タグ:河北 ( 4 ) タグの人気記事

 

中国当局、弁護士のメラミン被害者支援妨害…集団訴訟を警戒

10月4日20時26分配信 読売新聞

 【香港=吉田健一】中国製乳製品へのメラミン混入事件で、4日付の香港紙・明報は、中国河北省などの地方当局が、補償を求める被害者による集団訴訟を警戒し、弁護士に対し、被害者支援活動にかかわらないよう圧力をかけていると報じた。

 同紙によると、汚染された製品を販売した「三鹿集団」がある河北省石家荘市では、弁護士や被害者家族らが被害者の会を結成したが、市当局は「集団で騒ぎを起こしている」と何度も警告。

 河南省などでも当局が弁護士に対し、被害者支援活動に関与しないよう伝えてきたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-04 20:26 | アジア・大洋州  

中国河北省でビルに爆弾、2人死亡…地元報道は「実験で事故」

8月15日14時31分配信 読売新聞

 【香港=吉田健一】香港の人権団体・中国人権民主化運動ニュースセンターは15日、中国河北省秦皇島市の経済技術開発区のビルで13日午後、仕掛けられた爆弾がさく裂し、2人が死亡したと伝えた。

 一方、地元メディアは、新型の省エネエアコンの熱交換器実験中に起きた爆発事故と伝えており、食い違いを見せている。

 同市には北京五輪のサッカー会場があり、15日夜には女子サッカーの日本対中国戦が行われる。

 同センターによると、同市では先月、燕山大学を狙った爆弾予告騒ぎがあったほか、今月4日には体育館で爆発物が見つかっていたという。


爆発で2人死亡=中国秦皇島
2008年08月15日12時08分 時事通信

 【北京15日時事】中国人権民主化運動情報センター(本部・香港)は15日、中国河北省秦皇島市の経済技術開発区で13日午後、仕掛けられた爆弾が爆発し、2人が死亡したと伝えた。

 一方、地元メディアは、同区内で実験中だった新型省エネルギーエアコンの熱交換器が突然爆発し、作業員2人が死亡し、1人が軽傷を負ったと報じた。

 秦皇島市には北京五輪のサッカー会場があり、15日夜はサッカー女子で日本と中国が対戦する。

 同センターによると、同市の燕山大学では7月初めに爆弾予告騒ぎがあるなど、テロを疑わせる事件が相次いだが、報道されていないという。


北京五輪 爆発で2人死亡!? 国内メーカー「通常はあり得ない」2008年08月15日17時00分 トレビアンニュース
 中国人権民主化運動情報センターは15日、経済技術開発区に仕掛けられた爆弾が爆発し2人が死亡したと伝えている。

事件が起きたのは13日で地元メディアも同事件を報じているのだが、こちらのメディアでは“同区内で実験中だった新型省エネルギーエアコンの熱交換器が突然爆発”と報じている。

一方では爆弾が爆発、もう一方ではエアコンの爆発と情報に食い違いがあるようだ。

実際にエアコンが爆発することがあるのだろうか?

お盆最中ながらも国内各社に問い合わせしたところ、1社のみ匿名を条件に回答を頂いた。

「通常はそのようなことはあり得ないかと思います。通常なら保護回路が働きます。何かしらの異常がないと爆発はしないですね」と、のこと。

中国製のエアコンがどこのメーカーか報じられていないのがさらに不安を煽る。

ネット上では「エアコンに爆弾が入ってたんじゃないのか?」という書き込みも相次ぐ程だ。

このほかにも中国では、IH調理器が爆発する事故も起きている。


河北省で爆発、2人死亡 爆弾テロの可能性も
8月15日18時56分配信 産経新聞

 中国人権民主化運動情報センター(香港)は15日、河北省秦皇島市の経済技術開発区にあるビルで13日、爆弾が爆発し、2人が死亡したと伝えた。

 一方、地元メディアは、同区内で実験中だった新型エアコンの熱交換器が突然爆発し、作業員2人が死亡し、1人が軽傷を負ったと報じており、食い違いをみせている。爆発があったのは研究開発関連の企業が集中する地域で、同センターによると、同市の燕山大学では7月初めに爆弾予告が公安局にあった。(北京 野口東秀)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 14:31 | アジア・大洋州  

河北省唐山市、手足口病が蔓延

08/07/29 06:02 大紀元時報

 【大紀元日本7月29日】中国河北省東部の唐山市で最近、手足口病が蔓延し、市区内や郊外の県で、大量の患者が発生している。唐山婦幼保健医院は患者で溢れかえっており、また、多くの死亡例も発生している。新唐人テレビの記者は先日、当医院の医療スタッフに対して取材を行い、事実関係の確認を行った。

 唐山婦幼保健医院小児科の主任は、取材に際し、“手足口病”が既に唐山市で蔓延していることを証言した。当医院は、専科の病院であるため、保護者らはみな患者の児童を当医院に連れてくるという。

 小児科主任:唐山では、患者はみな私たちの病院にやってきます。したがって、私たちのもとを訪れる患者の数は非常に多くなっています。他の病院を訪れる患者もおそらく多いことでしょう。私たちの病院では、重病者も数多く収容しています。

 感染の全面的発生により、当医院では患者を収容しきれなくなっており、現在では、患者は既に市区の各病院に流れているという。小児科の王医師は、記者に対し、当小児科において手足口病の病棟を設けたが、既に患者で満員になっているという。

 王医師:入院する児童が非常に多くなっており、専門の病棟を設けています。

 小児科主任:当地には多くの病院がありますが、患者が分散してきています。鉄道医院、石炭医院、太聯(医院)など、多くの病院に患者が向かっています。

 記者が当医院における死亡状況について尋ねた際、数人の医療スタッフが多くの死亡例があることを認めたが、具体的な数字は誰も分からないという。

 王医師:お尋ねするには及びません。私たちにも分からないのです。

 医院行政弁公室職員:この病気の広がりは深刻で、随所で死者が出ています。あなたは何があって私たちにこれだけ多くの質問をするのですか?

 ネットユーザからの投書によると、当医院では、1日で8人の児童が死亡したほか、ほぼ毎日死者が出ているという。北京の手足口病患者も唐山に転院してきていると語る者もいる。

 手足口病は、多種の腸道ウィルスによって引き起こされる伝染病であり、主に幼児が罹患する。小児や成人が感染しても、多くは発病しないが、ウィルスを伝播するルートとなる。この病気は伝染性が強く、大発生・流行しやすい。

 今年5月において、安徽省阜陽で感染が発生し、当地政府は4月27日に新聞上でデマと称していたが、4日後、感染が深刻であることをやむなく認めた。当地では、都市部だけでも数千の病例が発生し、22人が死亡した。

 5月2日、衛生部は手足口病を丙類の伝染病に登録し、現在では全国の多くの省において感染が伝えられているところである。7月24日に吉林省衛生庁が発出した通知によると、当省における発病者は4197例、死亡は3例であった。現在、吉林市全市の幼稚園は3週間にわたって閉鎖されている。

 唐山市は、北京市から200キロしか離れていない。このため、北京は、オリンピック前夜における当地の感染状況に対し、非常に敏感になっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-29 06:02 | アジア・大洋州  

中国河北省の警察署で爆弾さく裂、10人負傷…香港の人権団体

7月20日19時32分配信 読売新聞

 【香港=吉田健一】香港の人権団体・中国人権民主化運動ニュースセンターは20日、中国河北省広宗県の警察署で今月9日、爆弾がさく裂し10人が負傷したと伝えた。

 同署関係者らが同センターに明らかにした。中国当局は情報統制を敷いており、中国メディアは事件を報道していない。

 同センターによると、警察への不満を抱いた住民による犯行の可能性があるという。爆発の影響で署内数十部屋の窓ガラスが割れた。

 中国では最近、警察が襲撃される事件が相次ぎ、6月には貴州省で民衆が警察署を占拠したほか、浙江省では7月中旬、住民1000人前後が派出所を取り囲んでレンガを投げつけるなどの騒乱が起きている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-20 19:32 | アジア・大洋州