タグ:産廃処理 ( 11 ) タグの人気記事

 

産廃会社会長ら逮捕へ=建築廃材など不法投棄-愛知県警

9月29日8時6分配信 時事通信

 愛知県東浦町に建築廃材などの産業廃棄物を不法に投棄していた疑いが強まったとして、県警生活経済課などは28日までに、廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で、同県大府市の産業廃棄物処理会社「久野不動産」の会長(72)ら数人を逮捕する方針を固めた。既に逮捕状を取っており、29日にも強制捜査に着手する。

 調べでは、会長らは家屋解体などで出た木くずやがれき、プラスチック片などを分別せずに、東浦町など3カ所に不法投棄した疑い。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 08:06 | 社会  

東横イン関連会社社長ら逮捕=不法投棄で硫化水素発生-島根県警

9月18日13時3分配信 時事通信

 松江市のホテル「東横イン松江駅前」で地下から硫化水素が発生し8人が手当てを受けた事件で、島根県警生活環境課などは18日、発生源となった石こうボードを不法投棄したとして、廃棄物処理法違反容疑で、東横イン関連会社「東横イン電建」(東京都大田区)社長清原良昭容疑者(64)=神奈川県座間市広野台=ら2人を逮捕した。

 調べによると、清原容疑者は関連会社「東横システム電建」(同)副社長だった2004年10月中旬から12月下旬、現場責任者だった同社社員(44)=同容疑で逮捕=と共謀、同ホテル地下配管ピット内に石こうボード約16トンや、鉄骨、コンクリート片などの廃材計約30トンを捨てた疑い。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 13:03 | 経済・企業  

川に汚泥流出、清掃会社捜索=コイなど数千匹死ぬ-神奈川県警

9月10日13時1分配信 時事通信

 横浜市旭区を流れる矢指川に有害物質を含む汚泥を不法投棄したとして、神奈川県警生活経済課は10日、廃棄物処理法違反の疑いで、清掃会社「リトルジャパン」(同市旭区下川井町)を家宅捜索した。

 先月13日、同所を流れる矢指川、帷子川の水が約3キロにかけて緑白色に濁り、コイやフナ、ザリガニなど数千匹が死んで浮かぶ水質事故があったことから発覚した。

 調べによると、同社の従業員(44)=横浜市瀬谷区上瀬谷町=は先月12日、同県厚木市のメッキ工場から回収した鉛や銅などの有害物質を含む汚泥約3トンのうち、約400キロを同社敷地内の排水溝から矢指川に流出させた疑い。バキュームカーから敷地内のタンクに移す際に、誤って敷地内に流出した汚泥を回収せず、そのまま水で排水溝に流したという。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-10 13:01 | 社会  

「旧村長支持、遺憾だ」脇野沢不法投棄問題

2008/08/12 17:25 デーリー東北

 宮下順一郎むつ市長は十一日の定例記者会見で、同市脇野沢の廃棄物不法投棄問題について、「旧脇野沢村長の指示で行われたという調査結果を県に報告した。遺憾だ」とした上で、今後、不法投棄の背景などをさらに調査していく考えを示した。

 同問題で市は、脇野沢赤坂への廃棄物の搬入、焼却、埋め立ては旧村長の指示・許可だったと結論付け、一日付で県に経過報告を行った。

 市によると、当時の担当職員が法律に違反しているとの認識があり、旧村長に不適正処理をやめるよう進言したが、不法投棄を止めることができなかったという。

 会見で、宮下市長は「指示の内容や不法投棄が行われた背景、事情なども調査していかなければならない」と説明。

 撤去費用や時期に関しては、「ごみの性状などを調査してからになる。(市議会九月定例会までに示すとしていた)撤去計画の提示は、ずれ込むことになる」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 17:25 | 行政・公務員  

廃棄物また見つかる、対策工事で地中から 敦賀の最終処分場 

8月5日7時50分配信 産経新聞

 許可量を超えるごみが違法に持ち込まれた福井県敦賀市樫曲の民間最終処分場の環境保全対策工事について検討する県、敦賀市、有識者らの協議会が4日、敦賀市内で開かれた。6月から行われている工事で地中から廃棄物やプラスチック配管などがみつかり、キンキクリーンセンターのずさんな管理運営が改めて浮き彫りになった。

 県の説明によると、今年6月末、旧処分場の下側に設置する防災調整池の掘削を行ったところ、処分場外にもかかわらず2カ所の地下3メートルのところに焼却ごみやビニールなどの廃棄物が混入していることがわかり、工事を中断した。

 事前のボーリング調査では砂礫(れき)となっていたが、範囲が広く完全な予測は困難だったという。土砂を旧処分場に移設してキャッピング工事を行い、調整池の下土を置き換える改良工事を行う方針。

 また、7月上旬に旧処分場北側の斜面で30センチほど土砂を取り去ったところ、直径30センチと40センチのビニール製配管2本が露出し、片方から1分当たり4リットルほどの水が流出していた。水質に問題はなかったが、水処理施設まで仮の配管で導水して処理している。目的は不明で、ガス抜きか集水のためとみられている。

 この日の協議会では県が平成22年10月の本格稼働を目指す浸出水処理施設などについて行程や進捗(しんちょく)を説明した。工法には検討の余地があり、有識者からの助言を取り入れながら事業を進める。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-05 07:50 | 社会  

大阪・寝屋川で謎の健康被害 廃プラ施設との因果関係は…

07/31 15:05 イザ!

 大阪府寝屋川市の太秦地区周辺で、のどの痛みや湿疹(しっしん)、頭痛といった健康被害を訴える住民が相次いでいる。住民側は同地区に2カ所ある廃プラスチックのリサイクル施設から排出される化学物質が原因と主張。操業停止などを求めて平成17年に提訴したが、このうち1カ所を運営する市側は健康被害との因果関係を否定している。訴訟は6月12日に結審したが、果たして「杉並病」と同様、原因不明の健康被害は化学物質がもたらしたものなのか。判決は9月18日に言い渡される。

 問題となっている施設の一つは、寝屋川市と周辺の枚方、四條畷、交野の4市でつくる「北河内4市リサイクル施設組合」が運営する「リサイクルプラザかざぐるま」(20年2月操業)。廃プラの異物を取り除き圧縮、梱包(こんぽう)している。もう一つは民間会社「リサイクル・アンド・イコール」の工場(17年5月操業)で、自治体から受け入れた廃プラを溶解しリサイクル製品の原料に加工している。

 健康被害はリ社工場の操業後から生じるようになり、住民らは17年8月に大阪地裁に提訴。「工場周辺から多種多様な有害化学物質が検出されており、住民の健康に危害を及ぼす可能性がある」と主張し、両施設の操業停止を求めた。

 訴訟では、東京大大学院の柳沢幸雄教授=環境システム学=が、18年6月に行った調査で、太秦地区の大気中から発がん性のあるベンゼンが国の環境基準値の2・6倍の高濃度で検出されたと証言。岡山大の津田敏秀教授=環境医学=も、18年に住民600人を対象に行った調査の結果、工場から700メートル以内の住民は「目がかゆい」と訴える人が40%、「のどに痛みがある」という人が35%おり、工場に近い住民ほど健康被害を訴える率が高くなっていることを明らかにした。

 原告の1人、環境NGO代表の長野晃さん(64)は「住民がこれだけ苦しんでいる現状を行政はどうして直視してくれないのか」。原告側代理人の村松昭夫弁護士は「水俣病など後になって公害と判明した環境汚染を、日本人はいくつも経験してきた。原因を見極め、住民の健康や幸せを守るのが本来の行政の役割ではないのか」と訴える。

 一方、被告の寝屋川市側も独自に大気調査を実施。ベンゼンなど11の化学物質がいずれも国の基準値や指針値を下回ったとして、施設と健康被害との因果関係をあらためて否定した。

 市環境部の清水弘美部長は「住民の不安を払拭(ふつしよく)するため、できる限りのことはやった。これ以上何をしたらいいというのか」と話す。

 過去に廃棄物処理工場と健康被害との因果関係が認められたケースとしては、東京都杉並区の「杉並病」がある。8年の不燃ごみ処理施設の操業以降、周辺で健康被害を訴える住民が続出。都は当初、硫化水素による一過性の被害としたが、国の公害等調整委員会が14年、原因は施設から排出された化学物質との裁定を下し、都は損害賠償を行った。

 しかし清水部長は「杉並では不燃物やガスボンベなど、混ぜたら危険とされるものも一緒に圧縮していたが、寝屋川では廃プラしか扱っていない。杉並と同じ健康被害は起こりえない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-31 15:05 | 社会  

常総署 いわきの山林 不法投棄ダンプ2500台分 親子ら4人逮捕

2008/05/30 茨城新聞

 常総署と県警生活環境課は二十九日、福島県いわき市内の山林に産業廃棄物を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、つくば市森の里、会社経営、相澤清容疑者(62)ら四人を逮捕した。山林内に埋め立てられた木くずや廃プラスチックなどの産廃総量は十㌧ダンプ約二千五百台分(約四万四千立方㍍)に上るとみられ、県警は四人のほかにも関与した業者がいるとみて調べている。

 ほかに逮捕されたのは▽稲敷市蒲ケ山、運転手、櫛田三夫容疑者(63)▽つくば市六斗、無職、中島一也容疑者(25)▽相澤容疑者の長男で同市森の里、運転手、相澤和之容疑者(32)。調べでは、相澤清、櫛田、中島の三容疑者は今年三月十二日から四月五日までの間、三回にわたり廃棄物計四十八立方㍍を山林に投棄した疑い。相澤清、中島、相澤和之の三容疑者は今年三月十二日、廃棄物十五立方㍍を投棄した疑い。

 不法投棄されたのは県内や都内の家屋解体現場などで生じた産廃で、つくばみらい市の資材置き場で分別された後、現場に運び込まれた。相澤容疑者らが不法投棄を繰り返していたのは二〇〇六年八月ごろから今年四月ごろまでとみられ、正規業者ならダンプ一台約二十五万円かかるところを、同約八万円で請け負っていたらしい。

 現場には早朝からダンプが出入りし、穴を掘って埋め立てた後、土で覆う作業が繰り返されたとみられる。山林の二百㍍下には住宅が散在するため、いわき市で環境汚染がないか調査を始めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 08:00 | 社会  

偽投資話で20億円 45歳女逮捕、主婦ら80人被害 警視庁

5月14日8時1分配信 産経新聞

 架空の投資話で主婦らから総額20億円をだまし取っていた無職の女が13日、詐欺の疑いで警視庁捜査2課に逮捕された。女は詐取した資金で「ルイ・ヴィトン」のバッグのほか、「ブルガリ」や「シャネル」の宝飾品などブランド品を計4000万円分も買いあさっていたといい、警視庁で裏付け捜査を進めている。

 逮捕されたのは、江戸川区東葛西の元産廃会社役員、川口千恵子容疑者(45)。容疑を認めている。

 川口容疑者は平成12~19年の間、スーパーカーの愛好会やゴルフを通じて知り合った主婦らに架空の投資話を持ちかけ、約80人から最高2億6000万円、計20億円をだまし取っていた。

 川口容疑者の武器は「話していて楽しくさせてくれる」と評判の明るく社交的な性格。知人は「とにかく話がうまかった」という。

 “口説き文句”は「夫の会社が解体工事をする際に出る鉄くずが中国で高く売れる。必ずもうけさせてあげるから少し投資してみない。1カ月で10%から30%の配当がある」だった。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-14 08:01 | 社会  

<廃棄物>中国の輸入が過去最高に 密輸などの摘発も最多

5月9日2時36分配信 毎日新聞

 中国が欧米や日本などから輸入した廃棄物の量が昨年、過去最高の4224万トンを記録し、密輸などの摘発件数も最多になったことを、中国政府当局者が8日明らかにした。また生活ごみの混入などが発覚して上陸不許可の処分を受ける事例も増え、問題化しているという。胡錦濤・中国国家主席の来日に合わせ、日中両国政府が東京都内で開いた業者向けセミナーで報告された。

 中国環境保護省などによると、廃棄物輸入は資源不足を補うため80年代半ばに始まり、07年の輸入量は99年の約4倍に増えた。内訳は▽古紙54%▽廃モーターや電気製品18%▽廃プラスチック16%▽鉄くず4%--など。一方で、虚偽申告などの密輸摘発も99年の約10倍の60件になった。

 また許可されたもの以外のごみを入れたり、有害物質を混入させるなどの不法行為が発覚し、廃棄物輸出入業者の登録取り消しや停止などの処分を受けたケースは過去3年間で計902件に上った。うち日本の業者は85件で、香港、米国に次いで多かった。

 中国の担当者は「外国ごみの密輸はいまだ深刻。国境を越えた協力が不可欠だ」と訴えた。【山田大輔】
[PR]

by deracine69 | 2008-05-09 02:36 | アジア・大洋州  

産廃業者ら6人逮捕=建設汚泥を不法投棄容疑-警視庁

4月30日9時31分配信 時事通信

 山中に建設汚泥が不法投棄された事件で、警視庁生活環境課は30日、廃棄物処理法違反容疑で、産業廃棄物処理会社「江戸川集積センター」(東京都江戸川区)の代表広瀬正光容疑者(43)=千葉県船橋市金杉=ら6人を逮捕した。

 調べによると、広瀬容疑者らは同センターに隣接する土地を無届けで建設汚泥の保管場所に使用。2007年5月から12月にかけ、保管していた建設汚泥計約3200立方メートルを千葉県白井市の造成地などに投棄するなどした疑い。

 同社は都内のマンション建設現場などから排出された産業廃棄物について、未処理のまま無許可の収集運搬会社に委託。茨城県鹿嶋市の山中など2カ所に不法投棄したなどとして、同課は昨年12月、同法違反の疑いで、同社や茨城県内の収集運搬会社など約40カ所を家宅捜索した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 09:31 | 経済・企業