タグ:航空 ( 206 ) タグの人気記事

 

フライト待つ“静岡の翼”、フジドリーム1号機公開

2009年2月28日20時23分 読売新聞

f0013182_1495987.jpg 6月4日開港予定の静岡空港を拠点に定期便を運航する「フジドリームエアラインズ」(FDA、本社・静岡市)が28日、引き渡しを受けたばかりの1号機を公開した。

 ブラジル・エンブラエル社製の小型ジェット機「ERJ170型」(76人乗り)で、全長約30メートル。「小型でも目立つように」とデザインされた真っ赤な機体が目を引く。同サイズの機体に比べて客室が広めで、革製の座席が特徴という。

 7月中にも静岡と小松空港(石川県)を結ぶのを始め、静岡―熊本、静岡―鹿児島便が就航する。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-28 20:23 | 経済・企業  

成田~羽田リニア、事業費3兆円=国交省が試算

2月24日11時40分配信 時事通信

 国土交通省は24日、成田、羽田両空港をリニアで結ぶ構想について、総事業費3兆円との試算を明らかにした。同省が総事業費を示したのは初めて。ただ、実現に向けては財源をはじめ課題が山積している。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-24 11:40 | 行政・公務員  

NW機乱気流事故、揺れ「中程度」と機長報告

2月22日3時11分配信 読売新聞

 千葉県外房沖でノースウエスト航空機が乱気流に遭遇し43人が負傷した事故で、同機の米国人機長は着陸後、乱気流による機体の揺れの大きさを、6段階の上から3番目にあたる「中程度」と同航空に報告していたことがわかった。

 けがの重かった乗客は、コックピットから最も離れた機内最後部に集中しており、機体前部より後部の方が揺れが大きかったとみられる。運輸安全委員会では、機長が体感した揺れと機体後部の揺れにギャップがあったため、機長が管制官に緊急着陸などを要請しなかった可能性もあるとみている。

 航空各社は、国際民間航空機関(ICAO)の規定に基づき、乱気流に遭遇した乗員には体感した強度を報告させている。会社ごとに「軽い」「中程度」「激しい」などの段階を設定している。

 ノースウエスト航空では、最も軽い1から最も大きい6まで6段階の大きさを設定しており、機長はこのうちの「4」と報告。4は「中程度」に当たる。

 事故機の機長が、乗客が天井に頭をぶつけるほどの大きな揺れを「中程度」と報告していたことについて、国交省関係者は、「乱気流に遭遇した機体はコックピットを支点にして機体の後部が振り子のように揺れることが多く、機体後部ほど大きく揺れる」と説明する。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-22 03:11 | 社会  

乱気流事故機、調査前に清掃 NW社の対応に疑問の声

2009年2月22日3時1分 朝日新聞

 マニラ発成田行きのノースウエスト(NW)航空機が20日、千葉県銚子沖で乱気流に巻き込まれ、乗員・乗客43人がけがをした事故で、NW機が着陸した後、業者が機内を清掃していたことが分かった。現場保存の観点から、NW社の対応を疑問視する声があがっている。

 NW社によると、清掃は着陸から約2時間後の午後2時38分~午後3時24分に行われた。この影響で、航空事故調査官が調査に入った際には事故直後の様子は分からなくなっていた可能性がある。

 国土交通省航空局によると、NW社の一部現場作業員は当初、事故機をそのまま出発させようとしていたという。同局幹部は「外国の航空会社には日本での厳しい調査や捜査を嫌い、すぐに機体や乗員を出国させることがある。出国されたら十分な調査ができないため、米国当局にも事情を説明して引き留めた」と話している。

 ある元航空事故調査官は「航空会社には、再発防止のための事故調査に協力する責任がある。現場保存に努めるのは当然で、被害状況を不明確にする行為はあってはならない」と話している。

 一方、NW社は「まだ事故と認定されていなかったので、(業者に)清掃中止は求めなかった」という。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-22 03:01 | 経済・企業  

羽田に5本目滑走路検討 国交省、発着枠の拡大目指す

2009年2月21日15時1分 朝日新聞

f0013182_5113936.jpg 国土交通省は、羽田空港(東京都大田区)の発着枠のさらなる拡大を目指す方針を決めた。空域の有効利用のほか、5本目の滑走路新設も議論の対象とする。同空港は本格的な国際化に向け、4本目の滑走路を建設中だが、都心に近い羽田発着の航空需要はさらに増えると予想。景気対策も視野に、2020年ごろの実現をめどに検討する。

 羽田、成田の首都圏の空港機能を強化し、国の基盤を強めるプランの一つとして、同省が近く公表する。

 羽田の滑走路は現在3本。4本目が10年秋にオープンし、発着枠は現在の年約30万回から40万7千回に増える。国の交通政策審議会の航空需要予測では、この枠も17年ごろには「限界に達する」とされ、10年に20万回から22万回に増える成田空港とともに、さらなる拡大の必要性が指摘されていた。

 ただ、羽田の周辺空域はすでに「過密」。海上に新滑走路をつくるとなると、環境影響評価や漁業補償、船舶交通との調整が必要となる。騒音をめぐる反対運動も予想され、具体的な拡張の議論は先送りされていた。

 しかし、景気の深刻な冷え込みで、景気対策や雇用創出につながる公共事業を前倒ししてインフラ事業の積極展開を促す意見が政府内で浮上。国交省では「利便性が高い羽田拡張を検討する好機。環境や船舶との問題などは、関係者との協議で解消できる余地がある」との機運が高まった。

 滑走路新設となると、埋め立てと桟橋からなる建設中の4本目の場合で事業費は約7千億円かかっている。同省は最近の景気後退による航空需要予測の見直しも考慮しつつ、拡張策を検討する。

 5本目をつくる場合、現在建設中のD滑走路の沖や、東側のC滑走路沖などが想定される。D滑走路を現在の2500メートルから3千メートル級に延長するなどして、大型機の長距離路線に対応できるようにすることなども検討される見通しだ。

 同時に検討するのは、限られた空域の有効活用だ。羽田の周辺空域には、西側に米軍横田基地(東京都)が管制を担っている「横田空域」があり、窮屈な運用を強いられているほか、騒音被害を抑えるため、東京都の上空を低い高度では飛べないなど制約が多い。国交省は「あらゆる角度から検討したい」としており、周辺自治体と騒音問題について協議するなどして、飛行範囲を拡大できないか模索していくとみられる。

 成田については現在、成田国際空港会社(NAA)が発着容量を現在の1.5倍の30万回に広げる案を示しており、実現可能性について周辺自治体などと話し合いを進めている。(佐々木学)
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 15:01  

“ボンバル機”なぜ製造中止にできないのか?

2009/2/17 10:00 日刊ゲンダイ

 米ニューヨーク州バファロー近郊に墜落したボンバルディア機の事故は、着氷が原因とみられる。米運輸安全委員会が13日、記者会見し、「操縦士が主翼にかなりの着氷を確認していた」ことを発表した。

 着氷はしばしば、航空機の事故につながるというが、それにしても、また、「ボンバル機か」ではないか。問題のDHC8―Q400という機体は03年の導入以降、ヒマさえあれば、トラブルを起こしている。日本だけでも不具合での行き先変更などのトラブルが06年度に30件、07年度に31件、08年度に19件。国交省の担当者がカナダのボンバル本社に出向き、改善要求を出したこともある。そのせいか、国交省は「最近はトラブルも落ち着いてきた」みたいな言い方をしていた。その矢先の墜落事故だから、ゾッとする。

 航空関係者によると、ボンバル機のトラブルは初歩的な整備ミスが原因のものも目立つという。07年に高知空港で起こった胴体着陸のトラブルは、ボルトの脱落という初歩的ミスだった。航空評論家の中村浩美氏は「命を預かるメーカーとしてはあまりにお粗末」とコメントしたものだ。

「カナダに本社を置くボンバル社はもともとスノーモービルのメーカー。80年代にカナダの航空機メーカーを買収し、いまや、ボーイング、エアバスに次ぐ規模です。Q400はプロペラ機ですが、ジェット機並みの速度なのに低燃費、低騒音で、世界中数カ国で採用されている。日本でも全日空と日本航空グループで25機を保有しています」(航空業界関係者)

 ここまでトラブルが多いと安心して乗れない。製造中止、運航中止などの大ナタが必要なのではないか。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 10:00 | 社会  

羽田~アムステルダムに定期便-再拡張後3つ目の欧州路線

2009年2月10日12時45分 羽田経済新聞

 国土交通省は2月9日、日本とオランダの航空協議が合意し、再拡張事業が完了する2010年10月以降の羽田空港の国際線拡充枠において、羽田~アムステルダム間の旅客または貨物の定期直行便を運航可能にすると発表した。

 同空港の第4滑走路(D滑走路)供用開始後の深夜早朝時間帯(22時~翌7時)に、両国の航空会社がそれぞれ週7便まで運航できる。欧州路線ではパリとロンドンに続く3つ目。

 同空港は現在、新滑走路・新管制塔・新国際線旅客ターミナルビルなどの建設工事を進めており、同年同月に供用開始を予定する。同省はそれに伴い増大する発着枠の一部を国際線に割り当てる方針。既に各国との航空協議を進めておりこれまでに、昼間時間帯では韓国と、深夜早朝時間帯では韓国・マレーシア・シンガポール・フランス・イギリス・タイと合意している。

 オランダとの合意では、成田空港線においても両国の航空会社それぞれが週5便まで増便することを認めた。同空港の第2滑走路北伸工事が完了する2010年3月以降が条件。2008年冬期スケジュールでは、日本とオランダの間には両国の航空会社2社が旅客便と貨物便を週合計35便運航する。旅客の年間輸送実績は55万人(2007年度)。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-10 12:45 | ヨーロッパ  

羽田~バンコク便就航へ-日本・タイ航空協議が合意

2009年2月4日12時35分 羽田経済新聞

 国土交通省は2月2日、日本とタイの航空協議の合意により、タイの航空会社による羽田~バンコク間の1日1便の運航を可能にすると発表した。

 運航は2010年10月に予定されている羽田第4滑走路の供用開始後の深夜早朝時間帯(22時~翌7時)で、日本企業についても同様の権益を確保した。両国の航空会社による2空港を結ぶ新路線が実現する。

 同合意では成田空港の週1便の増便も認めた。これによりタイの航空会社は同空港の第2滑走路北伸工事が完了する2010年3月以降に、旅客便を週合計22便まで成田路線に運航させることができる。

 2008年冬期スケジュールでは、日本とタイの間には両国の航空会社6社が旅客便を週合計90便運航する。年間輸送実績は235万人(2007年度)。

 羽田空港の新滑走路供用開始後の新国際線発着枠に向けた航空交渉はすでにマレーシア・韓国・シンガポール・フランス・イギリスと合意しており、同空港から各国の都市への直行便の運航が可能になっている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-04 12:35 | アジア・大洋州  

JAL、ANAが経営戦略抜本見直し…設備投資を大幅減額

1月4日21時19分配信 読売新聞

 景気悪化に伴う航空需要の低迷で業績が落ち込んでいる日本航空と全日本空輸の国内航空大手2社が、中期的な経営戦略の見直しを迫られている。

 成田、羽田空港の発着枠が増える2010年を控え、商機拡大を狙った当初の積極的な投資計画を大幅に修正せざるを得ない状況だ。

 08年10月の国際線旅客の輸送実績は、日航が前年同月比14%減、全日空が同10%減と低迷。特に欧州や中国路線が大きく落ち込んだ。国際線は11月以降も「20~25%の落ち込み」(西松遥・日航社長)となった模様だ。

 急速な景気悪化でビジネス客の需要が総崩れに近く、経費節約のために「出張禁止令」を出す企業もあるほどだ。山元峯生・全日空社長は「坂道を転げ落ちている感じだ」と嘆く。

 こうした経営環境の悪化を受け、両社は08年度にスタートしたばかりの中期経営計画を抜本的に見直す作業を続けている。日航は、燃費の良い新型機の購入を数機取りやめ、08~10年度の3年間で4190億円を予定していた設備投資を1000億円削減する。

 全日空も08~11年度の4年間で約9000億円を投じる予定だった設備投資計画を1000~2000億円減らす。新型機への更新を抑えるほか、国内航空初となるエアバス社の最新鋭機「A380」の導入計画も白紙に戻す。09年度中にアジアの航空会社に出資して格安航空事業に参入する構想も事実上、棚上げする方針だ。

 一方、両社が注目するのが、燃料コストを押し上げていた原油価格の下落基調だ。日航、全日空ともに燃料価格の高騰を理由に、乗客から徴収していた燃油特別付加運賃(サーチャージ)を廃止する可能性が出てきた。

 サーチャージは、3か月間の平均燃料価格が1バレル=60ドルを割り込めば廃止する規定となっており、直近の価格が60ドル前後で推移しているためだ。日本-北米、欧州線で片道2万2000円のサーチャージが廃止され、航空運賃が下がれば、海外旅行の需要回復につながるとの期待は強い。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 21:19 | 経済・企業  

「成田-羽田リニア開通を」太田代表が公共事業前倒し訴え

1月2日21時3分配信 読売新聞

 公明党の太田代表は2日午前、都内のJR新宿駅西口で街頭演説し、経済対策に関連して「全治3年の緊急事態には必要な公共事業を前倒ししてやる戦いが大事だ」と述べ、例として2016年の東京五輪招致計画をにらみ、成田空港と羽田空港を結ぶリニアモーターカーの開通を挙げた。

 太田氏は「成田と羽田は12~13分で結べるそうだ。そうしたナショナルプロジェクト事業も大胆にやっていくことが大事だ」と訴えた。

 また、5日召集の通常国会に提出する2008年度第2次補正予算案について、「消費喚起の下支えとして、公明党は定額給付金を提起した。野党も『早く補正予算案を出せ』と言ってきたからには、早期成立に向けて審議に協力いただきたい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 21:03 | 政治