タグ:薬物 ( 7 ) タグの人気記事

 

タスポ導入で広まる“大麻ビジネス”

2008年08月26日10時00分 ゲンダイネット

 国交省の役人が自宅で大麻を栽培して捕まった(7月)と思ったら、今週は現役幕内力士が大麻所持で逮捕された。こうした大麻がらみの犯罪増加のウラには、なんとタスポ導入の影響があるというから驚きだ。

「7月に入ってから、大麻の売り上げが前月の約3倍に跳ね上がった。相場は1グラム3000~4000円。ヘビーユーザーでも1日に1~2本吸えば満足できる。不便な思いをしてタスポでたばこを買うくらいなら、大麻を吸う方が気楽だという若者が増えている。たばこが値上げされれば、もっと大麻が売れるハズだよ」(暴力団関係者)

 このチャンスに暴力団関係者は、大麻の流通ルート確保に躍起になっている。ネットの闇サイトやクチコミで若者を集め、自宅で大麻を栽培させる新ビジネスを始めたという情報も。

「ある暴力団は、都内だけで新規に100カ所以上の栽培場所を確保した。ネットで集めるのは、ニートやゲーマーなど。ヒマをもてあます貧乏オタクたちなので、ひと月20万円も渡せば、勝手にのめり込んで上質な大麻を作ってくれる。組織と縁がない彼らが摘発されても、捜査の手は組織に届かない。組織の下っ端に栽培させるより、よっぽど安全で儲かる」(ドラッグ問題に詳しいジャーナリスト)

 大麻栽培は大麻の譲渡・使用よりも重罪。営利目的の栽培は10年以下の懲役だ。アナタの息子は大丈夫?
[PR]

by deracine69 | 2008-08-26 10:00 | 社会  

レトルト白米、実は覚せい剤=国際チャーター便使い密輸-容疑で男5人を逮捕

8月21日11時56分配信 時事通信

 カレーライスなどのレトルト食品を装い、覚せい剤を白米に見せ掛け、約4.5キロ(末端価格約2.7億円)を密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課と東京税関は21日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)容疑などで、東京都中野区中野、自称フリーライター内山立(50)、港区白金、自称飲食店員足利智美(45)両容疑者ら5人を逮捕した。両容疑者は容疑を否認している。

 国際チャーター便を利用し、中国・上海から羽田空港に運んだ。同課によると、国際チャーター便を使った覚せい剤密輸の摘発は初めてという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 11:56 | 社会  

若ノ鵬逮捕「信じられない」北の湖理事長が絶句

8月19日0時31分配信 読売新聞

 外国人の幕内力士逮捕という事態に、角界がまた揺れた。間垣部屋(東京都墨田区)のロシア人力士・若ノ鵬寿則(本名=ガグロエフ・ソスラン)容疑者(20)が18日、大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕された。

 日本相撲協会の北の湖理事長は同日夜、緊急記者会見を開き、「一報を受けた時は信じられなくてびっくりした」と苦渋の表情で語った。

 東京・両国国技館で行われた北の湖理事長の会見には約50人の報道陣が詰めかけた。冒頭、沈痛な表情で謝罪文を読み上げた北の湖理事長は「申し訳ございませんでした」と立ち上がり、フラッシュを浴びながら深々と頭を下げた。

 さらに、北の湖理事長は「さすがに今回は自分でも日本の法律に触れるので駄目だとはっきり分かるはずなのに」と言って絶句。「(犯行時は)未成年であっても関取だ。重く受け止めないといけない」とも述べた。

 会見では、相次ぐ不祥事の責任も問われたが、北の湖理事長は「二度と起こらないようにするのが私の責任」と答えるにとどまった。

 大相撲では、時津風部屋の序ノ口力士(当時17歳)が昨年6月、愛知県犬山市の宿舎などで殴打され急死した事件を巡り、元親方と兄弟子の計4人が今年2月、傷害致死罪で名古屋地裁に起訴されたほか、陸奥(みちのく)部屋の十両力士も1月に部屋の若手力士を殴って負傷させたとして、6月に警視庁本所署から傷害容疑で書類送検されるなど、不祥事が相次いでいる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-19 00:31 | スポーツ  

若ノ鵬容疑者を逮捕 警視庁、大麻所持の疑い

'08/8/19 中日新聞

f0013182_4395358.jpg 大麻入りのたばこ一本を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策五課は十八日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、ロシア出身の大相撲間垣部屋の力士若ノ鵬寿則わかのほう・としのり容疑者(20)=本名・ガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロビッチ、東京都墨田区錦糸=を逮捕した。

 若ノ鵬容疑者は七月の名古屋場所では西前頭筆頭。日本相撲協会によると現役関取(十両以上)の逮捕は初めてという。

 若ノ鵬容疑者は容疑を認め「六本木で外国人からもらった」と供述しているという。同課は自宅から大麻の吸引具を押収しており、常習的に大麻を吸っていた疑いもあるとみて調べる。

 調べでは、若ノ鵬容疑者は六月二十四日午後一時ごろ、東京都墨田区錦糸一丁目のJR錦糸町駅近くの路上周辺で、大麻を含む乾燥植物片〇・三六八グラムが入ったたばこ一本を所持した疑い。当時は十九歳だった。

 若ノ鵬容疑者は六月二十四日に、錦糸町駅近くで財布を落とした。財布はこの日のうちに交番に届けられたが、中に入っていたロシア製のたばこから大麻特有のにおいがしたため、警視庁が成分を鑑定していた。

 財布の中には、外国人登録証もあり、若ノ鵬容疑者が特定されたという。

 若ノ鵬容疑者はロシア・北オセチア共和国出身で、二〇〇五年の春場所が初土俵。〇七年の九州場所で、昭和以降では六番目の若さとなる十九歳三カ月で新入幕を果たした。ことし名古屋場所までの成績は百三十一勝八十一敗。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-19 00:00 | 社会  

野外音楽パーティーで大麻、容疑の8人逮捕 群馬県警

2008年8月18日0時25分 朝日新聞

 野外で一晩中、音楽をかけて踊るパーティーの会場で大麻や薬物を所持・使用していたとして、群馬県警は17日、同県伊勢崎市三和町、会社員重田雅貴容疑者(24)や、同県高崎市内の少女(17)ら男女8人を大麻取締法や麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕した。

 県警組織犯罪対策2課と沼田署の調べでは、8人は16日夜から17日朝にかけて同県みなかみ町の「みなかみ子供の国キャンプ場」で開かれたパーティー会場で、乾燥大麻や合成麻薬を所持したり、使用したりした疑い。

 こうした野外のイベントは「レイブパーティー」と呼ばれ、6月21~22日に同じキャンプ場で開かれたパーティーの際、参加者とみられる女性が近くで意識不明で倒れており、24日に死亡。県警の調べで、女性の体内から禁止薬物の成分が検出されたことなどから内偵を進めていた。

 17日は約150人の警察官が会場を取り囲み、参加者に一斉に職務質問をした。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-18 00:25 | 社会  

女子高校生に覚せい剤 飲ませた疑いでノーリツ部長逮捕

2008年8月2日0時12分 朝日新聞

 出会い系サイトで知り合った女子高校生(16)に覚せい剤を飲ませたとして、兵庫県警川西署は1日、給湯設備メーカー「ノーリツ」(神戸市)品質保証推進本部お客さま部長、増田昌俊容疑者(49)=同県西宮市池田町=を覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、送検したと発表した。「女の子のノリが悪かったので飲ませた」と容疑を認めているという。

 調べでは、増田容疑者は4月26日夕、同県川西市内で駐車していた車内で、高校生に「鼻水が止まる」とだまして、覚せい剤が入ったカプセルを飲ませた疑い。帰宅した生徒の様子がおかしかったため、家族が病院に連れていったところ、覚せい剤使用が発覚したという。

 調べに対し、増田容疑者は「覚せい剤は大阪のミナミで密売人から買った」と供述しているという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-02 00:12 | 社会  

「薬持ってる」口実に誘う? 19歳不明の監禁容疑者

2008年04月16日03時03分 朝日新聞

 東京都江戸川区の無職石田佳奈子さん(19)が行方不明になっている事件で、石田さんが無職塩野直樹容疑者(26)=監禁容疑などで逮捕=に会う直前、友人に「色々な薬を持っている人に会いに行く」と告げていたことが、警視庁の調べでわかった。石田さんは、塩野容疑者の車に乗ってから覚せい剤を打たれた疑いが強い。同庁は、塩野容疑者が、薬物を持っていることを材料に、携帯サイトを通じて女性を誘うなどしていたとみて調べている。

 捜査1課などの調べによると、石田さんは5日夜、友人の女性とともに東京都江東区のJR亀戸駅に向かい、午後11時ごろ、同駅北口で塩野容疑者と落ち合い、ワンボックスカーに乗った。この直前、石田さんは友人に相手のことを告げていたという。塩野容疑者は石田さんと携帯サイトを通じて知り合ったことがわかっている。

 これまでの調べでは、塩野容疑者は11日に逮捕された際、下着の中に覚せい剤数袋を隠し持っており、石田さんを監禁したとされる車からは注射器が見つかった。石田さんが6日に母親や友人に電話してきた際には「殺される。助けて。覚せい剤を打たれた」などと訴えていた。電話では、悲鳴が聞こえたり口調がはっきりしなかったりすることもあったという。

 一方、山梨県警によると、石田さんは6日正午ごろ、携帯電話で110番通報。荒い息づかいが聞こえただけで、10~20秒で切れた。県警側から数回かけ、十数分後につながると、慌てた様子で「いしだかなこです」と名乗った。警察官が場所を聞くと、「どこにいるか分からない」と答えた。このときの通話は音声が途切れがちで、数分間で切れたという。警視庁は、石田さんが覚せい剤などで取り乱していたとみている。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-16 03:03 | 社会