タグ:相撲 ( 97 ) タグの人気記事

 

若麒麟に退職金…相撲協会の処分「甘すぎる」

2月2日15時33分配信 読売新聞

 協会が出した結論は「解雇」だった。

 大麻事件で逮捕された若麒麟真一(本名・鈴川真一)容疑者(25)に対し、日本相撲協会の理事会は2日、解雇処分を決めた。理事会決議としては最も重い処分だが、退職金を支給しない「除名」という選択肢は見送られたことで、識者からは「甘すぎる」との指摘も出ている。

 理事会が開かれた東京・両国国技館には、約50人の報道陣が詰めかけた。同日正午前から開かれた記者会見には、武蔵川理事長と協会広報部長の九重親方が出席。フラッシュがたかれる中、冒頭、武蔵川理事長が顔を紅潮させながら、「多くのファンに心配、ご迷惑をおかけし、心からおわびします」と謝罪し、深々と頭を下げた。九重親方は終始無言で、厳しい表情のままだった。

 武蔵川理事長によると、処分は「議論はあったが、満場一致の結論」。今後、協会改革を進めていくにあたっては、外部の意見を取り入れることや、薬物検査も回数を増やすなど、徹底する考えを示した。

 報道陣から、「(若麒麟容疑者を)除名にすべきという意見はなかったのか」と問われると、武蔵川理事長は「除名を求める声もあったが、若麒麟はまだ若く、第2の人生もある。除名はかわいそうだということで、解雇に決まった」と苦渋の表情を浮かべた。会見は5分ほどで終わった。

 また、元警視総監で、外部から監事に就任した吉野準氏は「出席者の半分くらいは除名という意見が出たが、最終的に全会一致で解雇とした」と説明した。

 会見に先立ち、理事会から退席した師匠の尾車親方は、待ちかまえていた報道陣に「処分は言われましたが、私からは言えないので、会見で」とだけ言い残して立ち去った。

 日本相撲協会の再発防止検討委員会委員を務める漫画家のやくみつるさんは「(退職金を払わなくていい)除名でないことに合点がいかない。ロシア人力士の時にも『何をやっているんだ』という声が上がっていたのに、なぜ同じ愚を繰り返すのか。除名に必要な手続きの手間を惜しんだとしか思えない」と解雇処分に疑問を呈した。その上で、「こうした犯罪行為だけでなく、品格の問題なども同時進行で律していかなくてはいけないのに、今回の問題で他の問題が棚に上げられてしまった感があり、残念だ」と話した。

 ノンフィクション作家の長田渚左さんは「当然の処分。ただ最近、不祥事が立て続けに起き、関係者を処分しているのに、全く次につながっていない。たがが緩みきっている。相撲界は根本的な改革を本気でやらないと、衰退の一途をたどってしまう」と指摘。さらに「一連の不祥事の根はすべて同じで、新弟子よりも親方の再教育が必要だ。相撲をしばらくやめて、内部で徹底的に話し合い、自分たちの根っこを見つめ直すべきだ」と語った。

 相撲ファンの反応も様々だ。国技館近くにいた三重県桑名市の主婦藤崎千鶴子さん(57)は「ロシア人力士の時も解雇処分だったので、今回だけ除名になると不公平。処分は納得出来るが、大好きな相撲でこういう不祥事が続くと、ファンとして悲しいので、個々の力士が『国技を担っている』という誇りを持ってほしい」。茨城県石岡市の男性会社員(62)は「我々サラリーマンが不祥事を起こした時は、退職金も出ずに首になる。それに比べると甘いのではないか」と憤っていた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 15:33 | 社会  

<相撲協会>理事長、朝青龍を批判 ガッツポーズ問題で

1月29日2時36分配信 毎日新聞

f0013182_4472161.jpg 大相撲初場所千秋楽(25日)で優勝を決めた朝青龍が勝負後に「ガッツポーズ」をした問題で、日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は28日、今後、同様の品格を問われる問題を起こした場合、理事会に諮り厳しい処分を下す意向を示した。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)を29日の理事会前に呼び、注意する。【上鵜瀬浄】

 朝青龍は千秋楽の白鵬との優勝決定戦に勝利後、礼の後に土俵上で両拳を突き上げるガッツポーズを見せた。この所作については、千秋楽翌日の横綱審議委員会(横審)でも複数の委員から「品格を欠く」などの批判が出た。しかし、朝青龍は27日にモンゴルに向け離日した。武蔵川理事長はまず、「騒ぎに対し帰国前の朝青龍と報告、謝罪に来るべきだ」と、高砂親方の態度を非難。「悪いことが話題になったのだから、師匠が『私から厳しく注意しました』など、何らかの態度を示すのが筋。指導者として恥ずかしい。今度やったら(横綱の処分を)理事会にかけるぐらいのつもりで話す」と激しい言葉を連ねた。朝青龍は、2年前のサッカー騒動で2場所出場停止処分を受けており、再び理事会で処分を受ければ、さらに長期の出場停止や進退を含めた厳しいものになる。

 また、朝青龍本人についても、テレビインタビューで「日本が好きだ。日本の横綱ですから」と話したことを挙げ「ならば大相撲のルールやしきたりを勉強すべきだ」と話した。その後も「自覚が足りなすぎる。帰国前に(理事長室に)来て『勢いでやった』と謝罪すれば済む話なのに、呼ばれないと来ないなんて」と苦言を呈した。横綱の態度を理事長が批判するのは異例。

 初場所の朝青龍は、このほかにも、初日の稀勢の里戦での勝負のついた後のダメ押しや、7日目の嘉風戦で決着がついた後も土俵下でにらみ続けるなどの態度で、品位に欠けるとの指摘を受けていた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-29 02:36 | スポーツ  

首相、読み飛ばしちゃマズイのでは…大相撲の表彰式

1月25日22時34分配信 読売新聞

 麻生首相は25日、東京・横網の両国国技館で行われた大相撲初場所千秋楽の取組終了後、優勝した横綱朝青龍に内閣総理大臣杯を授与した。首相は「数々の試練を乗り越えての優勝。やっぱり横綱は強くなくっちゃ」と朝青龍の戦いぶりを称賛した。

 過去には、2001年夏場所で小泉首相(当時)が横綱貴乃花(同)を「感動した」とたたえて評判となった。麻生氏もこれを意識したと見られるが、表彰状の読み上げの際、「内閣総理大臣杯」の「杯」を読み飛ばし、「内閣総理大臣 朝青龍明徳殿」と述べる場面もあった。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 22:34 | 政治  

貴乃花親方、多くを語らず=大相撲初場所千秋楽

2009/01/25-21:05 時事通信

 貴乃花親方(元横綱)は、優勝回数で朝青龍に抜かれたことについて多くを語らなかった。朝青龍の評価には触れず、「わたしはひと言、若い力士に向けて」と前置き。声明を発表するような口調で「毎日こつこつ精進することが真の相撲道であることだけ、分かってもらいたい」。朝青龍のけいこ嫌いが伝えられているためか、後輩たちにけいこの大切さを訴えていた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 21:05 | スポーツ  

「八百長の告発はウソ」元若ノ鵬が東京地裁に陳述書

2008年11月27日17時46分 ANN

 元若ノ鵬(20)が日本相撲協会に解雇の無効を求めている裁判で、これまでの「八百長の告発」は嘘だったとする陳述書を東京地裁に提出していたことが分かりました。

 陳述書などによると、元若ノ鵬は、ある親方の知人と名乗る40代半ばの男性から「八百長をしたという嘘の告発をすれば、相撲界に戻れる」と言われ、会見を開いたということです。しかし、「後で、だまされたと気づいた」と主張しています。「八百長にかかわったとして実名を挙げた力士には会って謝罪したい」としています。この陳述書の内容に対し、告発の記事を掲載した講談社側は「今になって証言を翻すのは極めて不可解というほかない」とコメントしています。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-27 17:46 | 社会  

元若ノ鵬の地位保全認めず 仮処分申請で東京地裁

2008年10月30日 12時40分 共同通信

 大麻所持容疑で逮捕され、現役力士として初めて日本相撲協会から解雇されたロシア出身の元幕内若ノ鵬、ガグロエフ・ソスラン元力士(20)=起訴猶予=が力士の地位保全を求めた仮処分申し立てに対し、東京地裁(中西茂裁判官)は30日、却下する決定をした。ガグロエフ元力士は「過去の事例と比べて処分が厳し過ぎる」として解雇の無効を求めて提訴するとともに、仮処分も申し立てていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 12:40 | 社会  

解雇の元若ノ鵬側 地位確認を求める 初弁論

10月27日16時24分配信 産経新聞

 大麻所持容疑で逮捕、現役力士として初めて日本相撲協会から解雇された元幕内若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン元力士(20)=起訴猶予=が「過去の事例と比べ厳し過ぎる。権利の乱用で解雇は無効」と、力士の地位確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、東京地裁(渡辺弘裁判長)であり、協会側は「処分は正当」と反論した。

 元力士本人は姿を見せず、代理人の宮田真弁護士が記者会見し「協会に迷惑が掛かるので、出廷を避けた。協会に戻ることが本人の最大の希望で『お願いします』と話していた」と説明した。

 協会側は答弁書で「薬物使用は『相撲道』に反し、協会の信用を傷つけた」と主張した。

 ロシア出身のガグロエフ元力士は、興行の在留資格で日本に滞在。解雇の3カ月後には強制退去となる可能性があり、仮処分も申し立てている。

 訴状によると、同協会は8月18日の元力士の逮捕を受け、緊急理事会で解雇を決めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 16:24 | スポーツ  

元若ノ鵬の出廷認めず=講談社の証人申請却下-東京地裁

10月21日18時25分配信 時事通信

 大相撲の八百長疑惑を報じた週刊誌「週刊現代」の記事をめぐり、横綱朝青龍らが損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は21日、講談社側による元若ノ鵬の証人申請を却下した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 18:25 | スポーツ  

大島巡業部長が朝青に“引退勧告”

10月19日8時1分配信 スポーツ報知

 日本相撲協会巡業部の大島部長(元大関・旭国)は18日、モンゴルで左ひじの治療を続け、巡業を休場している横綱・朝青龍(28)=高砂=に“引退勧告”を突き付けた。

 来日を当初予定していた20日から27日へと延長した朝青龍について、京都巡業の朝げいこ終了後、「下半身ならまだしも腕のけがでずっと休むのはおかしい。土俵入りはできる。お客さんをバカにしている。中途半端は困る。やる気がないなら引退するとかね」と切り捨てた。“看板”の突然の休場で勧進元から苦情が続出していることが、厳しい態度の背景にあるようだ。

 朝青龍は九州場所(11月9日初日・福岡国際センター)を休場することが濃厚。大島部長は「それでも九州後の冬巡業に出るのは当然。(朝青龍の師匠)高砂親方と話をするかも」と特別待遇を許さない姿勢だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-19 08:01 | スポーツ  

大相撲:貴乃花親方激怒!週刊現代側を提訴も

2008年10月17日 スポニチ

 自らの八百長疑惑に、貴乃花親方(36=元横綱)が怒った!日本相撲協会と北の湖前理事長(元横綱)が、週刊現代の八百長疑惑記事をめぐり、発行元の講談社などを相手に起こした名誉棄損訴訟の口頭弁論が16日、東京地裁(浜秀樹裁判長)で行われ、記事を執筆した武田頼政氏が貴乃花親方が初優勝した92年初場所で八百長があったと証言した。一連の八百長裁判で、ついに自身の名前が出たことに貴乃花親方は激怒。「法的措置を考える」と週刊現代側を提訴する意向を口にした。

 報道関係者で埋まった傍聴席にどよめきが走ったのは、午前中に行われた武田氏の証人尋問の冒頭だった。

 故人の元大関・貴ノ花が初優勝した75年春場所千秋楽で、北の湖前理事長と対戦した本割と優勝決定戦は八百長だったとする武田氏。その記事を「書くことを決意させたのは藤田憲子さんです」という衝撃の証言だった。貴ノ花の元妻である藤田さんが、八百長疑惑記事の情報源だったと初めて明かされたが、武田氏はさらに驚くべきことを口にした。

 「貴花田(現貴乃花親方)の初優勝の時もそう(八百長)だった。ただ、本人は全く知らず、師匠が裏で手を回していたと言っていた」

 週刊現代側の弁護士に「他に(八百長は)ありますか」と聞かれて出てきた証言。母である藤田さんが、自身の八百長を明かしたとの主張に、貴乃花親方は「あるはずのない話。完全否定します。なぜ私の名前が出るのか、理解に苦しみます」と怒りをあらわにした。

 週刊現代側が被告側の証人として申請をしていた藤田さんが、法廷に現れなかったにもかかわらず、藤田さんの話として次々と証言をしたことも貴乃花親方の不満を増幅させた。「おふくろも証人に出てこなかったし、向こうの思惑は何なのだろうと思います。名誉棄損、偽証など、新たな法的措置を考えます」とまくしたてた。

 週刊現代側は5月の準備手続きで藤田さんを証人として申請。しかし、貴乃花親方が「(藤田さんが)協会と敵対するのなら私は役員待遇の職を辞す」と猛反発したこともあり、藤田さんも出廷を否定していた。

 武田氏は「最初は前理事長が提訴したら立ちますと言っていた。でも、その後大騒ぎになって立つのに抵抗があったのでしょう」と説明。週刊現代側の弁護士は「どういう理由があったのか分からない。武田氏と3人で話し合って決めたことなのに」と首をかしげた。

 藤田さんはこの日、所属事務所を通じ「今回の件についてコメントすることはありません」と沈黙を守った。武田氏の証言通り、藤田さんが情報源なら実母に裏切られたことになる貴乃花親方は「(藤田さんが)そういうことを言うとは思えない」と母親を信じたいとでも言うように否定。提訴については「(法廷のやりとりが)2週間後に文書になって出てくる。それを確認してから」と厳しい姿勢を打ち出した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 08:00 | スポーツ