タグ:福岡 ( 27 ) タグの人気記事

 

鯨料理のすすめ 山際千津枝(料理研究家)

勇魚 Dec. 2007 No.34

f0013182_0225697.jpg 「畝(うね)と水菜を薄味で煮たもの」や「おろし生姜をたっぷり添えた鯨の刺身」は今でも我が家のもてなしの定番。私の住む北九州市の小倉では鯨は身近な食べ物である。モラトリアム以降の高値にはため息をつくこともあるが、今も上質な鯨肉が簡単に手に入る。地域がらか、近くに鯨を扱っている魚屋も多く、小倉の中心街にある旦過市場には今でも2件の鯨専門店が店を開いている。北九州はつい最近までほとんどの市場に鯨専門店があり繁盛していた。北部九州に鯨を好む人が多いのはなぜだろう。

 1901年に日本ではじめての近代製鉄所である官営八幡製鐵所が作られた。当時490戸の八幡村には日本全国から仕事を求めて人が集まり、ピーク時には4万人以上が直接製鉄に従事していたと言われている。北九州はフロンティア精神にあふれた働き者が集う街であった。当時のにぎわいは今でも語り継がれるが、高温の中で働く人たちに安価で良質なタンパク源となる鯨が大いに好まれたのは当然の成り行きだと思われる。隣町は昭和30年まで日本一の石炭の積出港として隆盛を極めた若松。更に背後に筑豊炭田もひかえていた。

 重工業が衰退した後も、鯨を食す文化や嗜好は今でもここに暮らす人たちの中に生き続けているのだ。

 また、このあたりでは下関や長崎が近代捕鯨の街として知られているが、北九州も流通や消費の量では負けてはいなかった。昭和初期には北九州の戸畑に日本水産のトロール船基地があり、そのトロール船は鯨探船、運搬船として使われていて戸畑にも鯨があがっていた。鯨肉の加工も盛んであった。

 私は団塊の世代のハシリであるが、学校給食のご馳走は「鯨カツ」「竜田揚げ」「鯨汁」。大量の塩で漬けられ保存が効く「塩鯨」は当時から昭和60年代までのお弁当定番のおかずであった。鯨肉入りハム、ソーセージも忘れられない味である。夕食には今では贅沢品になってしまった「尾の身の刺身」が父の前に置かれ、子どもたちは茹でて縮れた「尾羽毛(おばいけ)の酢みそ和え」をいただいた。小さかった私は「オバイケ」と覚えられずに「オバケ」と言っていたのも懐かしい。

 現代と比べてアレルギーも少なく元気な子ども時代を送れたのは鯨のおかげだと思う。日本人にとって鯨肉がアレルギーを起こしにくいのは、古代より食べられ続けて体質になじんでいる証拠である。また、鯨に多く含まれるナイアシンは、欠乏すれば皮膚炎をおこしやすいとも言われている。エイコサペンタエン酸(EPA)は血液の擬固を抑制し、ドコサヘキサエン酸(DHA)は脳の活動を活発にし、吸収の良い鉄分は貧血予防に効果がある。良質のタンパク質を含んで牛肉や豚肉より遥かに低カロリーで公害汚染の心配のない南氷洋で育った鯨は、他の肉と比べての安全性が高いのは言うまでもない。もっと鯨肉が日常の食卓にのせられる条件が整えば狂牛病や鶏インフルエンザを今程心配しなくても良いのにと残念に思う。

 我々、昭和の年代が鯨料理を好むのは子ども時代に食べなれた味だからにちがいない。味覚は聴覚や視覚よりずっと保守的な器官である。音楽やファッションは新しいものに飛びつけても、経験の無い味に対しては臆病である。口から入るものは命に直結するからなのかもしれないが・・・。これ以上鯨が日常の食生活から離れると、調理法だけでなく味覚の記憶も薄れ、鯨を食する文化そのものを失いそうで心配である。

 児童対象の料理教室では必ず鯨料理を一品取り入れるようにしているが、嬉しいことにほとんどの子どもに「美味しい」と残さず食べてもらえる。手を付けない子どもに理由を聞くと「かわいそうだから」と言う。

 親の考え方そのままなのだろうが、こちらの考えを一方的に押し付けず「卵だって一つの命でしょ。野菜も生きているのよ。もっとお母さんやお父さんと話し合おうね」とだけ伝える。若い世代の親たちに日本人と鯨の関わりをもっと学んでほしいと思う。長い歴史の中で私たちの味覚を満足させ命をつちかってくれたものだから。

 難しく考えずとも、鶏や豚や牛肉の中に鯨という選択肢を一つ増やすのは決して悪いことではない。カロリーベースでの40%という自給率を考えても自国で補える食べ物が増えるのは意味が有る。

 ともかくちかごろ朝夕はめっきりと冷え込んできた。今夜あたり「鯨汁」でも作ろう。皮を薄切りにしてさっと湯引いてからタップリの出汁に入れ、ゴボウや里芋と柔らかく煮て味噌を溶き込む。ネギの小口切りを散らしてから九州特産の柚コショウをしのばせれば更に美味しい。ベーコンをごく細く切ってシャッキリとさせたタップリの貝割れ菜と混ぜ合わせて小鉢に盛りポン酢をたらそう。ベーコンの赤と白、カイワレの緑が相まって美しい一皿である。今夜も熱燗がすすみそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-01 00:00 | 社会  

韓国料理店「チェゴヤ」社長逮捕 不法就労助長容疑

2008/10/18 12:09 共同通信

 福岡県警小倉北署は18日、不法残留の韓国人を働かせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、東京都世田谷区弦巻、韓国料理店「チェゴヤ」社長高橋照雄容疑者(52)を逮捕した。容疑を認めているという。

 チェゴヤは首都圏を中心に約30店舗を展開する韓国家庭料理のチェーン店で、雑誌などで取り上げられる人気店。

 調べでは、高橋容疑者は昨年7月から今年10月、北九州市小倉北区京町の小倉店を、不法残留の韓国人2人に経営させた疑い。「ほかの店舗でアルバイトの経験があり、店のことをよく分かっていると思った」と供述しているという。

 高橋容疑者は昨年11月にも、都内の店舗で不法滞在の韓国人を働かせていたとして警視庁に摘発され、書類送検された。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-18 12:09 | 社会  

<性犯罪>福岡で多発 強姦被害は全国最悪

9月3日13時49分配信 毎日新聞

 福岡県で性犯罪が多発している。昨年の強姦、強制わいせつ事件(未遂を含む)は計564件で10年前の約2倍。今年上半期の強姦被害は人口10万人あたり1.3人で、全国最悪だった。福岡県警博多署が強盗強姦容疑で逮捕した男(28)は1人暮らしの女性宅に忍び込む手口を詳細に供述した。県警は自己防衛策をまとめた冊子を作り、啓発に力を入れている。

 「ワンルームマンションの無施錠の部屋を狙った。ドアノブを1軒1軒回して確かめた」

 男は06年ごろから女性を襲い始めたとみられ、8月までに強姦容疑などで計5回逮捕された。オートロックでも駐車場から塀を乗り越えるなどして侵入。無施錠の部屋を見つけると、ドアを開け室内のにおいや靴で男女の別を判断した。時間は午前4~6時。スタンガンや目出し帽を準備し、熟睡した女性を襲った。

 同署幹部は「オートロックや高層階でも安心はできない。鍵をかけていれば防げたケースも多い」と話す。被害者は身を守れなかった自分を責めがちで、県警生活安全総務課は「泣き寝入りをしている被害者もおり、実際の被害は3~5倍」とみている。

 県警も取り締まりに力を入れており、今年の検挙数は7月末で238件と昨年同期の126件の2倍近い。それでも歯止めがかからない現状に、昨年作った防犯意識が分かる冊子を8万部増刷し、今年は県内の女子高生全員に配った。夜間の一人歩きなどで十代の被害が多く、昨年の県内の性犯罪被害者のうち女子高生が約2割を占めるためだ。

 「コンビニやレンタルビデオ店に夜1人で行く」「ナンパされてついて行ったことがある」「音楽やメールをしながら歩いていることがある」など15項目に答え、危険度をチェックする仕組み。

 「エレベーターは非常ベルが押せる位置に乗る」など防犯ポイントを書いたあぶらとり紙も作り、コンビニで無料提供している。同課は「残暑の季節でも性犯罪は多い。正しい知識を持って、防犯意識を高めてもらいたい」と訴えている。【島田信幸】
[PR]

by deracine69 | 2008-09-03 13:49 | 社会  

<未検査米>築上町の物産館、混ぜて販売…三セクが運営

8月11日13時57分配信 毎日新聞

 福岡県築上町の物産館「メタセの杜(もり)」が、検査米の県産ブランド米「夢つくし」などに、価格の安い大分県産などの未検査米を混ぜて「夢つくし」などとして販売していたことが分かった。物産館を運営する町の第三セクター「ついきプロヴァンス」(長浜達彦社長)が10日、明らかにした。

 同社によると、弁当納入業者の依頼で、07年9月下旬から町内の米穀業者や農家から未検査米約23トンを入荷。このうち約1トンを、同月から今年7月下旬まで、検査米の「夢つくし」など約5.6トンと混ぜて店頭で販売したという。今年7月下旬に外部から指摘を受けて混入が発覚し、それ以降は米の販売自体を自粛している。

 物産館は検査米も未検査米も30キロ単位で袋詰めされた玄米で仕入れた後、双方とも同じ倉庫に保管し、倉庫内の同じ精米機を使っていた。

 同社の柿本保人店長(69)は「検査米の在庫も残っており、担当者の間違いで検査米と未検査米を混ぜてしまったのだと思う。産地などを偽装したつもりはないが、未検査米を検査米として販売してしまい、消費者におわびしたい」と話す。

 日本農林規格(JAS)法によれば、米を販売する際、民間検査機関などの検査を受けなければ、産地と品種、収穫年度の表示はできない。【出来祥寿】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 13:57 | 社会  

八幡製鉄所火災「鎮火」に至らず 出火から丸2日

2008/07/31 08:37 共同通信

 新日本製鉄八幡製鉄所(北九州市)の第5コークス炉付近で発生した火災は、炎や煙がほぼ見られない状態になったが、出火から丸2日が経過した31日朝も完全な鎮火には至っていない。

 北九州市消防局は、30日夜から31日朝にかけて消防車6台を現場に配置し、約20人態勢で火の手が強まることがないか警戒を続けた。再燃や爆発の恐れがなくなったと判断した段階で、鎮火を宣言する。

 市消防局は鎮火後、福岡県警戸畑署と合同で、現場への立ち入りや職員への聞き取りをして、原因調査や被害状況の確認を行う方針。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-31 08:37 | 経済・企業  

コンベヤー折れ曲がる 自然鎮火待つだけ 徹底調査で原因究明を 新日鉄八幡火災ルポ

2008年7月31日 01:15 西日本新聞

 石炭の甘酸っぱいにおいが漂うコークス炉。30日午前、約200メートル手前まで近づいた。周囲に炎はもうない。しかし、地上25メートルの高さにあるベルトコンベヤーが途中でぽっきり折れ、逆L字形に曲がっていた。

 手前には消防車。仮設のテントでは市消防局職員が数人、所在なさそうに座っている。消火活動ができず、見守るしかないのだ。

 戸畑区の新日本製鉄八幡製鉄所で29日発生したコークス炉の火災は、けが人こそなかったものの、30日夕になっても鎮火せず、2日目の夜を迎えた。

 コークス炉は、コンベヤーで運んだ原料炭を蒸し焼きにし、コークスとガスを取り出す。コークスは高炉に投入し、ガスは燃料として配管を通じて高炉や製鋼工場に送っている。

 火災の詳しい原因は不明だが、コンベヤーが出火して落下し、約10メートル下を走っていたガス管を破断したのが発端とみられる。管内のガスに引火して、あちこちから炎が噴き上がった。

 29日午前、火災現場に近づいたときは、オレンジ色の炎から真っ黒な煙がもうもうと立ち上っていた。ガス管の煙突や、ところどころに設けられた弁など10カ所以上で、煙は風に乗って青空に広がっていた。

 その日の午後には炎の勢いは衰え、黒煙も少なくなった。ガスを燃やし尽くすことで、自然に鎮火させる作戦。それにしても時間がかかる。

 コークスで生成したガスは水素やメタン、一酸化炭素などからなる。燃えると二酸化炭素や水になるが、すすも発生する。コークス炉から最も近い民家は南側に2キロ以上離れ、周辺への直接被害はなかった。西風で黒煙が関門海峡側に流れたからだ。これが北風だったら…。

 ベルトコンベヤー付近が出火原因とみられる火災は、これが4度目で、地域住民の不安はいや応なしに募る。

 29日に緊急会見した藤井康雄・八幡製鉄所長は「災害ゼロ」と書かれたゼッケンを着用していた。「地域の方々にご迷惑をかけ、誠に申し訳ない」。その言葉通り、二度と火災を起こさないよう、今後の調査で徹底した原因究明が必要だ。 (根井輝雄)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-31 01:15 | 経済・企業  

新日鉄八幡火災 高炉の稼働再開 火勢弱まり20時間ぶり

7月30日13時2分配信 毎日新聞

 新日本製鉄八幡製鉄所(北九州市戸畑区)構内のコークス工場で起きた火災は、発生から一夜明けた30日朝もガスがまだ残っており、鎮火には至っていない。ただ、火勢は弱まり、黒煙も市街地からはほとんど見えなくなっている。一方、停止していた高炉は同日午前7時26分、20時間ぶりに稼働を再開し、順次各工程の生産ラインを復活。鉄鋼生産を始め、コークス工場を除きほぼ全面的に操業を再開した。

 同製鉄所では29日午前6時40分ごろ、構内のコークス炉でベルトコンベヤーから出火しているのを社員が見つけた。けが人はなかったが、ガスが残っていれば再引火する恐れがあるため、燃え尽きるのを待っていた。ガスの減少に伴い30日午前1時半ごろ、コークス炉の配管と冷却工程の2カ所に空気が流入して異常燃焼を起こし、爆発が2回発生したが、けが人はなく、配管などを損傷するにとどまった。

 火災による減産は、生産能力20時間分に当たる8000トンにフル稼働に至るまでの分を加えた1万トン弱となりそう。鋼材供給への影響は在庫で対応する。ただコークス工場は点検、改修作業に2、3日はかかるため、火災の発生していなかった第4コークス炉でも、再稼働は早くて数日後になる見通しだ。【石戸久代、佐野優】
[PR]

by deracine69 | 2008-07-30 13:02 | 経済・企業  

労使紛争高じ従業員控室に隠しカメラ 北九州の鉄工所

2008年7月28日2時8分 朝日新聞

 会社側が従業員控室に隠しカメラを仕掛け、反抗的な動きを監視する――。北九州市若松区の鉄工所で労使紛争が高じ、異様な事態が起きている。労働組合が結成された翌日、会社側は、廃業と1カ月後の全従業員30人の解雇を通告した。隠しカメラについて会社側は「怠業行為を確認するため」と説明するが、組合側は「盗撮は人権侵害」と強く反発。会社の解散後も対立が続いている。

 会社は香月工業所(香月秀一社長=現・代表清算人)で6月9日に解散した。組合員ら従業員の過半数は工場横の従業員控室で、廃業と解雇の撤回を求め交代で泊まり込みを続けている。

 組合側によると、労使交渉が難航して同3日夜、正社員10人で労組を結成。翌4日朝、会社側に通知したが、直後に会社の弁護士から廃業と工場閉鎖、7月4日付の全員解雇を通告された。解雇日までの給与は支払われたが、再就職の見通しは不明という。

 会社側によると、社長は労使交渉の心労で倒れ、会長も高齢で後継者がいないことなどから、春ごろから廃業・解散を検討。5月中旬から従業員が怠業(争議)行為に入り、製品の納期遅れが続いたのを機に決断したという。

 組合側は6月4日から抗議の泊まり込みに入った。その際、従業員の休憩や食事、話し合いなどに使っていた控室の天井裏と、工場の梁(はり)に設置された小型カメラを発見。控室中央の天井ボードには直径1~2ミリの穴が開けられ、ボードの裏に1.8センチ四方のカメラが粘着テープで固定されていた。発見時も録画中だったという。

 会社側は、怠業行為の事実を確認するため5月中旬以降に設置したと認めている。

 労組の鷺田(さぎた)建二分会長は「盗撮は人権侵害。『ここまでやるか』という思いだ」と非難。組合員が泊まり込む建物の明け渡しを求めて会社側が提訴した民事裁判の組合側代理人、服部弘昭弁護士(九州労働弁護団会長)は「盗撮は不当労働行為とプライバシー侵害に当たる。解雇回避の努力も説明も尽くされず、解雇権の乱用だ」と訴える。

 これに対し会社側代理人の加藤哲夫弁護士は「カメラ設置は施設管理権の範囲内。廃業・解散は株主(経営陣)の専権だから事前説明の義務はない。解雇の件は1カ月前から説明会を重ねている」と反論している。(吉田耕一)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-28 02:08 | 経済・企業  

「なだ万」で食中毒=高級料亭、客10人から赤痢菌-福岡

7月26日0時56分配信 時事通信

 福岡市は25日、博多区の高級料亭「日本料理なだ万」福岡店で食事をした市内の専門学校生と教員の女性計35人のうち23人が下痢や発熱の症状を訴え、うち10人から赤痢菌が検出されたと発表した。女性1人が入院したが、残りは快方に向かっているという。

 博多保健所は同日、赤痢菌による食中毒と断定し、同店を同日夕から24時間の営業停止処分とした。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 00:56 | 社会  

本気で囁かれる古賀誠の落選

5月31日10時1分配信 日刊ゲンダイ

「次の衆院選は来年夏以降がいい」――。自民党の古賀誠選対委員長(67)が26日、東京都連との会合で発した一言が話題になっている。選挙を先延ばししたいのは、自分の選挙が危ないからじゃないかと憶測を呼んでいるのだ。

 実際、選挙区情勢はかなり苦しい。

「古賀誠の地元福岡7区では、落選するのではないかと本気で心配されています。前回、民主党は20代の無名候補しか立てられなかったのに7万5000票も得票した。古賀誠に対する批判票が相当あったのは間違いない。そのうえ、昨年秋の総裁選で、福岡出身の麻生太郎を裏切り、福田擁立に動いたことで地元の県議団がカンカン。“反古賀”になっている。ただでさえ、選対委員長は選挙になっても地元に帰れず大変なのに、このままでは本当にヤバイ」(地元関係者)

 党四役を落選させるチャンスだと、民主党も重点選挙区に位置付け、勝てる候補をぶつけるつもりだ。

「いま刺客として浮上しているのが、元キャバ嬢の太田和美(28)です。小沢一郎の秘蔵っ子の太田和美は、06年の千葉7区補選で勝ったが、地盤を同僚議員に譲り、まだ選挙区が決まっていない。本人は『小沢代表の指令ならどこにでも行く』と言っています。福岡7区は農村部や炭鉱地域が中心だが、無党派層が増えているだけに、元キャバ嬢が来れば話題になり、民主党にドッと票が集まる可能性があります」(永田町事情通)

 古賀誠の当落がどうなるか、見モノである。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-31 10:01 | 政治