タグ:筑紫哲也 ( 3 ) タグの人気記事

 

筑紫哲也氏死去・談話

2008/11/07-22:42 時事通信

◇放送ジャーナリズムの基本築いた

 交流があったコラムニスト天野祐吉さんの話 権力の重要な見張り番の一人が消えた感じだ。ニュースキャスターは個性を出さなければいけない一方、それが強すぎると独善的になる。筑紫さんは微妙なバランスを保ちながら、「話し言葉のジャーナリズム」を確立した先駆者であり、以降の放送ジャーナリズムの基本路線を築いたといえる。これからも重要な局面ではテレビに出て意見を述べたいと言っていたが、かなわなくなってしまった。細かいことにこだわらない豪快な性格だった。かけがえのない人を失い、残念だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-07 22:42 | 社会  

筑紫哲也氏が死去 「NEWS23」メーンキャスター

11月7日18時28分配信 産経新聞

 ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日、肺がんのため、死去した。73歳。

 平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。

 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。

 平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-07 18:28 | 社会  

筑紫キャスターが「ニュース23」復帰

10月4日19時35分配信 時事通信

 TBSは4日、病気療養のため「ニュース23」を休んでいたキャスターの筑紫哲也さん(72)が8日の番組に出演すると発表した。筑紫さんは5月に番組内で自ら肺がんであることを告白。同局の参院選特番などに声だけで出演した以外は治療に専念していた。8日の番組では、がんと向き合ってきた思いや治療内容について語るとともに、翌日以降の出演について自ら明らかにするという。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 19:35 | 社会