タグ:物流 ( 35 ) タグの人気記事

 

宅配便業者「ドア開けてもらえない」 元次官宅襲撃影響

2008年11月20日14時11分 朝日新聞

 元厚生事務次官宅が相次いで襲われた二つの事件後、宅配業者の配達業務に影響が出始めている。ともに犯人が宅配便を装う手口で犯行に及んだ可能性があることから、受取人に警戒されてドアを開けてもらえなかったり、配達人と信じてもらうのに手間取ったりしている。

 ある宅配大手の東京都内の営業店の男性配達員(26)は「事件後、初めて訪ねた個人宅でなかなかドアを開けてもらえなかった」と話す。別の配達員(58)も「カメラ付きのインターホン越しに『差出人は誰? 社員証を見せて。それ、本物ですか?』と不審がられた。通常は荷物の受け渡しに1分もかからなかったのに、身分確認のやりとりだけで数分かかった」という。

 別の宅配業者の配達員(39)は「オートロック式マンションに住む受取人から『管理人に預けておいて』と言われたのが、昨日だけで5件あった。宅配便を装うような手口を使うのは許せない」と憤った。

 佐川急便は19日、本社から各営業店に対し、(1)玄関先で「佐川急便です」とはっきり名乗ること(2)制服をきちんと着用すること(3)求められたら社員証を提示すること、を徹底するよう指示したという。業界最大手ヤマト運輸の都内営業所の総務担当者は「お歳暮シーズンで荷物が増える時期だけに業務への悪影響は大きい」と話す。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 14:11 | 社会  

宅配大手DHLが米国内事業から撤退、人員8割カットへ

11月11日10時36分配信 読売新聞

 【ロンドン=是枝智】宅配大手DHLエクスプレスは、不振が続いていた米国内での宅配事業から2009年1月30日で撤退する。

 親会社の独郵便会社ドイツポストが10日発表した。DHLは今年初めから実施している人員削減を、従来の約5400人から、米国内の約8割にあたる約1万5000人に上積みする。

 米国の景気悪化が直撃した形だ。企業向けを中心に需要が見込める国際宅配事業は継続する。人員削減によって営業コストが現在の54億ドル(約5300億円)から10億ドル以下に大幅圧縮されるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-11 10:36 | 経済・企業  

松本引越センターが破産手続き=スポンサー交渉不調に

2008/10/06-13:20 時事通信

 ゾウのマークで有名な松本引越センター(本社大阪府四条畷市、岡田邦夫社長)は6日、大阪地裁から破産手続き開始の決定を受けた。同社は先月19日、同地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行うとともに、大手運送会社とスポンサー交渉を行っていたが、具体的な支援を受けることができなかったため、事業継続を断念した。民間信用調査機関の帝国データバンクによると、負債額は50億9500万円。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-06 13:20 | 経済・企業  

<松本引越センター>民事再生法の適用申請 負債約50億円

9月19日21時25分配信 毎日新聞

 「ぞうのマーク」のテレビCMで知られる中堅運送会社「松本引越センター」(大阪府四条畷市、岡田邦夫社長)は19日、民事再生法の適用を大阪地裁に申請し、受理されたと発表した。負債総額は約50億円。営業は継続する。再建支援先として大手運送会社と交渉を進めているという。

 同社では昨年9月に、創業者(当時会長)の長男の社長が社内で自殺。また、昨年秋に創業者を振出人とし、同社の関連会社が裏書した総額6億円の手形が出回るトラブルが発生した。会見した岡田社長は、「手形の実害はなかったが、前社長の自殺などもあり信用力が低下した。取引銀行14行のうち7行から融資を受けられなくなり、資金繰りに行き詰まった」と説明した。原油や資材価格の高騰も影響はあったものの「主たる原因ではない」という。現時点で債務超過という。

 民間信用調査会社などによると、1961年創業で、引っ越し専業では国内5位。テレビCMなどを積極展開し、関西だけでなく、関東、九州地区まで営業エリアを拡大した。ピークの97年12月期の売上高は79億円だったが、競争激化などで08年6月期には約60億円に減少し、経常赤字となっていた。現在の従業員はパートを含め約430人。【岩崎誠】

【関連記事】
松本引越センター社長が自殺、本社で首つり (2007年09月07日)
前社長自殺の松本引越センター、会長が無断で数億手形裏書 (2007年9月25日)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 21:25 | 経済・企業  

<西濃運輸健保>組合解散…高齢者医療で負担金増加

8月21日11時4分配信 毎日新聞

 物流大手のセイノーホールディングス(岐阜県大垣市)のグループ企業31社が加入する西濃運輸健康保険組合が、4月の高齢者医療制度改革で負担金が増えたため組合を解散し、国が運営する政府管掌健康保険(政管健保)に移っていたことが21日、分かった。

 西濃運輸健康保険組合には従業員と扶養家族約5万7000人が加入しており、倒産を除いて大規模な健保組合が解散するのは異例。医療制度改正は財政再建に向けた公費負担の軽減が目的だが、西濃運輸のようなケースが増えれば逆に公費負担が増えることになり、高齢者医療制度の抜本的な見直しを迫られる可能性もありそうだ。

 西濃運輸によると、政管健保に移ったのは今月1日から。4月からの高齢者医療制度の導入で、負担金が昨年と比べて年間で約22億円(前年度比62%増)増える計算になるという。健保を維持した場合、組合が赤字に転落するため、将来的に保険料率を現状の月収の8.1%から同10%に引き上げる必要があるが、政管健保に移った場合にはほぼ現状の負担で済むという。西濃運輸の担当者は「前期高齢者(65~74歳)納付金の負担が大きく、政管健保と比較した場合、独自の健保を維持するメリットがないと判断した」と話した。

 健康保険組合連合会によると、約1500の健保組合の保険料率は平均7.39%と政管保険の同8.2%を下回る。だが、制度改正で前期高齢者の医療費負担が新たに導入されるなどで、健保組合が拠出する負担金が約5000億円増えた。このため、赤字の健保組合は昨年度の7割から今年度は9割近くになる見通しという。【米川直己】

【ことば】公的医療保険

 公的医療保険は、大企業の従業員が中心の健康保険組合(3000万人)や中小企業の従業員が入る政管健保(3500万人)、市町村が運営し自営業者らが加入する国民健康保険(国保、3800万人)、公務員らの共済組合(900万人)などがある。比較的財政が豊かな健保組合や共済は一部の例外を除き原則国庫負担はないが、政管健保は給付費の13%、国保は34%(定率分)が国費で賄われている。

 健保組合は75歳以上には拠出金だけを支出し、07年度までは会社員OB分を賄えば済んだが、後期高齢者医療制度(対象者1300万人)の発足に伴い、国保加入の65~74歳の医療費も支援することになり、負担が膨らんだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 11:04 | 経済・企業  

タンクローリー横転、中学生死亡4人重軽傷 東京・杉並

2008年8月15日20時54分 朝日新聞

f0013182_4172070.jpg 15日午後2時35分ごろ、東京都杉並区和泉4丁目の環状7号線で、ガソリンを積んだタンクローリーが横転した。警視庁高井戸署によると、対向の乗用車4台が巻き込まれ、東京都狛江市の中学生秋元勇哉さん(14)が死亡。ほかに4人が重軽傷を負った。

 同署によると、神奈川県大和市の男性(33)が運転するタンクローリーが、斜めに傾きながら対向車線にはみ出して横転したらしい。計5台に12人が乗っていた。秋元さんは下敷きになったワゴン車の助手席にいたという。

 男性は同署に「対向車が突然はみ出してきたので、急ブレーキを踏んだら横転した」と話している。事故で右肩甲骨を骨折した世田谷区の男性(69)の車が車線をはみ出していたとの目撃もあり、同署が原因を調べている。

 現場のすぐ近くで人形販売店を営む石井隆さん(80)は、店で仕事中に「ドーン」という大きな音を聞いた。外に飛び出すと、大型車が横転して片側の2車線をふさいでおり、女性の悲鳴が聞こえたので、110番通報したという。「事故が多い所だが、こんなひどいのは初めて。皆さん無事ならいいですが」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 20:54 | 社会  

首都高5号線、上り線も仮復旧…完全復旧は数か月先

8月9日22時38分配信 読売新聞

 東京都板橋区の首都高速5号線でタンクローリーが炎上した事故で、通行止めになっていた北池袋-板橋ジャンクション間は9日午後、上り線でも1車線が開通、これで上下線とも仮復旧した。

 約2キロの仮復旧区間の大半は本来、上下各3車線。この日は、正午に下り線で、午後4時半に上り線で、それぞれ1車線が開通したが、お盆前の帰省ラッシュにも重なり、下り線では最大約7キロ、上り線でも約1キロ半の渋滞が起きた。

 5号線は事故があった3日から通行止めになり、迂回(うかい)路として目白通りや川越街道などの渋滞が続いていた。これらの道路でも、混雑の大幅な緩和はみられなかった。

 5号線と合流する中央環状線では、合流地点付近でまだ通行止めが続いており、完全復旧には数か月かかる見通し。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 22:38 | 社会  

苦悶する首都高 やっと1車線復旧

2008年8月9日15時5分 朝日新聞

f0013182_022827.jpg タンクローリーが横転、炎上した首都高で9日、事故現場での片側1車線による暫定運用が始まる。全面復旧までは、まだ数カ月。1日115万台が走る東京の大動脈で起きた未曽有の事故は、周辺道路の交通に影響を与え、首都高速道路会社(東京)も対応に苦慮している。

 現場は5号池袋線の下り線と中央環状線の合流部。その上を走る上り線は、タンクローリーの炎で一部が沈下し、補修には橋げたを約40メートルにわたって替える必要がある。

 2車線区間が多い首都高では、事故は渋滞や通行止めにつながる。06年度、事故による通行止めは51回、07年度も52回だが、いずれも短時間がほとんどで、数カ月間という規制は経験がないという。

 日本道路交通情報センターによると、首都高の通行止めで、付近の一般道で激しい渋滞が起き、お盆前の納品に追われるトラックなどの通行量増加が拍車をかけている。国土交通省と都、警視庁なども信号機の調整、路上工事抑制などの対策に乗り出した。

 しかし、迂回(うかい)路の一般道を運行する都営の路線バスでは最大100分の遅れが出ている。都によると、8日は午前8時ごろから遅れが出始め、午後9時ごろまで続いた。

 タクシー運転手(59)によると、池袋駅から板橋区内の大学病院に行く場合、普段1300円前後の運賃が、事故後は1700円かかるようになった。「運賃は上がっても、渋滞で数はこなせないから、全体の売り上げは結局変わらない」という。

 事故後、首都高の交通量は1日平均で約10万台減。通行料収入は1日約4千万~5千万円減で、首都高速道路会社の経営を圧迫しかねない。同社幹部も「相当厳しい影響を覚悟している」と言う。

 しかし、首都高の事故で、補修工事の費用については原因者に求めても、料金収入が落ち込んだ分の損害を請求した例は過去にないという。

 ETC割引などはあるが、首都高は基本的に一律料金(東京線・普通車は現金で700円)。ある区間が通行止めでも、途中まで乗ったり、別ルートで迂回したりでき、一度でも車が首都高に乗り入れれば、損害にならない。

 さらに、減収にはガソリンなど石油高騰による車離れ、景気の落ち込み分が含まれているかもしれない。

 同社は「利用状況をすべて分析し、損害額を出すのは困難」。原因者への損害賠償について、佐々木克己社長も「支払い能力がどれだけあるかという問題もある。本当に悩ましい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 15:05 | 社会  

首都高、橋げた40m架け替えへ トレーラー事故、経営に影響も

2008年8月8日 18時17分 共同通信

 東京都板橋区の首都高速5号下り線でガソリンを積んだ大型トレーラーが炎上した事故を受け、首都高速道路会社は8日、事故現場の上を通る5号上り線の橋げたを長さ40メートルにわたって架け替えると発表した。全面復旧には数カ月かかる見通し。社長は「経済の落ち込みや原油高で通行量が減っており、今回の問題で厳しい覚悟をせざるを得ない」と述べ、経営への影響に懸念を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 18:17 | 社会  

タンクローリー炎上 現場を公開 40メートルも熱で変形

8月8日11時46分配信 毎日新聞

 東京都板橋区熊野町の首都高速・池袋線と中央環状線外回りの合流地点で3日、タンクローリーが横転し、積み荷のガソリンなどが炎上した事故で、首都高速道路会社は8日、報道陣に事故現場を公開した。

 現場は高架式の二層構造で、都心に向かう上層部分が長さ40メートル、幅15.5メートルにわたり熱で変形し、たわんでいる。道路の表面も最大60~70センチ沈下した。全面復旧には最長で数カ月かかる見通しで、首都高としては過去最大規模の損傷とみられる。【武内亮】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 11:46 | 社会