タグ:虐待 ( 10 ) タグの人気記事

 

長期体罰の子、脳が萎縮 熊本大准教授が共同研究

2008年10月24日17時14分 朝日新聞

 子どものころ長期にわたり強い体罰を受けた人は、受けていない人より脳の前頭葉の一部が最大で約19%縮んでいるという研究結果を、熊本大大学院医学薬学研究部の友田明美准教授(小児発達社会学)が米ハーバード大医学部との共同研究でまとめた。体罰と脳の萎縮(いしゅく)の因果関係を実証した研究として、体罰のあり方に一石を投じることになりそうだ。

 友田准教授は筑波大(茨城県つくば市)で開かれている「都市化社会と脳の健全育成」を主題としたシンポジウムで25日、研究結果を発表する。11月に米ワシントンでも学会発表の予定。

 研究は米国で、4~15歳のころに平手打ちされたり、むちで尻をたたかれたりするなどの体罰を年12回以上、3年以上にわたって受けた米国人の男女23人を対象に実施。磁気共鳴断層撮影装置(MRI)で脳の断面図を解析したところ、体罰を受けず育った同年代の22人に比べ、感情や意欲の動きにかかわる前頭前野内側部が平均19.1%、集中力や注意力にかかわる前帯状回が16.9%、認知機能にかかわる前頭前野背外側部が14.5%小さかった。

 小児期に過度の体罰を受けると行為障害や抑うつなどの精神症状を引き起こすことは知られているが、脳への影響は解明されていなかった。今回の研究で脳の萎縮がみられた人については、体罰でストレス下に置かれた脳が、前頭葉の発達を止めたと考えられるという。

 友田准教授は「研究結果は虐待の早期発見に生かせるのではないか」と話している。

■虐待発見に役立つ

 子どもの虐待に詳しい才村純・関西学院大学人間福祉学部教授(児童福祉・母子保健)の話 虐待が子どもに与える影響を客観的な証拠で示した画期的な研究だ。子どもが虐待の事実を言い出せず、親も隠したり認識がなかったりして見落とされる事例は多い。脳との因果関係を裏付けることができるなら、隠れた虐待の発見に役立つだろう。研究成果が今後、教育や福祉の分野で普遍化されていくことを期待する。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 17:14 | 社会  

自宅封鎖、娘を数年間監禁 ノンタブリ

2008/5/28 (04:16) newsclip.be

 【タイ】バンコク近郊のノンタブリ県警は26日、精神障害のある父親に監禁されていた15歳の少女を自宅から救出した。タイ字紙カオソッドなどが報じた。

 父親は自宅である2階建てタウンハウスの周囲をトタン板や格子戸で完全に覆い隠し、自分の娘を幼稚園の頃から監禁し続けていたという。一切の外出を許さず、学校にも通わせていなかった。見かねた隣人が福祉施設に連絡し、施設の要請により警察が救出に乗り出した。

 タイでは父親が自分の娘を強姦する事件が多発しているが、先月末には父親が自分の娘を24年にわたって監禁していたオーストリアの事件が大きく報じられるなど、親による子供の虐待行為への社会的関心が高まりつつある。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-28 04:16 | アジア・大洋州  

1歳長男に布団かぶせ馬乗り 殺人容疑で父親逮捕

10月4日0時46分配信 産経新聞

 宿泊先の温泉旅館で1歳の長男に布団をかぶせるなどして窒息死させたとして、群馬県警捜査1課と沼田署は3日、殺人の疑いで、東京都江戸川区篠崎町、建設会社社員、木下淳容疑者(33)を逮捕した。「殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

 調べでは、木下容疑者は2日午後9時ごろ、宿泊先の群馬県みなかみ町のホテルで、長男の晴日(はるひ)君が泣きやまなかったことに腹を立て、布団をかぶせて数分間馬乗りになり、窒息死させた疑い。

 木下容疑者は妻(23)と晴日君、長女(1)の家族4人で宿泊していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 00:46 | 社会  

犬の死骸を不法投棄=「ドッグぱーく」を再捜索-広島県警

2月20日13時31分配信 時事通信

 広島市佐伯区の民間テーマパーク「ひろしまドッグぱーく」の犬約500匹の多くが2005年6月の閉園後に衰弱していた問題で、犬を管理していた業者が犬の死骸(しがい)を敷地内に埋めていた疑いが強まり、広島西署は20日、新たに廃棄物処理法違反容疑で、同パークを家宅捜索した。

 調べによると、犬を管理していた動物プロダクション(廃業)代表らは閉園前の2003年から昨年までの間、パーク内で死んだ犬数十匹を敷地内に埋めていた疑い。

 同パークをめぐっては、大阪市の動物愛護団体が、同代表について、給餌、給水、洗浄などが不十分で虐待に当たる疑いがあるとして、広島県警に告発。昨年12月、県警が動物愛護法違反容疑でパーク事務所などを家宅捜索していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-20 13:31 | 社会  

<児童虐待>2歳長女に暴行、33歳母逮捕 島根

2月12日21時24分配信 毎日新聞

 島根県出雲市のホテルで、長女(2)に暴行したとして、県警出雲署は12日、住所不詳、職業不詳、横井美奈子容疑者(33)を傷害容疑で逮捕した。長女は、くも膜下出血などで意識不明の重体。横井容疑者は「長女はベットから落ちた」と容疑を否認している。

 調べでは、横井容疑者は10日午後から11日午前の間に宿泊先のビジネスホテルで長女に暴行を加え、けがをさせた疑い。横井容疑者は長女と2人で10日午後、チェックインし、11日正午ごろ、長女を市内の病院に連れてきた。長女の全身に多数のあざがあったことから、病院が警察に通報した。同署は、横井容疑者が長女を虐待していた可能性もあるとみて、追及している。【小坂剛志】
[PR]

by deracine69 | 2007-02-12 21:24 | 社会  

<4歳児虐待>死因は七味唐辛子吸い込みによる窒息か 岡山

1月5日0時10分配信 毎日新聞

 岡山県倉敷市四十瀬の幼稚園児、光中翔(かける)ちゃん(4)が死亡し、母親の無職、光中美幸容疑者(31)が先月17日の暴行容疑で逮捕された事件で、翔ちゃんの死因は七味唐辛子を吸い込んだことによる窒息死の可能性が高いことが4日、司法解剖で分かった。左頭部などに皮下出血もあり、県警は死亡についても関与を調べる。

 調べでは、司法解剖で気管や胃の中から七味唐辛子が見つかり、台所に少量が残った七味唐辛子の卓上瓶があった。

 光中容疑者は「寝ていたらうめき声が聞こえ、翔が台所で倒れていた。口の中に七味唐辛子が入っていたので風呂場に連れて行き、水で洗い流した」と供述。しかし、近所の人によると「3日に救急車が来る前、光中容疑者の怒鳴り声や子どもの泣き声が聞こえた」という。また、翔ちゃんは髪を金色に染め、幼稚園に入るまではスカートをはいていたという

 一方、岡山県は光中容疑者について、虐待の疑いなどで県倉敷児童相談所への通告が04年2月以降6回あったことを明らかにした。うち3回、翔ちゃんを一時保護したが「年齢や光中容疑者の強い希望」で施設には入所させず、自宅に戻していた。水島真寿美所長は「専門家も関与する形で検証したい」と話した。【横山三加子、石川勝義、佐藤慶】

あなたのご意見・ご質問をお聞かせください (岡山県倉敷児童相談所)
[PR]

by deracine69 | 2007-01-05 00:10 | 社会  

小2二男殴るける、1週間のけがさせた父親逮捕…姫路

1月3日14時44分配信 読売新聞

 小学2年の二男(8)を殴るなどしてけがを負わせたとして、兵庫県警飾磨署は3日、父親の同県姫路市飾磨区、塗装工松下静也容疑者(46)を傷害容疑で逮捕した。

 調べでは、松下容疑者は2日午後11時30分ごろから同50分ごろまでの間、自宅で二男に殴るけるなどの暴行を加え、頭や背中などに1週間のけがを負わせた疑い。

 二男が3日午前0時10分ごろ、頭痛を訴えたため母親(44)が119番通報し病院に搬送。同市消防局から「虐待の疑いがある」との連絡を受けた同署が松下容疑者から事情を聞いていた。

 調べに対し、当時、家にいた長男(13)と母親は「二男が口答えしたため父親が殴った」などと話しているが、松下容疑者は「知らない」と容疑を否認しているという。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-03 14:44 | 社会  

「ドッグぱーく」を捜索=動物愛護法違反で-広島県警

12月14日11時2分配信 時事通信

 広島市佐伯区の民間テーマパーク「ひろしまドッグぱーく」の犬約500匹の多くが昨年6月の閉園後に衰弱していた問題で、広島西署などは14日、動物愛護法違反容疑で、同パーク事務所や、犬を管理していた業者の自宅など4カ所を家宅捜索した。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-14 11:02 | 社会  

<犬殺害>6階から投げ落とした女を書類送検 札幌中央署

 他人の飼い犬を勝手に連れ帰り、自宅マンションの6階から投げ落としたとして、札幌中央署は14日、札幌市中央区南5西12の無職の女(39)を窃盗と動物愛護法違反の疑いで札幌地検に書類送検した。

 調べによると、女は8月28日午後3時ごろ、同区内のドラッグストアで、同区の主婦(31)が買い物の間に店先につないていたフレンチブルドッグ(雌、5歳)を盗み、自宅マンションに連れ帰った疑い。さらに、同31日午後4時55分ごろ、犬の目撃情報を元に飼い主らが自宅に訪ねてきたことから、犬を6階のベランダから投げ落とした。約18メートル下の路上に落ちた犬は即死した

 女は「かわいいと思い、出来心で連れていった。飼い主らに見つかり『大変なことになった』と思い、投げ捨てた」と供述しており、証拠隠滅のために投げ落としたとみられる。

 愛犬を盗まれた主婦は知人と一緒に近所でチラシをまいたり、インターネットで捜索。ブログに掲載された写真を見た人から寄せられた情報から女の自宅が分かり、訪れた玄関で押し問答になった。室内から犬の鳴き声が聞こえ、女は一度室内に戻り、直後に犬を投げ落とした。【遠藤拓】

(毎日新聞) - 9月14日22時24分更新
[PR]

by deracine69 | 2006-09-14 22:24 | 社会  

直木賞女流作家「子猫殺し」エッセーに非難の嵐

「私は子猫を殺している」――18日付日経新聞夕刊に掲載された直木賞作家・坂東眞砂子さん(48)のエッセーに嵐のような非難が吹き荒れている。

 エッセーによると、タヒチに住んでいる坂東さんは、野良猫対策として、メスの飼い猫が産んだ子猫を、家の隣の崖の下に放り投げて殺しているというのだ。

 翌日、同エッセーのコピーを掲載した坂東さんのウェブサイトに批判のコメントが次々と寄せられ、日経にも抗議や非難が殺到している。またタヒチはフランス領であることから、同国の法律に触れるとして動物愛護団体が真相究明を求めている。

 坂東さんは、そもそも動物を愛玩することが「人のわがままに根ざした行為」であると主張。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ」とし、飼い猫にあえて避妊手術を行わずに猫の「『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」という。

2006年08月27日10時00分 ゲンダイネット
[PR]

by deracine69 | 2006-08-27 10:00 | 社会