タグ:観光 ( 10 ) タグの人気記事

 

<築地市場>競り見学中止 外国人観光客マナー悪い

2008年12月3日15時00分 毎日新聞

 東京都中央卸売市場(築地市場、中央区築地5)のマグロの競り場に、外国人観光客が多数押し掛け業務に支障が出ているとして、都は各国大使館やホテル、旅行会社に、12月中旬から約1カ月間、競り場の見学中止を通知した。築地のマグロ競りは外国人の間でも「ツナ・マーケット」と呼ばれ、秋葉原、浅草と並ぶ3大人気スポット。早朝から500人近くが訪れる日もあるが、マナーを守らない人もいて関係者から不満の声が出ていた。

 マグロを扱う仲卸業者の団体によると、見学者はほとんどが外国人で、すしブームに伴って十数年前から増え始めた。取り上げる観光ガイドブックも多く、築地市場が数年後に閉鎖されることも知られ、ここ5、6年は特に目立つという。

 競り場は基本的に見学者の立ち入りは禁止だが、外国人観光客が多いため市場側がスペースを設けて黙認してきた。しかし、競り場に入ってフラッシュをたいたり、マグロに触ったりして、競りの仕事を妨げるマナー違反者も多い。仲卸業者の野末誠さん(72)は「言葉が通じず注意もできない」と話す。

 このため都は、12月15日から来年1月17日までは早朝の競り場の見学中止を決め、関係団体に通知した。市場担当者は「築地が注目されるのは悪いことではないが、年末年始の繁忙期に業務に支障が出たり、観光客がけがをされても困るのでやむをえない」と話す。今後、看板やチラシで周知するが、口コミで個人的に訪れる外国人観光客も多く、周知徹底には時間がかかりそうだ。

 都内のあるホテルは「以前から競り場への立ち入りはできないと説明しているが、築地への行き方を聞かれれば教えないわけにはいかない。お客様の判断に任せるしかない」と困惑している。【合田月美】
[PR]

by deracine69 | 2008-12-03 15:00 | 社会  

<富士山>山梨側からの登山、過去最高の20万579人

8月19日11時13分配信 毎日新聞

 山梨県側の吉田口登山道を利用した今夏の富士山の登山者数が、過去最高だった87年の20万277人を21年ぶりに更新した。同県富士吉田市の19日の発表によると、同日午前0時の集計で登山道6合目の通過者が20万579人となった。

 市は81年から山開きされる7月1日~8月末の登山者数を調査。増加の理由として、世界遺産登録に向けた取り組みで関心が高まったことと、山小屋が宿泊者の収容者数を限定して、快適性の確保に努力したことなどが考えられるという。

 一方、今夏は登山中の死者が3人と、記録が残っている03年以降、初の死者が出た。市は団体バスツアーで訪れた登山者が体調を考えずに無理な登山をしていると分析し、「ゆとりあるスケジュールの登山を」と訴えている。【田上昇】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-19 11:13 | 社会  

国慶節、値上がりする観光地に悲鳴

10月4日21時8分配信 サーチナ・中国情報局

 国慶節の連休は中国の観光地にとっては書き入れ時である。しかしここ数年、観光地の入場料が大幅に値上がりしている。以下は高すぎる入場料の改善を求めるブログより。

 国慶節に入り、観光施設の入場料値上がりの声があちらこちらから聞こえる。あるマスコミによれば、8月21日から五台山の入山料が90元から160元に改められ、値上がり率は87%に達するという。現在、国内の有名な観光地の、国慶節の入場料は200元を超えているところも少なくない。(中国旅遊報)

 中国の多くの観光地の絶え間ない値上がりの理由は一つ、それは入場料を利用して観光資源を維持するためである。名所旧跡などの公共資源の維持と保護、リニューアルはとがめることもできない。しかしよく観察すると、中国の観光地の入場料値上げには問題も潜んでいる。

 まず、多くの観光地の総合開発と付属施設が不足している。中国の大方の観光施設は入場料によって維持運営されているが、観光資源を合理的に利用していない。けれども入場料を無料にして成功した観光地もある。例えば長沙市の湖南烈士公園は、無料化の後、園内に様々な施設を設置したことと、休日にはイベントを実施したことで、収入は有料の頃より倍以上に増加している。

 それから入場料が値上がりすると経費で落とす消費者が増加していることだ。数元、数十元ならば、人々はポケットマネーで支払う。しかし200元以上にもなると、企業など所属単位の名目で入場券を買う人々が増加した。

 また観光地の入場料値上がりは、収入の低い人々の旅行の権利を剥奪する。値上がりはこれらの人々に対して高額な経済的な負担を強いることになる。

 入場料が値上がりし、公正さが失われるにつれて、全国の観光地では、ますますその値上がりは拡大する。経済学的な観点から言えば、観光資源は一種の公共財である。再生不可能な観光資源は、全国民のものであろう。これらの観光施設の入場料は、まず国家が統一した規定を決めるべきであろう。(出典:〓義華的BLOG意訳編集)(〓=上に米、下に女)

写真は観光客で溢れる杭州の西湖(編集担当:長谷川昌志)
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 21:08 | アジア・大洋州  

牛肉検疫協議は10月、骨付き肉輸入は年末の見込み

8月27日15時32分配信 YONHAP NEWS

【ソウル27日聯合】米国産牛肉の開放幅拡大について話し合う韓米牛肉検疫技術協議の開催は、早くとも10月になりそうだ。カルビなどの骨付き肉の輸入も可能になるのは年末ごろになる可能性が高い。
 農林部関係者は27日、新輸入衛生条件に対する政府の公式の立場を決定するに先立ち、家畜防疫協議会を招集し専門家の意見を聞く計画だと明らかにした。これが9月第1~2週の開催になる可能性が高いため、韓米間での本格的な輸入衛生条件交渉を秋夕(旧盆・9月25日)前に行うのは難しいのではというのが内部の見方だ。こうした状況を考慮すると、韓米交渉の開始は9月下旬以降、10月にずれ込むものと予想される。

 また、この場合1~2回の交渉で双方がスピード合意に至ったとしても、骨付き肉の輸入が実現するのは11~12月ごろになりそうだ。10月中旬までに交渉を終え、新たな輸入衛生条件を締結しても、国内告示期間や新検疫基準に合わせた米国側の輸出準備、輸送機関などを考慮すると、40日以上の時間が必要になるためだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 15:32 | アジア・大洋州  

<中国で最も美しい地方・六大古村>「天然の盆栽」風景、丹巴チベット族村―四川省

8月11日17時22分配信 Record China

f0013182_19144181.jpg丹巴県は四川省甘孜チベット族自治区の東部に位置し、面積は4721平方kmある。主にチベット族、漢民族、少数の回族、イ族、ミャオ族および満族等が同地区で生活しており、昔ながらの風俗が残る。

丹巴県ははっきりした四季だが厳しい冬や酷暑はなく、年間平均気温が14℃と、温暖な気候と日照に恵まれている。かつて同県を視察した胡耀邦・元中国共産党総書記は「天然の盆栽」と称した。また、梭坡の望楼は国内外の観光客から「東方のピラミッド」と呼ばれている。【 その他の写真はこちら

<中国で最も美しい地方・六大古村>シリーズでは、中国の六大古村に選ばれた美しい村の写真を、説明付きでお届けしていく。(翻訳/編集・YO)
[PR]

by deracine69 | 2007-08-11 17:22 | アジア・大洋州  

【中国】古都・麗江が輝く夜「火把節」で愛の告白も

8月10日20時28分配信 サーチナ・中国情報局

 雲南省麗江の束河古鎮で8月7日夜、現地の住民と旅行者らが手にたいまつをとり、同地の伝統行事「火把節(たいまつ祭り)」を祝った。
 
 イ族(彝族)・白族・ナシ族・ハニ族などの民族に伝わる「たいまつ祭り」は毎年旧暦の6月24日から27日に行われ、相撲や闘牛、競馬、男女の歌合戦、踊りなどを楽しむ。また、若い男女が愛を告白する夜でもあった。

 毎年この時期になると、麗江の街や村の中心部には10メートル余りのかがり火が置かれ、祭りの日にはその周りで歌や踊りが夜通し繰り広げられる。(CNSPHOTO)(了)

Link:新暦・旧暦変換
[PR]

by deracine69 | 2007-08-10 20:28 | アジア・大洋州  

国交省事故調、インドネシアへ調査官派遣検討 事故多発

2007年08月07日15時14分 朝日新聞

 航空事故が多発しているインドネシアの事故調査支援のため、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は1年半に渡って事故調査官を長期派遣する方向で検討を始めた。実現すれば、初めての試みとなる。今夏、現地に調査官を派遣した結果、インドネシアの事故調査委には常勤の調査官が少なく、事故報告書がほとんど出ていないなどの実態が明らかになった。

 インドネシアでは今年3月、国営ガルーダ・インドネシア航空機が着陸に失敗し、73人が死傷。格安航空会社のアダムエアが1月と2月に相次いで事故を起こすなど、年間20件以上の事故や重大トラブルが続いている。このため、欧州連合(EU)がインドネシアの航空会社の乗り入れ禁止を通告し、米連邦航空局も当局に改善を求める事態となっている。

 こうしたなか、国際協力機構(JICA)を通じてインドネシアから支援を求められた調査委は5月、調査官2人を派遣して実態を調べた。その結果、過去5年間に77件の事故と58件の重大トラブルが起きているのに、6件の報告書しか出ていないことが分かった。

 日本では22人の航空事故調査官が常勤しているのに対し、インドネシアは常勤が7人だけで、大半の事故は22人の非常勤が担当。非常勤の多くは、事故と利害関係がありうる現役パイロットなどが兼務していた。また、操縦室内の音声や飛行記録の解析装置を持っていなかった。

 このためJICAは7月末、年度内にも解析装置を供与し、専門家を1年半、派遣することでインドネシア側と合意した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-07 15:14 | アジア・大洋州  

日本統治時代の防空壕、観光資源に 台湾で計画浮上

8月5日16時13分配信 産経新聞

 【基隆=長谷川周人】台湾北部の港湾都市、基隆で、日本統治下でつくられた防空壕(ごう)を再整備し、観光資源にしようという計画が浮上している。第二次世界大戦末期には港が廃虚と化すほどの米軍の猛攻を受けたが、歴史を冷静に見る博物館にとの声もある。

 基隆で日本が掘った防空壕の多くは、戦後、中国大陸から台湾に逃れた国民党軍が破壊・封鎖して放置されたが、市警察当局によると、現存するのは台湾最多の300カ所あまりで、このうち89カ所が利用可能という。

 真っ暗な壕内は幅1メートルほどで、日本時代に「すずらん通り」と呼ばれた「義一路(旧・義重町)」沿いの防空壕は、全長400メートル弱と市内最長という。現在は資材置き場や、食堂の調理場などとして流用されているが、他の防空壕では戦前の資料写真が展示されるなどして、一般開放されたところもある。

 観光開発による地域経済の活性を提唱する張通栄基隆市長(国民党)は先月、防空壕を小中学生の校外学習に利用するほか、観光地として再整備する方向で検討するよう指示した。

 日本統治時代をどう歴史評価するかといった課題もあるが、防空壕の保存を後押しする地元市民団体の何永寿氏は「国民党政権下で封印された台湾史の空白を埋めるため、単に観光資源ではなく、日本による近代化を含め、歴史を客観視する戦争博物館として残したい」と話している。

 基隆は、日本の台湾統治が始まった1895年以降に港湾施設の近代化が始まり、第二次世界大戦中は日本海軍が艦艇を配備する軍事拠点ともなった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 16:13 | アジア・大洋州  

のどかな公園に世知辛すぎる新ビジネス!市民からは批判の声も―陝西省西安市

8月5日13時7分配信 Record China

中国の公園といえば、老人たちの憩いの場。ベンチに人が集まり、お茶を飲みながら、おしゃべりや囲碁・中国将棋に興じる姿はどこの地方でも見ることが出来る。ところが、2007年8月、陝西省西安市ののどかな公園に、なんとも世知辛いビジネスが登場したことが報じられた。

西安市の環城公園ではいたるところでおしゃべりに興じる人々がいる。ほとんどが老人だがなかにはまだ退職年齢に達していない若い女性もいる。この女性、実は最近登場した新ビジネス“公園ホステス”だという。だいたい1時間10元(約160円)の料金で、おしゃべりの相手を務めるのだとか。なかにはチップをはずむ客もいるという。ある“公園ホステス”は午後3時から夜まで働いているけど、なかなかの収入だと自慢げに話した。

常連客だという78歳の李さんは、「妻はとっくの昔に先立ってしまった。この年になると子供や孫も大きくなって、なかなか相手してくれない。ちょっとお金を支払って、楽しくおしゃべりするのが悪いことだとは思えない」と話した。しかし、この“公園ホステス”を見つめる市民の目は冷ややかだ。ある老人は「おしゃべりにすらお金がいるなんて、今の時代そのものだ」と嘆いていた。(翻訳・編集/KT)
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 13:07 | アジア・大洋州  

46軒が不正規の湯の花販売 群馬・草津の旅館、商店

2006年12月29日(金)10:44 山陽新聞

 人工の入浴剤を「湯の花」などとして広告、販売した群馬県草津町のホテルなど4社に、公正取引委員会が排除命令を出した問題で、同町の調査の結果、決められた湯畑から採れたもの以外を湯の花として販売したことのある旅館や商店が、さらに46軒あったことが29日、分かった。

町は排除命令が出た翌日の15日から調査を開始。

人工入浴剤を売っていた37軒は販売を中止。残り9軒は、草津町が指定している湯畑以外で採れた天然湯の花を販売しており、町は誤解を与える表示をしないように伝えたという。

中沢隆温泉課長は「湯畑から採れる湯の花の量に限りのあることが、人工品が出回った原因の可能性もある。今後は商工会などと連携し、信頼回復に努めたい」としている。

「湯の花」と偽り入浴剤、草津温泉の4業者に排除命令 (12月14日19時3分配信 読売新聞)
社団法人 草津温泉観光協会
湯の花に係る公正取引委員会の命令に対して (草津町)
[PR]

by deracine69 | 2006-12-29 10:44 | 社会