タグ:田舎者とバカ ( 168 ) タグの人気記事

 

成田空港でトレー投げた元警視、罰金10万円

3月5日0時4分配信 読売新聞

 千葉区検は4日、元警察庁人事課課長補佐の増田貴行元警視(36)を暴行罪で略式起訴した。

 千葉簡裁は同日、罰金10万円の略式命令を出し、即日納付された。

 同区検などによると、増田元警視は昨年12月24日、成田空港の手荷物検査場で、規定を超える化粧水を持ち込もうとして注意されて腹を立て、女性検査員(32)にトレーを投げつけたとされる。増田元警視は今年1月、停職3か月の懲戒処分を受け辞職した。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-05 00:04 | 行政・公務員  

高速道で泥酔運転…蛇行、バック 「ホスト歓迎会で飲んだ」18歳逮捕

3月3日13時33分配信 産経新聞

 酒に酔って車を運転したとして、千葉県警高速隊は、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで、千葉県市川市のホストの少年(18)を逮捕、千葉地検に送検した。高速隊は、少年が「(最近入店したホストクラブの)歓迎会で酒を飲んだのは確かだが、自分が運転したかどうかは覚えていない」と容疑を一部否認していることを明らかにした。高速隊によると、同乗者はなかった。少年は当時1人では歩けないほど泥酔していたという。

 高速隊の調べによると、少年は2日午前7時半ごろ、千葉市花見川区幕張町の京葉道路下り線で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。対向車線を走っていた車両の男性会社員(22)が、運転席のシートを倒した状態で蛇行やバックを繰り返し、斜めに止まった不審な車を見つけ、110番通報したという。

 当時は通勤時間帯で、上下線とも渋滞していたという。少年は2日未明にかけて酒を飲んでいたとみられている。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 13:33 | 社会  

政治資金「支出0円」 虚偽記載容疑で右翼団体幹部逮捕

2月26日12時35分配信 産経新聞

 政治資金収支報告書の支出総額欄に0円と虚偽記載し、提出したとして、警視庁公安部と麻布署は26日、政治資金規正法違反(収支報告書の虚偽記入)の疑いで、東京都杉並区西荻北、右翼団体「和興起塾」会計責任者、松本剛容疑者(49)を逮捕した。公安部によると、容疑を認めているという。

 公安部の調べによると、松本容疑者は平成17~19年の3年間分の収支報告書で、実際には武蔵野市の本部事務所費や街宣車のガソリン代など政治活動に伴う支出があったにもかかわらず、支出総額欄に0円と虚偽の記載をし、東京都選挙管理委員会に提出した疑いがもたれている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-26 12:35 | 社会  

捜査情報漏洩 逮捕の警部と警部補は容疑を否認 奈良県警

2月25日1時14分配信 産経新聞

 奈良県天川村発注の公共工事をめぐる汚職事件にからみ、当時の村長、車谷重高被告(51)=加重収賄罪などで起訴=に捜査情報を漏らしていたとして、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で奈良県警が逮捕したのは、ともに同県警刑事部付の警部、石山智(51)=奈良県田原本町=と警部補、大沢成光(53)=奈良県橿原市=の両容疑者と、同県警が24日夜、発表した。

 同県警監察課によると、大澤容疑者は「警察情報の一部を教えたが事情聴取の月日などを具体的に教えた覚えはない」と容疑を一部否認し、石山容疑者は「事実無根で誤認逮捕」と否認しているという。

 石山容疑者は捜査2課に、大沢容疑者は組織犯罪対策1課に所属していたが、24日付で刑事部付とされた。

 同課の調べでは、石山、大沢両容疑者は共謀。昨年11月15日ごろ、石山容疑者が所属していた捜査2課が内偵中だった天川村発注の公共工事をめぐる汚職事件で、車谷被告らが捜査対象とされ、11月29日に車谷被告の事情聴取が実施される予定であることを、車谷被告側に教えるなどした疑いが持たれている。

 県警は2人と車谷被告との関係を調べている。石山、大沢両容疑者は警察学校の同期だった。

 車谷被告は、同村発注の簡易水道工事をめぐる2件の汚職事件と不正入札事件で昨年12月6日以降、3回逮捕され、加重収賄や官製談合防止法違反などの罪で起訴された。起訴状によると、工事の落札に便宜を図った見返りに、業者側から現金計約1000万円を受け取ったとされる。

 奈良県警の岡嶋名良文首席監察官の話「警察の捜査に対する県民の信頼を失墜させたことは誠に遺憾。事実関係を調査の上、厳正に対処する」
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 01:14 | 行政・公務員  

サスケ氏「自分の倫理観が暴走」釈放後に謝罪 電車内で暴行容疑

2月21日17時32分配信 産経新聞

 携帯電話のカメラで撮影してきた男性に暴行したとして、警視庁南千住署に暴行の疑いで現行犯逮捕されたプロレスラーで元岩手県議、ザ・グレート・サスケ容疑者(39)=本名・村川政徳=は21日、東京地検に送致後、釈放された。サスケ氏は同署の前で報道陣の取材に応じ、「肖像権、著作権が侵害され、自分の倫理観が暴走した」と話した。

 「みちのくプロレス」と胸に書かれた黒ジャージーと、トレードマークのマスク姿。マスク下の表情はうかがいしれないが、落ち着いた声で淡々と報道陣の質問に答え、「被害者に可能なら直接会って、謝罪したい。プロレスファンにも迷惑をかけた」と謝罪した。

 同署の調べによると、サスケ氏は19日夜、JR常磐線の電車内で、マスク姿のサスケ氏を携帯電話のカメラで撮影した荒川区内の男性会社員(36)の胸ぐらを両手でつかんで電車のドアに押しつけたり、左ひざ付近をけるなどしたとして、暴行の疑いで現行犯逮捕された。

 だが、サスケ氏は「胸ぐらはつかんだが、けった覚えはない」と主張。取材は約10分間に及び、岩手県議時代に県議会でも脱がなかったマスクについては、「(逮捕されてからは)警察の方と話し合い、素直に取った」と明かした。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 17:32 | 社会  

激高する中国人女性の動画、ユーチューブでアクセス急伸

2009.2.20 17:40 産経新聞

 [香港=ロイター]飛行機に乗り遅れたとして香港の国際空港で激高する中国人女性の映像が、動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿され話題を呼んでいる。

 投稿された映像(http://www.youtube.com/watch?v=xbVw7entkxg)では、この中年の女性は出発ゲートの警備員に詰め寄り、3分間にわたって奇声を発したり怒鳴り散らしたりした。

 女性はまた、床に倒れこんで泣き叫んだり、抱き起こそうとして近寄った高齢の男性に対し、広東語で「行きたい、行きたい」などと叫んだりしていた。

 キャセイパシフィック航空によると、この出来事が起きたのは今月前半で、ビデオがユーチューブに投稿されたのは先週後半。同動画は16日までに、40万回以上閲覧された
[PR]

by deracine69 | 2009-02-20 17:40 | アジア・大洋州  

グレート・サスケ 暴行容疑で逮捕、本人は否認…警視庁

2月20日11時29分配信 毎日新聞

f0013182_5172511.jpg JR常磐線の車内で乗客の男性に暴行したとして、プロレスラーで元岩手県議のザ・グレート・サスケ容疑者(39)=本名・村川政徳=が暴行容疑で現行犯逮捕されていたことが警視庁南千住署への取材で分かった。同署によると、サスケ容疑者は「もみ合いにはなったが、暴行は知らない」などと否認しているという。

 逮捕容疑は19日午後11時50分ごろ、常磐線北千住-南千住間の快速電車内で、荒川区の男性会社員(36)が携帯電話でマスク姿を撮影しようとしたことに立腹。携帯を取り上げ床に投げつけたうえ、男性の胸ぐらをつかんで電車のドアに押しつけたり、左ひざ付近をけるなどした疑い。

 2人は南千住駅で下車したが、目撃した乗客が駅付近を巡回中の署員に通報。同駅の改札を出て近くの路上を歩いているサスケ容疑者を発見し、現行犯逮捕した。

 サスケ容疑者は93年にみちのくプロレスを設立。03年の岩手県議選でトップ当選した後、07年の同県知事選に出馬したが落選した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-20 11:29 | 社会  

不倫もバレた!?成田空港で大暴れ警視辞職

2009.1.23 05:03 サンスポ

 成田空港で昨年末、手荷物検査担当の女性に「県警本部長を呼べ」などと暴言をはいて検査用トレーを投げつけた警察庁キャリアの人事課課長補佐、増田貴行警視(36)が22日、千葉県警に暴行容疑で書類送検された。また警察庁は同日、停職3カ月の懲戒処分にし、増田警視は辞職した。

 警察庁などによると、増田元警視は昨年12月24日午後0時7分ごろ、成田空港の手荷物検査場で、150ミリリットル容器入りの男性用化粧水を持ち込もうとして女性検査員に止められた。その際「警察庁の警視だ」と名乗り、さらに「千葉県警本部長を呼べ」などと暴言をはいたうえ、トレーを投げつけた。

 警察庁は「職権乱用と受け取られかねない要求や暴行などの規律違反は警察に対する信頼を失墜させた」と懲戒処分としたが、制裁理由はそれだけに収まらなかった。

 増田元警視は、ドイツ行きの飛行機に搭乗しようとしていたのだが、一緒にいたのは20歳代の独身女性。増田元警視には民放テレビ局に勤務する妻がおり、一部で「不倫旅行」と報じられた。

 同庁が事情聴取したところ、2人ともドイツに行ったことは認めているが、「(ドイツの)空港で別れており、規律違反に該当する不適切な性的関係はなかった」と釈明したようだ。

 しかし、同庁は「外形上疑いを持たれてもしかたない行為をしたことも考慮の上、処分した」としている。「疑わしきは罰せず」よりも“李下に冠を正さず”のようだ。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-23 05:03 | 行政・公務員  

沢尻エリカさんが結婚

1月9日20時7分配信 時事通信

 女優の沢尻エリカさん(22)が映像作家の高城剛氏(44)と結婚したことが、9日分かった。所属事務所によると、7日に婚姻届を提出し、19日に東京都内の神社で結婚式を挙げる予定という。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 20:07 | 社会  

「年越し派遣村」問題をどう見るか

2009年1月9日20時0分 ビデオニュース・ドットコム

 神保哲生・宮台真司両キャスターが、今週のニュースの中から重要と思われるものを独自の視点から取り上げるニュース・コメンタリーのコーナー。

 今週は、年末年始に大きく報道された「年越し派遣村」を取り上げた。
 
 仕事や住む場所を失った派遣労働者らに年末年始の寝場所と食事を用意するため、連合や全労連、全労協などの労働組合や反貧困ネットワークなど約20団体が、大晦日から1月5日まで、東京の日比谷公園に「年越し派遣村」と銘打ったテント村を開設し、集まった約500人に対して、炊き出しなどの支援を行った。予想を超えた人数が集まったため用意したテントが足りず、厚生労働省が庁舎内の講堂を宿泊場所として開放した他、東京都なども受け入れを表明した。

神保: 年越し派遣村が、年末にかなり大きく取り上げられた。厚労省や経産省の目の前にある日比谷公園で行われ、メディアも大きく取り上げた。

 ただ、気を付ける必要があるのは、一連の洪水報道の結果、この問題に対するやや感情的な反応が出ているように見えることだ。

 困っている人や弱者の味方をするのは大切だが、あまりにメディアが悲劇を煽ることで、こんなひどい状況を作っている派遣制度は直ちに規制せよという流れになってしまうと、短期的には良くても、企業が海外に拠点を移したり競争力を失うなどして、結果的に今よりもっと多くの人が路頭に迷うことになる可能性も考えなければならない。

 そもそも「派遣村」という名前にも注意が必要だ。派遣村になったので、派遣の問題ということになっているが、あそこに集まった人たちはそもそも本当に派遣切りの犠牲者たちだけなのか。本当に困っているのは、派遣労働者たちだけではないはずだ。

 いずれにしても、洪水のような報道で、ある流れができてしまっているように感じる。今や派遣の規制強化に異論を唱えると、非人道的な人間であるとか、無神経な人間であるかのように言われ、叩かれそうな雰囲気もある。どうもまともな議論ができなくなっているのではないか。

 こういうときこそ、何が正しい選択なのかを冷静に議論する必要があるが、日本にはなかなかそのプラットフォームができてこない。
 
宮台: 企業の成長という観点から考えると、企業は存続しないとどうにもならないから、企業にとっては本社機能を含めて拠点を海外に移動した方が良い。神保さんがおっしゃったような集中豪雨的な報道が出しているメッセージに従えば、そのような状況になってしまう可能性がある。

 企業は合理性を追求しないと倒産をしてしまう。世銀の肩を持つわけではないが、先進国に富を落とし国や労働者に配分していた企業が、先進国ではない国に税金や労働分配という形でお金を落とすようになっている。このような構造があるとすれば、単に自分たちの内側だけを嘆いても、グローバルガバナンスにつながらない。

 昔は企業活動もコンプライアンスも、一国の中で考えれば良かった。今はそうではなく、グローバルガバナンスが企業活動が野放図にならないために必要だといわれているまさにこの時に、一国の中だけを見ているような番組を作っても、報道をしても、実際に問題は解決しない。
 
神保: 単純化した方がわかりやすいし、弱者と強者を作った方が感情移入しやすいのはわかるが、その報道の弊害も大きい。

 そうした状況を受けて、舛添厚労大臣が派遣制度の見直しに言及した。これは少しかいかぶりすぎかもしれないが、もしかすると戦略的にふるまっているのかなと、期待半分で思った。あのような発言をして、一気に派遣法の見直しで突っ走る姿勢を見せると、それはまずいという声が出てくる可能性がある。あえて極端な立場をとると、抑制する力が働き始めることを計算しての言動だとすれば、なかなかの戦略的だ。

 ただ、後期高齢者医療制度が不人気とわかるといち早く見直しを示唆してしまうなど、あそこで舛添大臣がとった行動を考えると、戦略的というよりも、単にポピュリズムに迎合している懸念も拭いきれない。
 
宮台: 経団連の御手洗会長が、ワークシェアリングの可能性について言及している。これは非常に良いことだと思う。ワークシェアリングというのは、税金を使わない再配分政策に近いものだ。各人の労働時間を下げて頭数を増やし、路頭に迷う人は減る分、今までお金をもらっていた人はもらえなくなる。したがって、収入を見込んでローンを組んでいた人はとんでもないことになる可能性もある。ワークシェア化は、ベーシックインカムという観念を現実化しようとすれば、致し方ないところだ。
 
神保: 一過性の弥縫策でなく、ワークシェアリングなども含め、雇用の問題を根本から議論する必要がある。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 20:00 | 社会