タグ:訃報 ( 26 ) タグの人気記事

 

「多事争論」貫き、戦後日本の姿追う 筑紫哲也さん死去

2008年11月8日3時4分 朝日新聞

f0013182_14572874.jpg 新聞から雑誌、テレビまで垣根を超えて縦横に走り続けた筑紫哲也さん(73)が亡くなった。数少なくなった、戦争を知るジャーナリストの一人。ほぼ半世紀の間、メディアの世界に身を置き、戦後日本の姿を追い続けた。病を背負ってからも、その意欲は最期まで尽きなかった。

 「いつかこの日が来るかも知れないと思っていたが、本当に残念です」

 ニュース番組「筑紫哲也NEWS23」デスクを務め、親交が深かったTBS前報道局長の金平茂紀アメリカ総局長(54)は7日、電話取材に声を震わせた。「『多事争論』などで身をもって毎日戦っていた。テレビ報道にかかわった人間で筑紫さん以上の人は見あたらない」

 筑紫さんは敗戦を10歳で迎えた。59年に朝日新聞社に入社。68年から2年、米軍統治下の沖縄を追い、沖縄は終生のテーマとなった。大田昌秀・元沖縄県知事(83)は「筑紫さんほど沖縄の現場を本土に発信してくれた記者は後にも先にもいない。弱い立場の者への温かいまなざしと正義感にあふれた人だった」。

 70年代からはワシントン特派員や政治部記者として健筆をふるった。日本経済新聞客員コラムニストで早稲田大大学院教授の田勢康弘さん(64)は官邸記者クラブで席が背中合わせだった。「同僚と群れず、ひょうひょうとしていた。企業メディアの中でのジャーナリストの限界を突き破る闘いをずっとしていたのではないか」と話す。

 「朝日ジャーナル」編集長時代には、対談企画「若者たちの神々」など斬新な視点で注目を集めた。84年に対談した作家林真理子さん(54)は「時代の寵児(ちょうじ)として、物事を鋭く切っていく。怖い感じもした」と振り返る。「でも、海の物とも山の物ともつかない私をサブカルチャーの一員として認めてくれた」

 女優の渡辺えりさん(53)も84年に対談。その後は舞台のたびに渡辺さんの地元山形の日本酒などを手に楽屋を訪れた。「人情味のある方でした」。演出家の鴻上尚史さん(50)は「20代半ばの僕を取り上げてくれて以来、一度も欠かすことなく芝居を見に来てくれた」。数年前、芸術関係者のパーティーで、背広姿で会場が埋まる中、2人だけがラフな半袖シャツだった。鴻上さんの姿に「やっとまともな人間に会った」とうれしそうだったという。

 89年秋、朝日新聞社を退社し、「NEWS23」のキャスターに就任。激動する世界をお茶の間に伝えた。

 その視線は、自らが属する組織にも厳しく注がれた。取材映像をオウム真理教幹部に見せたことが坂本弁護士一家殺害事件につながったことが判明した際には「TBSは死んだに等しい」と発言した。ジャーナリストの田原総一朗さん(74)は「出演を続けることに批判もあったがそれが彼のやり方だった」と語る。

 雑誌「週刊金曜日」の創刊に携わり、市民運動などにも深い理解を示した。辻元清美衆院議員(48)は96年に社民党から立候補要請を受けた日を思い出す。引き留めてもらおうと自宅を訪れたが、開口一番で「やれ」と言い切られた。「泥船だからこそ乗れ。市民の政党に変えろ」

 その後、ジャーナリストの領分を逸脱しているとの批判もあったが、「おれには政治家辻元清美の製造元責任がある」と言い続けた。

 「平和や平等に強いこだわりを持って、戦後の一つのともしびのような役割を果たしてこられた」

 闘病中も朝日新聞の無料会員サービス「アスパラクラブ」のサイトでコラムを連載した。最後となった5月21日付では中東の紛争や軍事政権の閉鎖性に思いを巡らせ、次の一文で締めくくった。「歴史は繰り返さず、人間は変わるものだ――と信じたい」
[PR]

by deracine69 | 2008-11-08 03:04 | 社会  

筑紫哲也氏が死去 「NEWS23」メーンキャスター

11月7日18時28分配信 産経新聞

 ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日、肺がんのため、死去した。73歳。

 平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。

 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。

 平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-07 18:28 | 社会  

フランク永井さん死去、76歳=「君恋し」など低音の魅力

2008/11/02-13:30 時事通信

 「有楽町で逢いましょう」「君恋し」「おまえに」など数々のヒット曲で一世を風靡(ふうび)した歌手のフランク永井(フランク・ながい、本名永井清人=ながい・きよと)さんが10月27日午後6時、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去した。76歳だった。宮城県大崎市出身。葬儀は親族のみで行った。

 進駐軍のボーイや運転手などをした後、米軍基地のクラブでジャズを歌っているところをスカウトされた。1955年「恋人よわれに帰れ」で、ジャズ歌手としてレコードデビューしたが、歌謡曲の歌手に転向。吉田正さん作曲の「夜霧の第二国道」「有楽町で逢いましょう」で大ヒットを飛ばし、甘い低音とジャズフィーリングを生かした独特の歌唱で「低音ブーム」を起こした。その後も、松尾和子さんとデュエットした「東京ナイト・クラブ」などで、「昭和ムード歌謡」をリードした。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-02 13:30 | 社会  

<訃報>岩本えり子さん56歳=歌手・桑田佳祐さんの姉

10月22日11時29分配信 毎日新聞

 岩本えり子さん56歳(いわもと・えりこ=歌手・桑田佳祐さんの姉)19日、病気で死去。葬儀は近親者のみで行う。喪主は夫知世(ともよ)さん。

 ファンからは桑田さんがボーカルを務めるサザンオールスターズのヒット曲「いとしのエリー」のモデルとも言われた。市民団体「茅ケ崎・浜景観づくり推進会議」の代表を務めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 11:29 | 社会  

俳優の峰岸徹さん死去

2008/10/13-11:10 時事通信

f0013182_18248.jpg 峰岸徹さん(みねぎし・とおる、本名知夫=ともお=俳優)11日午後11時32分、肺がんのため東京都の病院で死去した。65歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定。

 大学在学中の62年に映画デビューし、二枚目の脇役として活躍。映画「ねらわれた学園」「あした」など数多くの大林宣彦監督作品に出演したほか、テレビ、舞台で幅広く出演した。今春がんが見つかり、治療に専念していた。



[PR]

by deracine69 | 2008-10-14 01:09  

「日本のシンドラー」杉原千畝氏の妻・幸子さん死去

10月11日1時20分配信 読売新聞

 杉原幸子さん(すぎはら・ゆきこ=元外交官・杉原千畝(ちうね)氏の妻)8日、死去。94歳。

 お別れの会は11月9日午後1時から、東京都港区南青山2の33の20青山葬儀所。喪主は四男、伸生(のぶき)氏。

 夫の故・千畝氏は、駐リトアニア領事代理だった1939~40年、ナチス・ドイツの侵攻を受けてポーランドから逃れてきた約6000人のユダヤ人に日本通過ビザを発給し、「日本のシンドラー」と呼ばれた。その様子を見ていた幸子さんは、千畝氏が86年に死去した後、「六千人の命のビザ」を出版、千畝氏の功績を世に紹介した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-11 01:20 | 社会  

<訃報>緒形拳さん71歳=「楢山節考」「鬼畜」など演じ

10月7日2時31分配信 毎日新聞

 「楢山節考」「鬼畜」など数多くの映画やドラマで活躍した俳優の緒形拳(おがた・けん、本名・明伸=あきのぶ)さんが死去していたことが6日、分かった。71歳だった。関係者によると、最近になって体調を崩したという。死因などは明らかになっていない。

 緒形さんは東京都出身。先月30日には、倉本聰さん(73)脚本の連続ドラマ「風のガーデン」の制作発表に出席し、元気な姿を見せていた。

 緒形さんは58年、劇団「新国劇」に入団。60年に「遠い一つの道」で初主演し、映画デビューした。新国劇退団後は活動の場を広げ、映画やドラマなどで活躍。83年の映画「楢山節考」でブルーリボン賞を受賞した。

 長男幹太さん、次男直人さんも俳優。

 ◇ブログに最近も元気な姿を掲載

 緒形さん本人の公式ブログは9月30日までほぼ毎日更新され、同日付のブログでは今月9日にフジテレビで放映開始予定のドラマについてに触れていた。「連続ドラマ『風のガーデン』全て撮影が終了しました。本日、記者会見です」とした上で「是非是非ご覧下さい」と結んでいる。

 また、ブログでは9月下旬に食事中の写真なども掲載され、最近まで健在な姿を見せていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 02:31 | 社会  

宇多田、YUKIなど手がけた映像作家・野田凪さんが死去

9月18日11時20分配信 オリコン

 宇多田ヒカル、YUKIら人気アーティストのCDジャケットデザインやアニメ『ハチミツとクローバー』(フジテレビ系)のオープニング映像を手がけた映像作家の野田凪さんが、9月7日(日)に亡くなっていたことが公式ホームページで発表された。34歳という若さだった。

 野田さんが主宰する有限会社宇宙カントリーの公式ホームページによると、死因は「数年前の交通事故の後遺症から用いていた強い鎮痛剤の誤飲による不慮の事故」だったという。

 野田さんはラフォーレ原宿、コカ・コーラ、ナイキなど、大手企業の広告デザインや、ユニクロのTシャツのデザインを手がけたほか、YUKIのシングル「センチメンタルジャーニー」などのプロモーションビデオなども制作。幻想的でポップな作風で注目を集めていた。

 葬儀は、家族とごく親しい友人の手で済ませたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 11:20 | 社会  

華国鋒元主席が死去=毛沢東氏の後継者-中国

2008/08/20-23:14 時事通信

 【北京20日時事】新華社電によると、中国共産党の華国鋒元主席が20日午後0時50分(日本時間同1時50分)、病気のため北京で死去した。87歳だった。1976年9月の毛沢東主席死去後、後継者として政権トップに立ったが、トウ小平氏(故人)との権力闘争に敗れ、80年代初めに失脚。以後、公式活動はほとんど伝えられていなかった。元共産党トップで存命なのは江沢民前総書記だけとなった。

 山西省出身。本名は蘇鋳。文化大革命(66~76年)中に急台頭。湖南省党委第1書記から、73年党政治局員、75年副首相兼公安相に昇進し、76年4月には党第1副主席・首相に就任した。毛主席死去直後の同年10月、文革を主導した江青・毛主席夫人(故人)ら「4人組」を逮捕し、77年7月党主席・中央軍事委員会主席に就任。毛主席から「あなたがやればわたしは安心だ」と託されたメモが後継の根拠とされた。

 しかし、党内の政治基盤は弱く、復活したトウ氏らから毛主席の決定・指示を墨守していると批判され、非毛沢東化と改革開放路線への転換の中で実権を失っていった。


華国鋒・中国共産党元主席が死去 87歳
2008年8月20日20時37分 朝日新聞

 【北京=藤原秀人】中国国営新華社通信によると、毛沢東主席の後継者として中国共産党主席などを務め、文化大革命を推進した江青・毛夫人ら「四人組」の逮捕にも尽力した華国鋒氏が20日、病気のため北京で死去した。87歳だった。

 新華社は「優秀な党員で、長きにわたり試練に耐え抜いた忠実な共産主義戦士」と伝えたが、78年にトウ(トウは登におおざと)小平氏との権力闘争に敗れた後は、急速に影響力を失っていた。

 山西省出身。本名は蘇鋳だが、抗日戦争に参加した際の「中華抗日救国先鋒隊」から名前をとったとされる。湖南省での農業面での活動などで毛氏の評価を得た。周恩来首相死去直後の76年4月、毛氏の指名で首相に就任。毛氏から受け取ったという「あなたがやれば安心だ」というメモを後継者の証しにした。

 毛氏が76年9月に死去した後、四人組の逮捕に踏み切り、同年10月に党主席と中央軍事委員会主席に就任し、中国のトップになった。しかし「毛氏の決定はすべて断固として擁護し、毛氏の指示はすべて守る」という「二つのすべて」という路線は、是々非々の立場から毛氏を評価し直そうとしたトウ氏との深刻な対立を招き、結局はトウ氏との闘争に敗れた。逆にトウ氏は78年12月の第11期中央委員会第3回全体会議(3中全会)で、改革開放路線を決定し、経済発展の道を開いた。

 81年に党主席を辞任後も党中央委員にとどまったが、02年の第16回党大会で引退。昨年10月の第17回党大会に特別招待代表として姿を見せ、話題を呼んだ。

 80年5月に中国の首相として初めて日本を公式訪問。同年7月にも大平元首相の葬儀参列のため再訪日したが、9月には首相を退いた。


晩年の華国鋒氏
f0013182_1512676.jpg
華国鋒元中国共産党主席が20日、死亡した。写真は昨年10月、中国共産党の党大会で居眠りする華国鋒氏(後列左)。文化大革命期に台頭し、1977年に党主席に就任。しかし、80年代に実権を失った(北京) 【EPA=時事】


華国鋒氏死去 時代に敗れた毛沢東主義者
2008.8.20 23:24 産経新聞

 「彼には何も独自のものはなかった。ただ(毛沢東路線を全面肯定する)『二つのすべて』だけだった」。毛沢東の後継者、華国鋒氏について、鄧小平氏は1989年6月、そう評し、毛に次ぐ第二世代の代表は自分だと話した。

 しかし、華氏が江青・毛沢東夫人ら「四人組」の逮捕を決断した「功績」は、今日も高く評価されている。それがなければ、鄧氏が生涯3度目の復活を遂げ、改革・開放へ歴史的転換をすることもなかったかもしれなかったからだ。

 華国鋒氏の出自にはなぞが多い。公式資料では、出身地の山西省で少年期から抗日ゲリラ戦で活躍、新中国誕生後、毛沢東の郷里、湖南省湘潭県党書記に就任。以後、同省で党書記などを歴任した後、69年に党中央委員に抜擢(ばつてき)、73年には政治局入りと栄進を続けた。その間、59年の彭徳懐国防相解任事件では、彭氏を攻撃する材料を毛沢東に提供したといわれる。

 「なぞ」とは、なぜ山西省出身の華氏が毛の郷里の守り役に選ばれ、トントン拍子の出世をしたかに起因する。中国筋によると、華氏は毛沢東の「隠し子」で、本人がその公認を政治局に求めたことがあったという。

 76年1月に死去した周恩来首相の後任に、毛沢東が無名の華氏を選び、同4月の第一次天安門事件後には、党第一副主席に指名、事実上の「後継者」とするなど、その寵愛(ちようあい)ぶりから、「隠し子」説が広まった。

 76年9月に毛沢東が死去、江青夫人ら四人組との後継争いが起こると、華氏は葉剣英氏ら軍長老の助力を得て四人組逮捕を決行、2代目の党主席に就任した。しかし、毛沢東を崇拝、文革路線の全面継承を掲げた結果、文革被害者グループの挑戦を受けた。

 その頂点にいたのが、第一次天安門事件で3度目の失脚をした鄧小平氏。鄧氏は、広範な国民の人気をバックに長老らの支持を広げ、毛沢東派の抵抗を押し切り、77年夏復活を遂げる。そして78年5月、毛沢東の無謬性を打破する思想解放運動を展開、同年12月には文革路線から改革・開放への転換に成功した。

 鄧氏が事実上の最高実権を握った後、文革派は次々に追放され、華国鋒氏も81年6月、主席を辞任して副主席に降格、82年にはひらの中央委員になり、2002年に落選するまで留任した。華氏は毎年12月26日の毛沢東誕生日には天安門広場の毛沢東記念堂への参拝を欠かさなかった。

 毛沢東革命路線から鄧小平建設路線への歴史的転換の中で、華国鋒氏は政界から去り、四人組を打倒した功績以外には、凡庸な人物とみられてきた。しかし近年、改革・開放の矛盾が拡大し、毛沢東への再評価が高まるにつれ、華氏についても評価を見直す声が新左派の間には生まれている。

 とりわけ、華氏は主席辞任後には郷里の山西省に隠遁(いんとん)。他の指導者とは違って親族を含め、経済活動にかかわらず、在任中同様、腐敗とは無縁だったことも評価の対象になっている。(北京 伊藤正)

 ■華国鋒氏の足取り

1970年12月 湖南省党委員会第一書記

1973年 8月 党政治局委員

1975年 1月 副首相兼公安相

1976年 4月 党第一副主席兼首相

      9月 毛沢東が死去

     10月 四人組を逮捕。政治局会議で党主席

1977年 8月 第11回党大会で文革終結を宣言

1980年 5月 中国首相として初めて日本を公式訪問

      9月 首相を辞任

1981年 6月 党主席を辞任

2002年11月 第16回党大会で中央委員を辞任

2008年 8月 死去
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 23:14 | アジア・大洋州  

荒瀬英生氏死去=大相撲元関脇

8月11日16時39分配信 時事通信

 荒瀬 英生氏(あらせ・ひでお=大相撲元関脇荒勢)11日午前5時54分、急性心不全のため高知市の病院で死去、59歳。高知県いの町出身。葬儀は13日午後1時半から高知県いの町波川1733の2のハートホーム紬(つむぎ)で。喪主は母孝子(たかこ)さん。

 日大から幕下付け出しで初土俵を踏み、右差しからのがぶり寄りで人気を集めた。殊勲賞など三賞を4度受賞。引退後は年寄間垣を襲名したが、すぐにタレントに転身した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 16:39 | 社会