タグ:鈴木宗男 ( 5 ) タグの人気記事

 

逮捕男性「警察に押し倒された」 首相私邸見学ツアー

2008/11/13 12:43 共同通信

 麻生太郎首相の私邸に向けて無許可デモをしたなどとして、東京都公安条例違反容疑などで警視庁に現行犯逮捕された3人のうち、会社員の男性(27)ら2人が13日、国会内で記者会見し「気付いたら警察官に押し倒されていた。強引なことをされた」と不当性を訴えた。

 男性らが逮捕されたのは、10月26日の「麻生首相のお宅拝見」ツアーに参加した際。男性は「警察が襲いかかってくるとは思わなかった」と話し、公務執行妨害容疑で逮捕された30代の男性も「気が付いたら捕まっていた」と述べた。3人は今月6日に処分保留のまま釈放された。

 会見は逮捕を検証するとして亀井静香、鈴木宗男両衆院議員、作家雨宮処凛さんらが世話人となって開催。亀井氏は「(警察は)ちょっとやりすぎだ」と述べた。

 現行犯逮捕された際の映像がインターネットの動画共有サイト「ユーチューブ」で公開され、再生回数は13日までに約20万回に上った。警察官とみられる男性らが「誰かに警告させないとね」と話し合い「よし」「公妨だ」と言って、参加者に飛び掛かるシーンなどが映っている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-13 12:43 | 社会  

新党大地、北海道で民主と選挙協力合意 次期衆院選

2008年11月8日3時4分 朝日新聞

 民主党の小沢代表と新党大地の鈴木宗男代表が7日、札幌市で共同会見し、衆院選の北海道各選挙区で両党が選挙協力することで合意したと発表した。前回の比例北海道ブロックで公明党より多い43万票を獲得した「ムネオ票」をめぐって自民、民主両党が争奪戦を続けてきたが、鈴木氏は民主党への全面支援にかじを切った。

 会見で、小沢氏は「お互いの協力関係をテコにして頑張る」と語り、鈴木氏は「弱肉強食、新自由主義政策のあおりで北海道は疲弊している。民主との選挙協力で北海道から政治を変える」と訴えた。

 民主党道連代表の鉢呂吉雄「次の内閣」外相と鈴木氏が協議を続けてきた。昨年夏の参院選北海道選挙区で、新党大地の推薦候補よりも民主党の公認候補を重点的に支援した連合北海道と鈴木氏の関係修復も焦点だったが、この日は連合本部から高木剛会長も記者会見に同席して、融和をアピールした。

 「ムネオ票」争奪をめぐる駆け引きは、鈴木氏の元秘書である蝦名大也氏が当選した今月2日の釧路市長選をめぐって大きく動いた。民主党は蝦名氏が立候補表明すると、すぐに推薦を出した。一方、自民党は蝦名氏と対立候補の2人を党釧路市支部が推薦するなど後手に回り、鈴木氏が民主党との選挙協力に踏み切る「決定打」となった。

 自民党は北海道で町村信孝前官房長官(5区)、中川財務相(11区)、武部勤元幹事長(12区)ら大物議員を抱える。しかし、今回の鈴木氏の決断で苦戦は必至。細田博之幹事長は7日の会見で影響を問われ、「特別なショックはない。詳細なコメントは控えたい」と言葉少なだった。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-08 03:04 | 政治  

鈴木宗男氏、国民新党系の会派入り

2008年9月19日17時13分 朝日新聞

 国民新党は19日、新党大地の鈴木宗男衆院議員と院内会派を組む異動届を衆院に提出した。会派名は「国民新党・無所属の会」から、「国民新党・大地・無所属の会」に変更された。

 変更に伴う衆院の勢力は次の通り。

 自民党304▽民主党・無所属クラブ114▽公明党31▽共産党9▽社民党・市民連合7▽国民新党・大地・無所属の会7▽無所属8
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 17:13 | 政治  

外務官僚の特権意識にメスを入れよ!

2008年08月12日10時00分 眼光紙背

 7月30日、共同通信が、「外務官僚ホテル代1540万円踏み倒し 1泊5万円で300日間」という記事を配信した。その内容は、<男性官僚は2006年6月から07年4月までの約300日間、都内ホテルの1泊5万円以上の部屋に宿泊。約1540万円の支払いが生じたが、ホテル側からの再三の請求にもかかわらず、現在まで全く支払われていない。/男性官僚は家庭の事情で都内の自宅を出た後、ホテルから外務省に出勤する生活を続けていたが、昨年4月以降は川崎市内の官舎に住んでいるという>というものだ。

一般の新聞は、その後、この事件についてとりあげず、デヴィ夫人がこの官僚とホテル経営者の女性が恋愛関係にあったとの話をながし、もっぱらワイドショーのネタとなっているが、本件の背景には、外務官僚の社会通念からかけはずれた金銭感覚と特権意識がある。

鈴木宗男衆議院議員が、7月31日付の「ムネオ日記」(http://www.muneo.gr.jp)で、外務省の内部文書『外務省員手帳2003年版』を引用し、外務官僚は、東京都内の高級ホテルを格安で泊まれる実態を明らかにしている。芸能人が結婚式でつかうような超高級ホテルに外務官僚ならば、カップルで2万円から2万5千円程度で泊まることができる実態をホテル毎に具体的に明らかにした上で、鈴木氏は、<外務省職員は通常料金より30~50%安くホテルを利用できるのである。とんでもない特権である>と述べているが、その通りである。

筆者が知っている駐露大使経験者は、外務省を退官した後も、自宅の建て替えを行うために、高級ホテルのセミスイートルームに半年以上も、特別優待価格で泊まっていた。その後、このホテルでは、外務省との関係で「裏金事件」が発覚し、この大使に便宜を図っていたホテル幹部は、逮捕、起訴された。

外務官僚に対するホテルの割引には、カラクリがある。外務省は、国際会議や外国からの代表団を招待する際に高級ホテルをよく使う。ホテルが外務官僚の歓心を得ることは、営業に直結するのである。国際会議やレセプション、代表団を招待したときの経費は、国民の税金から支払われている。税金を用いて仕事をする外務官僚が、個人的便宜を業者から受けることは、道義的におかしいと思う。インターネット割引でも1泊4万円くらいするホテルに外務官僚であるがゆえに1万円以上の割引を受けていることは、贈与とみなされてしかるべきだ。

さて、今回問題になっている外務官僚には、1500万円あまりの支払い義務が生じるであろうが、兼業を禁止されている外務官僚が、自分の力でこれだけの借金を支払う方法は一つしかない。アフリカや中東などの給与がよい大使館に勤務することだ。そうすれば、1年に1000万円くらいの蓄財は十分にできる。かつて外務省では、「自民党レート」という一晩で百万円をはるかに超えるカネが動く賭け麻雀が常態化していた。この麻雀に負け、数百万円単位の借金を作ったためアフリカに赴任した職員がいるという話は、外務省内で有名だ。しかし、在外給与は、国民の税金から、外交活動を行うために出ているものだ。蓄財や借金の返済のためのものではない。

また、報道から判断する限り、この外務官僚は都内に自宅をもっているにかかわらず、公務員宿舎に住んでいるようだ。これもおかしい。なぜなら、公務員宿舎は、通勤圏内に自宅をもっていない者を対象に提供されているはずだからである。

そもそもカネを払わずに民間ホテルに300泊もし、そこから外務省に通っていることに関して、本人も、周囲(外務省員は、実態として、どこに住んでいるかを上司と会計担当官には報告する義務がある)もまったく問題意識をもっていないという「外務官僚の常識」が「世間の非常識」であるということを、この機会に徹底的に弾劾しておかないと、外務官僚の行状は改まらない。(2008年8月10日脱稿)

プロフィール:
佐藤優(さとう・まさる)…1960年、東京都生まれ。作家・起訴休職外務事務官。日本の政治・外交問題について、講演・著作活動を通じ、幅広く提言を行っている。

2008年8月7日(木) 鈴 木 宗 男
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 10:00 | 行政・公務員  

<森元首相>鈴木宗男氏と意見交換

8月4日22時44分配信 毎日新聞

 自民党の森喜朗元首相、伊吹文明財務相と新党大地の鈴木宗男代表が4日夜、東京・赤坂の日本料理店で会談した。鈴木氏によると、森、伊吹両氏が内閣改造・自民党役員人事の経過について説明したほか、衆院解散の時期をめぐって意見交換をしたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-04 22:44 | 政治