タグ:芸能 ( 81 ) タグの人気記事

 

TVはいつまで田中義剛「花畑牧場」を宣伝し続けるのか

2009/2/17 10:00 日刊ゲンダイ

 生キャラメル、ホエー豚……。それを聞いただけで田中義剛の「花畑牧場」とわかるほど各局が繰り返し、田中と花畑牧場を取り上げている。

 13日も19時54分から「ドリーム・プレス社」(TBS)が「牛1頭から年商60億円」というテーマで放送。森三中が北海道の牧場まで出かけ、1泊2日の極寒研修を受けるという内容で、森三中の3人は生キャラメル工場で作り方を教わり、ホエー豚の飼育に精を出した。田中の商売に一役買ったわけだ。

 田中は万々歳だ。なにせ、番組がタダで「花畑牧場」の宣伝をしてくれたのだから。だが、TBSは私企業の商品を1時間も“宣伝”する映像を流し続けることに疑問を感じないのだろうか。それとスポンサーは延々と他人の商売を宣伝していることを不快に思わないのだろうか。

 1度や2度、どこかが短時間だけ取り上げるなら納得だが、これでは公共の電波が“私物化”されているも同然。芸能評論家の肥留間正明氏がこういう。
「ゴールデンタイムに1時間も田中の商売のための番組を作るなんて呆れてモノがいえません。この番組の作り方は局内の倫理規定などに引っかからないのか。それにしても、よくこんな企画が通るものです。テレビがダメになるわけですよ」

 TBSも他局も猛省すべし。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 10:00 | 社会  

飯島愛の部屋を訪ねていたタレントがいる

2008年1月15日 日刊ゲンダイ

 昨年のクリスマスイブに遺体で発見された飯島愛(享年36)に新たな情報が浮上している。飯島に関しては「複数の人物から脅迫されていた」「周りにハイエナのようにタカる悪辣な連中がいた」などと報じられ、投資会社幹部やAV関係者の存在が取り沙汰されているが、生前には飯島が住む渋谷区内にある高級マンションを訪れていたタレントが何度も目撃されているという。このタレントは飯島と番組で共演し、親交が深かったようだ。この人物なら飯島の死の真相を知っているかもしれない。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-15 10:00 | 社会  

沢尻エリカさんが結婚

1月9日20時7分配信 時事通信

 女優の沢尻エリカさん(22)が映像作家の高城剛氏(44)と結婚したことが、9日分かった。所属事務所によると、7日に婚姻届を提出し、19日に東京都内の神社で結婚式を挙げる予定という。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 20:07 | 社会  

安達祐実、井戸田潤夫妻が離婚

2009/01/09-13:26 時事通信

 女優の安達祐実さん(27)とお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さん(36)が8日離婚したと、2人の所属事務所が9日発表した。2人の間に生まれた女児(2つ)は、安達さんが引き取り、井戸田さんが養育費を払うという。離婚の理由について安達さんの事務所は「お互いに仕事が忙しく、擦れ違いが多かったせいではないか」としている。2人は2005年9月に結婚していた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 13:26 | 社会  

俳優の石垣佑磨 酔って暴れて逮捕

11月17日18時49分配信 産経新聞

f0013182_1984440.jpg 居酒屋で酔って暴れ、連行された警視庁新宿署で警察官に暴行したとして、俳優の石垣佑磨さん(26)が傷害と公務執行妨害の疑いで逮捕、送検されていたことが17日、分かった。石垣さんは事件当時、泥酔していたとみられ、すでに釈放されている。

 同署などによると、石垣さんは15日未明、新宿署管内の居酒屋で、酒に酔って店員と口論になり、店員を2回殴りつけた。駆けつけた警察官に新宿署に連行されたが、事情聴取の際に暴れ出した。

 石垣さんは東京都出身。平成12年に大手芸能プロダクション「ホリプロ」の「21世紀ムービースターオーディション」で準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。これまでにフジテレビ系のバラエティー番組「ジャンクSPORTS」やドラマ「ウォーターボーイズ」、TBS系のドラマ「浅草ふくまる旅館シリーズ」などに出演している人気俳優。所属するホリプロの公式ホームページによると、格闘技のテコンドーを特技としている。

 ホリプロは「事実関係の把握を急いでいる」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 18:49 | 社会  

ラサール石井のネット騒動 「これが炎上というものか」

2008年11月17日 16時30分 J-CASTニュース

タレントのラサール石井が2008年11月17日のブログで、麻生太郎首相に「ガン無視」されたなどと記述して、ネット上で話題となっていた一連の騒動について謝罪している。

この騒動は、東京・亀有で行われた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公・両津勘吉の銅像設立の除幕式に出席した石井が、同席した麻生太郎首相に「ガン無視」されたとして、ブログで「麻生批判」ともとれる内容を掲載したというものだ。

記事には、「いやあ、なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ」といった厳しい言葉も並んでいた。その後、ネットを中心に話題が加熱したことから、該当記事の削除にまで至った。

17日の記事によると、石井は、ここ何日かホテルにこもり、芝居の脚本の執筆に専念していたようだ。ホテルでは時折、携帯電話からブログをチェックしていたらしいが、「見るたびにエライことになっていて驚いた」そうだ。「これが世に言う炎上というものなのだろうか」。日記を改めて読み直してみたところ、自分でも確かに好印象ではなかったと反省している。

「御指摘の通り、書き方を変えれば、もっと傲慢ではなく、しかももっと笑える、そしてもっとリアルな文章が書けたはずであった」

現在、該当の記事を削除し、コメント欄を一時的に閉鎖する処置をとっている。「言わば欠陥商品の自主回収のようなものだ」と石井はいう。そして、「以上の事をこのブログを読んできてくれた皆様にお詫びいたします」と加えている。

ただ、ブログに書き込んだ思いが、全くの間違いだったというわけではなさそうだ。「言葉」に対する過信がおごりを生み、「言葉」を垂れ流してしまったという。20代、30代はもっと「言葉」を大事にしていたという石井。ブログは、思いつきで書くことができる利点があるけれど、それなりの推敲も必要だとかみ締めている。

「もちろん全面降伏しているわけではない。伝えたい真意もあった。誤解されない表現も模索していきたい」

なお、石井は今後もブログを続けていくという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 16:30 | 社会  

ラサール石井、ブログで「麻生批判」 バッシング受けてすぐに削除

2008年11月13日 21時03分 J-CASTニュース

 マンガ「こち亀」の両さんの銅像が東京・亀有に設立され、その除幕式でお笑いタレントのラサール石井さんは麻生太郎首相に「ガン無視」されたと、2008年11月12日の自身のブログで明かした。よほどプライドを傷つけられたのか、延々と「麻生批判」を展開した。その後、2ちゃんねるなどで話題になり、ラサールさんへの批判が殺到。同日付のブログは削除された。

 「なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ」

 漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公、両津勘吉(両さん)の少年時代の銅像が「亀有ゆうろーど商店街」に建てられ、08年11月8日に除幕式が行われた。04年までフジテレビ系で放送されていたアニメ版で、両さんの声を担当していたラサールさんは、原作者の秋本治氏とともに出席した。

 ラサールさんのブログによると、除幕式の3日前に、麻生首相も列席することが決まった。首相はマンガ雑誌を何十冊も購読するほどの「マンガ好き」で知られ、「こち亀」の大ファンであることも公言している。

 SPや警備員などに囲まれ、物々しい雰囲気の中、麻生首相が現れた。像に向かって左側に首相、右側に原作者とラサールさんが並んだ。首相はまず、原作者と握手をして歓談する。ラサールさんは「さあ次は私と握手だ」と身構えた。ところが、「なんと総理はおいらをガン無視 えー 握手どころか、一回も目を合わす事もない」。

 両さんの声を担当していることを知らないのか。それとも「ラサール石井」を知らないのか、と一瞬考えるが、「俺、電通調べ認知度98%なんですけど」と強調する。理由は何であれ、無視されたことにプライドを傷つけられたのか、さらに牙をむく。

 「いやあ、なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ。ウソでも握手のひとつもしとけば、俺があとで『麻生さん、意外にいい人だったよ!』ってブログやトークでどんだけ言うか」「無視されたからって器が小さい」と批判相次ぐ

 その後も、「麻生批判」は続く。除幕式の後に首相が商店街を視察したことに触れ、「お供引き連れて、あらかじめ決まった場所を案内されるがままに連れてってもらい、せんべい食べたり、スーパーでほうれん草の値段聞いたりしてるだけ」とか、「どう見ても江戸時代のお殿様が城下町にやってきて。『爺ィ。これはなんじゃ?』『は。ほうれん草にございます。』みたいな風にしか見えない」などと、言いたい放題だった。

 ところが、このブログに関するスレッドが2ちゃんねるに立つと、批判の矛先はラサールさんに向けられた。

「芸人なら自虐ネタにもっていかなきゃいかんだろうに。馬鹿な奴」

「無視されたからって器が小さい」

 ラサールさんのブログのコメント欄にも同様の批判が寄せられた様子で、11月13日の昼ごろまでに、12日付けのブログは削除されていた。所属事務所にJ-CASTニュースが問い合わせると、担当者は、「ブログについては回答を遠慮したい」と返答した。

 プライドを傷つけられたラサールさんは感情的にブログを書いたものの、その後、冷静になると「首相に失礼だ」と思い直し、削除したということなのかもしれない。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-13 21:03 | 社会  

女優コン・リーさんに国籍 シンガポール

2008/11/10 22:12 共同通信

 【シンガポール10日共同】映画「SAYURI」「紅いコーリャン」などに出演した中国出身の女優、コン・リーさんが8日、シンガポール国籍を取得した。10日付の同国各紙が報じた。

 コン・リーさんは1996年にシンガポール人実業家と結婚。今年、シンガポール市民権(国籍)を申請していた。

 シンガポールは才能のある外国人の市民権、永住権取得を推進している。


女優コン・リーさん 中国籍からシンガポール国籍へ
2008年11月11日 朝日新聞

 「紅いコーリャン」などで知られる中国出身の女優、鞏俐(コン・リー)さん(42)がシンガポール国籍を取得した。10日付の地元紙が報じた。

 鞏さんは96年、香港在住のシンガポール人企業経営者と結婚。中国では政府への助言機関の全国政治協商会議(政協)の委員を務めていた。両国とも二重国籍を認めておらず、シンガポール国籍取得に伴い、中国国籍を失う。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-10 22:12 | アジア・大洋州  

フランク永井さん死去、76歳=「君恋し」など低音の魅力

2008/11/02-13:30 時事通信

 「有楽町で逢いましょう」「君恋し」「おまえに」など数々のヒット曲で一世を風靡(ふうび)した歌手のフランク永井(フランク・ながい、本名永井清人=ながい・きよと)さんが10月27日午後6時、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去した。76歳だった。宮城県大崎市出身。葬儀は親族のみで行った。

 進駐軍のボーイや運転手などをした後、米軍基地のクラブでジャズを歌っているところをスカウトされた。1955年「恋人よわれに帰れ」で、ジャズ歌手としてレコードデビューしたが、歌謡曲の歌手に転向。吉田正さん作曲の「夜霧の第二国道」「有楽町で逢いましょう」で大ヒットを飛ばし、甘い低音とジャズフィーリングを生かした独特の歌唱で「低音ブーム」を起こした。その後も、松尾和子さんとデュエットした「東京ナイト・クラブ」などで、「昭和ムード歌謡」をリードした。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-02 13:30 | 社会  

<ひき逃げ>清水健太郎容疑者を逮捕 男性はね3日後出頭

10月31日2時30分配信 毎日新聞

f0013182_31191.jpg 警視庁浅草署は30日、俳優の清水健太郎容疑者(56)=本名・園田巌(いわお)=を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 調べでは、清水容疑者は今月27日午後4時ごろ、東京都台東区浅草2の交差点で、一時停止を怠り、左から来た30代の自転車の男性をはね、そのまま車で逃げた疑い。男性は胸などを強く打ち軽いけがをした。

 清水容疑者は30日午後、浅草署に出頭した。【神澤龍二】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 02:30 | 社会