タグ:老害 ( 13 ) タグの人気記事

 

奈良「正論」懇話会 佐々淳行氏講演 有事の指揮官の条件は

9月12日8時1分配信 産経新聞

 奈良「正論」懇話会の講演会が11日、奈良市の奈良ホテルで行われ、初代内閣安全保障室長で危機管理の専門家として知られる佐々淳行氏が、「平時の指揮官 有事の指揮官」と題して講演した。

 佐々氏はトップのあり方について「大事なのは重大なときの決断。責任ある覚悟で決断し、指揮をとるべきだ」と指摘。そのうえで「危機管理には悪い情報にこそ目を向けなければならない。そして有事の指揮官には“われに続け”という姿勢が必要だ」と話した。

 また、米大統領選や国内の情勢など、いま日本が重要な局面に置かれていることをふまえ、「今度の自民党総裁選や総選挙は、日本のこれからを選ぶ重要なものだ」と述べ、「有事」のトップを決める大切さを訴えた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-12 08:01 | 社会  

倉本聰氏が「テレビに絶望」発言 視聴率重視はダメ?

8月07日 08時25分 アメーバニュース

 ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)などの人気ドラマの脚本家として知られる倉本聰氏(73)が新作連続ドラマ『風のガーデン』(フジテレビ系)の会見で、今回が最後の連続ドラマになるかもしれないということを打ちあけた。

 理由には、スタッフの世代や考え方が変わってきていることや、「テレビに絶望」していることを挙げたという。役者を含め、現場が「ものすごく悪くなった」ことや、視聴率重視主義が全体を悪くしたこととテレビ局の責任を述べたという。

 倉本氏のこれらの発言を受け、個人のブログでは、テレビについて議論をする声が多くなっている。

「その通り!」「役者も顔やスタイル重視、大根役者ばかりで見ていて悲しくなるね~(泣)」と賛同する声はあるものの、「自分が視聴率重視のドラマをさんざん作っておいて、今さらこの発言はないだろう」というような、倉本氏に対しても厳しい声がある。

 一方で、「(夏も)また見たいドラマいっぱいなんだよね~」「今回は、連ドラほとんどと言っていいほど見てます」という人もいるため、テレビがつまらなくなることは大きな問題だと認識する人も多いようだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 08:25 | 社会  

名古屋「正論」懇話会、今秋発足 「日本に喝を入れる」上坂冬子氏が講演

7月26日8時3分配信 産経新聞

 自由と民主主義、日本のすぐれた伝統文化を守り発展させるための世論喚起を目的とした「名古屋『正論』懇話会」が今秋、発足することになった。これに先立ち25日、名古屋市西区のウェスティンナゴヤキャッスルで全国縦断「正論」名古屋講演会が開かれ、約900人を前に、ノンフィクション作家の上坂冬子氏が「日本に喝を入れる」と題して講演した。

 上坂氏は「8月15日に福田康夫首相が靖国神社に参拝するかどうか。北京五輪の開会式に出席すると言明したことで、今年は中国も何も言わないはずだ。(靖国に)行かなかったら言わせてもらう」と首相の姿勢に厳しい注文をつけた。

 そのうえで、竹島、北方領土問題など戦後処理にからむ最近の政府の対応について、「日本として言うべきときに言うべきことをきちっと言ってもらいたい」と持論を展開した。

 講演会を前に名古屋「正論」懇話会の発起人総会が開かれ、川口文夫・中部電力会長、木村操・名古屋鉄道会長、張富士夫・トヨタ自動車会長を発起人代表に選出。会員を広く募集し、今年11月ごろに設立総会・記念講演会を開くことなどを決めた。「正論」懇話会の発足は、大阪、仙台などに次いで全国10カ所目。

                   ◇

 入会の問い合わせ・申し込みは、産経新聞中部総局内「名古屋『正論』懇話会事務局」(TEL052・582・6551 FAX052・564・5616)へ。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 08:03 | 社会  

【正論】初代内閣安全保障室長・佐々淳行 緊急事態基本法の成立を急げ

2008.6.3 02:48 産経新聞

f0013182_22313875.jpg ≪頼るべき「舵手」の不在≫

 1967年、文化大革命と紅衛兵暴動が吹き荒れていた香港の街中に、朝から晩まで「東方紅(トンファンホン)」と共に革命歌「大海航行靠舵手(タアハイハンシンカオトウショウ)」が鳴り響いていた。赤い太陽毛沢東党主席を讃(たた)え“大海を渡るには舵手が要る”と独裁者を礼賛する歌だった。

 その頃北朝鮮では金日成の「主体(チュチェ)思想」が真っ盛り。いずれも自由民主主義の日本とは相いれない政治思想だが、いま指揮する者もなく荒海を漂流し続ける「日本丸」の国家危機管理のためには一考に値する考えだ。

 いま地球には明らかに何か大きな異変が起きている。ミャンマーのサイクロン、中国四川省の大地震、インド洋の大津波、アメリカ・ニューオーリンズのハリケーン「カトリーナ」、地球温暖化で北極の氷が解け、南太平洋ツバルなどの島嶼(とうしょ)諸国に海没の危機が迫る。地球規模の天変地異が次々と起こっている現在、関東・東海・南海の「三つ子の大地震」の周期がきている日本にとって、それは決して他人事ではない。

 軍事政権のミャンマー、共産党一党独裁の中国でさえ、初動措置の遅れが甚大な死者を出しているというのに日本の内閣総理大臣には非常大権がない。このままで日本は大丈夫なのかという不安が、いま国民に漲(みなぎ)っている。「主体性のある靠(たよ)るべき舵手」がいないからだ。

 小泉純一郎・安倍晋三両元総理の2代6年で日本の内政外交上の国家危機管理システムは急速に整備された。テロ特措法、武力攻撃事態対処法、国民保護法等々三十余年放置されてきた「有事法制」関連法令が次々と制定され、あと一息で「ふつうの国」になるところだった。

 「緊急事態基本法」がそれである。

 ≪安保会議法案も廃案に≫

 有事に際して総理に非常大権を、官房長官に調整権を与える同法案は、安倍(自)、冬柴(公)、藤井(民)の3党幹事長署名入りの合意文書ができ、可及的速やかに直近の国会会期中に可決成立の運びとなっていた。

 しかしこの法案は小泉総理の「8・8郵政解散」で吹き飛び、安倍内閣においても、国会衆議院の3分の2、世論支持率70%でなお可決の可能性があったのに後回しにされ、立ち消えになった。

 そして「舵手」安倍晋三氏の不慮の早期退陣で生まれた福田康夫内閣は、憲法改正の動きを止め、集団的自衛権論議を凍結し、日本版NSC(国家安全保障会議)新設のための法案を廃案とした。参議院選挙の歴史的大敗によって衆参両院の「ねじれ現象」が生じ、日本国家危機管理体制の確立は、一大頓挫を来した。

 そしてガソリン税や道路特例法という、国家危機管理という高次元の観点からみれば些事(さじ)ともいえる生活関連財政法案に、一度ならず二度までも過去一度しか使ってない憲法第59条による「みなし否決」と解して衆議院の3分の2による再可決という「牛刀ヲ以テ鶏ヲ裂ク」過ちを犯した。「憲法第59条」とは、憲法改正、防衛出動下令、日米安保条約改定など、日本民族の存亡と国民の死活にかかわる法案が、「ねじれ」により滞ったときに抜かれるべき日本憲法の伝家の宝刀で、56年前一度だけ使われた。

 ≪強い指揮権の確立が急務≫

 日本財政大改革のため21特別会計368兆円をすべて一般会計に組み入れるためならともかく、たかが5兆円のガソリン税ごとき急場凌(しの)ぎの弥縫(びほう)策のため「みなし否決」の衆議院3分の2再可決は憲政の自殺行為に等しい。衆参の「ねじれ」は向こう5年、いや11年続く。

 問題の起こる度に、解散総選挙は避け、国会を空転させて税金を浪費し、第59条で解決しようというなら、いっそ「参議院廃止法案」を衆議院で3分の2議決すればよい。いま荒海を漂流している「日本丸」に必要なのは「靠るべき舵手」すなわち「決断力に富み、責任感の強い、指揮権を持つ内閣総理大臣」である。そして誰がアメリカの大統領になろうが、プーチンがロシアの覇王になろうが、胡錦濤が「反日愛国」「愛国無罪」の波にのまれようが、北の金正日が恫喝(どうかつ)してこようが、日本の国益と日本国民の生命財産を守って、毅然(きぜん)として外交を行う「チュチェ」思想の内閣総理大臣なのである。

 ミャンマーのサイクロン、中国の大地震は平和ボケの日本に対する神の啓示である。今ならまだ間に合う。福田総理は、船橋に立って舵をとり、小泉、安倍と続いた「国家危機管理体制」の確立という針路に船首を向け、廃案になった「緊急事態基本法案」を再度公明・民主の協力を得て、それこそ「憲法第59条」の伝家の宝刀を抜いてでも成立をはかるべきである。(さっさ あつゆき)
[PR]

by deracine69 | 2008-06-03 02:48 | 政治  

サッカー界ますます迷走!? 川淵三郎会長、院政にむけ本格行動

2008年5月23日9時0分 日刊サイゾー

 今年7月で任期満了となり、退任が決定している日本サッカー協会(以下、JFA)・川淵三郎会長。3期6年の長期政権もついに終わりを迎えるのかと思いきや、ここにきて、“院政への下準備”がいよいよ表面化しているという。

「今月15日にJFA理事会が開かれ、7月の会長改選にむけた『次期役員候補推薦委員会』が設置されましたが、その委員長となったのは川淵氏。つまり、川淵氏が推薦した候補者でなければ、会長には就任できない。次期会長の人事権を現会長が握っているなんて、まさに茶番ですよ。同氏が委員長になったことに対し、理事会内では反発の声もあがったみたいですが、黙殺されました。会長退任後、名誉会長就任という筋書きは間違いないでしょう」とスポーツ紙記者。

 また、一方ではこんな話も出てきている。『JFAこころのプロジェクト』なる企画をご存知だろうか。引退した選手が学校の教室を訪れ、夢を持つことの大切や生き方を子どもたちに教えるというもの。たしかに素晴らしい企画ではあるが、同プロジェクトさえも、川淵氏の権力の道具になってしまうのでは? と危ぶむ声もある。

「『こころのプロジェクト』は川淵さんの鶴のひと声によって、06年から発足しました。ただ、近々、同プロジェクトがJFAから独立し、NPO 法人化するという話が持ち上がっています。そのNPO法人の会長の椅子には、当然、川淵さんが座る予定。これでは、院政どころかますます影響力を強めるばかりではないかと言われています」(JFA関係者)

 まさに「老醜」という言葉がピッタリ当てはまる。川淵氏が日本サッカーの礎を築いたのは誰もが認めるところ。だからこそ、晩節を汚すことなく、潔くサッカー界から退いたほうがよいのではないだろうか?(編集部)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 09:00 | スポーツ  

マッカートニーさんに批判=日本からハイブリッド車空輸-英

2008/05/16-07:24 時事通信

 【ロンドン15日時事】環境保護活動に熱心な元ビートルズのポール・マッカートニーさんが、トヨタのハイブリッド車を日本から英国に空輸し、環境への配慮が足りないと批判を浴びている。

 英メディアによると、最上級ハイブリッド車「レクサスLS600h」が日本の製造元からマッカートニーさんに贈呈品として届けられた。しかし、移送に船便でなく航空便が使われたことから、「(二酸化炭素排出によって引き起こされる)環境への影響は、この車で地球を6周するのと同じ」(環境団体CO2バランス代表)などと批判が噴出した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-16 07:24 | ヨーロッパ  

内館委員 親方の企業研修を提案

5月16日7時4分配信 スポーツニッポン

 相撲協会が外部役員の起用を決めたことに関し、横審の内館委員は「わたしは明らかに反対。外部から入れる必要は全くない。自前で人材を育てる方がいい」と私見を述べた。そのうえで元横綱の親方などを一般企業へ出向させ、社会勉強させる必要性を強調。「2年間は外に出して、礼儀とかコンプライアンスを学んでもらう。外で鍛えれば違う」と語気を強めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-16 07:04 | スポーツ  

【櫻井よしこ 福田首相に申す】「文化の虐殺」粛々と進行中

5月8日8時14分配信 産経新聞

 日中首脳会談で、チベット問題にも人権にも全く触れない共同声明が出された。中国政府とダライ・ラマ法王の話し合いについて胡錦濤国家主席から説明をうけた福田康夫首相は、話し合い自体を評価した。が、中国の姿勢は真に評価に値するのか。共同記者会見で胡主席はこう語った。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-08 08:14 | 政治  

女将「弁解の余地ない」 船場吉兆 料理使い回しで謝罪

5月7日16時44分配信 産経新聞

f0013182_17412678.jpg 高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が料理の食べ残しを使い回していた問題で、女将の湯木佐知子社長(71)が7日、本店営業前に取材に応じ、「弁解の余地なく、手前どものモラルの問題と受け止めて猛省しています。(湯木正徳)前社長の『もったいない』という指導の流れが今回の事件につながった。大変申し訳ございません」と問題発覚後、初めて謝罪した。

 自身が使い回しを認識していたかについては、牛肉の偽装表示事件で大阪府警から事情聴取を受けた今年3月ごろに「初めて知って、びっくりした」と説明。「調理場に料理が下げられた後は私の認識する余地はなかった」と釈明した。

 そのうえで「今になって考えれば本当にむちゃくちゃなことをしてくれたと反省の気持ち。恥ずかしいと思っている。私がお客さまの立場なら絶対に許せないこと」と深く頭を下げた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-07 16:44 | 社会  

「解散、総辞職せず」=森、青木氏と確認-福田首相

5月3日15時0分配信 時事通信

 衆院山口2区補欠選挙で自民党が敗北した4月27日夜、福田康夫首相が同党の森喜朗元首相、青木幹雄前参院議員会長と首相公邸で会談した際、「当面は衆院解散・総選挙や内閣総辞職はしない」ことを確認していたことが3日、明らかになった。

 これに関し、同党幹部は「(7月の)北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)までを指すものだ。その後のことは、内閣支持率も低迷しており、流動的だ」と指摘した。会談では内閣改造も話題になったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-03 15:00 | 政治