タグ:熊本 ( 5 ) タグの人気記事

 

国は白紙撤回を=川辺川ダム、蒲島知事が反対-着工への道のり険しく・熊本県

9月11日10時37分配信 時事通信

 国土交通省が計画中の熊本県南部の球磨川水系の川辺川ダム(相良村)について、蒲島郁夫熊本県知事は11日の9月定例県議会で、建設に反対し、同省に計画の白紙撤回を求めていく意向を表明した。同ダム建設は国が行う直轄事業で、知事の同意を必ずしも必要としないが、関係自治体の一部や市民団体の根強い反対もあり、着工への道のりは険しくなった。国交省がダムを建設しない治水方法を含め、河川整備計画の見直しを迫られるのは必至だ。

 蒲島知事は「人吉市長や相良村長ら住民独自の意思を尊重すべきだ。球磨川は将来に残すべき宝」とダム建設反対の理由を説明した。

 川辺川ダムは1966年の建設計画発表から42年が経過した。国交省は、2007年に策定した球磨川水系の河川整備基本方針に沿って具体的な整備計画の策定を進めており、今年8月、「洪水調節施設として川辺川ダムを建設する」との基本的な考え方を示した。

 策定に際しては、河川法で地元知事からの意見聴取が定められている。国交省は「熊本県知事の意見を重く受け止め、河川整備計画(原案)を作成する」としており、蒲島知事の意見がどの程度反映されるかが注目される。 


<川辺川ダム>蒲島熊本県知事が建設中止求める 議会で表明
9月11日11時23分配信 毎日新聞

 熊本県の蒲島郁夫知事は11日開会した9月県議会で、国が同県相良村に計画する川辺川ダム計画について「現行計画を白紙撤回し、ダムによらない治水対策を求める」と述べ、建設中止を求めた。同ダムは国の計画発表から42年が経過する中、本体着工の見通しが立っていなかった。巨大公共事業の象徴でもある同計画は、地元首長に続く知事の反対表明で中止に追い込まれる可能性が出てきた。

 蒲島知事は議会冒頭の議案説明の中で同ダム問題に言及。「流域住民にとって(川辺川を含む)球磨川(水系)そのものが守るべき財産であり宝。そうしたローカルの価値観を尊重したい」とダム反対の理由を述べた。

 さらに「国土交通省には、ダムによらない治水を極限まで検討するよう強く求めたい」と述べた。知事はダムの代わりに「河床掘削や遊水池などのハードと、緊急避難システムなどのソフト対策を進めたい」と話した。

 河川法は、治水計画策定時に地元知事の意見を聞くよう定めている。知事の意見に法的拘束力はないが、実質的に大きな影響力を持つとみられている。

 事業主体の国土交通省はすでに、川辺川ダムを含む球磨川水系の治水計画の策定に入っている。8月には現計画よりやや小さい貯水型と、通常時は貯水せず、洪水時にのみ水をためる穴あき(流水)型を選択肢として提示していた。

 知事発言を受け、同省は早急に対応策を協議する方針だ。

 川辺川ダムは、水没予定地を抱え、計画発表当初に激しい反対運動を繰り広げた五木村が96年に、ダム本体の着工に同意した。しかし、その後も推進派と反対派の議論が続いた。03年以降、ダムの目的から利水と発電が消え、新たな治水計画策定に向けた県の態度表明が注目されていた。

 蒲島知事は今年3月の知事選で「川辺川ダム問題は半年間検討し、9月に表明する」と訴えて初当選。有識者による会議を設置したほか、公聴会を開催したり、地元市町村長▽県議会▽国交省などの意見を聞くなどして判断材料を集めた。【笠井光俊】

 【ことば】川辺川ダム

 球磨川支流の川辺川上流に計画された治水、かんがい、発電の多目的ダム。旧建設省が66年に計画を発表した。高さ107.5メートル、貯水量1億3300万トンで九州最大級。しかし、川辺川利水訴訟で敗訴した農水省がダムによる利水を断念。さらに電源開発も発電事業から撤退した。2650億円としていた総事業費について、国土交通省は今年8月、貯水型で3400億円、穴あき(流水)型で3300億円に変更した。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-11 10:37 | 行政・公務員  

遊郭の旧日本亭を一般公開 熊本で17日、先着500人

2008年8月15日13時56分 朝日新聞

 明治から昭和にかけ西日本有数の遊郭街だった熊本市二本木地区で唯一現存する旧日本亭の建物が17日、一般公開される。保存運動を検討している地元有志が所有者に働きかけて実現した。

 旧日本亭は1896年、米相場で財をなし、遊郭も経営した中島茂七が建造。木造3階建て延べ1158平方メートルで、1階には通り側に面して、女性たちが並んで客を出迎える「張り見世」、帳場、風呂場などがあり、2、3階に客室や宴会場があった。

 1958年の売春防止法施行後は貸間に変わった。75年に火災で3階が焼失し、2階建てに改修された。

 一般公開は正午~午後3時、先着500人まで。住所は熊本市二本木1の3の26で、JR熊本駅から徒歩で約5分。駐車場がなく、公共交通機関での来訪を呼びかけている。問い合わせは「旧日本亭公開有志の会」の飛岡千尋さん(090・8228・2315)。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 13:56 | 社会  

九州新幹線全駅前に進出 「東横イン」が方針

2007年09月19日00時25分 西日本新聞

 全国でビジネスホテルを展開する「東横イン」(東京)の重田訓矩(くにのり)社長は18日、2011年春に全線開通する九州新幹線鹿児島ルートのすべての駅前にビジネスホテルを開業させる方針を明らかにした。同日、熊本市春日2丁目に開業した「東横イン熊本駅前」であった式典で述べた。

 同ルートには12駅を開設する予定。この日開業した「熊本駅前」に加え、博多、久留米、新八代の計4駅近くでは既に営業しており、鹿児島中央駅前が来年10月に開業する予定。ほかに3カ所で新規出店に向けた準備を進めている。

 重田社長は「九州新幹線の全線開通に伴い、停車駅付近ではビジネスマンのホテル利用が増加するとみている。駅周辺の開発状況や顧客ニーズを考えた上、すべての駅前で新規出店を検討したい」と話した。

 「熊本駅前」は地上27階建て(87.83メートル)で同社の全国に167あるホテルの中で最も高い。部屋数は332室で年間10万人の利用を見込んでいる。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-19 00:25 | 経済・企業  

<赤ちゃんポスト>初日に「3歳」男児が預けられる 熊本

5月15日9時5分配信 毎日新聞 朝日新聞

 さまざまな事情で親が育てられない新生児を匿名で預かるとして、今月10日に国内で初めて熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)で運用が始まった「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」に、運用開始初日の同日午後3時ごろ、3歳とみられる男児が預けられていたことが分かった。

 関係者の話によると、男児は自分の名前と、年齢を「3歳」と答えており「お父さんに連れられて(病院に)来た」と話している。健康状態は良好だという。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-15 09:05 | 社会  

<赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ

2月21日21時57分配信 毎日新聞

 熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)が、育児が困難な親から新生児を預かる「赤ちゃんポスト」の設置を市に申請していた問題で、幸山政史市長は設置を許可する方針を固めた。22日に改めて厚生労働省と法律上の問題点などを協議したうえで最終判断する。設置を認めれば全国初のケースとなる。

 熊本市は昨年12月、慈恵病院からの申請を受け、関係課で協議。刑法の保護責任者遺棄罪や児童福祉法などの規定に触れないか国とも意見交換した。幸山市長は「確かに命が救われる可能性がある」と人道面を重視。一方で「設置に伴って捨て子が増えないよう法整備をする必要がないか確認したい」とも話し、国と最終調整する考えを示した。

 赤ちゃんポストは病院の壁に設置された扉を開け、室内に置かれたベッドに匿名で新生児を預ける仕組み。職員が24時間態勢で待機し、すぐに赤ちゃんを保護する。

 「育児放棄を助長する」との懸念の声もあるが、ドイツなどでは広く導入されている。病院側は「赤ちゃんの命を救い、母親が犯罪者となることも防げる。預かるのが目的でなく、ポストに手紙を置き相談や養子縁組につなげるのが狙い」と話している。【山田宏太郎、谷本仁美】
[PR]

by deracine69 | 2007-02-21 21:57 | 社会