タグ:田舎者 ( 10 ) タグの人気記事

 

環境にやさしくないエコバック狂騒

7月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 たかがブランド、されどブランド――。高級ブランド店が立ち並ぶ銀座で14日、象徴する出来事が起きた。

f0013182_14585878.jpg 女性に人気の英ブランド「アニヤ・ハンドマーチ」が、「I’m not a plastic bag(私は使い捨てのレジ袋じゃない!)」と書かれた綿製のエコバッグ(2100円)を、東京・銀座店ほか都内3店舗で先行販売。国内での販売数は限定とあって、銀座店では開店前から4000~5000人の購入希望者が殺到し、警官が出動する騒ぎにまでなった。

 このエコバッグは繰り返し使える買い物袋で、人気モデルのケイト・モスやマドンナが愛用していたことで話題沸騰。すでにロンドンやニューヨーク、台湾でも限定販売され、ケガ人が出る大騒動になっている。ネットオークションで店頭価格の10倍以上の値が付いたことでも話題だ。

 転売は日本でも例外でなく、すでにヤフーオークションで6000~2万円で出品されている(16日現在)。

 このエコバッグ、多くの販売店で1人2個まで購入可能というシステムを取っている。

 1個は自分用、1個は転売も可能というわけ。

 異様な熱気と転売商売、なんだか環境にやさしいエコに反する動きだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-20 10:00 | 社会  

人気エコバッグ狂想曲 小競り合いで警官出動も

2007/07/15 03:23 産経新聞

f0013182_10361391.jpg 英国の人気ブランド「アニヤ・ハインドマーチ」製エコバッグの限定販売が始まった14日、東京・銀座の直営店に客が殺到し、店側と客の小競り合いになるなど混乱した。いったん中止した販売を再開するなど店側の対応が混乱に輪をかけ、警官が出動する騒ぎになった。

“セレブ”が持つ

 バッグはコットン素材で価格は2100円(税込み)。レジ袋削減をうたって英国の女性デザイナーがデザインし、人気モデルや映画女優ら“セレブ”が持つバッグとして世界的に人気が沸騰。今春のロンドンでの先行販売では1時間で2万個が完売、ネットオークションで定価の10倍以上の値がつくなど話題を呼んだ。

 この日は銀座店など都内3カ所で午前11時に限定販売を開始。銀座店前には前日深夜から行列ができ、「通りに人があふれている」との通報で築地署が警察官約20人を出動させた。

不満の声

 親会社のレナウン(東京都品川区)によると、店側は午前7時半に1人2個まで買える整理券650枚を配り、「整理券がない人は購入できません」とアナウンスした。だが、客から「列の横入りがあった」「赤ちゃんにも整理券を配った」などと不満の声が続出し、11時前になっても4000~5000人が集まったままだった。

 店側がホームページなどで午前8時から整理券を配布すると告知していたこともあり、整理券をもらえなかった人が不満をぶつけ、警察官が店側との小競り合いを収める場面もみられた。

人気読めず

 店側は午前11時ごろ、混乱を収めるため販売をいったん中止し、整理券を持つ客に後日販売すると発表。これで一部の人は帰ったが、“徹夜組”の客はおさまらずに抗議。このため店側は一転し、午後2時ごろ、販売を再開した。

 レナウンの伊東甲二広報担当部長は「外国の状況などをみてもっと対策を考えるべきだった。甘かった」と反省の弁を述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-15 03:23 | 社会  

「DJ YUZE」大麻所持で現行犯逮捕

6月2日0時37分配信 読売新聞

 愛知県警昭和署は1日、東京都大田区田園調布、クラブDJ窪田有是(ゆぜ)容疑者(32)を大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕した。

 窪田容疑者は、「DJ YUZE」の芸名で都内などのクラブで活動し、2004年には大手レコード会社からCDを出している。

 調べによると、窪田容疑者は1日午前8時ごろ、自宅で大麻草約3・2グラム(末端価格約1万2000円)を所持していた。大麻草は三つの袋に分けて入れられていた。「DJ YUZEが大麻を持っている」との情報が同署に寄せられ、内偵していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-06-02 00:37 | ひと  

三社祭でみこしに乗った男を逮捕

5月21日16時28分配信 産経新聞

 浅草神社(東京都台東区)の三社祭でみこしに乗って祭りを混乱させたとして、警視庁浅草署は都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)の現行犯で、同区の担ぎ手の男(56)を逮捕。男らを降ろそうとした署員を邪魔した男2人も公務執行妨害の現行犯で逮捕した。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-21 16:28 | 社会  

<三社祭>神輿に乗った3人を逮捕 迷惑防止条例違反などで

5月21日13時21分配信 毎日新聞

 浅草神社(東京都台東区)の三社祭で、警察官の制止を聞かずに神輿(みこし)に乗ったなどとして、警視庁浅草署は20日、神輿の担ぎ手の男3人を都迷惑防止条例(粗暴行為の禁止)違反や公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。昨年の祭りで神輿の一部が壊れる事故が発生したことから、神社側が神輿に乗らないよう厳しく監視し、乗った場合には来年の「宮出し」を中止する姿勢を示していた。

 調べでは、3人のうち1人は20日午後3時ごろ、台東区千束3の路上で警官の警告を無視して神輿の上に乗り、混乱を誘発する行為をした疑い。他の2人は千束1で同日正午ごろ、神輿に乗っている担ぎ手を逮捕しようとした警察官に体当たりした疑い。

 他にも10人以上が神輿に乗っていたといい、同署は特定を急いでいる。昨年も都条例違反で5人が逮捕されている。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-21 13:21 | 社会  

騒然!浅草・三社祭、担ぎ手次々と禁止の“神輿乗り”

5月21日3時13分配信 読売新聞

 江戸三大祭りの一つ、東京・浅草の三社祭が20日、最終日を迎え、クライマックスの「本社神輿渡御(ほんじゃみこしとぎょ)」が行われた。

 しかし、浅草神社との取り決めを無視して担ぎ手が次々に神輿の上に飛び乗り、警視庁浅草署は同日、担ぎ手の男1人を都迷惑防止条例違反で現行犯逮捕した。今回、浅草神社は担ぎ手側に「神輿に乗って騒ぐのは神様を冒涜(ぼうとく)する行為」として、“神輿乗り”の禁止を通告。担ぎ手が所属する同好会と呼ばれる各組織も了承していた。

 ところが、午前7時過ぎ、本社神輿が境内から浅草寺境内に出てくると、法被姿の男衆が次々に飛び乗り、会場は「乗ったぞ、乗ったぞ」などの叫び声とともに騒然となった。マイクを手に儀式を仕切っていた宮頭(みやがしら)と呼ばれる役職の男性が「引きずり下ろせ」とどなったが、男衆らは見物客に向かってバンザイしたり、扇子を振り回したりして騒ぎをやめなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-21 03:13 | 社会  

<三社祭>一部担ぎ手が神輿に乗る 神社は来年の対応を検討

5月20日19時4分配信 毎日新聞

 浅草神社(東京都台東区)の三社祭は20日、本社神輿渡御(みこしとぎょ)が行われ、祭りは最高潮に達した。早朝には3基の本社神輿が同神社を出発する「宮出し」に大勢の担ぎ手が集まった。昨年の宮出しで担ぎ手が乗った神輿の一部が壊れる事故が発生。今年は神輿に乗らないよう厳しく監視していたが、一部の担ぎ手が乗ったため、神社側は今後、来年の宮出しの実施について対応を検討する。

 宮出しは早朝、宮頭の合図で一本締めが行われ、スタートした。重さ約1トンの神輿を担いだ男女が「セイヤ、セイヤ」と威勢の良いかけ声で調子を合わせ、神輿を上下に力強く揺らした。主催者側が繰り返し神輿に乗らないよう呼びかける中、一部の担ぎ手が神輿に乗り続けた。

 昨年は16人の担ぎ手が乗って神輿が地面に落ち、左前の横棒が折れるハプニングがあった。この事故を受けて、神社側は祭り前、今年の宮出しで神輿に人が乗れば来年の宮出しを中止する強い姿勢を示していた。【吉永磨美】
[PR]

by deracine69 | 2007-05-20 19:04 | 社会  

三社祭:厳戒、どうなる神輿乗り 昨年の事故を教訓に /東京

5月14日12時1分配信 毎日新聞

 ◇「神霊汚す」と禁止徹底--主催者側/大半の同好会が誓約書--担ぎ手側

 今月18~20日に開かれる浅草神社(台東区浅草2)の三社祭が、「厳戒態勢」になりそうだ。昨年、担ぎ手が乗った神輿(みこし)の一部が壊れる事故が発生し、「神輿乗り」を続けたい担ぎ手側と禁止したい主催者側の協議が一時難航。今年の開催が危ぶまれた。最終的に両者は合意したが、今年は「神輿乗り禁止」の原則が崩れないよう、関係者が目を光らせる中での祭りになる。【森禎行】

 事故は昨年5月21日早朝に発生した。3台の本社神輿が神社境内を東、西、南の3方向に練り歩くメーンの「宮出し」で、南に進む神輿「二之宮」に、16人の担ぎ手が乗った。神輿はそのまま地面に落ち、「とんぼ」と呼ばれる左前の横棒が折れたという。

 主催者の浅草神社は「前代未聞の深刻な不祥事」と憤る。同神社は「神輿には神社のお神霊を祭っており、人が乗ることは神霊を汚す行為」として禁止する注意喚起を毎年続けてきた。しかし、ここ十数年改善せず、「神輿乗り」が続いていた。神社は「『だんじり祭』(大阪府岸和田市)で山車に人が乗るのとは違う。神輿に人が乗ってはならない」と力をこめる。

 当初、担ぎ手で構成する同好会が「神輿乗り禁止」に同意する「誓約書」を神社に提出することに難色を示した。そのため神社側は「状況が改善しなければ今年の『宮出し』は中止」と宣言。これを受けて、大半の同好会から誓約書が提出されたため、祭りは従来通り開かれることになった。

 事故を教訓に神社側は「神を軽視する行為が他の神社へ波及する悪循環を恐れる。本来の祭りの姿を取り戻したい」といい、今年の「宮出し」で神輿に人が乗れば、来年の「宮出し」は中止にする強い姿勢で「監視」することにしている。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-14 12:01 | 社会  

<三重地震>登庁は4割以下「職員の意識低い」…亀山市

4月18日2時26分配信 毎日新聞

 三重県中部を震源とした15日の地震で、震度5強を観測した同県亀山市は17日、当日登庁するべきだった市職員434人のうち、実際に登庁したのは4割以下の163人だったことを明らかにした。市は「職員の意識が低くなっている」と反省し、非常召集の方法を含め、地域防災計画を見直す。

 市は防災計画で「震度5強以上の地震の場合、職員全員で体制をとる」と定め、職員は自主的に登庁するはずだった。小坂勝宏副市長は「非常召集に課題が残り、登庁しなかった職員に理由を聞いている。初期対応に問題はなかったが、最近、防災訓練をしておらず、引き締めなければいけない」と話した。

 また、市教委は17日、地震で崩れた亀山城多門櫓(やぐら)の石垣のうち、崩れたのは1972年に修復した場所で、江戸時代に積まれた石垣は無事だったことを確認した。江戸時代の石垣は、奥行きの長い石を斜めに重ねて積み、重さが奥の方向に抜ける構造だったという。多門櫓の正確な築造時期は不明で、江戸時代末期までに築造されたらしい。【中島幸男】
[PR]

by deracine69 | 2007-04-18 02:26 | 行政・公務員  

伊賀市長、地震後もゴルフ 夜は懇親会 「軽率だった」

4月17日16時17分配信 産経新聞

 三重県中部を震源に15日に起きた地震の当日、同県伊賀市の今岡睦之市長(67)が災害対策本部を設置したにもかかわらず、隣接する名張市内でゴルフをしていたことが分かった。伊賀市では震度5弱を観測していた。市長は市役所に登庁せず、夜の懇親会にも出席。市長は17日、「どうしようか迷ったが、引き揚げるべきだった。軽率だったと反省している」と話した。

 今岡市長らによると、ゴルフは伊賀、名張両市の親睦(しんぼく)目的の大会で、両市の幹部や市議ら32人が参加。今岡市長は4人のグループで午前10時20分ごろからプレーを始めた。午後0時19分の地震発生を受けて、市の担当者から連絡を受け、災害対策本部設置の指示をしたが、そのままゴルフを続けた。別の幹部職員は昼食後、プレーを中断して市役所に戻ったが、今岡市長は災害対応を副市長や幹部職員に任せたまま午後5時前までプレー。今岡市長はその後に名張市内で開いた懇親会にも出席し、市役所に寄らずに帰宅したという。一連の行動について今岡市長は「途中で帰ったら名張市に申し訳ないと考えた」と釈明している。
[PR]

by deracine69 | 2007-04-17 16:17 | 政治