タグ:自殺 ( 18 ) タグの人気記事

 

本格的入浴剤の製造中止 硫化水素自殺騒動の影響で

11月26日12時23分配信 産経新聞

 硫化水素自殺に悪用され、全国の薬局で販売自粛措置が取られるなどした影響を受け、武藤鉦製薬(名古屋市)が10月末で、イオウ成分を含む入浴剤「六一〇(ムトウ)ハップ」の製造を中止したことが分かった。

 すでに販売自粛は解除されているが、同社は「知らない薬局も多く、作っても売れない状況が続くなどし、製造を中止を決めた」としている。ムトウハップは同社の唯一の製品で、今後は別事業で会社を存続させるという。

 ムトウハップは、硫黄や生石灰などを主成分としている。硫黄が入っている入浴剤は、ほとんどなく「家庭で温泉気分が味わえる」として人気だった。また、薄めて湿布すると腰痛や皮膚炎にも効くとされ、愛好者は多岐に渡っていた。

 しかし、今年1月ごろにインターネット上に、硫黄成分を含む入浴剤と洗剤を混ぜる硫化水素自殺の方法が紹介されて以降、状況が一変。

 自殺者のほか、巻き添えで死亡する家族も出るなど社会問題化し、日本チェーンドラッグストア協会が硫黄成分を含む入浴剤の販売自粛を加盟の小売店に要請。ムトウハップの返品が相次いだ。

 販売自粛要請は7月には解除されたが、同社は「多くの店は解除を知らず、倒産などの誤ったうわさも流され、返品は止まらなかった」。こうしたことを受け、製造中止を決めた。

 同社は創業102年になるが、ムトウハップの販売だけに頼って会社経営を続けてきた。社員のひとりは「長く続けてこられたのも製品が良かったから。こんなことで製造中止に追い込まれるなんて…」と話していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-26 12:23 | 社会  

「自殺大国」日本…団塊世代リタイア後に増加 20年度版白書

10月31日10時14分配信 産経新聞

 政府は31日午前の閣議で、平成20年版「自殺対策白書」を決定した。19年の自殺者数は前年比938人増の33093人で過去2番目の多さとなった。いわゆる熟年離婚したり、団塊世代で退職したりした壮年以上の男性自殺者が増加したことが一因とみられている。年間の自殺者数は10年連続で3万人で推移しており、政府は同日、自殺予防への重点施策を盛り込んだ「自殺対策加速化プラン」を策定した。

 白書によると、19年の男女別の自殺者の内訳は男性23478人(前年比665人増)、女性9615人(273人増)。原因や動機は「健康問題」(14684人、63.3%)が最多で、「経済・生活問題」(7318人、31.5%)、「家庭問題」(3751人、16.2%)が続いている。

 年齢層でみると、男性は55~64歳、女性は75歳以上が最も多い。職業別では「無職」が57.4%と半数以上を占め、次いで「被雇用者・勤め人」(27.7%)、「自営業・家族従事者」(9.9%)、「学生・生徒など」(2.6%)-となっている。

 場所は「自宅」(54.7%)、曜日は「月曜日」が最多で、時間帯では、男性が早朝の午前5~6時台、女性は昼下がりの午後2~4時台に頻発している。人口10万人あたりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は23.7で世界8位だった。主要7カ国(G7)では男女ともに日本がトップで、「自殺大国」日本の実態が改めて浮き彫りになった。

 19年で顕著だった自殺の傾向について内閣府は「団塊の世代の自殺者が増えている。退職や熟年離婚などで配偶者や友人、職を失う『喪失体験』が自殺の原因の一つではないか」と分析している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 18:15 | 社会  

速報!山梨県出納局長自殺の裏に「巨大汚職」

2008年10月11日19時23分 日刊サイゾー

 謎の自殺が、波紋を広げそうだ。

 11日午前7時ごろ、山梨県甲府市の県庁本館の通路で、背広姿の男性が死亡しているのを警備員が発見した。亡くなったのは、県幹部の1人、出納局長の中沢正史さん(58歳)。頭蓋骨が陥没しており、本館の上階から飛び降り自殺したとみられている。

 新聞・テレビはこの飛び降り自殺の事実は報じたものの、その動機は不明としたまま。本誌がその真相を探ったところ、中沢さんを死に追い詰めるほどの大がかりな汚職事件の内偵が進んでいた事実をつかんだ。警視庁関係者の証言だ。

「警視庁捜査2課が、東京の大手通信機器メーカーと山梨県首脳の癒着を暴こうと内偵をしていた矢先だったんです」


 この関係者によると、事件の舞台は山梨県の県立中央病院。現在、全国各地の医療機関では電子カルテの導入が進んでいるが、ここ県立中央病院でも、カルテをパソコン処理して会計窓口に送信したり、レントゲン写真をデータ化して外科や内科の診察室に直送するといった病院全体のオンライン化をするため、通信機器メーカー各社を相手に入札が行われた。

「この入札で、NECが一番安く入札したのに、富士通が落札したんです。なぜかというと、総合評価方式といって、『受注価格が安いだけじゃダメ、性能や技術面も加えて評価する』というやり方を県側が導入したんです。でも、入札が行われた当時から県サイドの口利き疑惑が浮かび上がり、業者間でチクリ合いがあったわけです」(警視庁関係者)

 警視庁はすでに富士通や県庁の周辺者から密かに事情聴取を重ね、立件の方針を固めていたようだ。

「ターゲットは、すでに現職を退いた山梨県首脳。この元首脳から口利きの指示が下り、幹部を通じて事業担当部署を動かしたとみています」(同)

 先ほど触れたように、全国各地で電子カルテの導入に伴い、病院内のオンライン事業の発注が相次いでいる。ひとたび山梨ルートが弾けたら、各地の国公立病院に波及するのは必至の情勢だ。

 果たして、警視庁はこの未曾有の疑惑に切り込むことができるかどうか。(由利太郎)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-11 19:23 | 社会  

<三浦元社長>移送先ロスの留置場で自殺

2008年10月11日19時09分 毎日新聞

 【ロサンゼルス吉富裕倫】81年の米ロサンゼルス銃撃事件でロス市警に逮捕された元輸入雑貨販売会社社長、三浦和義容疑者(61)=日本では無罪確定=が10日午後9時45分(日本時間11日午後1時45分)ごろ、ロス市警本部の独居房でTシャツを首に巻き、自殺を図ったのを発見された。搬送先の病院で死亡が確認された。

 元社長は10日朝、米自治領サイパンから航空機でロス市警のジャクソン捜査官らに付き添われ、「因縁の地」ロスへ身柄を移送されたばかり。元社長の自殺で妻一美さん(当時28歳)銃撃事件について、殺人の共謀罪での訴追手続きは停止されるとみられる。市警と元社長の対決は第2幕に入らずに終える。

 ◇市警「動機わからぬ」

 ジャクソン氏らロス市警幹部は11日午前9時(同12日午前1時)から記者会見した。遺書の存在は調査中とし、自殺の動機について「わかない」と述べた。発見の10分前に巡回した時は異常がなかったという。当局は遺体の司法解剖し、死因を調べる方針だ。

 元社長は10日午前、ロスの日本総領事館職員との面会を要請。留置施設で会った領事に「元気だ」と伝えていた。元社長は14日に容疑事実の認否などのため、ロス郡地裁に初出廷する予定だった。

 事件は、日本で03年に無罪が確定した元社長が発生から約27年後の今年2月、サイパン滞在中、ロス市警が88年に取っていた逮捕状で逮捕され、米国で再び訴追手続きが進む異例の展開を見せた。

 元社長は一貫して無罪を主張。同じ犯罪で再び罪に問われない一事不再理を訴え、サイパンで人身保護請求を申し立てたが、現地地裁は請求を棄却。ロス郡地裁は9月、殺人罪の逮捕状を無効とする一方、日本に存在しない殺人の共謀罪は訴追続行を有効と判断した。ロス郡地裁に求めた逮捕状取り消しも実現せず、元社長はロス移送に同意した。

 ◇ことば ロス銃撃事件

 81年8月、三浦和義元社長の妻一美さんが、滞在先のロサンゼルス市のホテルの自室で何者かにハンマーで頭を殴られ、けがをした。3カ月後、同じロス市内で夫妻が銃撃され、三浦元社長は左足に重傷を負い、一美さんは頭に銃弾を受けて約1年後に死亡。週刊文春が一連の事件を「疑惑の銃弾」として連載し、疑惑が浮上した。

 殴打事件では85年9月、三浦元社長は保険金目当てで実行を依頼した元女優とともに逮捕され、懲役6年の実刑が確定。銃撃事件では、実行役とされた駐車場経営会社社長とともに88年10月に逮捕され、1審で無期懲役の判決を受けたが、東京高裁で逆転無罪。最高裁が検察の上告を棄却し、03年3月に無罪が確定した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-11 19:09 | 社会  

山梨県会計管理者、県庁で飛び降り自殺

10月11日12時31分配信 読売新聞

 11日午前7時頃、甲府市丸の内の山梨県庁の地下1階通路で、同市相生、県会計管理者(部長級)中沢正史さん(58)が倒れているのを警備員が見つけた。

 甲府署員が駆け付けたところ、中沢さんは背広姿で、頭を強く打ち、既に死亡していた。通路に屋根などがなく、同署はすぐ脇の県庁本館(地上8階建て)から飛び降り自殺したとみて調べている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-11 12:31 | 社会  

チェさん葬儀に多数参列 後追い自殺相次ぐ

10月4日15時28分配信 産経新聞

 自殺した韓国のトップ女優、崔真実(チェジンシル)さん(39)の告別式が4日午前、ソウル市内の葬儀場で営まれ、韓流スターらが多数参列した。国民的スターの自殺が韓国社会に与えた影響を、韓国のマスコミは連日大々的に報じ、後追いとみられる自殺も相次いでいる。

 告別式はキリスト教式で執り行われた。崔さんの弟で歌手の崔真永(チェジニョン)さん(37)が遺影を掲げ、韓流スターのチョ・ヨヌさん(35)らが棺を担いだ。崔さんの元夫でプロ野球巨人の元投手、趙成●(チョソンミン)さん(35)も参列した。

 崔さんは2日朝、自宅浴室で首をつって死亡しているのが発見された。韓国の聯合ニュースによると、崔さんの自殺方法を模倣したとみられる自殺が3日、江陵市や群山市などで4件起きた。

 韓国では、有名人が自殺すると後追い自殺が相次ぐ傾向がある。昨年は女優のチョン・ダビンさんと歌手のユニさんが相次いで自殺した。2005年3月に女優のイ・ウンジュさんが自殺したときも後追い自殺が相次いだ。

 韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち自殺率ワーストワンを記録している。韓国法務省によると、韓国の自殺者は2007年の1年間で1万3036人だった。(ソウル 水沼啓子)

 ●=王へんに民
[PR]

by deracine69 | 2008-10-04 15:28 | アジア・大洋州  

川田亜子自殺 死体第一発見者が失踪!!

2008/05/30 メルマガ: サイバッチ!

 緊急事態が勃発したので要旨のみ端的にお伝えする。

 川田亜子さんの死体第一発見者である日吉紫光(61)が消息不明となった。日吉さんは株式会社丸運芝浦航空営業所の従業員。26日午前6時、営業所前に駐車しているベンツに異変があることに気がつき、110番通報した人物だ。「女性セブン」、「週刊新潮」、TBSなど、事件発覚直後、現場に直行した媒体の取材に対応した後、まったくの音信不通なのだ。

 会社関係者を追及するとうろたえながら「出社していない」と答える。別の関係者はしどろもどろしながら「すでに退社した」とも言った。対応はあまりにも異様であり、何事かを隠しているのは明らかだ。何者かに脅迫を受けている可能性も高い。

 30名近い記者が現場に押かけているが、今、彼らは全員、日吉さんの行方を追っている。

「日吉さんはまだ語っていない何かを知っている。それが事件の核心に迫る決定的証拠であることは間違いない。だから、本当に心配ですよ。

 芸能界と暴力団の関係はネットのウワサ話なんかじゃない。『あの男』はヤクザとつながりあるなんていうレベルじゃなく、ヤクザそのものですから。今回だけは、絶対に面白半分で記事を書かないでください」(取材現場にいた
スポーツ新聞記者)

 会社乗っ取り、監禁、暴行、強姦、変態スカトロプレイ……。『あの男』についての記事を書いたアラキというフリーライターはマスコミ業界から抹殺された。『あの男』の周辺は犯罪で埋め尽くされているのだ。日吉さんの無事を心から祈りたい!!

Links:関連記事(1) (2)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 12:00 | 社会  

川田亜子を悩ませていた複数のオトコ

5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 フリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が練炭自殺――。ファンは衝撃を受けているが、川田さんが深刻に悩んでいることは業界関係者の多くが知っていたことだ。

「イベントの冒頭から、川田さんは雰囲気がちょっとおかしかった。スピーチは原稿の棒読み。かと思えば、ステージ上で『ハー』と大きなタメ息をつき、天を仰ぎ、心ここにあらずの様子でした」(スポーツ紙記者)

 ここまで川田さんを追い詰めた理由は諸説ささやかれているが、有力なのは男性関係で悩んでいたという情報だ。

「川田さんは所属プロ、ケイダッシュの取締役A氏と交際していると1年ほど前に騒がれました。彼女が“結婚前提の交際をしている”と周囲に報告していると報じられたのが発端です。A氏はTBSを退社した彼女を事務所に入れた人物であり、2人は強い信頼関係で結ばれていたようです。川田さんとA氏は近所に住み、一緒に飲み会に参加する姿も目撃されています」(芸能記者)

 A氏は名物マネジャーで、芸能界でも大物として知られる。かつて小泉今日子の私設“親衛隊長”を務めたこともあり、最近では“エビちゃんブーム”の仕掛け人としても有名だ。

 その一方で、A氏はプレーボーイとしての顔も持っていて、これまでに複数の女優やタレントとの交際をウワサされた。

 ケイダッシュは、川田さんとA氏の交際について「コメントのしようがありません」と完全否定するが……。

「実際、川田さんとA氏は、交際が騒がれてからしばらくして破局したそうです。その後、川田さんには新しいタレントの恋人ができたという情報もあったのですが……。最近はストーカー被害に悩んでいたという話もあります。彼女がブログに書いた『母の日に私は悪魔になった』が何を意味するのかわかりませんが、相当、思いつめていたのでしょう」(事情通)

 なぜ、周囲は彼女の苦しい胸中、シグナルをわかってあげることができなかったのか。返す返すも残念というしかない。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 10:00 | 社会  

川田亜子アナの父親が真相を究明、告発か

05月29日 15時00分 ゲンダイネット

 娘をここまで追い詰めたのは誰なんだ。できれば、そいつを告発したい。26日に亡くなった元TBSアナウンサーの川田亜子さん(享年29)の父親が憤慨している。お嬢様育ちといわれていた川田さんだが、10代で両親が離婚、父親がその後再婚する複雑な家庭で育ったという。父親は精神科医で北陸で病院を経営しており、娘の不憫さを思い、職業的にも娘の自殺に納得できず、原因や彼女を追い詰めた可能性がある男性を特定して行動を起こしたいと考えているようだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-29 15:00 | 社会  

川田亜子、最後の生出演は「自殺未遂ルポ」だった……

5月27日 日刊サイゾー

最近の川田アナのブログにはつらい心情ばかり
が記されていた 現役バリバリの女子アナの自殺に、衝撃が走った。今月26日、港区内の路上で練炭自殺を図った川田亜子アナウンサー。最近になって、ブログでネガティブな発言を繰り返すなどその精神状態が不安視されていたが、最悪の結果となってしまった。

 そんな川田アナの最後の生出演となったのが、24日(土)の『サタデースクランブル』(テレビ朝日系列)。川田アナにとっては、TBS退社直後から司会を務めているレギュラー番組である。その『サタスタ』最後の出演となった24日の内容が「自殺について」の特集だったことから、波紋が広がっている。

 この日、川田アナは笑顔を振りまきながら卒なく司会をこなしていたが、番組が後半の『青木ヶ原樹海・自殺未遂者』についてのコーナーに入ると表情が一転。視線は定まらず、曖昧な笑顔を浮かべるのが精一杯といった印象だったのだ。約13分間の特集VTRは「樹海に入った自殺志願者の説得に成功する」といった内容だったが、VTRが明けても川田アナの表情は硬直したまま。各々シリアスな表情でコメントを述べるコメンテーターに対しても、返事をするでもなく、目線を泳がせるばかりだった。

「結果的には、あの放送が引き金になったのかもしれないね。もしかしたら川田はVTR中の自殺志願者と自分を重ねていたのかも。テレビ番組であの種の特集が組まれると、コメンテーターは揃って親身なコメントを寄せるでしょう。だけど、番組が終わればみんなヘラヘラ笑いながら帰っていく。そういう姿を見た川田が、『やっぱり誰も解ってくれない』なんて思い詰めたとしても不思議じゃないよね」(元テレビ関係者)

 自殺の原因に関しては諸説が飛び交うばかりだが、ブログの件も含めて、川田が周囲に何度もシグナルを発していたことは確か。気付いてやれる関係者はいなかったのかと、悔やまれてならない。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 12:00 | 社会