タグ:荒川 ( 1 ) タグの人気記事

 

鉄鋼卸売12社、9億円の所得隠し 架空取引で裏金

2008年7月22日15時0分 朝日新聞

 金属の価格高騰を背景に売り上げを伸ばしていた鉄鋼卸売業者など12社が、お互いに架空取引を繰り返して裏金をつくっていたとして、東京、関東信越と仙台の各国税局から計約9億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。追徴税額は重加算税を含め全社で約3億円に上る。

 税務調査を受けた12社は東京、千葉、神奈川、新潟、福島、山形の6都県にまたがっていた。このうち所得隠しとされた金額が多かったのは、千葉県浦安市の「京江シャーリング」の約1億7千万円や東京都荒川区の「根津鋼材」の約1億3千万円など。

 根津鋼材の社長は「(架空取引は)多少はあったが、そんなに大きなものはない。(他の11社とは)面識はあるが取引は無かった。既に修正しており、終わった話だ」などと話している。京江は「何も話すことはない」としている。

 関係者によると、各社は帳簿上だけ鉄やステンレスの鋼板などを購入したように装って架空の仕入れを計上。支払った代金のうち1割程度を不正加担料として取引相手に渡し、残りをキックバックさせて裏金をつくっていたという。各社はそれぞれが相対で架空取引を繰り返していたほか、実在しない会社との取引を仮装していたケースもあったとみられる。

 各社の経営者らは裏金をつくって飲食などに充てていたほか、私的な旅行費用に使ったり不動産や株を購入したりしていたという。各国税局は、これらは税務上、経営者らに対する賞与や貸付金に当たると認定。各社の06年の決算期までの7年間で計約9億円について、悪質な所得隠しと指摘したという。

 各社は元々実際の取引相手だったり、工場や倉庫などが隣接していたりした関係をきっかけに、不正取引を始めたという。ある社の経営者は「金属バブルでもうかっていたこともあり、誘われて軽い気持ちでやった。反省している」と語った。

 各社は鉄板などを鉄鋼メーカーから仕入れ、加工したうえで建材用や自動車用として商社やメーカーなどに卸している。近年は、バブル的に金属需要が高まっている中国など輸出向けも増え、売り上げを大きく伸ばした会社もある。(中村信義、舟橋宏太)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-22 15:00 | 経済・企業