タグ:福井 ( 10 ) タグの人気記事

 

<もんじゅ>4度目運転再開を断念 福井県に正式表明

1月9日20時24分配信 毎日新聞

 日本原子力研究開発機構の岡崎俊雄理事長は9日午前、福井県庁で西川一誠知事と面会し、同県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」について、予定していた2月の運転再開を断念することを正式に伝えた。再開時期は「関係省庁と協議して報告したい」と述べるにとどまったが、12月以降になる公算が大きい。延期は4度目。

 もんじゅは現在、プラント確認試験を実施しているが、屋外排気ダクトに二つの腐食穴と多数のサビが見つかり、点検作業のため試験が中断している。

 腐食穴ができた原因について原子力機構は9日、「塩害が発生しやすく雨水もたまりやすい構造で腐食が進行した」などとする報告書を国に提出。ダクトを補修するため、大幅な遅れが避けられなくなった。

 記者会見した岡崎理事長は「県民に心配をかけたことをおわびしたい」と謝罪した。【大久保陽一】

 ◇解説 単純ミス続々 問われる組織

 高速増殖炉「もんじゅ」の運転が4度目の延期になった。排気ダクトの点検を怠り、腐食を長年放置したという、通常運転している原発では考えられない単純ミスが原因だ。

 もんじゅは07年8月末に最終試験を始め、運転再開に向け着実に準備を進めているはずだった。だが昨年になり、ナトリウム漏えい検出器の施工不良や、漏えい警報の通報遅れなどが発覚。95年のナトリウム漏れ事故から13年以上も停止したため見過ごされてきた点が、再開直前になって次々と表面化した。こうした事態を招いた原因は、日本原子力研究開発機構のずさんな組織体制にある。

 冷却材に空気や水と反応しやすい危険なナトリウムを使う高速増殖炉は、他の原発よりもはるかに厳しい安全管理が求められる。国の核燃料サイクルの根幹技術と位置づけられる高速増殖炉。だが単純ミスを繰り返すようでは、政策そのものに対する国民の信頼を失う結果になりかねない。【酒造唯】
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 20:24 | 社会  

大飯原発3号機 1次冷却水配管に想定上回るひび

8月16日3時2分配信 毎日新聞

 定期検査で停止中の関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町、加圧水型、出力118万キロワット)で1次冷却水配管(外径約88センチ)の内側に想定を上回る深さ15ミリ以上のひびが入っていることが15日、わかった。原子炉容器直近にある大口径配管で、この個所で深さ15ミリ以上のひびが見つかったのは国内で初めて。外側まで貫通して穴が開けば大事故につながりかねず、本格修理を検討している。もともと4月下旬の予定だった運転再開時期は延期されており、来年以降に持ち越される可能性が強い。

 ひびの場所は、原子炉容器からノズル状にのびる「管台」と配管とをつないだ溶接部。原子炉で熱せられた高温高圧の冷却水を送り出す根元部分で、配管の肉厚は74.6ミリ。経済産業省原子力安全・保安院は、この部分の材質はひびができやすいため、原則10年に1度は検査するよう通知しており、91年運転開始の3号機は、01年度に1度検査し、今回は2度目だった。通知通りに検査したにもかかわらず、深いひびができていたことから、保安院も問題視。他の同型原発についても検査間隔の短縮などの対策強化が求められそうだ。

 関電は定期検査で2月に3号機を停止。4月上旬にひびを見つけた。かかっていた力の影響で金属が腐食する「応力腐食割れ」とみられる。

 当初、3ミリ以下程度の浅いひびと予測。ひびが広がることを防ぐため、周辺を研磨してひびを削り落とす方針だった。実際に削りはじめると、ひびはもっと深かった。8月14日の時点で15.5ミリ削ってもひびがあり、さらに研削中だ。

 関電は、削り落とした部分を補うように新しい材質を張りつける「肉盛溶接」を検討している。溶接には原子炉容器内の機器を取り出し、冷却水も抜く大規模な準備工事が必要で、国内では例がないため、慎重に検討している。【日野行介】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-16 03:02 | 社会  

廃棄物また見つかる、対策工事で地中から 敦賀の最終処分場 

8月5日7時50分配信 産経新聞

 許可量を超えるごみが違法に持ち込まれた福井県敦賀市樫曲の民間最終処分場の環境保全対策工事について検討する県、敦賀市、有識者らの協議会が4日、敦賀市内で開かれた。6月から行われている工事で地中から廃棄物やプラスチック配管などがみつかり、キンキクリーンセンターのずさんな管理運営が改めて浮き彫りになった。

 県の説明によると、今年6月末、旧処分場の下側に設置する防災調整池の掘削を行ったところ、処分場外にもかかわらず2カ所の地下3メートルのところに焼却ごみやビニールなどの廃棄物が混入していることがわかり、工事を中断した。

 事前のボーリング調査では砂礫(れき)となっていたが、範囲が広く完全な予測は困難だったという。土砂を旧処分場に移設してキャッピング工事を行い、調整池の下土を置き換える改良工事を行う方針。

 また、7月上旬に旧処分場北側の斜面で30センチほど土砂を取り去ったところ、直径30センチと40センチのビニール製配管2本が露出し、片方から1分当たり4リットルほどの水が流出していた。水質に問題はなかったが、水処理施設まで仮の配管で導水して処理している。目的は不明で、ガス抜きか集水のためとみられている。

 この日の協議会では県が平成22年10月の本格稼働を目指す浸出水処理施設などについて行程や進捗(しんちょく)を説明した。工法には検討の余地があり、有識者からの助言を取り入れながら事業を進める。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-05 07:50 | 社会  

小浜過熱!海渡るフラ オバマ氏の指名確定

2008年6月4日 15時37分 中日新聞

 米大統領選の民主党候補指名争いでオバマ上院議員が指名を確定させたことを受け、オバマ氏を応援する福井県小浜市では地元フラダンス教室に通う女性らでつくる「おばまガールズ」が勢いづいている。オバマ氏の出身地ハワイで現地時間の7日から開かれるフラダンスの祭典に自費参加するといい「大統領候補と同じ名前の自治体が日本にあることを世界にPRするチャンス」と練習に熱がこもる。

 おばまガールズは、小浜市民有志でつくる「オバマ候補を勝手に応援する会」が今年2月、指名候補争いの天王山となったスーパーチューズデーに合わせて開いた集会で登場。同会会員でもある仕掛け人の大江祐子さん(26)は「最初はこじつけだったが、趣味のフラダンスで集会を盛り上げることができたのも、オバマさんのおかげ」と話す。

 祭典に15人での出演を決めると、主催者側から招待状が届いた。代表の清水千賀子さん(35)は「本場で踊れるほどのレベルではないが、楽しんでいる姿を見てもらえれば」と話す。

 民主党の指名候補確定を知った大江さんは「小浜の盛り上がりやフラダンスを披露するきっかけをつくってくれたオバマさんが候補になってうれしい。大統領になるまで頑張って」とエールを送る。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-04 15:37 | 社会  

オバマ氏「勝利宣言」祝勝会 福井・小浜「応援する会」

2008年05月21日22時29分 朝日新聞

 福井県小浜(おばま)市の「オバマ候補を勝手に応援する会」は21日夕、米大統領選の民主党候補指名獲得に近づいたオバマ上院議員の「勝利宣言を祝う会」を小浜公園前の海岸テラスで開いた。ケンタッキー、オレゴン両州の予備選の結果をもとに、オバマ氏が事実上の勝利演説をしたのを受けた。

 最初に「応援する会」の藤原清次事務局長が「待ちに待った時が来た」と喜びのあいさつ。集まった100人から歓声があがった。続いて司会者がオバマ陣営の選挙スタッフから「応援する会が作ったTシャツを着たい」との要請メールが届いたことを紹介。「いよいよオバマ氏公認の活動になった」と話し、応援のための渡米も実現する見通しも示した。

 その後、6月6日からハワイへ遠征する「おばまガールズ」が夕暮れの小浜湾をバックにフラダンスを披露。大阪の音楽グループ「エニワン ブラザース・バンド」もにぎやかに応援歌を歌って盛り上げ、最後はお茶で乾杯して「勝利」を祝った。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-21 22:29 | 社会  

「夢の原子炉」再び始動できるか もんじゅ

5月17日22時49分配信 産経新聞

 ナトリウム漏れ事故から13年ぶりの運転再開を目指す日本原子力研究開発機構の高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が、重大な局面に立たされている。10月の運転再開に向けた最終確認の段階になって、ナトリウム漏れ検出器の施工ミスなどが相次いで確認されたためだ。これを受け、経済産業省原子力安全・保安院は19日から約4週間の日程で特別検査を実施する。原油高騰や地球温暖化など世界のエネルギー事情が大きく様変わりするなか、「夢の原子炉」は再び始動できるのか。

■誤警報

 「人為ミスだけで片付けられない。事故後の点検でも見つけられなかった」。4月17日、国の原子力安全専門委員会で鈴木篤之委員長は、平成7年の液体ナトリウム漏れ事故を引き合いに出し、ナトリウム漏れ検出器の施工ミスを厳しく批判した。

 もんじゅでは、3月26日夜、原子炉に近くナトリウムが放射能を帯びる1次系配管で、ナトリウム漏れの誤警報が発生。28日にも誤警報が発生した。

 誤警報を起こしたのは日立製の検出器で、予定より約1センチ深く差し込む施工ミスが判明。検出器の先端が配管内の開閉弁の一部に接触して曲がり、誤警報を引き起こしたとみられる。その後の調査で、同型検出器のうち計97台で曲がりなどが見つかった。

 もんじゅでは、平成2年の建設時に検出器を設置して以来、機能確認は行われていたが、取り付け状態の確認は一度も実施されていなかったことも判明した。

 さらに、3月26日の誤警報について、地元自治体への連絡が発生から3時間後だった伝達遅れが不信感を増幅させた。機構側は連絡体制の見直しや人事処分を行ったが、13年前の事故直後には、生々しい現場を撮影したビデオを公開しなかったことなど対応のまずさが問題化した経緯もあり、地元住民からは「組織の体質は変わっていない」などと厳しい声が上がった。

■続発するトラブル

 事態を重く見た原子力安全・保安院は、検出器すべての点検を指示し、直接も確認する方針を示した。同機構は6月末までに検出器607台のほか、温度計などの差し込み型の機器など1335カ所の検査計画を発表した。

 しかし、実はもんじゅでは、昨年8月から、別型の検出器でも故障などが原因で誤警報が4回発生していた。1月下旬にも検出器の数値設定が厳しかったことが原因で誤警報が発生している。相次ぐ誤警報トラブルに「本当に直っているのか」と地元では安全性を疑問視する声が収まらない。

 しかし、同機構は検査ともんじゅの最終試験は平行して実施し、10月の運転再開予定は変えない姿勢を崩していない。これには同市の河瀬一治市長が「運転再開のスケジュールよりも、安全安心の確保を優先してほしい」と苦言を呈した。

■燃料劣化も課題に

 同機構が10月の運転再開にこだわる理由について、別の原発事業関係者は「予算や国内外世論の風向きもあるが、一番の理由は燃料の劣化ではないか」と話す。

 もんじゅの燃料に含まれるプルトニウムの半減期はおよそ14年。平成7年12月にもんじゅが事故で停止してから13年近くが経過したことで、燃料の劣化は確実に進んでいる。一部の燃料を交換する計画は、県や敦賀市から了承されたものの、交換用燃料も同時期に製造されているため、劣化の状態に大きな差はない。運転再開が遅れた場合、新たな燃料が必要となり、さらに費用や時間がかかる可能性がある。

 世界では、原油価格の高騰などで、原発を再評価する動きが出始めている。発電で消費した核燃料以上に、核燃料を生み出せるとされる高速増殖炉の実現は、資源の乏しい日本に取ってはまさに「夢」だ。

 しかし、わずかなミスをきっかけにひとたび事故が起きれば、信頼はすぐに崩れてしまう。事故回復と安全確保に費やした13年と、8600億円(18年度末)の費用を無為にしないためにも、確実な安全対策が求められている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-17 22:49 | 社会  

同じ名前にあやかって… 小浜市でオバマ氏応援の声

2月6日20時20分配信 産経新聞

 米大統領選の民主党候補指名争いで、24州で予備選・党員集会が実施されたスーパーチューズデーの6日、福井県小浜(おばま)市では、バラク・オバマ上院議員(46)に市民らが声援を送った。すでにオバマ氏を応援する勝手連を結成し、オバマ氏にちなむ商品の販売も検討しているという。さて、PR効果は?

 同市によると、以前来日したオバマ氏が税関職員に「福井県のOBAMAから来た」と冗談を言ったとの情報が市に寄せられたことから、村上利夫市長が昨年1月、オバマ氏に親書と特産の若狭塗箸(夫婦膳)、DVD、観光パンフレットなどを送付。さらに今月4日、市観光協会のメンバーら16人がオバマ氏を応援する勝手連を結成した。

 開票が行われたこの日、勝手連のメンバーが市内のホテル「せくみ屋」に集合。従業員らもオバマ氏の似顔絵などを手にテレビの前に集まり、開票速報に一喜一憂していた。

 同ホテル役員で、勝手連事務局長を務める藤原清次さん(55)は「オバマ氏が世界的な大統領に、小浜市が世界的な観光地になれれば」と意気込む。今後、オバマ氏の顔や名前をあしらった若狭塗箸やまんじゅうなどの販売も企画するという。
[PR]

by deracine69 | 2008-02-06 20:20 | 行政・公務員  

<原発トラブル>美浜2号機の13カ所で微小な傷

9月25日18時44分配信 毎日新聞

 関西電力は25日、定期検査中の美浜原発2号機(福井県美浜町、加圧水型軽水炉)の蒸気発生器の溶接部分計13カ所で、微小な傷が見つかったと発表した。傷により、一部の板厚が法律に基づく基準(75ミリ)を下回っていた。力が加わる部位で腐食が進行する「応力腐食割れ」の可能性があるという。関電は「大規模漏えいに直結するような傷ではない」とし、詳しい原因を調べている。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 18:44 | 経済・企業  

高速増殖原型炉「もんじゅ」、プラント確認試験を始める

2007年08月31日11時58分

 95年のナトリウム漏れ事故後、運転を停止したままの高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、日本原子力研究開発機構は31日、原子炉など施設全体の安全性を最終確認する「プラント確認試験」を始めた。試験で問題がなく、地元の県と敦賀市の同意が得られれば、同機構は来年10月に運転を再開する方針。

 試験では、通常運転に近い状態で原子炉や配管、機器の性能について異常の有無を調べたり、高温のナトリウムを循環させたりする。08年8月まで続ける予定。

 プラント確認試験は当初、計90項目の計画だったが、経済産業省原子力安全・保安院は、長期間停止している機器を慎重に調べるよう指示し計140項目に増えた。このため原子力機構は今月24日、08年5月としていた運転再開の目標時期を5カ月延期することを明らかにした。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-31 11:58 | 社会  

エチゼンクラゲは宝の山?=高価な試薬化期待-有用成分の精製法開発・福井県立大

1月4日7時0分配信 時事通信

 漁網に大量に引っ掛かる厄介者が宝の山になる?-。福井県立大食品化学研究室の吉中礼二教授らのグループは、病気の診断薬などに使われる糖タンパク質の一種「レクチン」を、大型クラゲ「エチゼンクラゲ」から精製する方法を開発した。

 レクチンは、がんや白血病などの診断薬や研究用試薬として、医療、化学分野で用いられる。多くの動植物から精製されるが、生物によって性質に違いがあり、同研究室によると、大豆由来で1ミリグラム当たり3000円、カブトガニ由来で同4万3000円という高価格で販売される。

 同研究室は、エチゼンクラゲからの抽出物を独自に調整した「カラム」という筒に通過させるなどしてレクチンを取り出し、精製することに成功した。他の生物由来のレクチンと比べて独特の構造と分かり、試薬としての価値も期待できるという。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-04 07:00