タグ:負け惜しみ ( 10 ) タグの人気記事

 

衆院山口補選 自民衝撃、党内混迷も 歳入法案、再議決方針崩さず

4月28日8時1分配信 産経新聞

 衆院山口2区補選で自民党候補が完敗したことに、与党は大きなショックを受けたが、30日の歳入関連法案の衆院再議決を行う方針は崩していない。ただ、自民党内の結束は今後ますます緩んでいく公算が大きく、党執行部は難しいかじ取りを迫られそうだ。

 報道各社の世論調査などで敗北の色が濃くなる中、古賀誠選挙対策委員長らは27日午後7時半すぎに続々と党本部入り。伊吹文明幹事長が姿を現したのは午後8時すぎで、NHKの「当確」速報に間に合わなかった。

 伊吹氏は厳しい表情で「古賀さんだけの責任じゃない」とつぶやき、古賀氏らと幹事長室にこもった。再び記者団の前に姿をみせたのは約2時間後の午後10時前。「後期高齢者医療制度の説明が不十分、不適切だった」と敗因を分析した。

 自民、公明両党の幹部らはまるで口裏を合わせたかのように後期高齢者医療制度を敗因に掲げた。福田政権の失策ではなく、この制度の導入に踏み切った小泉純一郎元首相に責任をなすりつけたいとの思いがにじみ出たといえる。

 マスコミへの責任転嫁の声も相次いだ。伊吹氏は「(マスコミが)本来の制度とは違うキャンペーンを張ったことが敗因だった」と強弁。町村信孝官房長官は「偏った報道も敗因の一つだ」とコメントした。古賀氏は「票差は予想の範囲内。国政への影響はないのではないか」と語った。

 それでも歳入関連法案の衆院再議決の先送りはもはや困難だ。「こうなったら出たとこ勝負だ」(中堅)と自嘲(じちょう)気味の声も上がる。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 08:01 | 政治  

公明、「なぜ負け戦をするのか」=自民への不満噴出-衆院山口2区補選

2008/04/28-00:08 時事通信

 衆院山口2区補選で推薦した自民党候補の敗北を受け、同党への不満が公明党から噴出した。敗因として候補の知名度不足と後期高齢者医療(長寿医療)制度の説明不足を挙げ、自民党の選挙態勢の不備を指摘した。

 「言えば切りがないわけで、過去の選挙に比べて、自民党はよくやったのではないか」。公明党の北側一雄幹事長は27日夜、党本部で記者団に、自民党の取り組みについてこう語った。しかし、公明党幹部は「うちの票には限りがある」とため息を漏らした。

 また、支持母体の創価学会幹部は「なぜ負け戦をしないといけないんだ。しょせんは自民党に頑張ってもらわないといけない。いくら小亀(公明党)が頑張っても、親亀(自民党)が転んでしまっては」と不満をあらわにした。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 00:08 | 政治  

国民全体の判断でない=町村官房長官-衆院山口2区補選

2008/04/27-23:00 時事通信

 町村信孝官房長官は27日夜、衆院山口2区補選で民主党が勝利したことについて、電話取材に対し「後期高齢者医療(長寿医療)制度をめぐる報道も一つの要素だったことは間違いない」と指摘した。一方で「国民全体の判断は山口2区の人に委ねる性質のものではない」と語った。

 また、町村長官は租税特別措置法改正案を30日に衆院で再可決する方針に関しては「何ら変わりはない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-27 23:00 | 政治  

民主・平岡氏、早々と勝利宣言=「時間足りなかった」自民・山本氏

2008/04/27-22:04 時事通信

 福田政権にとって初の国政選挙となった衆院山口2区補選。激しい選挙戦を制した民主党公認の平岡秀夫氏(54)は27日夜、当選確実の一報に「政権与党との総力をかけた戦いに勝利できた。わたしだけの勝利でなく、多くの国民の皆さんが与えてくれた勝利です」と喜びを語った。

 JR岩国駅に近い平岡氏の事務所には、夕方から支持者が集まり始めた。開票が始まった午後8時すぎ、テレビ画面に「平岡氏、当選確実」のテロップが出ると「うおー」という歓声とともに、拍手がわき起こった。万歳三唱後も続々と支持者が到着。「すごく、はよう出たね」「うれしいな」などと声を掛け合っていた。

 マイクを握った平岡氏は、やや興奮した様子で「政権交代が必要だと訴えてきたが、有権者の支持が得られた」と勝利宣言。「直近の民意がこの山口の補選。その民意に福田政権がどう対応するか見極めた上で、わたしたちの方針を示していかなければならない」と強調した。

 一方、自民党公認の山本繁太郎氏(59)は岩国市内の事務所で、支持者とともに開票結果を待った。相手候補の当選確実が報じられると、集まった支持者を前に「ありがとうございました」と何度も頭を下げた。

 選挙戦では、争点となった道路特定財源の暫定税率や後期高齢者医療(長寿医療)制度の必要性を説いて回ったが「時間の制約があり、十分説明できなかった」と振り返った。

 その上で「今回の選挙結果で『国民の審判が下った』と受け取られたら残念。責任ある政治とはどういうものか、引き続き地元の皆さんと話しながら取り組んでいきたい」と、次期衆院選での再起を誓っていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-27 22:04 | 政治  

「アイシャルリターン」小池前防衛相、お別れ会見

8月27日21時37分配信 産経新聞

 次期防衛事務次官人事をめぐる守屋武昌次官との対立で話題を呼び、内閣改造前に再入閣しない意思を表明していた小池百合子前防衛相。27日のお別れ記者会見では、2カ月に満たない任期を振り返り「女子の本懐という気持ちだ。2年くらいの内容があった」。ただ、マッカーサー元帥の言葉を引いて「国防についてはアイ・シャル・リターン(私は必ず帰ってくる)という気持ちで頑張っていく」とも語り、未練ものぞかせた。

 小池氏は7月、原爆投下に関する失言で引責辞任した久間章生氏の後任として、初の女性の防衛担当相となった。安倍内閣の看板大臣としての役割を期待され、参院選の応援演説に引っ張りだこだった。

 しかし、8月に入ると次期次官人事をめぐり守屋氏との対立が表面化。守屋氏の抵抗で自らの人事案が否定されたことについて、小池氏は会見で「はてなと思うところもあったが、結果的には私も官邸も納得して人事が決まり、組織の命令系統は維持された」と指摘。「新しい人事体制、適材適所の活性化に道筋を付けた」と、在任期間が4年を超えた守屋氏の更迭を成果としてアピールした。

 安倍晋三首相が小池、守屋両氏の痛み分けの形で人事問題に決着を付けたことを「見事な決断だった」と評価したものの、首相の決断の遅さを指摘されると「ノーコメント」と答え、複雑な心境をのぞかせた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 21:37 | 政治  

片山虎之助氏、国政復帰「虎」視眈々…インタビュー

2007年8月21日06時00分 スポーツ報知

 先の参院選で民主党新人の姫井由美子氏(48)に敗れた自民党の片山虎之助前参院幹事長(72)が死闘を総括した。岡山選挙区の“代名詞”となった「姫の虎退治」のフレーズにも「あれは名誉棄損に近い…」などと、落選直後のあいさつでは語られることのなかった本音も吐露。今後は来年秋の岡山県知事選出馬もささやかれる中、次期衆院選、参院選を軸に「国政復帰」の方をじっくりと狙うという。

 「今後のことは何も考えていません」

 選挙を終え“ただの人”へ。表情は柔らかくみえたが、その目はまだ死んでいなかった。

 「政治にかかわっていきたいと選挙後は言ってきたが、長く国政でやってきた。やはり今後も国政で復帰をと思っている」

 選挙後まだ1か月もたっていないのに、早くもカムバックに意欲を燃している。だが、7月29日深夜、落選直後のあいさつでの態度は謙虚なものだった。「私の不明不徳でこのような結果になり、心からおわび申し上げたい」と手短に話すと、恨み節も漏らさずに帰宅。その姿勢には毒舌家の田中真紀子元外相も「潔い」とほめたほどだ。

 「周りの皆さんはよくやってくれたから。それに結果はすべて自分に返ってくるもの。思いを簡潔に伝えたかった」

 東大法学部、官僚とエリートコースを進んできた虎之助氏にとって初めてともいえる挫折だった。

 「それはもちろん内心は悔しいし、つらいよ。でも帰っても眠れないかと思ったら意外とすぐに寝た。疲れていたんだろう」

 さらに周囲を驚かせたのは虎之助氏の以前よりやせた姿だ。

 「選挙になると食べる暇がないから3キロやせた。ベルトの穴も変わったし、ほら、(ほおの下を触り)エラもなくなった」

 だが選挙が終わった今、言いたいこともある。

 「年金問題はいったん片づいたはずだったのに、その直後に不適切な発言をした閣僚が出てきた。さらにあのバンソウコウはまずい。映像で流れる度に、票が減った気がした」

 「(原爆投下は)しょうがない」発言の久間前防衛相、そして、赤城前農相。吹き荒れる逆風に加え、相手陣営が打ち出した「姫の虎退治」のフレーズも打撃となった。

 「あれはひどい。名誉棄損に近いよ。私もよその党の政策は批判するけど、あとは正々堂々とフェアプレーで戦った。こっちも相手のことは何かと言ってきてはいたけれど、あえて言わなかった。同じ土俵に上がらず横綱相撲のつもりだったんだけどね、それが甘かったかもしれない」

 祖父・虎太郎さんから受け継いだ「虎」の文字。これまでは映画「男はつらいよ」シリーズになぞらえて「参院の“虎さん”」としてきたが…。

 「今までは得したことが多かったけど、今回はどうだったかな。岡山はタイガースファンの多い県なんだけどね」

 今後、政界復帰の手段は「いろんな人の話を聞いてゆっくり決める」という。リベンジとして「虎の姫退治」もあるのか。

 「だからそういうゴロ合わせはよくない。政治をバカにしている。私は実績を武器に正々堂々とやるんだから」

 一瞬鋭く光った目には「“虎視”たんたん」という言葉が似合っていた。

 ◆片山 虎之助(かたやま・とらのすけ)1935年8月2日、岡山県笠岡市生まれ。72歳。東大法学部卒業後、58年自治省入り。岡山県企画部長、岡山県副知事などを経て、87年自治省消防庁次長。89年参院選初当選。参院国対委員長などを経て、2000年総務相。04年参院幹事長。07年7月、参院選で4選を目指すが敗れる。趣味はゴルフ、ジョギング。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-21 06:00 | 政治  

惨敗は日銀のせい…自民・中川幹事長が“恨み節”

8月8日1時19分配信 読売新聞

 参院選の自民党敗北は日本銀行のせい――。7日に開かれた政府の月例経済報告の関係閣僚会議で、自民党の中川幹事長が、日銀の福井俊彦総裁に詰め寄る一幕があった。

 中川氏は「参院選では、地方で景気回復の実感がないとの声があった」と切り出し、「理由としては、名目成長率がなかなか上昇せず、(政府の成長率)目標が達成できていないことがある」と指摘。その上で、昨年7月のゼロ金利解除など「日本銀行の政策変更に責任があるのではないか」と、福井総裁に矛先を向けた。

 これに対し、福井氏は「物価安定の下で景気回復を持続させるという目標で金融政策を運営しており、それによって経済のパフォーマンスも成果が上がってきている」と、真っ向から反論。さらに、業種や地域によって経済回復に濃淡があるのは<1>国境を超えた競争が激しい<2>原油高などを企業が価格転嫁できない――という「日本だけでなく先進国、新興諸国に共通」した事情によると強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-08 01:19 | 政治  

<参院選>落選者ら不満噴出 「年金その場しのぎ」

7月30日12時40分配信 毎日新聞

 落選した自民党の前職や新人、陣営からも辛らつな発言が続く。

 三重選挙区の新人、小野崎耕平さん(37)は「松岡利勝前農相や久間章生前防衛相ら閣僚の任命、強行採決の連続などの責任は大きいと思う」と断ずる。「続投宣言」には「当然辞めるだろうと思っていたので続投と知って驚いた。理由は正直言ってよく分からない」と厳しい表情で話した。

 東京選挙区で落選した自民前職、保坂三蔵さん(68)の陣営幹部は「年金の解決策もその場しのぎだし、法案の通し方も最後は審議もなしでめちゃくちゃだった。それが随分、国民の不信を買った」と安倍首相への不満をぶちまけた。その上で、「代わってやる人がいないので今は消去法で考えるしかないが、強がりを言わずに大敗を素直に受け止めるべきだ」と注文を付けた。

 また、熊本選挙区の前職、三浦一水さん(53)陣営の西岡勝成・党県連幹事長は「またか、と思うくらい大臣の失言が次から次に出て、逆風が強まった。候補者の努力が打ち消された。党本部に不信を感じた。人事も含め安倍首相は詰めが甘かったと思う」と話す。

 3選を阻止された青森選挙区の前職、山崎力さん(60)。「今度の選挙は自民にとって最悪のケース」としたうえで「当然、(安倍首相の)責任論はある時点で出てくると思う。参院側から出てくるのではないかと想像している」と語った。公示後、安倍首相は2度来県。「首相の応援演説が(自分に)プラスになったかどうかも読めない。マイナスにはなっていないと思うが……」と言葉を濁した。

 一方、長崎選挙区の小嶺忠敏さん(62)の選対本部長を務めた北村誠吾・衆院議員(長崎4区選出)は「(安倍首相は)続投すべきだ」とした上で、「今回の選挙を通して『いつ、総選挙が行われてもいいように準備をしなければいけない』という危機感を持った。首相は、スピーディーになぜ負けたのかを分析し、今後に生かしていく姿勢を示すべきだ」と訴えた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 12:40 | 政治  

「改革路線の否定ではない」=閣僚失言に恨み節も-公明

7月30日1時2分配信 時事通信

 選挙区候補5人、比例候補8人の計13人を「必勝」候補として位置付けた公明党。新宿区南元町の党本部には、午後8時半ごろから幹部が集まり始めたが、当選確実の報はなかなか届かない。4階の開票センター前面に掲示された候補者の名前の上に付けられた当確マークはまばらだった。

 午後10時半すぎにテレビ出演した太田昭宏代表は「厳しい選挙結果については真摯(しんし)に受け止める」と敗戦の弁。その上で、安倍首相が辞任しない意向を表明したことに対しては「改革路線は否定されるものではない」とかばった。

 しかし、年金問題や閣僚の失言問題について問われると、太田代表は「確かに逆風になった」と恨み節もちらり。「(公明党は)言うべきことは言い、やるべきことはやる」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 01:02 | 政治  

安倍政権の改革路線が否定されたわけではない=参院選で公明幹事長

2007/07/29 22:07 世界日報

 【東京 29日 ロイター】 公明党の北側一雄幹事長は29日夜のNHKの番組で、参院選で与党の過半数割れが確実と伝えられたなか、安倍晋三首相の責任問題について「小泉(純一郎)政権時代から続く小泉・安倍の改革路線そのものを国民が否定したわけではないと認識している」と述べ、首相責任に対する言及を避けた。

 また、苦戦が伝えられている公明党の幹部責任については「開票がすべて終わった段階で考えたい」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 22:07 | 政治