タグ:芸術 ( 7 ) タグの人気記事

 

J・アップダイク氏死去=ウサギ4部作、世相巧みに描写-米

1月28日6時20分配信 時事通信

 【ニューヨーク27日時事】戦後米国の世相を巧みに作品に取り込み、ピュリツァー賞を2度受賞した米作家で詩人のジョン・アップダイク氏が27日、肺がんのため東部マサチューセッツ州ベバリーファームズのホスピスで死去した。76歳だった。同氏の作品の出版元が発表した。

 1932年ペンシルベニア州生まれ。ハーバード大卒業後、雑誌「ニューヨーカー」に書評などを寄稿。59年「プアハウス・フェア」で長編デビューし、60年に「走れウサギ」を発表して作家の地位を確立した。

 米中産階級の郊外生活と性衝動を主題にした作品で知られ、ある男性の生涯を時の風俗と重ねて描いた「走れウサギ」以降のウサギ4部作は高い評価を獲得。うち2作品がピュリツァー賞を受賞した。日本のファンも多く、84年の「イーストウィックの魔女たち」は映画化された。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-28 06:20 | 北米・中南米  

「素晴らしい家」「おぞましい」=楳図さん宅赤白外壁訴訟-東京地裁

9月29日16時40分配信 時事通信

 漫画家楳図かずおさんが東京・吉祥寺に建築した赤白横じま模様の自宅について、近隣住民2人が外壁の撤去を求めた訴訟の口頭弁論が29日、東京地裁(畠山稔裁判長)で開かれ、楳図さんが出廷し、「赤白のストライプはわたしのトレードマーク。素晴らしい家だ」と訴えた。

 楳図さんは「家の形、色彩もバランスがいい」と主張。不快を訴える原告に対しては「悪意を感じる。新参者のわたしに対するいじめだ」と語った。

 原告の住民も証言台に立ち、「赤い塔に描かれた目が点滅を始めた。おぞましい」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 16:40 | 社会  

映画「イキガミ」原作が星新一作品に酷似と指摘 作者側は反論

9月19日10時58分配信 産経新聞

 小学館から発売され9月27日から公開されるTBS製作映画の原作となった漫画「イキガミ」の内容が、星新一の小説「生活維持省」に似ているとして、星新一の次女、マリナさんが18日、小学館に抗議していたことを公式ホームページで明らかにした。小学館側は「『イキガミ』は作者、間瀬元朗氏のオリジナル作品であり、『生活維持省』とはまったく違う創作物」と反論している。

 星新一公式サイトによると、若い国民の命をランダムに奪うことによって国家の繁栄を保つ法律のある国を舞台とし、法律を施行する若い公務員が死亡予定者に選ばれた若者の家へ向かう、という「イキガミ エピソード1」の設定が星新一の「生活維持省」の設定に酷似しているとして、漫画を発売する小学館へ抗議した。

 これに対し、小学館側では「作者・間瀬元朗氏も担当編集者も、最近になるまで星先生の『生活維持省』という作品を読んだことはない」「太平洋戦争当時の徴兵のための召集令状―いわゆる『赤紙』のイメージを物語の設定部分として用いた」として、星作品との関連を否定する公式見解を発表。この全文は星新一公式ページに掲載されている。

 回答に対し、マリナさんは公式ページで「残念ながら、私としてはまだ納得できていませんが、この文章の掲載をもって私から小学館への問い合わせ及び抗議は終わりにし、判断はそれぞれの読者のみなさまにおまかせしたいと思います」として、これ以上抗議はしない考えを示した上で、「主張していることを多くの方に正しく理解していただくため」として、小説「生活維持省」を18日から3日間、サイト上に公開している。

 小学館は「作品についての検証はお互いに綿密に行いました。結果として星先生の公式サイトに双方の見解が併記されることになりました。その一事をもって、実情をご理解ください」(広報室)とコメントしている。

 「イキガミ」は製作TBS、瀧本智行監督、松田翔太主演で映画化され、27日から東宝配給で公開される。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 10:58 | 社会  

<軽犯罪法違反>天皇家批判の映画ポスター張った監督逮捕

9月11日13時11分配信 毎日新聞

 天皇家を批判する映画の宣伝ポスターを許可なく張ったとして、警視庁公安部は11日、住所不定、映画監督、渡辺文樹容疑者(55)を軽犯罪法違反(張り札行為)容疑で現行犯逮捕した。一緒に作業をしていた30代の女性も同容疑で書類送検する方針。

 調べでは、渡辺容疑者は11日午前4時10分ごろ、東京都江東区亀戸4の街路灯に、「現天皇は昭和天皇の子供ではない」などと訴える自作の映画「天皇伝説」の宣伝ポスター数枚を張った疑い。今月に入り、同様のポスターを都内で約100枚張っており、警戒中の捜査員に逮捕された。

 渡辺容疑者は90年、カンヌ国際映画祭にも出品した「島国根性」で、日本映画監督協会新人賞(奨励賞)を受賞した。天皇制に反対するテロリストを描いた「腹腹時計」などの作品がある。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-11 13:11 | 社会  

カンボジアで「生き残りのアート」展、ポル・ポト時代の苦悩を描く

2008年04月08日 19:09 AFPBB News

【4月8日 AFP】クメールルージュ(Khmer Rouge)がプノンペン(Phnom Penh)を陥落した1975年4月、スバイ・ケン(Svay Ken)さんは子どもたちの手を引き、死体の山に足を取られそうになりながらも、数万の避難民とともに街を脱出した。

 先ごろプノンペンの画廊「メタハウス(Meta House)」で、「Art of Survival(生き残りのアート)」展が開かれた。虐殺や強制労働で200万人近くが死亡したとされるポル・ポト時代(1975-79)の市民の苦悩に焦点を当てる展覧会は、国内では初めての試み。

 絵画、彫刻、木炭画、鉛筆画など20を超える展示作品の中には、現在76歳のケンさんの作品もある。「Khmer Rouge hospital(クメールルージュの病院)」と題された作品では、黒衣の患者たちが一列に並び、バケツに入った食べ物を配給される様子が描かれる。「生き延びることができたら、この経験を絵にして記憶をとどめようと思っていました」と語るケンさんは、今や国内有数のコンテンポラリー・アーチストだ。

 展覧会の主催者、米国人画家ブラッドフォード・エドワーズ(Bradford Edwards)さんは、展覧会の狙いを「人間性に関する普遍的な真実」を示すためだとしている。「ポル・ポト時代の恐怖は、カンボジアに限ったものではない。世界のどこにでも起こりうることなのです」

 そして、もう1つの狙いは「カンボジア史上最も過酷な時代を題材にアートを花開かせ、この国のアートをもっと多くの人々にアピールする」こと。今後は国外でも展覧会を開催していきたいという。

■アートを介した「対話」

 年配のアーチストの作品には恐怖と暴力の表現があふれるが、ポル・ポト時代を知らない世代の作品はより抽象的だ。たとえばヴァンディ・ラッタナ(Vandy Rattana、28)さんの写真「Going Fanatic(狂信的に)」は、共産主義を象徴する槌(つち)と鎌(かま)、米国を象徴する2つのブロックの間に四角形の光が散りばめられた作品。「政治をチェス盤に見立てた」作品だという。「カンボジアの戦争には全世界がかかわっている。あの時代を語るには、ベトナムと米国についても語る必要があるのです」

メタハウスを経営するドイツ出身のNico Mesterharm氏は、「カンボジアにおけるアートの復興は、この国がポル・ポト時代の影からついに逃れることができた象徴のようなもの。発展の証しでもある。この展覧会が対話の場を提供し、和解プロセスに貢献できることを期待する」と語った。(c)AFP/Seth Meixner
[PR]

by deracine69 | 2008-04-08 19:09 | アジア・大洋州  

横尾忠則さんのポスター「不健全」 教科書検定、たばこ「健康に有害」

3月25日21時21分配信 産経新聞

 文部科学省は25日、平成21年度から使用される教科書の検定結果を公表した。高校3年生向けは7教科48点が申請、47点が合格。合格した教科書には計1059件の検定意見が付けられ、修正された。美術家、横尾忠則さんのポスターに「不健全」、たばこを持つ写真に「健康に有害」など細かい検定意見も。企業名や商品名が「宣伝になる」とされる一方、映画作品名には意見が付かないなど“境界線”が不明確な検定もあり、商品が氾濫(はんらん)する“当世風の悩み”も垣間見える。

 写真を差し替えたのは日本文教出版の「美術III」に掲載予定だった横尾さんの代表作「暗黒舞踏派 ガルメラ商会」。ルーブル美術館が収蔵する裸の姉妹が並んだ絵画「ガブリエル・デストレ姉妹」をコラージュした作品だが、問題になったのは小さな文字で印刷された「私の娘展示即売会場」の文。

 作者が思いを込めた作品を「娘」に例え、演劇会場で展示即売をすることを案内した表現だが「健全な情操の育成に必要な配慮を欠いている」とされた。「人身売買を思わせる」というのが理由だ。

 横尾さんは「この程度の比喩(ひゆ)も受け入れず、重箱の隅のまた隅をつつくような検定は異常。日本の知性、文化のレベルを示すようで寂しい」と話している。

 日本文教出版の編集者は「日本を代表する芸術家へ飛躍する第一歩となった重要な作品なので、ぜひ高校生に紹介したかった」と残念がる。

 光村図書の「美術III」では写真家、濱谷浩氏の肖像写真の右手に持っているたばこが「心身の健康について必要な配慮を欠いた」と指摘され、画像処理で消された。同社は「トリミングも考えたがかえって不自然なので、画像処理をした」と説明している。

 この教科書ではほかにも、シャツのブランド名「パタゴニア」、携帯電話「N701i」などの写真のロゴに「特定商品の宣伝になる」と意見が付いたため、「ぼかし」をかけた。

 大修館書店の「国語・現代文」で、梶井基次郎の小説「檸檬(れもん)」に登場する書店「丸善」京都支店の明治末期の写真が使われたが、「丸善」の宣伝になるとして看板部分がカットされた。

 一方、どこまでが宣伝か境界線が不明確な検定意見もあった。

 「英語」では「となりのトトロ」などスタジオジブリの作品が話題として取り上げられている。
 だが、桐原書店の「ライティング」では見たことのある映画として「リトルマーメイド」「ライオンキング」などディズニー映画だけ6作品が選択肢だった。これにも「特定企業の宣伝」と意見が付き、「プリンセスモノノケ(もののけ姫)」など3作品が差し替え、認められた。
     ◇
 申請本や検定意見書、合格見本本などは4月22日から、東京都江東区の教科書研究センターなど全国8カ所で順次、一般公開される。
[PR]

by deracine69 | 2008-03-25 21:21 | 社会  

西洋美術館を世界遺産に推薦へ

9月14日22時14分配信 産経新聞

 政府は14日、近代建築の巨匠とされるフランスの建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965)が設計した国立西洋美術館本館(東京・上野)=写真=について、世界文化遺産への登録を推薦することを決めた。フランスやスイスなども自国にあるコルビュジエの作品を推薦する予定。平成21年の世界遺産委員会で可否が審議される。登録されれば、複数国にまたがる個人の作品群としては初の世界遺産となる。

 西洋美術館本館は地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、柱だけで構成される1階▽らせん状の回廊▽陸屋根▽展示品の増加に伴い増床できる平面計画-など、コルビュジエの「限りなく成長する美術館」構想をよく表しているとされる建築物。

 第2次大戦後、フランスに接収されていた美術品が日本に返還される際、受け入れ施設として昭和34年に建設された。

 コルビュジエ設計の建築物をめぐっては、フランスが昨年、自国の13作品を「国内暫定リスト」に入れ、世界遺産登録に向けた準備を日本やスイス、ドイツなどに呼び掛けていた。最終的な推薦書はフランスが7カ国分計23作品をとりまとめてユネスコに提出する。

 個人の作品群の世界遺産は、「アントニ・ガウディの作品群」(スペイン)が有名だが、複数国にまたがる例はない。

 コルビュジエはスイス生まれのフランス人で、集合住宅「マルセイユのユニテ」(フランス)や「ロンシャンの礼拝堂」(同)、インドの都市計画「チャンディガールの建築物群」など多彩な作品で知られる。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-14 22:14 | 行政・公務員