タグ:胡散臭い奴 ( 7 ) タグの人気記事

 

番組打ち切りに居眠り みのもんたに異変起こる

7月21日 11時36分 アメーバニュース

 フリーアナウンサー・みのもんたに異変が起きている。『朝ズバッ!』(TBS系)での居眠り、『おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)での無気力、そして鳴り物入りでスタートした土曜8時『キャプテン☆ドみの』(TBS系)の打ち切り(21日が最終回)。

「生放送のテレビで世界一長い時間喋る男」とギネス認定されたみのに一体何が起きているのだろうか?

「明らかに寝不足です。62歳の高齢者が夜中3時まで深夜の大酒。『ドみの』の不振、そして打ち切りでさらに深酒になっているそうです」(芸能ライター)。

『朝ズバッ!』では、カメラがみのを抜くたびに、コクリコクリ。それでも、7時からの第3部は視聴率10%、占拠率15%前後を獲得しているから驚異的である。不慮の死を遂げた故・坂井泉水さんのことを「センスイ?」と読み間違えたこともある。

 それでは、彼を一躍名司会者に押し上げた『おもいッきりテレビ』はどうだろうか? こちらもパワーダウンしているとの指摘を先の芸能ライターはする。

「TBSの“死に枠”とされていた朝の時間帯をキー局トップに伸ばした『朝ズバッ!』と比べ、『おもいッきりテレビ』は裏の『いいとも』を脅かすほどの強力コンテンツ。期待値がもともと上がっているだけに、みのさんの迷走が余計に浮き彫りになります」

 それを象徴する「シエスパ」失言問題を紹介しよう。

 修学旅行で『おもいッきりテレビ』のスタジオ見学に来た中学生に対し、「次はどこ行くの?」とみの。「渋谷」と答えた中学生に対し、「シエスパ?」と返したみの。観覧に来ていた客はざわつき、パネリストは顔を見合わせて苦笑…。

 折も折、温泉施設シエスパの爆発事故があったわずか2日後のことであった。「みのさんはブラックジョークを飛ばしては、アシスタントの高橋佳代子さんを困らせている。もちろん、それは観覧客も同様。しかし、みの以上の高齢者から見れば、ラジオで『死ねクソババア』と叫んではお年寄りの支持を集める毒蝮三太夫さんに似て、どんな毒舌も受け入れてしまうところがあるのです。しかし、テレビとラジオは違う。高橋さんも、みのさんの寵愛があるから未だその場に立ち続けていられるので、彼に対して強く言えないのです。もちろん、それはスタッフとて同じこと」

 別の番組関係者は語る。

「ここ5年は『いいとも』と数字的に拮抗していたのですが、最近は3~4%離されている。『あるある』の不祥事~打ち切りで、東洋医学も西洋医学もゴッチャに扱っていたおもいッきりの制作チームも、健康を扱いづらくなった。それに加えて、制作チームの弱体化が挙げられます。放送作家もディレクターも50代。開始当初からやっていたスタッフがまだふんぞり返っている。若返りが思うように図れず、ギクシャクしています」

 みのがよく言う言葉に「晩節(ばんせつ)を汚してはならない」というものがある。「晩節を汚す」とは、若いころ評価されていても、その評価にしがみつきすぎてみじめな晩年を過ごすことの意味。

 その言葉を今まさに体現しているみのもんた。だが、彼にとって代わるような司会者が現れない限り、その地位は保たれていくことであろう。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-21 11:36 | 社会  

『朝ズバッ!』の政治への影響力  “みのポリティクス”研究

2007年7月11日 東京新聞

 国会が終わり、各党とも参院選モード一色。そんな政界で最近、「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS月-金曜午前5時30分)の司会者・みのもんたが脚光を浴び、東大大学院の助手らが「みのポリティクス」と命名して、政治に与える影響力を研究している。番組は政策決定の場としての一役を担う半面、単純な議論展開に誘導する危うさもあるという。“みの研究”から見えてくる今の政治の姿とは-。 (安食美智子)

 「みのポリティクス」の名付け親はテレビと政治の関係を研究している逢坂巌・東大大学院法学政治学研究科助手。逢坂さんは「政治家から(みのの話を)よく聞く上、報道情報番組やワイドショーの深化、ソフトとしての政治の流行という意味で興味深い」と「~朝ズバッ!」などに注目。昨年九月の安倍政権発足時から同番組を中心にウオッチしてきた。

 逢坂さんの指導のもと、同大学公共政策大学院の「政治とマスメディア」ゼミに所属する河野高伸さん(30)、齋藤瑠奈さん(23)、菅昌修さん(23)、柳井和則さん(23)の四人も、この四月から「~朝ズバッ!」を中心に番組の議題設定や、みのの政治的発言などに着目。政治家やテレビ局、政治評論家に話を聞くなどの調査を行っている。

 河野さんは「人間心理の本質をとらえ、喜怒哀楽に訴える」と、歯に衣(きぬ)を着せず、口角泡を飛ばすみののキャラクターを分析。菅さんも「(視聴者の心が)みのさんに“憑依(ひょうい)”し、自分の代わりにパンチを飛ばしてくれる爽快(そうかい)感がある」と語る。政治家たちが、今や“テレビの顔”となった、みのの番組を注視しているのも、「後援者、支持者の多くが見ている可能性があると感じているから、ではないか」というのだ。

     ◇

 番組の影響力を示す出来事として、逢坂さんは三月の公務員制度改革の議論を挙げる。渡辺喜美・行政改革担当相と自民党の片山虎之助参院幹事長は同番組で激論を展開した後、「みのもんたのサタデーずばッと」(土曜午前5時45分)に出演。最終的には法案を作る方向で合意に至った。逢坂さんは「(番組の雰囲気や、みのの発言で世論の行方を判断して)相場観ができる。みのさんの番組が一つの拠点となって政治プロセスが進んでいく。これが“みのポリティクス”」と説明する。

 河野さんも、「政治家側が政治的に利用したり、政治信条を訴えたりするよりも、むしろ番組でつくられる雰囲気に自分の政治態度や行動を合わせようという姿勢が強まっている」と指摘。「政治家が主体的に参加して議論するアリーナ」というよりも「政治家たちを引き寄せる磁場となっている」という。

 菅さんは「(『~朝ズバッ!』などでの)議論にグレーな部分が消えている」と問題点を指摘。柳井さんは「貸金業法改正問題で、みのさんは消費者保護を重視する後藤田正純議員(自民)をサポートする発言を行う一方、事業者にも配慮した議員をずばっと切り、この議員は後に公の場で主張を展開しなくなった。(みのの)影響力を感じる出来事だった」と振り返る。

 河野さんも「貸金業法改正問題の時も、多重債務問題という社会問題に加え、マーケットの信用収縮への対応、憲法で保障されている営業の自由や財産権との整合性など、本来は求められるはずの、多面的な議論をさせない状況をつくる危うさがある」と話す。

 菅さんは、みのと政権の近さにも着目。番組でみのは「参院選に勝とうが負けようが、われわれが選んだ安倍さんなんだから、続投すればいい」と発言。柳沢伯夫厚労相、松岡利勝前農相の問題でも他のコメンテーターを遮って首相を擁護するシーンもあった。またある時は「安倍さん見てますか~?」とカメラに手を振ったこともあった。

 逢坂さんも「全体的な争点を政権寄りにつないでいる印象がある。年金問題は野党が暴いていったというプロセスや、安倍政権、安倍首相自体の責任論は、みのさんの口からは出てこない」と指摘した上で、次のように締めくくった。

 「小泉政権下ではみのポリティクスは取りざたされなかったが、今(の安倍政権)は、メディアが表出する世論に引きずられるという感じが極端に出ている。(番組に)相場観をつくられているという自体、政権の脆弱(ぜいじゃく)さが見える」
[PR]

by deracine69 | 2007-07-11 08:00 | 社会  

みのもんたの“セクハラ騒動”は身から出たサビ

3月26日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 みのもんた(62)の悪い癖が出たということになるだろう。みのが朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS)の女子アナにセクハラしたのに、なぜか当の女子アナが降板させられる騒動が起きていたというのだ。

 発売中の「女性セブン」が女子アナを匿名で報じているものだ。

 ズバリ、日刊ゲンダイ本紙の調べではこの女子アナは2年前のスタートから昨年10月まで出演していた山田愛里(28)。

 みのは番組で日頃から女子アナらに対して「一緒に食事しようよ」などと冗談めかして言うことがある。山田にも最初は「今夜はどうなの?」といった軽いノリで誘っていたが、徐々にエスカレートして「ボクの愛人になったらメーンキャスターにだってしてあげられる」なんて電話までしたそうだ。

 山田は同誌の取材に対して「私の立場としては何も言えない」と困惑しきりだが、セクハラを否定していない。一方のみのは「そんな事実は一切ない」と完全否定している。

 もっとも、この手の情報が飛び出しても、多くの視聴者は「みののことだから」と納得してしまうのではないか。これまでも番組でセクハラととられてもおかしくない言動を繰り返してきたのがみのだ。

 最近は「朝ズバッ!」が絶好調で慢心しているという見方も強い。これ以上の行き過ぎた言動は“視聴率男”の名前に傷がつくだけではないか。
[PR]

by deracine69 | 2007-03-26 10:00 | ひと  

みのもんた 人気凋落の兆し 「誇張」に「飽きた」

2007年02月07日20時30分  J-CASTニュース

夕張について熱弁するみのもんただが評判は…(TBS系「朝ズバッ!」より) 「大人気」とされてきた、みのもんた氏の評判がガタ落ちしているようだ。週刊誌などでみの氏が司会の健康番組や夕張リポートの「誤報」「誇張」が指摘されたほか、同じく司会を務めるフジテレビ系列番組「クイズ$ミリオネア」も視聴率低迷を理由に07年春で打ち切られることが濃厚で、ネット上ではみの氏に「飽きた」という声まで上がってきている。

J-CASTニュースが1月31日「『みのもんた』どう答える 『おもいッきり』の『ウソ』?」で報じたとおり、みの氏が司会を務める日本テレビ系情報番組「おもいッきりテレビ」の健康情報コーナーの信憑性を疑問視する記事が、週刊新潮2月8日号に掲載された。

市立総合病院関係者から抗議される

ほかにも、評判が悪いのはTBS系で2007年1月24日放送の「緊急特番!みのもんた激ズバッ!」だ。平日早朝から放送している「みのもんたの朝ズバッ!」内のひとつのコーナー「ほっとけない」をゴールデンタイムに放送したもので、みのもんた氏自身が財政破綻した北海道・夕張市に出向き、地元の人々の声を聞くという企画。実際、現地の老人らの話を聞いて涙ぐむシーンもあり、「男泣き」「涙の夕張レポート」などと一部マスコミに報じられたが、どうやら、「美談」とういうだけでは済まされない様子だ。

週刊文春2月8日号では「みのもんた『夕張』大名視察」と題し、芳しくない情報が綴られている。番組内では82歳の女性が、みの氏に偶然目に止められ「大変だね、雪かき」と声をかけられ取材に応じたとする設定だが、実は事前に「雪かき」の「リハーサル」を何度もやらされたと証言した。ほかにも、「涙の夕張レポート」とは程遠いような証言があることを紹介している。
一方、この番組の取材に協力した夕張市立総合病院アドバイザーの長隆氏は、「激ズバッ!」放送後、医療経営財務協会のHPで次のようにみの氏に怒りをぶちまけていた。

「『人工透析が必要な人が30人もいるのに病院もなくなる後は死ぬだけではないか(日刊スポーツ1月18日)』『3月で病院閉鎖し受け入れ先がないという現状もあった。悲劇でした。辛かったと振り返り日本は責任をもつべきと訴えた(デイリースポーツ1月18日)』というみのもんた氏の発言は事実とは全く反し重大な誤りです。27人の患者全員から死ぬしかないといわれたのでしょうか。患者さんはどんなにショックを受けておられることでしょう。短時間の訪問で思い込みのとんでもない発言が取り返しのつかない影響を与える可能性かあることを知るべきです。(中略)納豆騒動を笑う資格があるでしょうか 。誤りを認めない場合適切な対抗措置を取り続けます」

みの氏の「問題動画」が動画投稿サイトに掲載

長氏によれば、赤字削減のために病院改革に取り組まざるを得ず、透析医療を同病院で打ち切るのは事実であるが、他の病院での受け入れ先が決まっている。さらに、透析専門医は今までも置いていなかった、という。こういったみの氏の発言は、「せっかく医師がとどまり始めまた志の高い医師が赴任してくれたのに少なくとも極めて順調な病院改革に不当な判断を国民に与えかねない」(長氏)というわけだ。
実際、こうした抗議の後、「朝ズバッ!」では2月1日に「夕張の病院『再生へ』奮闘する医師」と題した「釈明」とも思える特集を放送して、なんとか事態は収束したようだが、みの氏の「虚言」とも捉えられかねない発言が波紋を呼んだのは事実だ。

さらに、みの氏のネット上の評判もすこぶる悪い。

「最近ちょっと飽きて来た。しかも、『みのもんた』は視聴者を飽きさせないように気をつかって、益々ハイテンションで扇情的な言葉を精力的に発しているように思える。そんな『みのもんた』を観ていると、疲れて気が滅入ってしまうのだ」
などのコメントをブログに書き込む人や、「朝ズバッ!」などの発言を取り上げて、みの氏の「問題発言」を示す動画がYouTubeなどの動画投稿サイトに投稿され、それをブログに表示する人まで現れ始めている。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-07 20:30 | ひと  

やりたい放題の細木数子に“包囲網”が敷かれ始めた!! 

2月3日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 いよいよ“細木包囲網”が敷かれ始めたか。

 テレビ界に君臨している占い師・細木数子(68)に反旗を翻す“勢力”が現れた。細木が出演しているバラエティー番組「ズバリ言うわよ!」(TBS)で司会進行を務めている「くりぃむしちゅー」の上田晋也(36)と有田哲平(35)が3月いっぱいで番組を降板したいと直訴しているという。

 発売中の「女性自身」によると、台本を読んでこない上に進行もやりたい放題の細木に上田がブチ切れて、プロデューサーに降板を直談判。有田は番組内で細木に小バカにされ続けてストレスがたまっているという。

 おまけに、コンビ名の「くりぃむしちゅー」を「グリーン&ピンク」に改名しないと“コンビは解散することになる”と言われ、ついにガマンの限界に達したようだ。

 TBS側は「降板するといった話はまったくありません」と完全否定している。だが、ずっと一緒にやってきた共演者がここまで反発しているとなると事態は深刻だ。

 実際、細木のやりたい放題にはますます拍車がかかっている。

 細木が自分の番組に好みのイケメンタレントをゲスト出演させるのはよく知られている。お気に入りの芸者を出演させるように無理強いしたこともあったという。

「細木は女子アナが嫌いで、番組の中では一言もしゃべらせないこともあるし、気に入らないことがあると収録を一方的に中断することも珍しくありません。年明けに細木の特番を放送したテレビ局はイケメンの男性スタッフをズラリと揃えた上に、“細木さんが怒るから”という理由で女性スタッフは細木の目に入らないようにスタジオの隅に隠れさせていました」(マスコミ関係者)

 いくら視聴率を稼げるからといっても、細木にこれほどの傍若無人を許しているテレビ局も情けない。

 ただ、そんな“細木専制時代”も長くはないようだ。細木の番組の数字が徐々に落ち始めているからだ。

 23日の「ズバリ――」の視聴率は15.8%だが、26日の「幸せって何だっけ~カズカズの宝話~」(フジテレビ)は13.9%とイマイチだった。年末年始の特番もほとんどが15%を下回っていた。

 こうなると、あちこちから“反細木”の火の手が上がってもおかしくない。「くりぃむしちゅー」の反発はその合図なのかもしれない。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-03 10:00 | ひと  

レギュラー急減のみのもんた

1月28日10時1分配信 日刊ゲンダイ

“世界一テレビでしゃべり続けている男”の看板はそろそろ下ろし時ではないか。

 みのもんた(62)のレギュラー番組が一気に減ることになった。現在、みのは「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS)と「午後は○○おもいッきりテレビ」(日本テレビ)の2本の帯番組をはじめ、レギュラー7本を抱えている。

 その中で、まずはクイズ番組「クイズ$ミリオネア」(フジテレビ)が今春で終了する。かつては常時10%台後半の視聴率を記録していたが、最近は1ケタ台に落ち込んでいることが理由だという。

 これ以外にも、同じフジのバラエティー番組「Dのゲキジョー~運命のジャッジ~」も打ち切りが検討されている。「おもいッきり」もかねて降板のウワサが絶えない。1日2時間しか睡眠時間がないというみのも、これで少しは休める。

 しかし、みのはまだまだヤル気まんまんだ。

「『おもいッきり』は降板が既定路線でしたが、最近、みのが“絶対にやめない”と言い出している。レギュラーが終わったテレビ東京に対しても“番組をやらせて欲しい”と詰め寄っています。さらに、みのは都知事選出馬がウワサされている筑紫哲也の後釜を狙っていて、『NEWS23』の代わりに『夜ズバッ!』をやりたがっている」(テレビ関係者)

 24日にTBSで緊急特番「激ズバッ」をやったのは、みのの“所信表明”だ。だが、本気で夜のニュースをやるつもりなら、みのは「夜ズバッ!」1本に絞ったらどうか。

「最近のみのは発言が安易すぎるケースが目立ちます。『朝ズバッ!』では話題になっている事件や人物に対してみのが論評しますが、“とりあえず苦言を呈しておけばいい”という姿勢がみえみえで、ピントがずれた発言になっている。多忙で、問題を深く掘り下げる時間がないのでしょう。これでは、夜の報道番組のキャスターは厳しいですよ」(マスコミ関係者)

 これからはレギュラー本数よりも“中身”にこだわった方がいい。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-28 10:01 | ひと  

みのもんたが涙の夕張レポート

1月18日6時3分配信 スポーツニッポン

 タレントのみのもんた(62)がTBSで24日放送のスペシャル番組「みのもんた 激ズバッ!ほっとけない!」(後6・55)の収録で、このほど財政破たんした北海道夕張市を訪問した。

 税金の使い方などを追究する番組で、みの自身が「現地に行かないと実感としてわからない」と熱望。多忙なスケジュールを縫って「“なるほど!ザ・ワールド”出演時以来」という現場リポートに飛び出した。

 現地の老人らの話を聞いて、涙ぐむ場面もあった。みのは「なんのために年金、税金おさめているんだ。腹立たしいね。夕張の皆さんは寄付とか助成金とかをもらおうというのでなく、自分たちでどういう政治家を選ぶかで立ち上がってほしい」とエールを送った。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-18 06:03 | 社会