落雷があり、約2500世帯が停電した。

 群馬県でも、太田市などで床上浸水2棟、床下浸水32棟の被害があった。桐生市菱町では、石垣が崩れそうになったため、3世帯7人が親せきの家に自主避難した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-28 20:35 | 社会  

【韓国】梅雨予報を廃止、温暖化で意義失う

8月26日12時0分配信 NNA

 韓国の気象庁はこのほど、来年から梅雨入り・明け予報を行わないことを決めた。地球温暖化の影響で、ここ10年間は入梅後の降雨量が少なくなっている一方、梅雨明け後に局地的な豪雨が頻発しているのを受けてのものだ。東亜日報など各紙が伝えた。

 気象庁は梅雨予報を中断する代わり、夏期の降水予報に力を入れていく方針という。学界では「雨期」の導入を求める声も挙がっており、天気予報は今後大きく変化しそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-26 12:00 | アジア・大洋州  

関東豪雨 東京100ミリ以上は今年初

8月5日23時30分配信 産経新聞

 東京都心部を含む関東甲信地方の広い範囲で5日、断続的な大雨が降った。1時間の最多降水量は、茨城・大子で73・5ミリ、千葉・成田で72・0ミリ、東京・大手町で58・0ミリを観測したのをはじめ、多くの地域で30ミリ以上を記録した。

 東京23区では午後0時半すぎに大雨・洪水警報が出された。24時間降水量(午後6時現在)が137・0ミリを記録した大手町では、足元が煙り、視界がきかない猛烈な雨の中を、慎重に歩くOLの姿がみられた。

 大手町では5日の日降水量でも111・5ミリ(同)を記録。100ミリ以上を観測する大雨は今年初めてとなった。

 気象庁によると、この日の関東地方は、上空にある寒気の下部に、湿った暖気が本州の南海上から流れ込んで混ざり合うことで、不安定な大気の状態になっていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-05 23:30 | 社会  

暴雨で稲妻5万回 南京市に出現した白夜=中国江蘇省

08/05/29 08:08 大紀元時報

 【大紀元日本5月29日】中国江蘇省気象台は27日、雷と暴風雨の警報を発令した。データによると、同省の上空ではおよそ5万回の稲妻が走り、南京市では強い雷が10数回起こった。これにより南京市では30分ほどの「白夜」現象が現れたという。

 「現代快報」によれば江蘇省気象台の観測で、27日の南京市午前11時の気温は30℃前後、前日と変わらず、湿度は62%を超えたと発表された。これは間もなく暴風雨がやって来る予兆だった。午前11時14分、省気象台は暴雨黄色警報を発令、この先6時間以内に連運港、宿遷、淮安、塩城、揚州、泰州、鎮江等の市の一部地域の降雨量が50ミリ以上となり持続すると発表した。

 昼近くに巨大な黒雲がゆっくりと南京西南方向から湧きあがり、あっという間に南京上空を覆った。空はすぐに暗くなり、昼だというのに夜の7時か8時と変わらないような暗さになった。午前12時19分に雨が降り始め、南京市のこの白夜のような空は30分ほど続いたという。

 これより前に江蘇省気象台が午前10時20分、雷電黄色警報信号を発令しており、同11時39分、南京地区の警報レベルはオレンジレベルに上げられた。

 気象台の稲妻位置測定器の初期発表では、昨日の江蘇省上空にはおよそ5万回の稲妻が走り、中でも最も強い稲妻が集中したのは12時前後で、この時雨も最も激しく降っていたという。同気象台専門家は今回の稲妻の数と強さは今年に入って以来最も多く、強力であったと述べている。

 南京の気温は午前12時の時点で30・6℃。午後1時には22・6度にまで下がり、1時間で気温は8度下がったという。(翻訳・坂本、編集・藤川)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-29 08:08 | アジア・大洋州  

大阪市で35.1度、最も遅い猛暑日また更新

2007年09月22日19時58分

 近畿地方は22日、太平洋高気圧に覆われて、大阪市で最高気温が35度を超え、大阪管区気象台の観測史上、最も遅い猛暑日となった。17日に堺市で35.7度を記録し、最も遅い猛暑日を4年ぶりに更新したばかりだった。

 各地の最高気温は、大阪市の35.1度をはじめ、大阪府豊中市34.8度、堺市34.5度、京都市34.1度、神戸市33.3度、日本海側の京都府舞鶴市で32.6度、兵庫県豊岡市32.5度と、軒並み真夏日となった。

 この暑さで、京都府亀岡市の保津川ではゴムボートで激流を下るラフティングを楽しむ人たちの姿が見られた。

 同気象台によると、今月いっぱいは気温が30度前後まで上がり、平年より暑い日が続くという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 19:58 | 社会