タグ:石原慎太郎 ( 79 ) タグの人気記事

 

新銀行東京、旧経営陣を刑事告発へ 背任視野に経営責任を追及

2009.1.3 00:56 産経新聞

 東京都が出資する経営再建中の新銀行東京(津島隆一代表執行役)が、ずさん融資で不良債権を増大させ同行に損害を与えたとして、背任罪を視野に旧経営陣の刑事告発に踏み切る方針を固めたことが2日、分かった。新銀行は旧経営陣の責任を追及するための弁護士らによる外部調査機関を設置し、元同行幹部や行員らに事情聴取を行うなど詰めの調査を急いでおり、近く調査結果を公表、旧経営陣の告発方針も明らかにする。

 外部調査機関は、平成17年4月の開業から18年12月までの間、旧経営陣が適切なデフォルト(債務不履行)防止策を取らずに融資拡大路線を強硬に推し進め、同行に多大の損失を与えた点を重視。数カ月後の破綻(はたん)が予測でき、回収不能が明らかな企業への融資を積極的に推奨、もしくは容認していたとみている。

 また、旧経営陣の仁司泰正元代表執行役(68)ら一部執行役が経営全般の監視を行っていた取締役会に対し、デフォルト発生防止対策について事実と異なる「楽観的」な報告を行い、十分な説明をしていなかったとみており、正確な情報を隠蔽(いんぺい)していたとの見方を強めている。

 新銀行の内部調査などによると、同行は昨年3月末時点で融資先2300社以上が破綻、総額約285億円が回収不能となった。「返済が滞ってもまともに回収しない状態」(元行員)が続いたとされる。

 新銀行をめぐっては昨年10月、元行員がブローカーと結託し、融資金を詐取した事件が発覚。元行員ら6人が詐欺罪で起訴された。内部調査では、これまでに「詐欺的要素の強い」融資案件が約35件確認されているほか、金融庁が昨年12月26日、新銀行に業務改善命令を発出。法令順守態勢や融資金の詐欺事件に関連する再発防止策について「十分な取り組みを行っていない」と指摘し、1月26日までに業務改善計画を提出するよう求めている。 

 こうしたことなどからも、外部調査機関や新経営陣側は、旧経営陣が新銀行の経営悪化を招いたと判断。刑事告発による追及で、責任を明確にする意向だ。新銀行設立を主導した石原慎太郎知事もこれまで「経営者の才覚に問題があった」などと旧経営陣の責任を強調している。ただ、都議会の野党会派は「知事は責任をなすりつけている」と批判している。



【新銀行東京】 資金繰りに苦しむ中小企業の支援を目的に東京都が1000億円を出資して平成17年4月に開業。無担保融資により多額の焦げ付きが発生し、仁司泰正元代表執行役ら旧経営陣が18年6月に引責辞任、20年3月期決算では1016億円の累積赤字を計上した。同年、都は400億円の追加出資と赤字を一掃する減資を実行した。20年9月中間決算は70億円の赤字で、店舗の統廃合などリストラを進めたことで赤字幅は前年同期から16億円減少。景気低迷に伴う融資先の経営悪化で、不良債権処理額が前年同期比47・5%増となったが、昨年2月に発表した再建計画で明示した業績目標はほぼ達成している。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 00:56 | 行政・公務員  

<新銀行東京>「都の責任重大」金融庁が指摘

12月4日12時33分配信 毎日新聞

 東京都の出資で設立された新銀行東京(新宿区)が経営危機に陥った問題で、金融庁が「都が過大な融資計画の作成に関与していた」と指摘していたことが分かった。石原慎太郎知事ら都側は「旧経営陣が常識外れの経営をした」などと釈明してきたが、金融庁の指摘により都の責任論が改めて高まりそうだ。

 金融庁は4月から同行の検査に入っており、10月の結果通知で「都の責任は重大」と指摘したとみられる。

 新銀行は都が1000億円を出資し、05年4月に開業。それに先立つ04年2月、都は業務運営指針のマスタープランをまとめ、開業3年後に融資・保証残高を9300億円積み上げ、54億円の黒字を実現するという「融資拡大路線」の目標を掲げた。同行は開業後、事業計画を繰り返し見直したが、都側はその都度、新銀行側に「マスタープランの数値が基軸」と目標達成を要求。旧経営陣は融資拡大路線を続け、社外取締役も機能しなかった。【永井大介、木村健二】
[PR]

by deracine69 | 2008-12-04 12:33 | 行政・公務員  

石原都知事、欠席へ=新銀行問題の参考人招致

11月20日11時31分配信 時事通信

 金融機能強化法改正案を審議中の参院財政金融委員会が、経営再建中の新銀行東京をめぐり、25日に石原慎太郎東京都知事を参考人招致する方向で調整していたが、同知事は欠席する方針であることが20日、分かった。

 欠席理由について、都幹部は「ほかの公務と重なるため」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 11:31 | 行政・公務員  

石原都知事、オバマ次期大統領に警戒感=五輪招致、ライバルのシカゴに有利?

2008/11/07-16:56 時事通信

 2016年夏季五輪の招致を目指す東京都の石原慎太郎知事は7日の記者会見で、同じ候補地のシカゴを地元とする民主党のオバマ氏が米大統領選挙で勝利したことについて、「世界一の大国の大統領に黒人がなったので、アフリカなんぞの黒人国家が親近感を持って、そういう票が雪崩を打って動いたりするとちょっと厄介ですな」と警戒感をあらわにした。

 16年五輪の開催都市は09年10月2日の国際オリンピック委員会(IOC)総会(コペンハーゲン)で決定するが、現時点では立候補の4都市のうち、東京、シカゴがマドリード、リオデジャネイロの2都市を招致レースで一歩リードしているとの見方がもっぱらだ。 

 石原知事は「(開催都市決定の)10月2日までに米国が新しい政権の中で、この金融危機、経済危機を含めて世界に対する責任をどこまで果たせるのか、米国のプレステージにもかかってくるのでは」と述べ、オバマ次期大統領の政治的手腕が今後の招致レースの行方にも影響してくるとの見方を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-07 16:56 | 行政・公務員  

新銀行東京詐欺 リ社とアシスト社、上野出張所でも不正

11月1日1時56分配信 産経新聞

 新銀行東京の融資金詐欺事件で、不正融資先の給排水設備会社「リフレックス」から融資金の大半を受け取っていたリ社関連会社「アシストプラン」が平成18年3月、同行上野出張所から融資を引き出した際も偽造した決算書を提出していた疑いが強いことが31日、警視庁捜査2課の調べで分かった。両社が指定暴力団山口組系組員の仲介で密接な関係が始まっていたことも新たに判明。同課で詐欺グループの実態解明を進めている。

 調べでは、アシスト社は18年3月、同行上野出張所の窓口を訪れ、5000万円の融資を申請したが、その際、虚偽の決算書を提出していた疑いが強いという。逮捕容疑となった同年9月のリ社への不正融資では、売上高を約3倍に水増しした決算書を同行池袋出張所に提出しており、同様の手口だったとみられる。

 民間信用調査機関によると、アシスト社は当時、関西の銀行支店や地銀などから計約14億円の借入金があった。その返済は滞り、資金繰りが悪化したため、新たな借り入れ先として融資審査の甘い新銀行東京に目をつけたとみられる。

 上野出張所からの融資は1年5カ月後の19年8月から返済が滞り、約3600万円が回収不能となっている。

 こうした状況から捜査2課は、詐欺行為を考案したとされるアシスト社会長で指定暴力団住吉会系元組員の大丸正志容疑者(46)やブローカーらを「詐欺グループ」と位置づけている。

 リ社を実質的に取り仕切っていたのはブローカーの松本順也容疑者(45)で、社長の諸隈寛容疑者(49)とブローカーの渡部善和容疑者(49)の3人は、かつて別の給排水設備会社で同僚だった。

 リ社側とアシスト社の関係が始まったのは16年ごろ。資金繰りに困っていたリ社が山口組系組員に相談し、組員が紹介したのが大丸容疑者だった。以降、アシスト社はリ社の給排水設備業の「総代理店」になったが、実質的には大丸容疑者らアシスト社側がリ社を支配していた。

 大丸容疑者は調べに容疑を否認した上で、社内の立場についても「いわゆる顧問的なことをしてる程度だった」と供述している。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-01 01:56 | 社会  

プレスセンター、東京ビッグサイトに=築地跡地から変更-五輪誘致で石原都知事

10月31日16時57分配信 時事通信

 東京都の石原慎太郎知事は31日の定例記者会見で、2016年夏季五輪の招致に関し、プレスセンターを築地市場(中央区)の移転跡地に建設する計画を見直して国際展示場の東京ビッグサイト(江東区)を活用する意向を明らかにした。同知事は「平屋に近い大きな建物の方が活用できるし、アクセスの点からもはるかに便利」と説明した。

 都は当初、老朽化した築地市場を豊洲地区(江東区)に移転させ、跡地にプレスセンターを建設する計画だった。しかし、豊洲からは高濃度の有害物質が検出され、移転のめどは立っていない。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 16:57 | 行政・公務員  

「ノルマこなしたかった」=実績増狙い書類改ざん指示か-新銀行東京融資詐欺事件

10月28日4時55分配信 時事通信

 新銀行東京の融資をめぐる詐欺事件で、元行員青木千代美容疑者(56)が警視庁捜査二課の調べに対し、「融資額のノルマをこなしたかった」と供述していることが28日、分かった。

 同容疑者は融資の実行基準を満たすように決算書類の改ざんを指示しており、同課は融資先から手数料を得るとともに、行内での実績を伸ばそうとしたとみて調べる。

 調べによると、青木容疑者は行内でも営業成績が優秀で、約100件、計23億円の融資を達成。2006年12月には、ノルマをこなした行員に支給される「成果手当」で70万円を得ていた。

 実態のない企業に融資をするため、決算書類の借り入れに関する記述の書き換えを指示。訪問調査の際は、虚偽の写真を撮影して上司に提出するなどして不正に協力していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 04:55 | 社会  

新銀行東京元行員ら逮捕=計7人に詐欺容疑-5000万円融資で警視庁

10月27日17時34分配信 時事通信

 新銀行東京(本店東京都新宿区)の融資をめぐり、警視庁捜査2課は27日、同行から5000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で、元同行行員(56)ら7人を逮捕した。

 同行は審査の甘さから多額の融資が焦げ付き経営不振に陥ったが、審査の在り方が問われそうだ。

 調べによると、元行員は池袋出張所で融資業務を担当していた際、関係者と共謀。2006年9月に都内の配管関係の会社に対して5000万円の融資をした際、不正をした疑いが持たれている。

 捜査2課は元行員が融資基準を満たす財務状況にあるとして上司の許可を得ていたが、これが不適切だった疑いがあるほか、決算書類が正確ではなかった可能性があるとみている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 17:34 | 社会  

新銀行東京、元行員らを告訴…融資先1年足らずで焦げ付き

10月27日15時52分配信 読売新聞

 新銀行東京(東京都新宿区)は27日、元行員と融資先企業の関係者を詐欺容疑で警視庁に告訴したと発表した。

 発表によると、詐欺容疑の舞台となった融資先企業は、2006年9月に融資が実行され、07年7月から融資が焦げ付いたという。

 社内調査の結果、この融資は、不正に申請された疑いが強いと判断した。

 新銀行は、開業時(05年4月)の旧経営陣下のずさんな融資審査などが、経営悪化の原因とみており、刑事・民事両面からの責任追及を目指している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 15:52 | 社会  

<新銀行東京>資本注入は可能…自民幹事長代理

10月26日23時17分配信 毎日新聞

 自民党の石原伸晃幹事長代理は26日のNHK討論番組で、公的資金による資本注入を可能にする金融機能強化法改正案について「法律の中には(注入先の)銀行に区別はない」との認識を示した。野党からは銀行の経営責任があいまいになるとの指摘も出ており、28日からの国会審議の焦点となりそうだ。

 民主党の菅直人代表代行は同番組で東京都から400億円の追加出資を受けて経営再建中の新銀行東京が対象となる可能性に言及。「都民の税金を使ったところに、今度は一般国民からも税が入るとなれば大問題だ。議論せざるを得ない」と徹底審議を求めていく考えを強調した。【三沢耕平】


資本注入、新銀行東京も対象と石原氏=菅氏は問題視
2008/10/26-13:21 時事通信

 自民党の石原伸晃幹事長代理は26日午前、NHKの番組に出演し、金融機関への予防的な資本注入を可能にする金融機能強化法改正案について「法律の中には銀行に区別はない」と述べ、東京都が出資し経営難に陥っている新銀行東京も対象に含まれるとの見解を示した。

 これに対し、民主党の菅直人代表代行は「都民の税金を使ったところに、一般国民からも税が入るなら大問題だ。(対象に)新しいものを入れるなら納税者の立場から議論せざるを得ない」と問題視した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 23:17 | 政治