タグ:義家弘介 ( 6 ) タグの人気記事

 

ヤンキー先生 事務所ぐるみで当選直後から違法行為!

6月27日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 政権をブン投げた安倍前首相をレギュラー出演するラジオ番組に呼んだり、相変わらずタレント気分が抜けないヤンキー先生こと義家弘介参院議員。政治家になった重みが分かっていないのか、事務所ぐるみで違法行為をしている。公設第2秘書の長澤純一郎氏(31)が1年近くも「国会議員の秘書の給与等に関する法律」などで禁じられた兼職を続けているのだ。

 実は、長澤氏は「スリーファンキーズ」のリーダーだった“長沢純”の息子。父親が代表取締役を務める芸能事務所「長沢企画」の取締役に少なくとも5年以上、名を連ねている。

「公設秘書に就く前の長澤氏は、『リチャード長沢』という名前で芸能コーディネーターのような仕事をしていた。昨年の結婚披露宴には徳光和夫などの芸能人ばかりでなく、ヤンキー先生やら小泉元首相、中川秀直元自民党幹事長ら政界重鎮も出席していました」(永田町関係者)

 父純氏は政治家のパーティーで頻繁に司会をしたり、来賓としてもちょこちょこ顔を出している。参院選に出馬した過去もある。結構、政界に近いのだ。

 一方、ヤンキー先生と長澤氏は2年ほど前、知人の紹介で急接近。昨年7月の参院選では長澤氏も選挙スタッフとして支援にまわり、当選後に公設第2秘書におさまった。

 長澤氏に事実関係をただすと、「よく分からない」「若い頃に会社を手伝っていたことはあるが、いまは関知していません」と要領を得ない。

――長沢企画の取締役として登記されています。

「役員になっていること自体知らなかった。一銭ももらっていないし。まさか社長になっているとか?」

――「秘書給与法」には兼職する場合、所定の手続きを踏んで届け出を出すよう明記してあります。

「政治のプロじゃないから、そういうことは知らなかった。ひょっとして罰せられちゃうの?」

 ヤンキー先生の管理不行き届きは明白だ。義家議員本人のコメントを求めると、「地方に行っているので難しい」。こんないい加減な連中に、税金が流れている。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-27 10:00 | 政治  

安倍晋三前首相がラジオパーソナリティーで”お悩み相談”。

2008年06月09日 18:20 Techinsight japan

安倍晋三前首相(53)が6月22日にラジオの深夜放送番組で、生出演し子ども達の悩み相談をすることが分かった。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-09 18:20 | 政治  

宙に浮く教育再生会議 現場からは「自然消滅を」

'07/9/22 中國新聞

 すべての子どもに規範意識と高い学力を身に付ける機会を保障する―。教育改革を「美しい国」づくりの最重要課題に掲げた安倍晋三首相の辞任表明で、その“実動部隊”だった教育再生会議の存在が宙に浮いている。

 ゆとり教育見直しや競争原理導入など、勇ましかった提言の数々はどうなるのか。次期首相が引き継ぐのかどうかも不透明な中、教育現場からは「これ以上振り回されたくない」と自然消滅を望む声が上がっている。

 「腐ったリンゴは捨てればいい、という発想。排除や脅しでは問題解決にならないことが分かっていない」。京都府の公立高校教員(59)は、いじめ加害者の出席停止や免許更新制導入による指導力不足教員の排除といった再生会議の提言を「現場を知らない人の意見だ」と批判する。

 今年一月、学校週五日制の見直しなど「ゆとり教育」からの転換を鮮明にした再生会議の第一次報告は注目の的に。お株を奪われた文部科学相の諮問機関・中教審からは「素人が好き勝手に論じて迷惑だ」(幹部委員)と恨み節も聞こえた。

 だが年金問題などで内閣支持率が低迷し始めると、会議の提言もトーンダウン。六月発表の第二次報告は「徳育の教科化」を打ち出したが、母乳育児の励行を盛り込んだ「子育て提言」案などは批判を浴び、引っ込めざるを得なくなった。

 「真剣に議論してきたつもりだが、担当室長のヤンキー先生(義家弘介氏)が参院選に出た瞬間、みんなしらけちゃった」。ある再生会議委員は選挙前には既に会議の“内部崩壊”が始まっていたことをうかがわせた。

 追い打ちを掛けるような首相の退陣表明で会議の失速は決定的に。広島県の公立小教員(46)は「現実離れの議論がそのまま政策に反映されるなんて恐ろしい。これを機に少し冷静になれるのでは」と総裁選後の動きに期待している。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 23:59 | 政治  

「後がないがけっぷち」 危機感募る自民新人議員

2007/09/13 23:11 産経新聞

 新しい総裁選びが本格化した13日の自民党。当選1回の新人議員たちも「後がないがけっぷち」と危機感を募らせる。突然の首相の退陣表明に今も戸惑いを見せながら、党の会合でも活発に発言した。

 自民党本部で午後3時すぎから開かれた衆参の両院議員総会。総裁選の日程について執行部側が「14日告示、19日の両院議員総会で選出」を提案したが、説明が終わると同時に議員らが一斉に挙手。「短すぎる」「もっと議論すべきだ」の声が上がった。

 新人も次々に発言。片山さつき衆院議員は立ち上がって「米大統領選のように十分なディベートの機会が与えられるように」。佐藤ゆかり衆院議員も「1週間では密室政治といわれる。複数の候補で十分な政策論争をすべきだ」と求めた。

 稲田朋美衆院議員は「緊急事態。早急に選ぶべきだ」と反対の意見。早く新総裁を決めるべきだと訴えた。

 総会後、土井亨衆院議員は「参院選後、解党的出直しが必要と思っていた。後がないがけっぷちという中で党が新しい総裁の下で責任を果たす必要がある」と話した。

 「安倍さんを応援していたので驚き、体の力が抜け涙が出てきた」と、いまだに困惑を隠しきれないのは井脇ノブ子衆院議員。「テロ対策特別措置法を処理した後に辞めればよかった。そこまで持たなかったのかな」と首相の病状を気遣った。

 上野賢一郎衆院議員は「解散への不安はあるが、解散うんぬんより自民党の危機をどうするか。対処できるリーダーを選ぶということに尽きる」と力を込めた。

 「ヤンキー先生」と呼ばれる義家弘介参院議員は「誰を支持するか」と問われ「誰が立候補するか分かっていない。政策が出ないと。人柄だけで判断するのは無責任だから」と淡々と話した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 23:11 | 政治  

どうなる?教育再生会議 参院選大敗で暗雲

2007/08/22 19:02 産経新聞

 与党が大敗した参院選の結果は、政府の教育再生会議(野依良治座長)にも影を落としている。27日に予定される内閣改造でメンバーが変わることに加え、議論に対して与党からの反発が強まることも予想される。教育再生を内閣の最重要課題に掲げ、「愛国心」を盛り込んだ改正教育基本法や、教員免許更新制などを導入する教育再生3法を成立させてきた安倍晋三首相だが、足踏みを余儀なくされそうだ。

 安倍首相が続投を表明したことで、「12月に予定していた3次報告が幻になってしまうのでは」と危惧(きぐ)していた再生会議の関係者らは、ほっと胸をなで下ろした。23日には都内の小学校の夏季補習を視察するなど再生会議委員らは活動を続けているが、会議のあり方は大きく変わらざるをえない。

 その一つがメンバー構成だ。内閣改造では、メンバーの塩崎恭久官房長官や伊吹文明文部科学相が交代する可能性が強い。「1次、2次報告をまとめるにあたって、塩崎氏のリーダーシップが非常に重要だった」(再生会議関係者)とされるだけに、影響は少なくないとみられる。

 また、安倍首相は「補佐官も含め、人事については熟慮していく」と表明。首相はこれまで、山谷えり子首相補佐官(教育再生担当)の働きを高く評価してきたが、留任は微妙な情勢だ。参院議員に転身した義家弘介氏が務めていた再生会議担当室長の後任も決まっていない。

 再生会議は3次報告に向けた審議を9月に再開し、(1)行政が配布した利用券を使い、生徒自身が選んだ学校に通う「教育バウチャー制」(2)教育委員会や学校の第三者評価(3)「6・3・3・4制」のあり方-などの課題を検討する。

 このうち、首相が就任前から提唱してきたバウチャー制度は、3次報告の「目玉」とされる。ただ、学校間に競争原理を持ち込むことには、再生会議委員の間でも賛否が割れている。学校が多くない地方では効果も限定的になるだけに、参院選の敗因の一つとなった「地域格差」の問題も絡み、与党内からの異論が強まりそうだ。

 参院で野党が過半数の議席を持ったことも懸念材料だ。民主党の支持基盤の一つである日教組は、教育基本法改正や教員免許更新制の導入など首相の教育改革路線に真っ向から反対してきた。首相が教育関係の法改正を狙っても、参院では否決される可能性が高い。

 「教育再生は緒に就いたばかりだ。さらに教育再生会議の報告に沿って、教育再生は進めていかなければいけない」

 首相は参院選の投開票から一夜明けた7月30日の記者会見でこう強調したが、道のりは険しさを増している。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-22 19:02 | 政治  

ヤンキー先生に元教え子妊娠疑惑を直撃した

1月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 ヤンキーから高校教師に転身し、政府の教育再生会議の担当室長にまで上りつめた“ヤンキー先生”こと義家弘介氏(35)が、とんでもない騒動に巻き込まれている。

 義家氏は北海道・北星学園余市高校の教師時代の教え子(23)と結婚しているが、その経緯について、ネット上であらぬ風評が立っているのだ。疑惑を追及するサイトにはこんなことが書かれている。

〈(義家氏は)マスコミに出始めたころは、当時担任していた女生徒と交際し、妊娠、退学させたが、結婚したことで「責任を取った」「純愛だった」と主張(した)。でも、(05年の雑誌対談では)大麻事件で傷ついた女生徒の相談にのっているうちに付き合うようになったと発言。(別の雑誌では)退学後交際を始め、1年半後に妊娠発覚と発言している〉

 要するに、発言がコロコロ変わっているので怪しいというわけだ。

 義家氏は作家・瀬戸内寂聴氏との対談本「私の夢 俺の希望」のなかで、夫人が元教え子であることを認めている。そして、01年秋に彼女が学校をやめ、同年冬に結婚したことも告白している。妊娠うんぬんの話が本当ならば、そんな人物が教育再生会議で発言しているのは違和感を覚える。
 真相はどうなのか、義家氏を直撃した。

――本当に教え子を妊娠させたんですか。

「まったくの事実無根です。妻は結婚(01年冬)後の03年に出産し、子供は来年から幼稚園に入ります」
――彼女が01年秋に退学してすぐに結婚しているが、在学中から交際を続けていたのではないか。
「教師と教え子としての意味での交際はありましたよ。ただ、恋愛関係のある交際は一切なかった。当たり前でしょう、私は教育者ですから」
――では、彼女が退学してから、交際を始めたということですね。
「退学後も交際はしていません。当時、学校で大麻使用者が続出した事件で、彼女はボロボロでした。夫として守らなきゃいけないと思った。彼女は一般人なので詳細については言えませんが」
――恋愛関係のある交際がないのに結婚するのは不自然な気もしますが。
「個人の信念です。純愛なんていつでもできるけど、結婚は簡単にできることではないんです」
 ネットで書かれている疑惑については全面否定だったが、どうもよくわからない説明だ。夫人のプライバシーもあるのだろうが、きちんと語って欲しいものだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-20 10:00 | 政治