タグ:製薬 ( 6 ) タグの人気記事

 

本格的入浴剤の製造中止 硫化水素自殺騒動の影響で

11月26日12時23分配信 産経新聞

 硫化水素自殺に悪用され、全国の薬局で販売自粛措置が取られるなどした影響を受け、武藤鉦製薬(名古屋市)が10月末で、イオウ成分を含む入浴剤「六一〇(ムトウ)ハップ」の製造を中止したことが分かった。

 すでに販売自粛は解除されているが、同社は「知らない薬局も多く、作っても売れない状況が続くなどし、製造を中止を決めた」としている。ムトウハップは同社の唯一の製品で、今後は別事業で会社を存続させるという。

 ムトウハップは、硫黄や生石灰などを主成分としている。硫黄が入っている入浴剤は、ほとんどなく「家庭で温泉気分が味わえる」として人気だった。また、薄めて湿布すると腰痛や皮膚炎にも効くとされ、愛好者は多岐に渡っていた。

 しかし、今年1月ごろにインターネット上に、硫黄成分を含む入浴剤と洗剤を混ぜる硫化水素自殺の方法が紹介されて以降、状況が一変。

 自殺者のほか、巻き添えで死亡する家族も出るなど社会問題化し、日本チェーンドラッグストア協会が硫黄成分を含む入浴剤の販売自粛を加盟の小売店に要請。ムトウハップの返品が相次いだ。

 販売自粛要請は7月には解除されたが、同社は「多くの店は解除を知らず、倒産などの誤ったうわさも流され、返品は止まらなかった」。こうしたことを受け、製造中止を決めた。

 同社は創業102年になるが、ムトウハップの販売だけに頼って会社経営を続けてきた。社員のひとりは「長く続けてこられたのも製品が良かったから。こんなことで製造中止に追い込まれるなんて…」と話していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-26 12:23 | 社会  

武田が業績予想を大幅上方修正、国内の医薬品が好調

10月20日18時36分配信 ロイター

 [東京 20日 ロイター] 武田薬品工業は20日、2008年4―9月期業績予想の大幅な上方修正を発表した。国内の医薬品売り上げが好調だったほか、為替レートが想定よりも円安で推移したことが寄与した。

 連結売上高は7600億円を8050億円(前年同期比13%増)、営業利益は500億円を850億円(同68%減)、当期利益は500億円を700億円(同68%減)にそれぞれ引き上げた。

 為替レートは、1ドル=100円、1ユーロ=155円を想定していたが、それぞれ106.11円、162.68円と円安での推移となった。 

 通期予想については、11月4日の決算発表時に発表するとしている。同社は4―6月期決算時には通期業績予想を上方修正している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-20 18:36 | 経済・企業  

薬害肝炎訴訟が全面解決へ=田辺三菱が謝罪、原告は請求放棄

9月19日14時46分配信 時事通信

 薬害C型肝炎集団訴訟で、被告企業の田辺三菱製薬(旧ミドリ十字、大阪市)は19日、同社などが薬害発生の責任を認めて謝罪し、再発防止に努力する内容の和解基本合意書を原告団と締結すると正式に発表した。原告側は全員、賠償請求を放棄して訴訟を終結させる。原告と国とは2月に和解しており、訴訟は提訴からほぼ丸6年を経て全面解決に向かう。原告団は、被害者に給付金を支払う救済法が1月に成立し、原告側が提示した合意書案が全面的に受け入れられたことから請求放棄を決めた。

 双方は28日に大阪市内で集会を開き、同社と子会社「ベネシス」(大阪市)の両社長が公開の席上で原告団に謝罪した上で合意書を締結する予定。

 合意書案は、製薬企業が薬害の発生と拡大を防げなかったことの責任を認め謝罪するほか、青森県で集団感染が判明した1987年以降、被害実態調査を怠ったため医療記録が廃棄された事実や、薬害の可能性がある患者418人の症例リストを放置した事実などを踏まえ、企業が再発防止を誓う内容。また、企業は被害の実態調査や情報開示、新薬の開発などに努め、患者側との継続的な協議の場も設ける、としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 14:46 | 政治  

薬局で買える大衆薬、メタボ対策で“やせ薬”に注目

8月17日10時9分配信 読売新聞

 薬局やドラッグストアなどで買える大衆薬(OTC医薬品)市場が、一時の低迷を抜け出して急回復している。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が高まる中で、肥満対策薬が急成長しているのが大きな理由だ。

 小林製薬の推計では、肥満対策薬の市場規模は2007年7月~08年6月で前年同期比34%増と大きく伸びた。08年4月から始まったメタボリックシンドロームに関する特定健診をにらんで、“やせ薬”に注目が集まったためだ。

 特に人気が高いのが、新陳代謝を改善して脂肪を減らすとされる有効成分「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」を含んだ漢方薬だ。

 クラシエ薬品の「コッコアポ」シリーズの07年の販売額は前年比54%増加し、小林製薬の「ナイシトール85」も07年度の出荷額が前年度比53%増の54億円になった。ロート製薬の「和漢箋(せん)」シリーズも好調だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 10:09 | 経済・企業  

日露戦争以来!「正露丸」100年ぶり自衛隊装備品に

11月12日21時41分配信 産経新聞

 日露戦争時に日本軍が製造し、陸海軍の装備品だった胃腸薬「正露丸」が今年、100年ぶりに自衛隊の装備品に復活した。大幸薬品の「セイロガン糖衣A」が防衛省の装備品として採用されたもので、今年3月のネパール派遣の際に自衛隊員に配給されたという。

 「正露丸」はこれまで部隊ごとに購入され、駐屯地の救急箱などに置かれているケースはあったが、「防衛省の補給統制部が一括購入して、海外部隊に初めて支給した。装備品として復活したのは100年ぶり」(柴田仁社長)という。

 同社によると、7個を納品し、今年1月の防衛庁から防衛省に移行後、初の海外派遣となった3月の国連ネパール支援団(UNMIN)に参加する自衛隊員に配給されたという。

 「正露丸」は日露戦争前、腸チフスなど感染症の予防のため、当時の陸軍軍医学校が開発したのが起源とされる。服用を奨励するため、ロシアを征服するという意味を込めて「征露丸」と名づけられた。日露戦争終結後に製造販売が民間業者に開放され、日本軍は1906年に装備品としての配給を廃止した。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-12 21:41 | 経済・企業  

<アステラス製薬>研究職や事務職など436人が早期退職

10月3日19時10分配信 毎日新聞

 アステラス製薬は3日、勤続5年以上の社員を対象にした早期退職に436人が応じたと発表した。旧山之内製薬と旧藤沢薬品工業が05年4月に合併して発足したアステラス製薬は、営業職の医薬情報担当者(MR)や、生産子会社以外で研究職や事務スタッフなど計500人の早期退職者を6月から9月まで募集していた。このほか、10月1日付で164人がグループ会社に転職し、早期退職に伴う退職加算金や転籍に伴う一時金で、約131億円の特別損失が発生する。

 アステラス製薬は昨年10月発表の中期経営計画で、10年度末までに1100人減らして1万3500人にする人員削減策を打ち出した。欧州ではドイツやイタリアの生産工場の譲渡や本社機能の統廃合で、約600人の人員削減を公表している。【小島昇】
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 19:10 | 経済・企業