タグ:茨城 ( 19 ) タグの人気記事

 

廃線跡に茨城県などがバス専用道、茨城空港へのアクセスに

11月18日3時43分配信 読売新聞

 廃線となった茨城県・鹿島鉄道の線路跡約7キロの区間をバス専用道とし、民間バスを走らせる「バス高速輸送システム」(BRT)を、県などが導入する。

 茨城空港(小美玉市)への交通手段の一つとして、2010年3月の開港に間に合わせる計画だ。

 民間が独自に取り組む例はあるが、国土交通省などによると、自治体が公道として整備する「公設民営方式」は全国初。ローカル線の廃線が相次ぐ中、新たな試みとして注目される。

 鹿島鉄道は石岡市-鉾田市27・2キロを結ぶ私鉄だったが、乗客減から昨年3月に廃線となった。現在は、一般道で代替バスが運行されているが、渋滞などで利用は伸び悩んでいる。BRTは、バスの発着時間が鉄道並みに守られるほか、並行する国道の渋滞緩和にもつながる。維持管理費も鉄道より大幅に安い。

 線路跡地は、鹿島鉄道の親会社である関東鉄道(本社・同県土浦市)から無償譲渡される方向でほぼまとまった。バス運行には同社の関連会社が候補に挙がっている。県などは、線路跡を舗装、一般道との交差点にはバス優先の信号機を設置するなどの整備に、事業費約6億8000万円を投入する予定だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 03:43 | 社会  

茨城空港:暗雲 LCC機、想定外に重く着陸に支障 県「燃料減らせば」

2008年10月30日 毎日新聞

 10年3月開港の茨城空港(小美玉市)の滑走路が中型機による国内線就航を前提とした仕様のため、県が誘致を目指すマレーシアの格安航空会社(ロー・コスト・キャリア=LCC)エア・アジアXの航空機の重量だと規格外で着陸できない可能性が出ていることが29日明らかになった。県は「使用頻度や搭載燃料の量を減らすなどで問題は解決できる」として、国土交通省、エア・アジアX側双方と調整している。【若井耕司】

 共産党の塩川鉄也衆院議員(比例北関東)らが同日、記者会見して明らかにした。茨城空港は、県の当初の計画が札幌、大阪、福岡、沖縄の国内4路線で、ボーイング767やエアバス300など最大重量が143~165トンの中型機を想定していた。滑走路のアスファルトの設計強度はこれを前提で作られた。しかし、開港まで1年半を切った現在も国内航空会社で就航を表明したところはなく、県の誘致は苦戦が続いている。

 県は昨年後半からLCCを含む海外路線に活路を求め、空港ターミナルビルもLCCが好む簡素な作りに変更。今年7月には、エア・アジアXの最高経営責任者(CEO)が現地視察するなど、県も数少ない有力候補に期待を寄せる。

 しかし、エア・アジアXの使用する航空機はエアバス330-300。燃料、乗客、貨物を含む最大重量が233トンあり、中型と大型の中間クラスだ。県は、乗客中心で貨物は少なく、日本までだと燃料も満タンにする必要がないことに着目。エア・アジアX側に実際の重量を照会するとともに、国交省には利用頻度などを調整することで重量制限をどこまで拡大できるか調整を依頼している。

 県空港対策課は「ある程度までは問題はクリアになっている」と楽観的な見方をするが、航空機の重量が重いと滑走路の補修の頻度が高くなるという。塩川議員は「国内線の就航先が決まらず、計画倒れだ。中止すべきだ」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 23:59 | 社会  

回らない風車、早大に賠償命令=つくば市設置の発電機-東京地裁

9月29日18時1分配信 時事通信

 小中学校に設置した風車23基が回らず、発電事業が実現しなかったとして、茨城県つくば市が早稲田大学と大阪市のメーカーに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、早大に約2億円の支払いを命じた。

 萩原秀紀裁判長(荒井勉裁判長代読)は、早大は期待された発電量が得られないのを認識できたと指摘。「故意または過失により、消費電力が発電量を上回ることを説明しなかったのは債務不履行に当たる」と述べた。

 一方で、「風の状況など慎重な検討を迫る材料がそろっていたにもかかわらず、早大側の調査結果をうのみにした」と市側の落ち度も認め、賠償額を減額した。

 メーカーについては、年間発電量の達成を保証していたとの市側主張を認めず、請求を棄却した。

 判決などによると、同市は早大に業務委託し、2005年7月までに計23基を19校に設置。売電で得た資金で地域通貨を発行し、地元の活性化を図る計画だった。

 設置費用のうち1億8500万円は環境省の交付金で、問題発覚により同市は06年9月に返還を命じられた。

 早大の話 到底承服しがたく、即日控訴した。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 18:01 | 社会  

ブログに逆切れ? 茨城県議会が傍聴の規制強化

2008年9月4日8時17分 朝日新聞

 茨城県議会での議員の言動がブログ(インターネット上の日記)で批判されたことが契機になり、議会の傍聴規則が3日改正され、規制が強化された。必要と認められると傍聴希望者は身分証の提示を求められ、写真撮影や録音の許可が下りにくくなった。全国の都道府県議会で身分証明書の提示を求める傍聴規則は初めて。ブログは情報の発信手段として近年重要視されていることから、一部県議からは撤廃を求める声も上がっている。

 都内在住の男性が作成するブログが問題視された。男性は茨城空港をテーマに多数の記事を掲載、傍聴した6月定例県議会も取り上げた。常任委員会などでの県議や県幹部の言動について論評し、居眠りする県議の写真を載せた。

 ブログを見た一部の県議が「傍聴目的として適切なのか」と声を上げ、傍聴規則改正の動きが出始めた。議会事務局によると、男性は「資料のため」という目的で本会議の撮影許可は得たが、常任委員会については許可申請していなかったという。

 改正規則では、傍聴者による写真撮影や録音は、県政記者クラブ所属の報道関係者と「公益的見地から必要と認められる者」に限定。後者は市町村の広報担当者や会派関係者を念頭に置いている。

 新規則に従うと、「資料のため」という目的で男性がカメラの持ち込みや撮影を希望しても、「今後は『許可できない』として処理する」(議会事務局)という。

 「公益的」の定義については、規則改正について議長報告があった議会運営委員会内でも異論が出た。自身もブログを積極的に活用している公明党の井手義弘県議は「世界に向けて主張するブロガーもおり、時代は変わってきた。特定の議員を非難することが公益的な議論に反しているかどうかはわからない」と語り、議長が「公益」を判断することに疑念を呈した。

 改正規則には「議場の安全確保」を目的に、必要があれば傍聴希望者に免許証などの身分証明書の提示を求めることも盛り込んだ。事務局は「身分証明書を確認することはめったにないと言っていい。傍聴を制限するものでは一切なく、極めて限定的に運用する」と説明する。

 地方自治法は「会議公開の原則」を定めており、本会議の傍聴や報道の自由が認められている。大内久美子県議ら共産党は、規則の改正について「情報公開の流れに逆行する」と主張し、自由を最大限保障することや、住所・氏名の記入や物品の携帯などの規制撤廃など規則の抜本的な規制緩和を求めている。

 傍聴規則の改正は議長提案で報告され、出席議員の採決なく改正が決まった。8日から施行される。

 男性は傍聴規則改正について、「インターネットに違和感を持つ世代の人もいると思うが、今回の県議会の対応は旧態依然としたものだと思う」と語り、今後も議会の傍聴とブログでの紹介を続ける考えを示した。(川上裕央)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-04 08:17 | 政治  

<殺人未遂>美容室で切りつけ客が重体 女を逮捕 茨城

8月29日12時9分配信 毎日新聞

 29日午前10時ごろ、茨城県常陸大宮市山方の上久保美容室で、50代の女が包丁のようなもので女性の客と店員に切りつけた。客は左胸を刺され意識不明の重体。店員は背中を刺され重傷。県警大宮署は殺人未遂事件とみて、現場から立ち去った女を捜していたが、約30分後に同一人物とみられる女が同署に出頭。「自分がやった」と話したことなどから殺人未遂容疑で緊急逮捕した。

 逮捕されたのは、同県常陸太田市上高倉町、無職、神長七江容疑者(54)。被害者とは「面識がない」と供述しているという。

 消防によると、刺されたのは50代と70代。近所の女性は「助けてという声が聞こえて、外に出たら、3メートルほど前にいた女が私に包丁を向けたので、逃げた」と話していた。

 現場はJR水郡線山方宿駅の北約400メートルの商店や住宅が建ち並ぶ一帯。【清野崇宏】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-29 12:09 | 社会  

<東海第2原発>原子炉補助設備の鋳物製の弁が脱落

8月7日23時47分配信 毎日新聞

 日本原子力発電は7日、東海第2原発(茨城県東海村)の原子炉補助設備の一つ「原子炉隔離時冷却系」の排気ラインにある鋳物製の弁(直径36センチ)が脱落したと発表した。同原発は調整運転中で同日にも定期検査を終えて営業運転を再開する予定だったが、修理を終えるまで延期する。調整運転は継続する。外部への放射性物質漏れはないという。

 原電によると、弁を支える炭素鋼のボルト(同7ミリ)が折れたことが原因。ボルトは78年の建設時から交換しておらず、直近の検査は7年前だった。弁は非常時に原子炉容器に密封されている窒素がタービンへ逆流するのを防ぐ。4日夜に原子炉内の窒素圧力が想定外に低下し、点検の結果、7日正午に弁が落下していたことが分かった。【八田浩輔】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 23:47 | 社会  

「額賀空港」バラマキ疑惑

5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 2010年に開業予定の茨城空港へのアクセス道路が1工区平均200メートルくらいで細切れ発注されていることが分かった。細切れ発注は多くの業者が潤うが、コスト高になる。談合の疑いもあり、土建屋政治家が介在することも多い。額賀財務相の地元だけに、今後、話題を呼びそうだ。

「空港のために県が整備する道路は4路線で総事業費は77億円。半分以上が道路特定財源で賄われています」(地元紙記者)

 07年度の受注を見ると、たった60メートルの道路を落札率97.9%で落札した業者もいる。考えられない発注だが、そもそも茨城空港自体が問題だ。自衛隊の百里基地に新滑走路を造り、官民共用で使う計画だが、誰が茨城県の空港を使うのか。

「県南部の県民は羽田に行く方が便利だし、北部からは福島空港が近い。水戸市周辺のごく一部の住民しかメリットはないのです。地元では、この空港建設を推し進めたのは額賀財務相とみられている。98年3月、運輸省の航空局長と防衛庁の参事官、茨城県知事が都内ホテルで会談し、計画検討の具体化で合意した際、額賀氏が立ち会っていたことが分かったからです。空港建設の総事業費はアクセス道路や産業団地整備などを含めると780億円にも上る。利用者が限られているのに、こんな事業に税金をばらまくのはおかしい。額賀大臣の地元への利益誘導とみられても仕方ありません」(現地取材したジャーナリスト・横田一氏)

 地元では「利用者がいないのに空港建設を強行したのは、官民利用なんかお題目で基地強化が狙いではないか」という声もある。通称“額賀空港”には怪しい話ばかりが出てくる。こんな財務相が歳出削減を言っても説得力ゼロだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 10:00 | 政治  

“茨城空港”また1つムダな空港が増える

5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●国内大手は就航に難色

「なんで茨城がトウキョウ・メトロポリタン?」と、名称論争が話題になった茨城空港。こんな恥ずかしい名前を打ち出さなきゃいけないのにはワケがある。開港予定(2010年3月)が1年半と迫っているのに、国内の航空会社が就航に難色を示しているため、仕方なく、海外のエアラインを誘致せざるを得ない。そのための苦肉の策なのだ。

「県の担当者らがJALやANAに熱心に就航を働きかけています。しかし、両社ともただでさえ利用率の悪い地方路線を減便していて、JALは今年4月からお隣の福島―伊丹線を1日2便から1便に減らしました。そんな状況で茨城に就航するわけがありません」(県政事情通)

 茨城空港の事業化が決定した当時、国交省や県は「北海道、大阪、福岡、沖縄へ1日4便就航」「水戸―札幌の移動で羽田を使う場合より2時間短縮」「県民の利便性向上」とアピールしていた。まさに絵に描いたモチである。

 そんな空港に巨額の事業費が投入され、またひとつムダな地方空港が増えるわけだ。

 茨城県の橋本昌知事は海外の格安航空(LCC)の就航に望みをつないでいる。マレーシアのエア・アジアXから好感触を得たともいう。だが、LCC頼みは他の地方空港も同様で、やはりムダな空港といわれ続けた静岡空港もシンガポール航空に働きかけた。どこも就航する航空会社獲得に必死なのだ。

「LCCにとって地方空港へ就航する魅力は、着陸料の安さに尽きる。地方空港同士で着陸料引き下げ合戦が勃発し、結局、空港運営の赤字を税金で補填、なんてことにならなければいいが」(航空ジャーナリスト)

 この国は、いつまで無策を続ければ気が済むのか。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 10:00 | 行政・公務員  

常総署 いわきの山林 不法投棄ダンプ2500台分 親子ら4人逮捕

2008/05/30 茨城新聞

 常総署と県警生活環境課は二十九日、福島県いわき市内の山林に産業廃棄物を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、つくば市森の里、会社経営、相澤清容疑者(62)ら四人を逮捕した。山林内に埋め立てられた木くずや廃プラスチックなどの産廃総量は十㌧ダンプ約二千五百台分(約四万四千立方㍍)に上るとみられ、県警は四人のほかにも関与した業者がいるとみて調べている。

 ほかに逮捕されたのは▽稲敷市蒲ケ山、運転手、櫛田三夫容疑者(63)▽つくば市六斗、無職、中島一也容疑者(25)▽相澤容疑者の長男で同市森の里、運転手、相澤和之容疑者(32)。調べでは、相澤清、櫛田、中島の三容疑者は今年三月十二日から四月五日までの間、三回にわたり廃棄物計四十八立方㍍を山林に投棄した疑い。相澤清、中島、相澤和之の三容疑者は今年三月十二日、廃棄物十五立方㍍を投棄した疑い。

 不法投棄されたのは県内や都内の家屋解体現場などで生じた産廃で、つくばみらい市の資材置き場で分別された後、現場に運び込まれた。相澤容疑者らが不法投棄を繰り返していたのは二〇〇六年八月ごろから今年四月ごろまでとみられ、正規業者ならダンプ一台約二十五万円かかるところを、同約八万円で請け負っていたらしい。

 現場には早朝からダンプが出入りし、穴を掘って埋め立てた後、土で覆う作業が繰り返されたとみられる。山林の二百㍍下には住宅が散在するため、いわき市で環境汚染がないか調査を始めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 08:00 | 社会  

茨城は「トウキョウメトロポリタン」騒動

2008年05月27日10時00分 日刊ゲンダイ

 茨城がなぜ「トウキョウメトロポリタン」になるのか――。2010年3月開港の茨城空港について、橋本昌知事が「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」に名称変更する考えを示し、波紋を呼んでいる。

 そもそも「茨城空港」の名称は、06年7月から9月まで全国公募し、約8000件の候補から茨城県が昨年1月に決定。県は選定理由を「茨城ブランドをアピールできる」としていたハズだ。わずか1年半の知事の“心変わり”に県会議長も猛反発。一体どういうことか。

「橋本知事が会長を務める茨城空港利用促進等協議会の総会が19日、水戸市であり、知事が名称変更を打ち出しました。『東京、首都圏を印象付けるため』というのが目的だったようです。これに対し、桜井富夫県会議長が『長すぎる。東京北空港でいい』と反論。収拾がつかなくなったのです」(茨城県政事情通)

 県(と国)は空港整備事業に約250億円を投入。年間需要予測を81万人と見積もっているが、「空港ターミナルビルの営業権をめぐっては民間が1社も名乗り出ず、やむなく県公社が運営することになった。つまり、民間は誰もこの空港をオイシイと思っていない。赤字のタレ流しは時間の問題」(前出の事情通)

 会計検査院の調査では、地方21空港のうち、9空港で需要予測を下回っている。知事は意味不明な横文字で集客しようと自信マンマンのようだが、くれぐれも採算割れなんてことにならないように……。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 10:00 | 行政・公務員