タグ:著作権 ( 30 ) タグの人気記事

 

JASRAC 排除命令に争う姿勢 作曲家は競争歓迎

2月27日21時39分配信 毎日新聞

 音楽業界の著作権を寡占する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC)に公正取引委員会が27日、重い処分を下した。作曲家らは「新規参入が促されることは当然」と自由競争を歓迎する。だが一方で「放送権は競争になじまない分野」と、排除措置命令の実効性に疑問の声も。JASRACは処分を不服として闘う姿勢を示しており、業界内の不協和音は続きそうだ。【若狭毅、川崎桂吾】

 「この命令に不承知。公取委からの説明をよく検討したうえ、審判を請求する」。JASRACの加藤衛理事長は27日夕の記者会見で不満げに述べた。

 加藤理事長は「テレビ・ラジオ局との包括契約は世界標準と言っていい。現段階でベストの方法。特に新規参入を排除しているとの公取委の判断は誤り。事実関係を徹底的に争う」と語気を強め、「審判で解決しなければ、その後のことも考えている」と訴訟も辞さない構えをみせた。

 会見では▽放送事業者に他の事業者の管理著作物を利用しないよう要請する行為はしていない▽命令は放送使用料の算定について、どのような方法を採用すべきか明確にしていない▽利用された音楽著作物の割合を放送使用量に反映させるには、放送事業者の協力がなければ実行不可能--などと主張した。

 一方、日本作曲家協議会の小林亜星会長は「新規参入が促されることは当然で、JASRACは命令に従うべきだ」と歓迎する。公取委が立ち入り検査した昨年4月以降、協議会はJASRACに説明を求めてきたが、正式な報告はなかったという。小林さんは「もっと積極的に情報を公開すべきだ」とJASRACの姿勢に注文をつけた。

 JASRACを監督する文化庁は「評価する立場にはない」が正式コメント。しかし、文化庁幹部は「問題を指摘しながら『後はお前らで考えろ』という内容」と困惑気味に話した。また「録音やネット配信と違い、管理に膨大なコストがかかる放送権は競争になじまない。排除命令を出したところで新規参入を促すことは難しいのでは」と疑問を呈した。

 当事者の放送事業者、レコード会社は静観の構えだ。NHKは「JASRACの対応を当面見守る。必要があれば適切に対応する」とコメント。日本民間放送連盟の広瀬道貞会長(テレビ朝日相談役)は「民放にも多大な影響が及ぶ。命令の内容について十分検討したうえで、JASRACなどと協議したい」とコメントを出した。レコード会社は一様に「コメントする立場にない」などと述べた。

 ◇不服の場合は審判へ

 JASRACは、排除措置命令に不服がある場合、公取委に審判を請求できる。JASRACと公取委が互いに主張を述べ合い、審判官(公取委職員)が▽命令取り消し▽変更▽請求棄却--などの審決を出す。審決に不服がある場合、東京高裁に審決取り消し訴訟を起こすことになる。審判・裁判終結まで命令の執行を免れたい場合は、東京高裁に「執行免除の申し立て」を行う。

 ◇後発業者参入に配慮

 JASRACと放送局側との間で約30年続いた慣行に公取委が排除措置命令を出した背景には、後発業者参入が阻害された現実がある。

 公取委幹部によると、後発業者「イーライセンス」(東京都港区)が06年10月、人気歌手・大塚愛さんの新曲「恋愛写真」や倖田來未さんの曲など67曲の著作権管理契約に成功した。だが追加支出を嫌った放送局側が曲を流さず、06年12月末まで使用料を無料にせざるを得なかった。放送されないとCD売り上げにも響きかねないからだ。無料期間が終わると、放送回数の激減が予想されるため、イー社は同12月、レコード会社から契約を解除されてしまった。

 努力してもガリバーに踏みつぶされる現実。公取委が厳しい態度で臨んだ理由はそこにある。ただ現在の契約手法自体は違法と認定されておらず、事態が改善されるかどうかは不透明だ。JASRACや放送局側がどのような姿勢で臨むのかにかかっていると言えよう。【苅田伸宏】
[PR]

by deracine69 | 2009-02-27 21:39 | 社会  

<JASRAC>新規参入を制限 公取委が排除命令の方針

2009年2月7日 11時41分 毎日新聞

 音楽著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、本部・東京都渋谷区)が、テレビ・ラジオ番組で使う楽曲の使用料を巡り、同業他社の新規参入や事業展開を制限しているとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(私的独占)で改善を求める排除措置命令を出す方針を固め、事前通知した。

 JASRACはテレビ・ラジオの放送局との間で「包括的利用許諾契約」を結んでいる。楽曲の利用回数とは無関係に、事業収入の1.5%を放送局側から徴収する。

 JASRACが同業他社を大きく上回る数の楽曲を管理しており、「使い放題」の包括契約は利用しやすいため、放送局側は同業他社と新たな契約を結ぶのを避ける傾向が強い。公取委はJASRACの手法が同業他社の排除につながっているとみて、改善を求める方針。

 著作権管理は従来、JASRACだけが行っていた。規制緩和で01年に著作権等管理事業法が施行され、新規参入が可能になった。しかしJASRACの独占的な状態は続き、現在も99%のシェアを占めている。【苅田伸宏】
[PR]

by deracine69 | 2009-02-07 11:41 | 社会  

中国でコピー商品続々、変種ロゴ「NOKLA」「SUNY」

1月25日21時32分配信 読売新聞

 【香港=竹内誠一郎】携帯電話などの盗作版を意味する「山寨(さんさい)」という言葉が、中国で広まっている。海外から知的財産権保護の遅れを非難される中国当局は取り締まりに躍起だが、「山寨文化」という言葉まで生まれる社会現象にまで発展し、根絶は容易ではない。春節(旧正月)前夜の25日には、中央テレビの国民的番組「春節聯歓晩会」(春晩)の模倣版「山寨春晩」まで北京で行われた。

 「山寨」とは本来、中国の王朝に抵抗した盗賊が立てこもった山中の城塞(じょうさい)の意味。これが広東省を中心に、違法商品を製造する地下工場を指す用語となった。コピー商品は「山寨機」と呼ばれる。

 全国の「山寨機」の生産拠点、広東省深センの電器街では、米アップル社の「iPhone」の完全コピーや、「NOKIA」を「NOKLA」に、「SONY」を「SUNY」とロゴを変えた機種がずらりと並ぶ。機能は本物とほぼ変わらず、価格は5分の1。新商品の登場からわずか1~2か月でコピーを生み出すゲリラ的商法が、昔の盗賊の姿と重なり合ったとされる。

 香港誌「亜洲週刊」によると、「山寨機」は年間1億台以上が生産され、海外の大手携帯メーカーだけでなく、中国政府も付加価値税収入だけで178億元(2300億円)の損失を被ったとされる。当局はこの2年間、取り締まりを強化したが、大きな効果は上がっていないという。

 望遠レンズなど高機能を搭載した低価格商品というだけでなく、偽物が醸し出す反権威の雰囲気に大衆は喝采(かっさい)を送る。昨年から、「山寨」はパロディー的要素も加わった言葉として急速に広まり、ネットでは、人気歌手周傑倫(ジェイ・チョウ)さんの「山寨版(そっくりさん)」が登場。「ノーベル賞」にさえ、山寨版が出てきた。

 その中で、四川省出身の施孟奇さん(36)が提唱した企画が「山寨春晩」だ。さすがに、中央テレビの看板番組の模倣には批判が相次ぎ、「山寨春晩」組織委員会関係者によると、これまでテレビ各局の撤退、会場の使用許可取り消しなどが相次いだ。最終的には当初の計画を大幅に縮小して、マカオのテレビ局が放映を引き受けた。

 中国国内では「低俗。中国の恥」というコピー文化への批判もあるが、「山寨文化」は大衆社会の開き直りでもある。施さんは「山寨とは一言で言えば民間文化。コピーもあればパロディーもあり、中国が多様である証拠」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 21:32 | アジア・大洋州  

廃虚写真「模倣された」 プロ写真家が同業者を提訴

1月9日19時39分配信 産経新聞

 朽ち果てた建物などをテーマにした「廃虚写真」をめぐり、写真家の丸田祥三氏(44)が、写真を模倣されたとして同業の小林伸一郎氏(52)を相手取り、写真集の差し止めや損害賠償などを求める訴えを9日、東京地裁に起こした。

 訴状によると、丸田氏は平成4年以降、個展や写真集などで廃虚や廃線などの写真を公表しているが、小林氏の写真集から被写体や構図が似た写真が散見されると主張。旧丸山変電所(群馬県)や足尾銅山跡地(栃木県)の周辺建物など5点について、「(小林氏が)作品をまねて撮影したのは明らか」などとしている。

 会見した丸田氏は、廃虚の発掘には多大な労力があると訴え、「モノ作りする人を踏みつけにしている。偽の作品は二度と出さないでほしい」と話した。

 小林氏は代理人を通じて「何万枚の写真の一部の数枚の被写体がたまたま共通するだけで事実無根だ。(訴えは)先に撮影した被写体をほかの写真家が撮影してはならないというに等しい。断固として争う」とのコメントを発表した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 19:39 | 社会  

顔写真 東京の業者が無断で広告に CD販売、回収不能 

1月4日2時33分配信 毎日新聞

 商業目的への利用などについて十分な説明のないまま撮影された一般市民の顔写真を、東京の写真素材製造販売会社がCD化して販売し、収録された顔写真を使用した広告主と被写体の間でトラブルが頻発している。勝手に写真に手を加えた例や事実無根の広告に使用したケースもあり、同社は販売を中止。しかし、既に出回ったCDの回収は不可能で、被害は相次いでいる。肖像権を無視した「顔写真ビジネス」のモラルが問われそうだ。

 問題のCDは、半導体製造装置メーカー「大日本スクリーン製造」(京都市上京区)が02年に発売し、同社から独立した「マイザ」(東京都新宿区)が引き継いで販売した「百人の顔」。1枚1万円で、老若男女100人の顔写真を収録。約1200枚が売れ、業界では「ベストセラー」だった。

 写真は、京都市の写真素材業者から依頼を受けた関係先のスタジオのカメラマンが、顧客らに協力を求めるなどして撮影。お礼に1人3000~5000円を支払ったという。写真素材業者はこうして集めた顔写真をマイザに販売していた。

 被写体にサインしてもらう「使用許諾確認書」は、署名簿のように住所や名前を書いてもらうだけ。しかも「CD-ROM製品の取扱説明書に列挙されている内容に準拠する」としか書かれておらず、実際の用途には触れていなかった。

 CDに添付されている利用規約には、特定の団体や商品を推奨するような使い方の禁止を盛り込んでいる。しかし、実際には、ネクタイ姿を勝手に浴衣姿に改造した写真が温泉ホテルの新聞広告に使われたり、「パチンコで大もうけした」とする虚偽の広告に使用されたりしていた。

 抗議を受けたマイザは07年2月「百人の顔」の製造販売を中止したが、販売済みCDの回収は不可能。その後もホームページで虚偽広告などに写真を使用しないよう呼び掛けているが、不正使用は後を絶たないという。

 マイザは「(写真素材業者からは)『理解してもらえた人だけ撮った』と聞いている。公序良俗に反する使い方をしてはいけないと明示しており、責任は購入者にある」と主張。しかし、ある広告会社は「このCDをこういうことに使わないで、何に使えというのか」と反論している。【熊谷豪、古屋敷尚子】
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 02:33 | 経済・企業  

「黒デスクトップ事件」、国家版権局がまもなく見解表明

2008年10月26日13時37分 人民網日本語版

 マイクロソフト(中国)は20日から、「正規ウィンドウズ推奨プログラム(WGA)」と「正規オフィス推奨プログラム(OGA)」の通知を開始した。これを受け、中国の関連専門家は25日、「マイクロソフト黒デスクトップ事件」に関する座談会を開いた。座談会によると、国家版権局は現在、この事件に大きな注意を払っており、まもなく正式に立場を明らかにする構えだ。座談会に参加した専門家の9割以上が、デスクトップを黒くすることで海賊版を罰するマイクロソフトの措置は「やり過ぎだ」との見方を示している。「北京青年報」が伝えた。

 マイクロソフトが20日から開始した正規版推奨措置では、海賊版ウィンドウズOSのユーザーが正規版確認に失敗した場合、起動後のデスクトップの背景が黒に変わる。また海賊版オフィスのユーザーには、2時間に1回のダイアログボックスで注意が促される。いずれも海賊版を防止するための措置だ。ただ、ウェブ利用者2077人の参加した20日当日のアンケートによると、「今日、デスクトップの背景が黒くなったか」という質問に対し、「黒くなった」と答えた回答者は6%にとどまっている。

 今回の座談会に出席した専門家からは、「マイクロソフトの海賊版防止は間違っていないが、黒い背景という方法でユーザーの仕事と情緒に影響を与えるのは、ユーザーの個人財産権と人格権の侵犯にあたる疑いがある」との意見が出された。人民大学知的財産権研究センターの主任を務める劉春田・法学院教授は、「デスクトップ背景を黒くすることには法律的根拠がない。コンピューターのデスクトップはユーザーの個人財産だ。マイクロソフトは、他者の財産の侵犯という手段を用いて、自らの合法的な権利を維持するという理由はない」と主張する。

 一方、中国ソフトウェア連盟の鄒ベン氏は、マイクロソフト社の今回の措置を支持している。鄒氏は、「海賊版ソフトウェアそのものが違法だ。マイクロソフトは、デスクトップを黒にする措置を取る前、ユーザーに対する選択と確認の手続きを取っており、通告義務は果たしていると言える」と語った。(編集MA)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 13:37 | アジア・大洋州  

YouTube が JASRAC と音楽著作権の包括利用許諾契約を締結

10月23日17時3分配信 japan.internet.com

動画共有サイト「YouTube」は2008年10月23日、音楽著作権管理事業者である社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)との間で、JASRAC が管理する楽曲の YouTube における利用に関する包括的な利用許諾契約を締結した、と発表した。

YouTube はすでに、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)、株式会社イー・ライセンス(e-License)とも包括利用許諾契約を締結しており、日本で最大の楽曲数を管理する JASRAC による許諾が加わることにより、ライセンス取得済みの音楽著作物(曲および歌詞)の範囲が国内最大級のオンラインサービスとなる。(同社調べ)

この契約による許諾は、レコード会社が制作するミュージックビデオ等の公式コンテンツにおける楽曲の利用、ユーザーが作成するオリジナルビデオにおける楽曲の利用を含む、YouTube のサービス一般における管理楽曲の利用を対象としている。

「JASRAC」笑いのめすビデオ YouTubeで人気 (2007年02月17日)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 17:03 | 社会  

読売旅行の写真無断掲載「数千点」 警視庁が告訴状受理

2008年10月17日23時26分 朝日新聞

 読売旅行(東京都中央区)が使用許諾を受けていない観光地の写真をパンフレットなどに無断掲載していた問題で、警視庁は、写真貸し出し会社「アイ・フォトス」(同新宿区)が出した著作権法違反容疑での告訴状を受理した。

 同社によると、読売旅行は06年からの約2年半に数千点以上の写真をチラシやパンフレットに掲載していた。同社の指摘に読売旅行は事実関係を認めて11日、無断掲載が「全社的に行われていた」とする外部調査委員会の報告を発表している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 23:26 | 経済・企業  

<読売旅行>折り込みチラシに写真無断使用…長期、恒常的に

10月11日11時22分配信 毎日新聞

 読売新聞東京本社の子会社の「読売旅行」(東京都中央区)は11日、同社が作製した新聞折り込みのチラシやパンフレットに、著作権者の許諾を得ていない写真を無断使用していたことを明らかにした。弁護士による調査委員会を設置して調査したが、「相当以前から恒常的に無断使用が行われていたものと思われるが、点数については特定は不可能と判断した」としている。

 同社によると、無断使用は今年6月、都内の写真貸出会社から抗議を受けて発覚した。旅行雑誌や他社のパンフレットからの転用などの形で、無断使用が行われていた。調査結果は「無断使用は、関東や関西の販売推進部や、ほぼすべての営業所など全社的に行われていた」と結論。一方で「本社が組織的に無断使用を奨励したり、指示していたとは言えない」とした。

 同社の巣瀬一社長は「著作権に関する認識が希薄だったことを深く反省し、お客様や関係する皆様に心からおわび申し上げます」とのコメントを出した。【曽田拓】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-11 11:22 | 経済・企業  

映画「イキガミ」原作が星新一作品に酷似と指摘 作者側は反論

9月19日10時58分配信 産経新聞

 小学館から発売され9月27日から公開されるTBS製作映画の原作となった漫画「イキガミ」の内容が、星新一の小説「生活維持省」に似ているとして、星新一の次女、マリナさんが18日、小学館に抗議していたことを公式ホームページで明らかにした。小学館側は「『イキガミ』は作者、間瀬元朗氏のオリジナル作品であり、『生活維持省』とはまったく違う創作物」と反論している。

 星新一公式サイトによると、若い国民の命をランダムに奪うことによって国家の繁栄を保つ法律のある国を舞台とし、法律を施行する若い公務員が死亡予定者に選ばれた若者の家へ向かう、という「イキガミ エピソード1」の設定が星新一の「生活維持省」の設定に酷似しているとして、漫画を発売する小学館へ抗議した。

 これに対し、小学館側では「作者・間瀬元朗氏も担当編集者も、最近になるまで星先生の『生活維持省』という作品を読んだことはない」「太平洋戦争当時の徴兵のための召集令状―いわゆる『赤紙』のイメージを物語の設定部分として用いた」として、星作品との関連を否定する公式見解を発表。この全文は星新一公式ページに掲載されている。

 回答に対し、マリナさんは公式ページで「残念ながら、私としてはまだ納得できていませんが、この文章の掲載をもって私から小学館への問い合わせ及び抗議は終わりにし、判断はそれぞれの読者のみなさまにおまかせしたいと思います」として、これ以上抗議はしない考えを示した上で、「主張していることを多くの方に正しく理解していただくため」として、小説「生活維持省」を18日から3日間、サイト上に公開している。

 小学館は「作品についての検証はお互いに綿密に行いました。結果として星先生の公式サイトに双方の見解が併記されることになりました。その一事をもって、実情をご理解ください」(広報室)とコメントしている。

 「イキガミ」は製作TBS、瀧本智行監督、松田翔太主演で映画化され、27日から東宝配給で公開される。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 10:58 | 社会