タグ:罪の国さいたま ( 62 ) タグの人気記事

 

殺人 「年金、プロ中のプロ」…山口元次官

11月18日15時2分配信 毎日新聞

 元厚生官僚トップの身に何が起こったのか。さいたま市の自宅で18日朝、殺害されたとみられる元厚生事務次官、山口剛彦さん(66)は現職時代、「年金のスペシャリスト」として知られた有能官僚だった。一方、「歯に衣(きぬ)着せぬ物言い」で知られた。突然の出来事に関係者や近所の人たちも驚きを隠せない様子だった。

 山口さんは65年に旧厚生省に入省し、年金局長、官房長、保険局長を歴任。96年11月、社会福祉法人グループを巡る贈収賄疑惑が発覚して辞職した岡光序治(のぶはる)次官の後任として事務次官に就いた。99年8月に退職後も00年1月まで顧問を務めた。

 山口さんは、薬害エイズ事件で旧厚生省が揺れていた96年当時、官房長を務めた。同省の元幹部の一人は「歯に衣着せぬ物言いのため、誤解されることも多く、山口元次官を嫌う政治家らは『山口だけは事務次官にするな』といつも言っていた。だが、岡光元次官の汚職事件のおかげでトップに上り詰めた」と話す。

 大物元次官の悲報に、厚生労働省は重苦しい雰囲気に包まれた。山口さんをよく知るキャリア官僚は「岡光元次官の不祥事の後に次官になり、省の信頼回復のために頑張っていた姿が印象的だった。年金問題についてはプロ中のプロだった。とにかく驚いている」と悲痛な表情で語った。

 山口さんが年金課長だった時代に2年間課長補佐を務め、ともに年金改革に取り組んだ浅野史郎前宮城県知事は「有能で性格も温かくひょうひょうとした方。私が女だったらほれちゃうような人だった。事件を聞いて、びっくりしてがっくりした」と驚いていた。

 山口さんが旧厚生省退庁後、今年3月まで約8年間理事長などを務めていた独立行政法人福祉医療機構(東京都港区)では、一報が流れた直後から職員らが情報収集や報道対応などに追われた。

 ◇「よく夫婦で散歩」近所の住民

 山口元次官の隣家に住み、妻美知子さん(61)と仲が良かったという女性(59)によると、美知子さんは用心深い人で、門扉などのかぎはきちんとかけていた。だが、美知子さんは「かけるのが面倒だ」と話していたという。女性は「美知子さんとは、一緒に書道クラブや小旅行をするクラブにも所属していた。12月1日も、バス旅行する約束をしていた。だれかとケンカする人ではないし、トラブルも聞いたことがない。夫婦仲も良く、2人でよく出掛けていた。びっくりした。信じられない」と表情を曇らせた。

 近所の住民もショックを隠せない。無職男性(68)は「夫婦で散歩しているのをよく見かけた。だんなさんは品がよく、奥さんはガーデニングが好きで、玄関先でよく花の世話をしていた。この辺は穏やかな場所なので、驚いています」と話した。別の年配女性は「テレビニュースで知り、びっくりした。(夫婦は)お二人とも温厚で優しい方でした。本当に残念です」。別の女性は「奥さんはお茶や書道などの習い事に励む多才で上品な方だったのに。残念です」と声を落とした。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 15:02 | 社会  

元厚生次官夫婦、さいたま市の自宅で殺害

11月18日12時6分配信 読売新聞

 18日午前10時20分頃、さいたま市南区別所2、元厚生事務次官山口剛彦さん(66)方で、山口さんと妻の美知子さん(61)が血を流して死亡しているのを、近所の住民が見つけた。

 埼玉県警捜査1課と浦和署は現場の状況などから、殺人事件として捜査を始めた。

 捜査幹部によると、山口さん夫妻は玄関先で倒れていた。山口さんはワイシャツにズボン、美知子さんはシャツにスカート姿のいずれも普段着姿だった。

 2人の出血は胸から大量にあり、血が戸外まで流れており、近所の人から110番があった。玄関にはカギはかかっていなかった。

 山口さんは東京都出身で、1965年に厚生省(現・厚生労働省)に入省。官房長や保険局長を歴任し、96年11月に厚生事務次官に就任した。99年8月に退官している。

 現場は、JR武蔵浦和駅から北西約500メートルの閑静な住宅地。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 12:06 | 社会  

喫煙見られ、たばこの火を顔に押しつける 男を逮捕 埼玉

2008.10.30 03:20 産経新聞

 春日部署は29日、傷害の現行犯で、幸手市栄の自称会社員、寺沢悟容疑者(39)を逮捕した。調べでは、寺沢容疑者は29日午前6時40分ごろ、東武鉄道春日部駅のホームで、喫煙しているところを見ていた男性会社員(35)に立腹。「文句あるか」とたばこの火を左ほおに押しつけ、顔を1回殴った。男性は顔にやけどなど軽傷。駅構内は終日禁煙だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 03:20 | 社会  

夏祭りパトロール中に中3ナンパ わいせつ行為の小学校教諭を逮捕

10月21日18時34分配信 産経新聞

 夏祭りのパトロール中にナンパした中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課と浅草署は埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、同県志木市立志木第三小教諭、後藤崇行容疑者(23)=同県和光市新倉=を逮捕した。

 調べでは、後藤容疑者は8月9日午後、18歳未満と知りながら、自宅に中学3年の女子生徒(15)を連れ込み、わいせつな行為をした疑い。「彼女がおらず欲望に負けた。後悔している」などと供述しているという。

 後藤容疑者は7月中旬に志木市内の神社で開かれた夏祭りのパトロール活動中、女子生徒に「メルアド交換しませんか?」などと声を掛けてナンパ。その後、メールのやりとりを続けていた。女子生徒が9月上旬に東京・池袋で補導された際、「先生とわいせつな行為をした」と話したことから犯行が発覚した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 18:34 | 社会  

エンセン井上容疑者を逮捕=車内で大麻所持-警視庁

2008/10/21-13:15 時事通信

 車の中で大麻を所持していたとして、警視庁池袋署は21日までに、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、格闘家のエンセン井上(本名イノウエ・エンセン・ショウジ)容疑者(41)=米国籍、さいたま市岩槻区慈恩寺=を逮捕した。

 同容疑者は容疑を認め、「自分で吸うため、1カ月前に知人からもらった。米国にいたときに始め、月に3、4回、車の中で吸っていた」と供述。同署は入手経路などを調べている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 13:15 | 社会  

浦和・闘莉王、サポーターと激しい口論

10月19日 16時39分 デイリースポーツ

 J1浦和のDF田中マルクス闘莉王(27)が19日の練習中に、一部サポーターと激しい口論を演じた。V奪回が遠のいた18日のホーム神戸戦の敗戦から一夜明け、埼玉・大原グラウンドでは、一部サポーターがゲルト・エンゲルス監督を批判する「ゲルト、ずっと言いたかった マジ無理」などと書いた横断幕を掲げた。これに闘莉王は黙ってはいられなかった。

 前日の試合後にも観客席とやり合い、悔し涙を流した男は、自らフェンス越しにいた10人ほどのサポーターに歩み寄り「選手は必死にやっている」「こういうときこそ力になってくれ」と訴えた。それでも「精いっぱい戦っているのか」と反論されると「おまえがやってみろ!」とエキサイト。「もう1回、浦和は強いと分からせるために死ぬ気でやってやる!」「だれが男か、見せてやる!!」とタンカを切った。

 前日のスタメン組が闘莉王の周囲を取り囲み、スタッフやエンゲルス監督にも制止されつつ、口論は10分間も続いた。練習後は冷静さを取り戻した闘将は「サポーターも『勝って当たり前』と、1勝の喜びを忘れかけている。タオルを投げるのは簡単。最後まで一丸となってやるしかない」と逆襲を誓った。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-19 16:39 | スポーツ  

土屋義彦氏が死去 参院議長、埼玉知事など歴任

10月7日8時5分配信 産経新聞

 元参院議長で元埼玉県知事、土屋義彦(つちや・よしひこ)氏が5日午前0時半、多臓器不全のため死去した。82歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、栞(しおり)さん。

 土屋氏は、埼玉県議を経て、昭和40年から参院議員。昭和63年に参院議長に就任した。5期目の途中で辞任し、平成4年の埼玉県知事選に出馬し当選、3期11年を務めた。

 県知事時代には、日韓ワールドカップが行われた「埼玉スタジアム2002」を建設したほか、さいたま新都心の整備に尽力。全国知事会会長も務めた。

 平成15年7月、自らの資金管理団体の収支報告書に虚偽の記載があったとして、東京地検特捜部に政治資金規正法違反容疑で実質的な会計責任者だった長女が逮捕され、引責辞任した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 08:05 | 政治  

通報・相談、7割が顕正会=警察に1日3件以上-宗教団体で際立つ多さ

10月6日2時33分配信 時事通信

 宗教団体からの勧誘や脱会をめぐって今年1~6月に全国の警察に寄せられた通報や相談のうち、宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市)に関する事案が全体の約7割を占めたことが、警察庁の調べで分かった。1日平均3件以上で、ほかの団体と比べても際立って多いという。

 顕正会をめぐっては、勧誘や脱会をめぐるトラブルが多発。会員が逮捕される事件も少なくなく、先月30日に、入会を拒んだ熊本市の大学生を脅し無理やり入会書を書かせたとして、会員2人が強要容疑で逮捕されたばかり。1月にも、新潟市で無職男性を車に監禁し入信を迫ったとして、信者2人が逮捕監禁容疑などで逮捕されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-06 02:33 | 社会  

政調費で料理本など購入 川越市議数人 領収書に書名なく

2008年9月9日 東京新聞
江田肇 若海保
 複数の川越市議が政務調査費でゴルフや料理、資格取得などの本を購入していたことが八日、川越市民オンブズマンの調査で分かった。同市議会は政務調査費に関するガイドラインで、購入書籍の領収書には書名を記入することになっているが、これらについては記載がなかったという。

 同オンブズマンは、書名の記載がなかった領収書について購入書店で調査したところ、市議の一人が「頭がいい人のゴルフ習慣術」(七百五十六円)を今年一月に購入していたことが判明した。別の市議は料理本「缶詰・乾物・冷凍食材のおかず」(八百九十円)や資格ガイド「第一種衛生管理者」(千二百円)などを政務調査費で購入。年間約三十五万円分の書籍を購入しながら、大半が書名を領収書に記入していなかった市議もいるという。

 ゴルフ本を購入した市議は取材に「ほかの本に交じって請求してしまったのだと思う。調査費は返還する」としている。料理本などを購入した市議は「一人暮らしのお年寄りに(料理について)教えられるよう購入した」などと説明している。

 同オンブズマンの塚本千恵子さん(55)は「市政に関する調査、研究とは到底思えず、本人の趣味ではないか」と指摘。三十五万円の書籍代についても「こんなに買う必要があるのか。図書館などを利用するべきだ」とし、書名が明記されていない分について、政務調査費を返還するよう求める住民監査請求をする方針という。 (山口哲人)


県議会「最も期待はずれ」は埼玉 オンブズマン調査
2008年9月8日6時37分 朝日新聞

 全国市民オンブズマン連絡会議が発表した都道府県や政令指定市、中核市の議会の「期待はずれ度」ランキングで、都道府県議会のうち埼玉県議会が「ワースト1位」となった。県議会では各会派の議案に対する賛否を公表していないことなどを挙げ、「埼玉県議会がワースト1になったのは、議会や議員が何をしたのか『結果』の透明性が低かったから」としている。

 ランキングは、同会議が今年5~6月、47都道府県、17政令指定市、39中核市の議会を対象に行ったアンケートから作成。政務調査費の支給額や領収書添付の有無、委員会の議事録を作成しているかなどを尋ね、回答により得点をつけて評価した。

 県内では県議会と政令指定市のさいたま市議会、中核市の川越市議会の3議会が評価された。満点は29ポイントだが、県議会は3.2ポイントで都道府県議会のうち最下位。ワースト2は福井、佐賀の両県議会の4.2ポイントで、3ポイント台は埼玉だけ。

 本会議などで登庁した際に、交通費などとして支払われていた費用弁償がないさいたま市議会は、9.8ポイントで17政令指定市のうち6位。川越市議会は5.2ポイントで39中核市のうち31位だった。

 同会議事務局長の新海聡弁護士は「都道府県議会で最も得点が高かった長野県議会(15.0ポイント)と埼玉県議会の違いは、『結果』の透明性による」と話す。長野も埼玉も議会での質問を県側に事前通告するなど、「意思形成の部分については、どの議会も差はなく、悪い」という。

 ただ長野は委員会での全発言を議事録に載せているのに、埼玉は要約だけであったり、長野は議案に対する各会派・議員の賛否を公表しているのに埼玉は公表していなかったりと、「議員が何をしたのかを示す『結果』の透明性が低く最下位になった」と指摘する。

 新海弁護士は「意思形成についても、結果の透明性についても悪い議会がどんなものか、まず県民が傍聴してみて、議会の改革を促してほしい」と話している。

 県議会は今年、県政調査費(政務調査費)の公開など議会改革に向けて多数会派による「議会あり方研究会」を立ち上げ、協議を始めたばかり。今回のランキングについて深井明県議会議長は「議会あり方研究会で改革を協議してもらっており、現時点ではコメントできない」と話している。(藤井裕介)

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2008-09-09 23:59 | 政治  

6歳、捨てられてもたたかれても母をかばった 埼玉

2008年8月21日6時9分 朝日新聞

 埼玉県三郷市の民家で3月、幼児3人が置き去りにされ、島村健太ちゃん(当時2)が死亡、双子の長女が負傷した事件で、保護責任者遺棄致死傷の罪に問われた母親の無職島村恵美被告(30)=同市早稲田2丁目=の初公判が20日、さいたま地裁であり、島村被告は起訴事実を大筋で認めた。動機については「育児の煩わしさから逃れ、交際男性との同棲(どうせい)生活を送るため」と指摘した検察側の主張に対し、「育児放棄になりやすい状況だった」とし、複合的な要因によると主張した。

 検察側は冒頭陳述などで、島村被告は2月、双子の父親で名古屋に単身赴任中だった内縁の夫とは別に、近くの居酒屋店員と交際を開始。店員と2人で近くに借りたマンションで同棲したいと考えるようになり、3月3日ごろ、「ママはもう戻らない。後はよろしく。(妹と弟の)面倒見てね。おなかがすいたら電話をかけて」と言い残し、子どもを置き去りにしてマンションに移り住んだ、と指摘。

 事件当時6歳だった長男が1日数十回、「弟や妹が泣いている」と電話で助けを求めたが、島村被告はせいぜい1日1~2回、子どもたちのいる祖父母宅の玄関先に行って、ハンバーガーやパンなどの出来合いの食べ物を長男に渡すだけで、おむつ交換などをしなかったと指摘。児童相談所職員などとの面会も拒み続け、「20歳前半から育児に追われていたので、一人の女として自由になりたい」と供述したという。

 一方、弁護側は、健太ちゃんが夜泣きがひどかったことや内縁の夫や実母らの支えもなく、「育児放棄になりやすい状況だった」と主張。「交際を始めたばかりの男性に癒やしを求め、育児放棄がエスカレートした」と述べた。

 起訴状によると、島村被告は店員と同居するため、3月3日以降、間借りしていた祖父母宅の3階の部屋に3人を放置。12日に健太ちゃんを脱水症や低栄養で餓死させ、長女に脱水症などで10日間のけがを負わせたとされる。

    ◇

 この日、長い髪を後ろで結い、グレーのトレーナーにジャージー姿で入廷した島村被告。裁判長の問いかけに、小声で答え、うつむきながら落ち着かない様子だったが、検察側が長男の供述を紹介すると、あふれる涙をこらえることはできなかった。

 「ママが作ったシチューやカレーが大好き」という長男。母親が去った感想を検察官が聞くと「我慢できなかった。さびしかったよ。何度も電話したけど全然出ない」と答えたという。

 ゴミが散乱する部屋で出来合いのパンやハンバーガー、お菓子を買い与えられる日々。「残っていたご飯を食べようとしたら腐っていた。冷蔵庫もないから」。当時2歳の妹と弟を一生懸命笑わせようとしたが、長女が笑っても、「弟(健太ちゃん)はずっと泣いていた」という。

 健太ちゃんの死を目の前にした島村被告は「お前はクビだ」と長男を平手で一発たたいたという。それでも長男は「本当に全部ボクが悪い。面倒みろと言われていたのに、全然お菓子とかあげないで」と母親をかばったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 06:09 | 社会